Search

検索したいワードを入力してください

ホームベース顔女子に似合う髪型・アイテム・メイク方法

Author nopic iconkanichan
ヘアスタイル / 2018年04月05日
ホームベース顔女子に似合う髪型・アイテム・メイク方法

理想の顔のかたちとは?

顔のバランスが良く、どんなヘアスタイルも似合う顔型を「卵型」と呼びます。いくつかタイプのある顔型の中で「ホームベース顔」といわれる顔型に着目し、その特徴をあげていきます。「卵型」を目指してヘアスタイルやアイテムを工夫することで理想の自分を手に入れましょう。

ホームベース顔の特徴

「ホームベース顔」と言われる顔型にはどんな特徴があるのでしょうか?

・顔の縦幅に対して、横幅が長め
・エラが張り気味
・頭のハチが張っている
・額が広め
・アゴが小さめ
・顔が平面的
・男っぽく見られる
・おおらかな印象

これらの項目に多くあてはまると「ホームベース顔」。これから挙げるポイントを見て実践してみましょう。

ホームベース顔女子に似合う髪型

髪形は顔のかたちを左右する重要なパーツです。エラ張りが気になる「ホームベース顔」女子が嫌煙しがちなショートやボブなどのヘアスタイルで抑えるポイントもご紹介します。

かたちが決まる「前髪」

似合う人が少ないといわれ、顔の形にコンプレックスを持つ人は誰もが憧れる「ショートカット」。一見難しそうでも「縦幅と横幅」を意識するだけで「ホームベース顔」の女子でもチャレンジできます。

注意したいのは、顔の形にぴったりそったスタイルや毛先に極端にシャギーを入れたスタイルです。このタイプのショートカットは「ホームベース顔」の特徴のエラを強調してしまうため、避けたいカットになります。エラ部分をしっかりカバーしてトップにボリュームを出すことで、「卵顔」のひし形ラインに近づくので夢のショートカットが叶います。

チャレンジしてみたい「ショートカット」

前髪は顔の横幅を決める重要なパーツです。前髪が顔にかかる面積が大きいほど顔の横幅が強調されてしまうので注意が必要です。中でもぱっつんの重ため前髪は縦幅を極端に狭めてしまうのでNGです。

すでに前髪のある方なら、分け目をつくったり、スタイリング剤を使用し毛束感を出すのもいいでしょう。またショートバングのような不揃いカットも縦に空間ができます。アレンジするなら大きくカールを入れて動きを出すと、重たい前髪でも雰囲気がガラッと変わります。

「ホームベース顔」の特徴の一つでもある“頭のハチが張り気味”という点も、アレンジを加えることではっきりした輪郭がぼかされ緩和されるので、チェックしておきたいポイントです。

「ボブ」にもチャレンジ

通常、顎ラインにそろえて毛先をそろえる「ボブ」はエラ張りを強調してしまうカットの一つです。お悩み解消ポイントとしては、顔周りの毛を長めに残したり、あえて顎ラインから少しずらしてそろえると良いでしょう。

ただ、毛先がそろう「ボブ」は、耳の横あたりに重さが出て顔の横幅が目立ってしまいがちなので、トップにボリュームを出して縦のラインを際立たせるのも大切です。もしくは、毛先にランダムにカールを入れて動きを出すことで、平面的に見えてしまう「ホームベース顔」女子の弱点を克服することもできます。

ホームベース顔女子に似合うアイテム

簡単にチャレンジできて、イメチェンができるのがアイテム投入です。ご紹介するアイテムは「ホームベース顔」女子の可能性を一段とアップさせてくれます。小物を工夫することでおしゃれ度もアップしますし、気分に合わせて雰囲気を変えることができます。

オシャレ必須アイテム「メガネ」

顔を占める面積を変えてくれる「メガネ」は「ホームベース顔」女子にとって救世主になってくれるアイテムです。特に丸型・楕円形のタイプは目線を顎ラインより上に上げてくれて、平面的に見えがちな顔型に凹凸を出してくれるのでおすすめです。

