Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】回りくどい言い方をする人の特徴・話し方のコツ

Small 8f8c904b ad30 4fd5 b93f 217c04f72c64ちぇりー
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年03月16日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】回りくどい言い方をする人の特徴・話し方のコツ

男女別回りくどい言い方・言い回しをする人の特徴とは?

回りくどい言い方や回りくどい言い回しをする人はたくさん存在します。友達の中にもいますし、職場にもいます。また自分でも自覚があったりするのではないでしょうか。

言いまわしが回りくどいと、相手には良くおもわれません。この人の話はながいんだよなと、相手に敬遠されてしまいます。職場などで部下にそのようにおもわれたら、上司としての威厳が保たれないどころか、嫌われてしまいます。

せっかく良い話をしようとしているのに台なしになってしまいます。自分がそうだと自覚があれば、練習すれば直せる事です。本記事ではそんな回りくどい言い方・言い回しをする人について検証してみました。参考になさってみてはいかがでしょうか。まずはその特徴を男女別にあげてみました。

男性の場合の特徴は?

男性で回りくどい言い方・言い回しをする人の特徴は怒りっぽい人に多いかもしれません。少し矛盾しているようにもおもいますが、怒りっぽい男性ほど回りくどい言い方をします。話が回りくどくなっているという事はもうすでにその人は腹を立てている証拠でしょう。

回りくどい話をしながら、自分が怒っている事を相手に知らせようとしています。こんな時はどれだけ怒っているのかと延々と説明したくなるのでしょう。それからなぜ自分が腹を立てているのかの理由を話そうとしてしまいます。

怒っている自分に注目してもらいたい、相手を言い負かしたい気持ちで、話が回りくどくなってしまうと考えられます。この特徴の人は、そのうちになんで自分が怒っているのかその理由も、話の本題も分からなくなってしまいます。

女性の場合の特徴は?

女性で回りくどい言い方・言い回しをする人の特徴は、まず一つに自分に注目してもらいたいということもあります。回りくどい話をして自分の話に相手を引き込もうと考えているからです。そうする事で話の結論が後回しになるため、結果として回りくどい話になってしまう訳です。

もう一つははっきり言いづらい、言わずとも察してもらいたいと考えているからでしょう。この特徴は女性に特に多く見られます。相手に嫌な印象を与えたくない、嫌われたくないという気持ちからくると考えられます。

男性で回りくどい言い方になる心理は?

男性で回りくどい言い方になってしまう心理の一つには、話がまとまっていない事があげられます。相手に伝えなければいけない話の要点が、頭の中でまとまっていない、またはまとめるのが苦手という事です。

特に男性はいくつかある話の要点をまとめるという作業を苦手としています。男性脳というそうですが、一つずつしか物事をこなしていけないというそもそもの理由があります。全員がそうではないでしょうけれど、意識せずに回りくどくなってしまうといえます。

女性で回りくどい言い方になる心理は?

女性が回りくどい言い方になる心理としてあげられるのは、相手の気持ちを察しているからと考えられます。相手の気持ちを分かっているから、はっきり言いづらいという事が回りくどい言い方の原因の一つになっています。

同時に相手の反応が怖いというのもあります。はっきり言って反発されたらなど、先の事を考えてしまっているからです。こんな女性は、消極的・心配性などの性格の人が多いでしょう。

回りくどい話し方にならないコツとは?

それでは回りくどい話し方にならないようにするにはどうしたらよいでしょうか。その理由についていくつか検証してみました。参考になさってください。

話を箇条書きでまとめておく

最初に要点をまとめておく事です。はっきりと自分が話したい事を決めておく事です。必ずこれだけは伝えるという事を頭の中で箇条書きしておくのがよいといえます。この時箇条書きでもたくさん考えておくのではなく、大きく三つぐらいでとどめておきましょう。

要点は先に話す

なるべく話の要点を先に言ってしまう事です。どうしても話しておきたい過程は最後に付け加える感じで話すと良いでしょう。そうする事で回りくどい話し方を直す練習ができると考えられます。そのように話すクセを付ける事です。

メモしておく

どうしても頭の中でまとめる事ができない場合は、紙に一旦メモをする事をおすすめします。文字にして結論だけを書き出しましょう。文字で書き出すという作業は、過程を書くことが面倒という事もあり、強制的に箇条書きになります。そうする事で自分がいつも回りくどい話し方をしていた事に気づく事もできます。

時間を決めておく