Search

検索したいワードを入力してください

試用期間での退職での手続き方法・挨拶方法|雇用保険/メール

Author nopic iconライム
転職・就職 / 2018年03月09日
試用期間での退職での手続き方法・挨拶方法|雇用保険/メール

試用期間内による退職手続きの方法

雇用形態の多様化もありますが、まず一つの仕事でそれなりの成果を出していくのは難しい時代になりました。入社した当初は自分に合う職場だと思っていても、入社してみて社風が合わない事は多々あります。試用期間中ならば、退社をしてもよいという考えがありますが、一般的には試用期間中でもすぐに仕事を辞める事は望ましくないです。

試用期間中でも試用期間が過ぎても、仕事を辞める時の辞め方は大きく変わる事はないです。辞表や退職願を提出して、退職するだけです。

一度辞める癖がついてしまうと、どの会社に勤めても続かなくなってしまいます。できるだけ長く会社へいるようにしておきましょう。

雇用保険はどうなるのか?

試用期間は一般的に6ヶ月になっています。雇用保険に加入している場合は払った雇用保険は失業保険をもらうために必要です。半年では失業保険が下りないので、以前勤めていた職場の雇用保険と合わせて計算する事になります。書類の手続きは総務や人事部がしてくれるのでそれに従うだけです。書類に間違いがないかをよく見ておきましょう。

雇用保険がある場合は辞めた時点で、税金を支払う場合があります。もし税金を支払う場合はきちんと支払っておきましょう。

企業もお金をかけて人を雇い入れます。なるべく企業の負担にならないように行動する事も大切です。すぐに仕事を辞めてしまっては次に探す時に探しにくくなるので、なるべく3年なり5年程は同じ職場にいるようにしましょう。

離職票はどうなるのか?

離職票をもらう時は退職理由や、退職の時期は間違っていないのかを確かめておきましょう。離職証明書を会社はハローワークへ提出してから、会社を辞める人は離職票をもらうので、失業保険やハローワークでの仕事探しに離職票は必要になるので、きちんと持っておきましょう。

退職する時に退職する人が離職票の手続きをする必要はないでしょう。会社が手続きをしてくれますが、退職理由や在職期間などを確認するだけです。

試用期間はあくまで試用期間なので、自分が退職する意思がなくても退職させられる場合もあります。

正社員の場合試用期間内の退職

正社員の場合は入社後に社会保険などに加入して働く場合もあるので、試用期間でも健康保険や厚生年金などの手続きをする場合もあります。健康保険は会社に返納して、厚生年金は年金手帳を会社に提出しておきましょう。年金事務所から通知がきたら、指示どおりに動けば退職後の手続きで迷う事はないでしょう。

正社員一人を雇い入れるために企業は莫大なお金を動かして人を雇い入れています。なるべく企業の負担にならないようにするとともに、入社して思っていた仕事と言わないように面接ではきちんと仕事の内容を聞いておきましょう。

社会人として行動するにはある程度責任感も必要になってきます。最低限のマナーは守るようにしておきたいです。

非正規雇用の試用期間内での退職

非正規雇用の場合は試用期間後に社会保険に加入する場合が多いので、正社員よりは退職後の手続きは面倒ではないです。試用期間が決められていても、試用期間内に自分から辞めるのはあまり好ましくない事です。採用してくれた上司の期待を裏切る事になるので、辞める際はきちんとした理由を話せるようにしておきましょう。

試用期間中に退職する人の共通点は仕事を点々としている人が多い事です。仕事だけでなく、一つの事を続ける事のできない人が多く、仕事はもちろんプライベートでも苦労している人が多いです。若いうちからその事に気づきなるべく改善するように心がけていかないと、その後の人生が実りあるものにならないでしょう。

試用期間内での退職の挨拶の仕方や伝え方は?

