Search

検索したいワードを入力してください

レムリアンシードの種類・選び方と効果|クリスタル/本物

Small d0886ba1 950d 4b8f a80d ce4b8b59b097nico33
パワーストーン / 2018年04月11日
レムリアンシードの種類・選び方と効果|クリスタル/本物

太古の記憶を蘇らせるレムリアンシード

アトランティスやシリウスそしてレムリアなどの名前を知っていますか。おそらく一度は見たり聞いたりしていることでしょう。それらの大陸において、それぞれ栄えていた文明も今や大陸の消滅とともに謎と化していきましたが確かにそれぞれの文明には栄華を極めた時代がありました。

その時代の特徴として、現代とは比べ物にならないほどのテクノロジーの進化や言語をはじめとするコミュニケーション能力の高さなどが注目されています。今回は、その中でも鉱物との深い関わりを持つレムリア文明が生み出したレムリアンシードについて紐解いてきましょう。

レムリアンシードの種類

ところでレムリアンシードとは一体どんなものなのでしょうか。どこかで聞き覚えがあるものの何のことか分からないという人もいることでしょう。実は、このレムリアンシードはクリスタルの一種であり現在では採掘も難しく極めて珍しい水晶として知られています。

レムリアンシードと失われた大陸レムリアとの関係。これも気になるところです。まずは、クリスタルとしての側面からレムリアンシードを見ていきましょう。

クリスタル

レムリアンシードと呼ばれていますが多くは「レムリアンシードクリスタル」として市場に出回ることが多い水晶の一つです。クリスタルですから水晶の結晶体として扱われることが多いのですがレムリアンシードクリスタルの場合は、ポイントと呼ばれる単結晶として発見されることがほとんどです。

それゆえに一つの結晶が棒状に大きく形成された形となっています。それこそがレムリアンシードたる存在そのものを象徴するかのような形です。

産地

ではレムリアンシードクリスタルは、どんな場所で採掘されるのでしょう。多く知られている採掘場所は主に2箇所です。ブラジルとロシアです。それでも昨今は、その採掘も難しくなり新たな産出はされていません。そこにレムリアンシードの存在の魅力が浮き彫りになってくる理由があるのでしょう。

一言にクリスタルといっても一つ一つの形が違うことはもちろん、色の違いもあります。レムリアンシードクリスタルの場合は、主に透明であるものとピンクがかったものが多く見られます。なかでもピンク色のレムリアンシードは一時期あえて「ピンクレムリアンシード」と呼ばれていたほど珍しいものでした。

現在では、レムリアンシードと分類されるクリスタルの中にはゴールドであったりオレンジであったり、なかには色だけでなくレムリアンシードの特徴であるバーコードのない代わりに気泡が入っていたり、さまざまです。今やレムリアンシードそのものの見分けは難しい時代になってしまったのでしょうか。

レムリアンシードは持ち主を選ぶのか

『レムリアンシードが自ら持ち主を選ぶ』とは、よく聞かれる言葉です。クリスタルが持ち主を選ぶなんて、ちょっと驚いてしまいます。ここでは、レムリアンシードならあり得ると言わせてしまうほどの「なるほど納得」なレムリアンシードの特徴を挙げてみましょう。

レコードキーパー

レムリアンシードクリスタルがクローズアップされた一つの特徴は「レコードキーパー」と呼ばれるバーコードのような模様を持つクリスタルだということです。そのレコードキーパーがレムリア時代の記憶を持ち主に想い出させると言われています。まさに持ち主をレムリアンシード自らが探し出すとは、なんとも神秘な石です。

出会うタイミング

どんなクリスタルとの出会いでも言えますが、とくにレムリアンシードの場合は、その持ち主と出会うタイミングが絶妙です。意図していなくても偶然に出会ってしまうレムリアンシードとの出会い、それは持つ人の直感やひらめきを再確認する瞬間でもあります。

運命的直感

ではレムリアンシードと出会ってしまった人は、どんな感覚を持っていたのでしょう。多くの人は、手にした瞬間あるいは目にした瞬間、レムリアンシードから離れられなくなったと言います。まるでクリスタルに意思があるかのように「自分が持つべきクリスタル 」だと強く納得してしまう感覚があるのだとか。きっと言葉では言い表せない感覚が生まれるのでしょう。

レムリアンシードの見分け方

レムリアンシードは、希少稀なクリスタルゆえに本物か偽物かという話題にも事欠きません。本物のレムリアンシードには、どんな特徴があるのでしょう。また、本物であるという見分け方があるのでしょうか。これは貴重なクリスタルだけに気になるところです。

本物

どんな天然石でも今は、本物と偽物の区別がつきにくくなっているというのが現状です。とくにレムリアンシードの場合は、近年になって多彩な色や種類のものが「レムリアンシード」として市場に出回っています。

そして、そのどれもが天然石であることに違いはなくレムリアンシードの特徴であるレコードキーパーがあります。ゆえに本物と偽物のはっきりとした区別がないのが現実と言えるでしょう。