スクエア型のレンズだと、「ホームベース顔」の角ばった印象を強めてしまうので向きませんが、それ以外の形のレンズやフレームであれば基本的に自由です。さまざまなメガネが似合うのが「ホームベース顔」女子のメリットです。

外出時には「帽子」

遠目から見て顔の形やバランスを決める「帽子」も「ホームベース顔」のお助けアイテムとして活躍します。選ぶときのポイントは「帽子の幅」。顔幅と同様のコンパクトな横幅の帽子にしてしまうと、かえってホームベース顔が強調されてしまうので、自分の幅よりも大きな帽子や幅広めに加えて縦に四角いシルエットのものを選ぶと良いです。

中折れハットなどの硬派なタイプの帽子も似合いますが、コサージュ等アシンメトリーな個性的タイプの種類も素敵に決まります。

レディライクな「サングラス」

「メガネ」と同じく顔の幅に変化をつけるアイテム「サングラス」。男っぽく見られがちな「ホームベース顔」女子を素敵なレディに変えてくれること間違いなしです。

髪形やメガネ選びのポイント同様、サングラスが顔の面積の大部分を占めてしまうと逆効果なのでスタイリッシュな形や丸みのあるタイプをチョイスすると良いでしょう。形さえおさえておけばフレームの太さや色はお好みで選べます。

「襟」のかたちも注目

小物以外にも少し工夫することで、スッキリ見せることができるのが洋服の「襟元」。「ホームベース顔」の特徴の「角ばった輪郭」や「平面的な顔型」はUネックなどの丸みのある形がおすすめです。また、首がつまったタイプだと顔幅に視線がいってしまうので、抜け感をつくってあげるのがベスト。

Vネックなどの直線的な襟型の場合は、アクセサリーに丸みのあるものを合わせるか、色味を工夫してふんわりとしたレディライクなものを選んでみると良いでしょう。

ホームベース顔女子に似合うメイク方法

女子の特権「メイク」でも「ホームベース顔」は解消できます。手持ちのアイテムで試してみましょう。コツが分かればいつもより毎日のメイクが楽しくなります。

ベースメイクからポイントメイクまで、その工程は多くありますが今回はその中でも特に印象を変えられるパーツのポイントをご紹介します。

一番重要な「眉毛」

メイクそする上で苦手なパーツで上位にくるのが「眉毛」だといわれています。左右対称にならなかったり、形がいびつになってしまったりとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

「ホームベース顔」女子必見のポイントは“角度と長さ”。まず、今でも根強く残っている「平行眉」は顔の横幅を強調してしまいます。眉山をしっかりとったアーチ型は縦に目線を上げる効果があり、横顔もシュッとスタイリッシュな印象になります。

長さに関しても極端に長すぎるのはNGです。小鼻から目尻の一直線上に眉尻(眉の書き終わり)がくるのが一番理想的とされています。上手に描けないという方は少し短めに眉を描くことを意識するだけで雰囲気が変わります。

Blockquote firstBlockquote second

眉毛のパウダーはいつもこれを使用してます!
しっかり色づいてくれるので眉毛だけでなくノーズシャドウにも使ってます!

顔幅を決める「チーク」

「ホームベース顔」解消のキーワード「顔幅」は、メイクでは「チーク」が要と言っても過言ではありません。微笑んだときに一番高くなる位置からこめかみと耳の間に向かって楕円形にチークをのせるのがベストです。一時期流行した「ほてり顔」のような、黒目より内側に濃くのせるチークは、顔の中心に重心がいってしまうので控えめにした方が良いでしょう。

またエラを目立たなくさせるために、シェーディングを使って「卵型」に近づけるのもより顔に立体感が出るのでおすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

見た目はかわいらしですしブラシ付きなので良いですね。色は明るめな感じなので、落ち着いた赤みが欲しい方は違う色のタイプがいいかと思います。思っているよりはピンクよりかな。少量でもけっこう色がのる感じだと思います。

「アイメイク」も大事

普段メイクをするとき、毎日同じアイメイクになっていませんか。アイメイクに少し工夫を加えるだけで、印象を変えることも可能です。「ホームベース顔女子」は目元からつくる立体感やひと手間で「卵型」に近づけられます。色や質感を変えても応用できるのでお手持ちのアイテムで試してみましょう。

