Search

検索したいワードを入力してください

一を聞いて十を知る人の意味と特徴・方法|子供/天才/仕事

Author nopic iconサトゥ
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年03月08日

更新日:2020年06月23日

記載されている内容は2018年03月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一を聞いて十を知る人の意味と特徴・方法|子供/天才/仕事

もしかして天才!?「一を聞いて十を知る人」について

日本語には、「一を聞いて十を知る」という言い回しが存在します。人の様子や雰囲気を表現する際や、物事について述べる際などに、使用されることが多いと考えられる言葉です。日常会話でも、時折使われることがある言葉なので、耳にしたことがあるという方も少なくないでしょう。

しかし、「一を聞いて十を知る」とはどのようなことなのか、意味や具体的な内容をよく知らないという方も、いらっしゃるでしょう。実際のところ、どのような様子や人のことを、「一を聞いて十を知る」と表現するのか、気になるところです。

そこで今回は、「一を聞いて十を知る」という言葉をテーマにして、意味やそのような人の特徴などを考察・ご紹介していきます。

「一を聞いて十を知る人」の意味・特徴

「一を聞いて十を知る」とは、どのような意味でどういった状態を表現する言葉なのか、言葉が持つ意味やニュアンスを通して、見ていきましょう。

また、「一を聞いて十を知る人」とは、どのような人を指すのか、特徴などについても考えていきます。

「一を聞いて十を知る」の意味や特徴がわからないという方は、この機会にぜひ向き合ってみてください。

「一を聞いて十を知る」の意味

まずは、「一を聞いて十を知る」という言い回しそのものに含まれている、意味やニュアンスについて確認していきます。今回は、「一を聞いて十を知る」という言い回しの意味などについて考えるにあたり、「goo辞書」に掲載されている解説を引用し、参考にしていきます。

引用した解説によると、「一を聞いて十を知る」という言い回しは、人の個性や特徴、様子などを表現する、言い回しであることが読み取れます。

具体的には、全てを説明しなくとも、一部分を聞いただけで物事の全体を読み取ることができる人や特徴を意味する言い回しだと言われています。

また、察しが良いことや頭の回転がはやい様子の例えとして、「一を聞いて十を知る」という言い回しが使われるケースもあります。

Blockquote firstBlockquote second

物事の一部を聞いただけで全部を理解できる。賢明で察しのいいことのたとえ。一を以て万 (ばん) を知る。

「一を聞いて十を知る」の類語・同義語

続いて、「一を聞いて十を知る」という言い回しと、同じような意味や似ているニュアンスを持つ、言葉やフレーズ、単語などを紹介します。所謂「類語」「同義語」と呼ばれるそれらの言葉を学んでおくことで、「一を聞いて十を知る」とはどのようなことか、より深く理解できる可能性があるでしょう。

類義語としては、物覚えがはやい、物分かりが良い、勘が鋭い、のみこみがはやい、理解力が高いのような言葉が挙げられるでしょう。

一を聞いて十を知る人の特徴【1】:子供

子供の中には、勘が鋭い子供や察しが良い子供も存在すると言われています。そのような子は、場合によっては「一を聞いて十を知る人」であるとも言えるでしょう。

子供の中には、物事の説明を少しすることですぐに理解する子や、最後まで説明しなくとも物事の全体を言い当てる子もいます。

そのような子は、勘が鋭かったり、頭の回転がはやかったりすることが多く、「一を聞いて十を知る人」であると言えます。また、将来的に「一を聞いて十を知る人」へと成長する可能性もあると考えられます。

一を聞いて十を知る人の特徴【2】:天才

「一を聞いて十を知る人」の中には、所謂「天才」と評価されるような人がいる可能性もあります。

少しの説明や一部の解説だけで、物事の全体を理解できる人は、理解力が高かったり、頭の回転がはやかったりする可能性が高いと考えられます。そのため、一を聞いて十を知ることも、容易にできるという方も存在するでしょう。

裏を返せば、天才の中には、一部の物事から全体を把握する能力に長けている人や、そのような才能を持っている人もいる可能性があるということになります。なので、天才の中には、「一を聞いて十を知る人」が存在する可能性もあると言えるでしょう。

一を聞いて十を知る人の特徴【3】:要領が良い

一般的に、一を聞いて十を知る人には、要領が良い人が多いと言われています。「要領が良い人」というのは、学問ができるなどの知識における頭の良さというよりは、物分かりが良い人や効率的な言動ができる人を指します。

直観的な頭の回転の速さや、物事に対する器用さを備えている人が、「要領が良い人」に当てはまるでしょう。

上記のような「要領が良い人」は、一を聞いて十を知ることが得意なケースが多いと考えられています。話の一部などを聞いただけで、どのようなパターンやケースに当てはまるのか、持ち前の要領の良さで、すばやく考えることができる人もいるということが予想できます。

一を聞いて十を知る方法

ここまで、「一を聞いて十を知る」とはどのようなことなのかに注目して、さまざまな角度から考察してきました。「一を聞いて十を知る人」がどのような特徴を兼ね備えた人か学んで、「自分も一を聞いて十を知る人のようになりたい」と感じた方も、いらっしゃるでしょう。

そこで続いては、一を聞いて十を知るには、どうすれば良いのか、方法やポイント、コツなどについて考察していきます。

一を聞いて十を知る方法【1】:仕事

ビジネスや仕事において、一を聞いて十を知るには、経験と応用力が鍵になると言われています。

過去に行ったことがある業務や経験を、「今回のケースに、あのときの技術が役立つかもしれない」といったように、活かしたり応用したりすることで、「一を聞いて十を知る」に近い行動や仕事が、できるようになる可能性があります。

そのためには、経験や知識を豊富にする必要があります。また、単に経験や知識として知っているだけでなく、それらを状況に合わせて引き出し、活かしていく応用力も必須と言えるでしょう。

そのため、仕事において「一を聞いて十を知る人になる」には、経験や知識と応用力を身につけることが大切でしょう。

一を聞いて十を知る方法【2】:恋愛