偽物

そのなかでも明らかにレムリアンシードではないと判別できるクリスタルの特徴を参考までに挙げてみましょう。

まず、レコードキーパーと呼ばれる縞模様がないものがあります。水晶の単結晶でペンシル型のレーザークリスタルに分類されます。クリスタルの中に気泡があったり針が入ったものなどがあります。今では、これらのものもレムリアンシードとして出ていますが純粋なブラジル産やロシア産でなかったりして出所が明確でないものもあります。

レムリアンシードと表示されているものを鵜呑みにするのではなく、レムリアンシードとして認識していた色や形とは違うけれど気になるのであれば、まずは自分の手で触れて見ることがその真意を見分ける一番の方法なのでしょう。なぜならレムリアンシードは、持ち主の直感のみによって本物であるか偽物であるかを委ねてくるからです。

レムリアンシードの選び方

持ち主を選ぶというレムリアンシードを実際に手にしようとした場合は、何を基準に購入したら良いのでしょうか。ここでは、その選び方をいくつか挙げてみましょう。

レコードキーパー

まずは何よりも直接ご自分の手で触れて見てください。ケースの中に飾られた状態では、体感できない多くの感動があることでしょう。また重さ・形だけでなくクリスタルの持つ温度やクリスタルが手にどのように馴染むのか体感が大切です。この辺りも選ぶポイントと言えるでしょう。

そして何よりも大切なのは、直感です。少しでも違和感があったり疑問が湧き出るのなら、それは出会うタイミングではないといえます。時間をおいて奇跡的に再び同じレムリアンシードに出会えたときにどう感じるかで、その出会いがどういう意味を持つかが自然と理解できます。

そんな出会いをした人の多くは、「もう二度と手放したくない」「このクリスタルは自分のものだとわかる」などと話しています。レムリアンシードと絶妙なタイミングで出会った瞬間、教えられたわけでもないのに自分のクリスタルだとわかると云われています。

大きさと触感

重さも選ぶポイントですが、大きさも大事なポイントの一つです。クリスタルを手に持ったときにどのような位置で指に当たるか、レコードキーパーに触れた感触と全体の大きさのバランスに違和感はないか、持ったときに安定感はあるか、などを基準に選ぶといいでしょう。

たとえば、手に余るほどの大きさではレコードキーパーからの情報が読み取れない可能性もあります。手のひらに程よく収まる大きさというのは選ぶポイントとして重要だと言えるでしょう。

イメージ

最後にレムリアンシードを持ったときに浮かぶイメージというものが実は一番のポイントです。レムリアン大陸・レムリアン文明との繋がりを思い出させるためのクリスタルですから、仮にあなたが前世やスピリチュアルな話題が苦手なら、このイメージ力は難しく思えるでしょう。

けれど、レムリアンシードを目の前にしているという事実がすべてを物語っています。出会うタイミングであり、太鼓の記憶が今この瞬間に必要であるからこそ、出会ったということも考えられます。まずはレムリアンシードを手にして浮かぶままにイメージの世界に浸って見るのもいいでしょう。

レムリアンシードの効果

レムリアンシードを持つことによって起こる効果というものをここで挙げておきましょう。ただし「クリスタルが何らかの変化を起こす」という考えがあるのなら、レムリアンシードから得る効果は期待はできません。

なぜなら自らの意思で人生の指針を決め、方向性や自らの生き方を変えていこうという意欲がある人にこそ、レムリアンシードは古代レムリアンの時代の叡智を与えてくれるからです。他力本願では、その叡智を活かせないということをレムリアンシードが教えてくれることでしょう。

セルフコントロール&モチベーションアップ

効果というと医療的なイメージを持ちがちですがレムリアンシードは、クリスタルの一種ですから薬のような具体的な効果を求めることはできません。あくまでもメンタル面のサポート役として、効果的であるということを前提に考えていくことが大事です。

そういった観点からみると、「クリスタルを手にすることで心が穏やかになる」「クリスタルに触れることで創造力が生まれた」「レコードキーパーに触れていたら活力が出てきた」などの体験談は、メンタル面を支える大きな効果と言えるでしょう。

また、レムリアンシードを持つことで感情のコントロールが可能になったり、モチベーションが上がるなどのメンタルケアがうまくいく効果が生まれることは、レムリアンシードのサポート力に期待ができるということです。

意図せずに意思に委ねる

知れば知るほどに気になるのがレムリアンシードクリスタルです。すでに出会っている人は、その運命的な出会いをもう一度振り返って見ると意外な発見があることでしょう。意識せずにクリスタルと向き合うことが実は、いちばん理想的な付き合い方と言えます。まるで対話するようにクリスタルに質問して見るのも楽しい付き合い方です。

そして、これからレムリアンシードに出会うであろう人は、その瞬間を大切にしましょう。今では新たな産出がない貴重なレムリアンシードです。出会うべき瞬間は、人生においての節目に当たる可能性が高いです。

出会ったならば時間をかけ、じっくりとレムリアンシードを手にしてみてください。その感覚や感触・イメージはメモするなどしておくと今後の指針に繋がることでしょう。とはいえ、意図せずに出会うレムリアンシードクリスタルには、理由などなくすべて本質に委ねることができることでしょう。

関連記事

Related

Line@