アイシャドウ

平面的に見えがちな「ホームベース顔」女子は、アイメイクでも奥行きを心掛けましょう。目頭から目尻にかけてだんだん濃い色になっていく縦グラデーション。目のきわから眉に向かってだんだん薄くしていく横グラデーション。どちらも目に奥行きを出してくれるので、単色でのせるよりぱっちりとした目元になれます。

中でもポイントなのが以下の3点です。
・目頭に明るめのシャドウをのせる
・グラデーションはしっかりとぼかす
・濃くしすぎない

これらは顔の中心近くにあるパーツ「目」の主張が強くなりすぎてしまうと目元と輪郭の間にすきまができてしまって、逆に「ホームベース顔」を強調してしまうためおさえておきたい点です。

Blockquote firstBlockquote second

そもそも色がナチュラルで肌なじみが良い色なので、薄付きというよりはかなりナチュラル系という感じです。
左上のラメは綺麗に付きます。

マスカラ

マスカラも実は目の幅を変えるのに重要なアイテムです。塗り方のコツとしては、黒目の上下にたっぷりめに長さを強調するように重ねることです。そのためにもまつ毛はしっかりとビューラーをかけて、カールさせましょう。

下まつ毛はていねいに毛束感をつくりなが塗ることでより縦に幅ができます。メイクにこだわりがある方はマスカラの種類もロングとボリュームを使い分けながら重ねてみるのもよいでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

ボリュームを出すより、綺麗にセパレートしたまま、濃さ・長さを足したい方向けです。
ヘッドが小さく小回りが利くので塗りやすく、まぶたに当たるストレスもありません。
フィルムタイプにたまにあるように目の中に落ちてくることもなく、お湯でスルッと落とすこともできます。
ビューラーで上げてから塗れば、ちゃんとカールもキープされます。
ドラッグストアのコスメよりちょっと値が張りますが、その価値は十分にあると思いま

アイライナー

「ホームベース顔」女子の中でも、特徴として挙げたなかの「おおらかな印象」タイプの方は特にアイライナーで印象を変えることも多いでしょう。しかし、ガッツリ太めラインだったり、極端に目尻に長さを持たせてしまうと、顔の重心のバランスや目の横幅の主張が強くなりがちなので注意が必要です。

アイメイクのキーワードでもある「奥行き」はアイライナーでもつくれます。黒目の上部分を太めに引き、目尻は軽く跳ね上げる程度の方が目のインパクトを保ちながら、縦幅も出すことができます。どうしてもアイライナーで目をくっきり見せたいときは、ペンシルライナーを使用してインラインに引くのがお勧めです。

Blockquote firstBlockquote second

うす茶でもなく黒でもなく、絶妙な色で好きです。
薄茶だと物足りない、黒ライナーだとキツくなってしまうのですが、こちらの色ははっきりなのに優しい感じのラインに出来ます。
筆も描きやすく失敗は少ないのではと思います。

ホームベース顔は素敵女子要素がいっぱい

今回は数ある顔型のタイプの中から「ホームベース顔」に注目してアイテムやヘアメイクをご紹介しました。一見「ホームベース型」を理想タイプである「卵型」へと近づけるのが難しそうだと感じてしまいがちですが、“顔幅を意識する”というポイントを大切にすれば、どんな髪型だってどんな格好だって叶っちゃいます。

「ホームベース顔」女子の特徴として挙げた「平面的な印象」はクールなスタイルにもフェミニンなイメージにも捉えることができるので、楽しみながら上記のヘアスタイル・アイテムを試してみてはいかがでしょうか。

また、お悩み解消アイテムとして投入した小物によって、いつもの自分からガラッとイメチェンできたり、ワンランク上のオシャレも目指せちゃうのですから、まさに一石二鳥です。

「ホームベース顔」女子は、素敵女子要素をたくさん秘めています。「これならできそう」というものから早速取り入れてみてはいかがでしょうか。