Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】おすすめのジャケパンスタイルのコーデ|靴/パンツ

Author nopic iconmori
コーディネート / 2018年12月27日
【季節別】おすすめのジャケパンスタイルのコーデ|靴/パンツ

ジャケパンスタイルにおすすめのコーデ術とは?

ジャケパンスタイルはメンズファッションの基本です。スーツのようにセットでなくても、さまざまなテーラードジャケットとパンツを組み合わせることで、おしゃれにバリエーションが広がります。スーツに比べるとラフなスタイルになりますが、ビジネスカジュアルとしても利用できるのがジャケパンスタイルです。

靴は?

ジャケパンスタイルは靴も洗練された物を履きましょう。ある意味、靴がきちっとしていればジャケパンスタイルは定番のコーデでも十分すてきになります。ジャケパンスタイルにぴったりのタイプは、きれいめの革靴です。

シルエットがスマートで美しい革靴を選べば、ジャケパンスタイル全体が引きしまります。おしゃれは靴からは、ジャケパンスタイルにもっとも当てはまる言葉です。

ジャケパンスタイルのボトムスをジーンズにしたとしても、ブラウン系のきちっとした革靴とコーデすればかっこよくきまります。ブラウン系の革靴はベージュのチノパンとの相性もよく、カジュアルビジネスコーデにも使えます。

革のブーツやブランド物のスニーカーもジャケパンスタイルに映えます。避けたほうがいい靴は、派手な色や運動用の製品などです。黒の革靴がいちばん無難です。

パンツなどは?

ジャケパンスタイルのパンツはカラーバリエーションが豊富です。濃いめのグレーがおすすめです。どんなジャケットにも合わせられてたいへん便利です。その他にも白や薄めのグレーやベージュのチノパンもすてきです。ジーンズもカジュアルなジャケパンスタイルにぴったりです。ネイビーや黒のパンツを選べばファッション全体が締まります。

インナーは?

タートルネックのニットもインナーにおすすめです。ジャケパンスタイルを簡単にドレスダウンしてくれるタートルネックは、保温性もあるおしゃれアイテムです。無地の白やベージュ、グレーやネイビーがおすすめです。

ジャケパンスタイルでレイヤードファッションをたのしむなら、カーディガンならvネック、プルオーバータイプのセーターであればクルーかタートルが基本です。品よく見えてジャケパンスタイルのシルエットを崩しません。薄手の物を選ぶとよいでしょう。ハイゲージのセーターはキレイ系ファッションに、ローゲージニットはカジュアルよりになります。

ネクタイは?

ネクタイの素材や柄は、ジャケットや季節に合わせて上手にコーデしていきましょう。ネクタイはポイントですので、おしゃれに見えるように選んでいきます。ネクタイによって印象がガラリと変わりますので、色や柄、剣幅を慎重に見てバランスよく整えましょう。

シルク製のネクタイが、通年使える定番製品です。夏のニットタイや冬のウール素材などもおしゃれです。ネクタイの色はジャケットやパンツの色とリンクさせると上手に合わせることができます。柄は斜め線が主流です。蝶ネクタイも個性が出せます。

季節別おすすめのジャケパンスタイルのコーデとは?

ジャケパンスタイルは季節ごとに素材を変えると快適に過ごすことができます。春や夏はコットンやトロピカル、サマーウール、リネン、シアサッカーなどの通気性や吸湿性に優れた素材がおすすめです。

冬は、ウールやツイード、ギャバジンやフランネル、メルトン、カシミヤなどの、厚みがあり保温性に優れたあたたかく丈夫な生地のジャケパンスタイルがおすすめです。カラーも季節に合わせてたのしみましょう。

春は?

春夏はサラリとした綿素材がおすすめです。天然素材のコットンは汗などの水分の吸湿性、通気性に優れています。肌触りもやさしく、軽い着心地が動きやすさを約束してくれます。熱がこもりにくい綿素材はあたたかいシーズンの必須アイテムです。ベージュやネイビーカラーで爽やかに過ごしましょう。

夏は?

夏の定番は麻、リネン素材です。吸水、発散性に優れていて清涼感を与えてくれる素材です。ジャケパンスタイルにピッタリの生地で、夏を涼しく快適に過ごさせてくれる軽量素材です。防臭、抗菌効果も備えています。皺になりやすいリネンは、化学繊維の発達で使い勝手のいい生地へと発展し、ジャケパンスタイルの定番製品となっています。

秋は?

秋のジャケパンスタイルは素材選びが重要です。コーデュロイやウールなど、身体を保温してくれるあたたかい素材のジャケパンを選びましょう。秋のジャケパンスタイルのコーデはグレーやネイビーのジャケットをチョイスしましょう。ボルドーやネイビーのセーターでおしゃれにコーデしてください。

冬は?

冬のジャケパンスタイルはウールやカシミアなどのあったか素材で保温性を重視してください。グレーやネイビーカラーで品よく高級感を出してコーデしましょう。茶系のジャケットに濃いグレーのパンツ、ネイビージャケットに明るいグレーのパンツなど、上下の色味を変えてかっこよく着こなしてください。

カジュアルでおすすめのジャケパンスタイルコーデとは?

ジャケパンスタイルをカジュアルに作り上げることもできます。素材は軽めの物を選び、チェック柄など遊び心も入れていきましょう。ジーンズを組み合わせるジャケパンスタイルも定番のカジュアルコーデです。ジーンズはどんな色のジャケットにも合う、コーデしやすいアイテムです。黒や白のタートルネックやカットソーと組み合わせておしゃれに着こなしてください。

ノーカラーでたのしもう!