試用期間内に退職するのですから、仕事が自分に合わなかったり、大きな失敗をした場合はなかなか面と向かって退職の話しはしづらいです。メールや電話でなく、実際に会って話しをしましょう。

また試用期間内でも引き継ぎ業務などがあれば、きちんと引き継ぎをして得意先や同僚や上司に挨拶をして退職したいところです。試用期間内でも戦力となっていることを覚えておきましょう。

上司や同僚をがっかりさせないような辞め方をするには、それなりの理由が必要です。会社を辞める事に対してどれだけ責任を感じているのかを認識しているかを相手に伝えるべきでしょう。

電話の場合

今の仕事が自分に合わない事を上司に伝えましょう。電話ですべてを終わらせることはできません。退職の手続きのためにいつ会社に訪れるのかを伝えておき、遅刻をしないように会社へ手続きにいきましょう。

電話ですべてを終わらせようと考えている人は、突然辞める癖がついている人です。会社に勤める限りは、最低3ヶ月は辞めるために会社に残るようにしましょう。会社が困る事をなるべくしないことでもその後の仕事が探しやすくなります。

電話ですべてを終わらせる事は不可能です。理由を述べる際も愚痴をこぼすような言い回しはやめましょう。なるべく穏便にことを進める事を考えるべきです。電話やメール、手紙などでは正式な退職はできないと思っておいた方がよいでしょう。

メールの場合

メールでも電話でも同じです。情報化社会になっても人の心は変わりません。メールで退職の意思を伝えても、メールという媒体では伝わりにくいこともあるので、実際に会う日にちをメールで聞いてみましょう。

試用期間内の退職は非正規雇用ならば、難しくはないでしょう。正社員ならば健康保険や厚生年金のこともあるのですんなりメールのみでは難しいです。試用期間内で仕事をやめることになっても誠意は見せておきましょう。

メールですべての退職の手続きを進める事は無理です。メールや電話では実際に会う時間帯を決める連絡ツールにしておきましょう。試用期間で辞める場合も退職願いや辞表が必要です。退職願いや辞表の書き方なども会社ごとにフォーマットがあるので、それを聞くためにも実際に会う事は意味があることです。きちんと会って話しをしましょう。

実際に会って退職の希望を伝える場合

退職願いや辞表を持っていき、主な辞める理由を述べられるようにしましょう。会社側は忙しい時間を割いて会ってくれているので、なるべく簡潔に理由を述べましょう。また会社側が職場の改善や待遇面でも対処できることはすると言った場合は、こちらもなるべく退職をしないようにしておくべきです。

試用期間内で辞める場合の手続きの仕方などを聞いておくべきです。また引き継ぎや同僚への挨拶があればしておくことも必要になります。

試用期間内は会社側から辞めさせられるイメージがありますが、実際は仕事が合わない人が辞めていっています。

試用期間内でも時期を考えて退職希望を伝えよう

会社が繁忙期の場合は繁忙期が過ぎた頃に退職の話しを伝えるなど、ちょっとした思いやりが必要です。今までお世話になった職場なので、後悔することはしない方が長い人生後悔しないで済みます。なるべく退職する意思を伝える場合は会社の都合を考えて伝える事も必要になります。

試用期間の意味とは

試用期間とは会社に慣れてもらう期間でお試し期間ともとれます。職場ではお客様扱いされていますが、いずれは会社を背負って仕事をしていって欲しいという会社の期待を背負っています。試用期間でも責任感のある行動をとるようにしましょう。

試用期間の退職は望ましくないのでなるべく自分に合った仕事に就こう!

面接の際に自分にできない仕事だと感じたら、たとえ採用されても断るべきです。本当はどのような仕事に就きたいのか、どのような仕事ならば、多少我慢して頑張れるのかをあらかじめ知っておくべきです。

試用期間中だからといってすぐに辞めれると思わない事です。続けられる仕事ならば、辞めたくなっても続けましょう。どうしても辞めたくなった場合はメールや電話のみで終わらせようとせずに、実際に会ってきちんとした段取りのもとで退職の手続きをしましょう。

関連記事

Related