ジャケパンスタイルのカジュアルファッションは、ノーカラーのジャケットを選ぶと抜け感が出てラフなコーデができます。白のカットソーを合わせてこなれ感を出しましょう。白や薄いグレー、ベージュ、紺色のカラーのパンツは、薄手の素材を選びます。細身のタイプのパンツで、軽快なイメージのジャケパンスタイルを作り出しましょう。靴はブラウン系がおすすめです。

メンズ・レディース別おすすめのジャケパンスタイルとは?

ジャケパンスタイルのおすすめコーデは、定番のネイビージャケットにグレーのパンツです。この組み合わせは、フォーマルにもカジュアルにもビジネスシーンにも応用がきくジャケパンスタイルの王道です。黒やブラウン系の靴でシックにきめてください。

パンツは細身がおすすめです。白のワイシャツにストライプのネクタイを合わせれば、ビジネスシーンにぴったりのジャケパンスタイルになります。

レディースは?

ジャケパンスタイルはレディースもかっこよくきめられます。ジャケットの上品さとパンツスタイルの軽快さがレディースファッションに動きを与えてくれます。オフィススタイルにぴったりなのが、レディースのジャケパンスタイルです。

レディースのジャケパンスタイルは、カジュアルにもフォーマルにも使える画期的なコーデ方法です。ネイビージャケットとホワイトデニムやパンツでさわやかにコーデしましょう。黒ジャケットと黒デニムもかっこよくきめられます。グレー系のジャケパンスタイルもおすすめです。黒の靴とバッグで着こなしましょう。

ジャケパンスタイルのポイントは?

ジャケパンスタイルのジャケットは、2つボタンか3つボタンの無地のテーラードを選びましょう。ジャケパンスタイルのジャケットのスリットもいろいろです。初心者はノースリット(ベント)を選ぶとよいでしょう。

ジャケパンスタイルの基本のインナーは白シャツかライトブルーのシャツです。好感度がアップするさわやかな色味がおすすめです。ジャストサイズを選びましょう。シャツは無地をチョイスして、ネクタイでおしゃれに見せましょう。ボタンダウンシャツでも大丈夫です。

カラーは?

ジャケパンスタイルをおしゃれに仕上げるには、小物を工夫しましょう。基本はベルトと靴のカラーの色味を揃えることです。ジャケパンスタイル全体のバランスが整います。カラー選びに困ったら、黒のベルトと靴を選びましょう。

ジャケパンスタイルは上下の色に変化をつけることでおしゃれに着こなせます。同系色を合わせたいときはカラートーンを変えてコーデするとしっくりきます。清潔感を大切にコーデしてください。パンツの色を濃くすると安定感が出せます。重すぎると感じたときは、パンツの丈を少し短めにするとすっきりとまとめることができます。

ジャケパンスタイルのサイズ感は?

ジャケパンスタイルのテーラードジャケットは、ジャストサイズを選びましょう。きちっとした服装を整えるとき、サイズ感を重要視してください。自身のジャストサイズを知っておくことは大切です。そこを基準に、好みの形を選んでいきましょう。

テーラードジャケットのジャストサイズとは、肩の付け根の位置とジャケットの縫い目の位置が合っていることです。袖は、手首がおさまる程度の長さのジャケットを選びます。パンツは丈に気を配ります。まっすぐ立ったときに、パンツの裾が床に触れるか触れないかぐらいの長さに調整します。長すぎるとおかしいの注意してください。

結婚式は?

ジャケパンスタイルは結婚式には不向きの服装ですが、カジュアルなレストランや居酒屋の二次会では問題なく着こなすことができます。ラフ過ぎず、そのような場にふさわしい服装がジャケパンスタイルです。ジーンズを合わせる場合はダメージジーンズはやめて、ネクタイや革靴、シャツで品良く着こなしてください。

カジュアルダウンは?

ジャケパンスタイルのドレスダウンはインナーでできます。秋冬はニットでおこない、初夏はカットソーでおこないましょう。細めタイプのボーダーや無地のTシャツを合わせることもできます。カラーは白やグレー、ネイビーなどのラフになり過ぎない色を選びましょう。襟元はクルー・V・ボートネックがおすすめです。

ワンランク上を目指して!

ジャケパンスタイルをワンランク上にセンスよく仕上げるには、パンツの色選びも重要です。茶のツイードテーラードジャケットにウォッシュのかかった茶のチノパン、ダークブラウンのベルトと靴、ネクタイでおしゃれにきめましょう。

グレーのウールジャケットに薄いパープルのクルーネックセーター、白シャツのレイヤードのジャケパンスタイルはソフトな印象でおすすめです。ジャケットを茶のチェックにしてパンツとインナーをチャコールグレーに統一すると、洗練されたおしゃれなジャケパンスタイルになります。

ジャケパンスタイルでかっこよくきめよう!

ジャケパンスタイルはメンズの王道です。定番のネイビージャケットとグレーのパンツから、ボトムスだけ白のパンツやベージュのチノパン、ジーンズに変更してバリエーションを広げていきましょう。

ジャケットをグレーや黒に変えるだけで、いろいろな印象のジャケパンスタイルを作り上げることができます。靴やネクタイ、インナーを工夫して、同じジャケパンスタイルをいくとおりもたのしむことができます。

関連記事

Related