Search

検索したいワードを入力してください

スカートの下に履くもの・おすすめのパンツ・ズボン|防寒用

Author nopic iconSeinnight
コーディネート / 2018年12月26日
スカートの下に履くもの・おすすめのパンツ・ズボン|防寒用

スカートの下に履くもの、合わせるものとは?

穏やかな気温の春や、秋、冬にかけて重ね着が楽しめる季節になって来たのはいいけれど、何を合わせたらいいか悩んでしまう方や、気に入ってスカートを買ってきたはいいけれど、この季節だとまだスカートだけだと少し寒い、もしくはスカートの下に何を合わせたらいいのか分からない方はいませんか。

この記事では、季節に合わせたスカートの下に合わせやすいものや、寒いからどうにかしたいという防寒用のおすすめ、また、幼稚園や保育園に通うお子さんのスカートの下に履かせるものまで幅広くご紹介します。ご自身のタンスやクローゼットの中身を思い出しながら参考にしてみてください。

SPRING/春

春先は温度や気温の調整が微妙に難しく、スカートの下や、ショートパンツの下に合わせるものを悩んでしまう方へ、春にオススメのファッションです。

まずは「カラータイツ」です。黒一色というのはちょっと抵抗感があるという方、また、ズボンを合わせにくいタイプのショートパンツや、スカートの下へ履くものとしておすすめです。靴下を取り扱っているお店なら春先らしく華やかな色のバリエーションに富んだカラータイツが販売されているでしょう。

次に「7分丈のパンツ」です。薄いチュールが映える春らしい気温ならではのスカートの下に合わせるおすすめファッションです。透けて見えるスカートはかわいいですが、そのスカートの下に合わせるものには意外と悩んでしまいます。

そこで「7分丈のパンツ」です。これなら少し足が見えることで黒色のパンツでも春らしさを出すことができ、チュール系のふわっとした印象を崩すこともありません。

SUMMER/夏

夏は暑くて重ね着はあまり楽しむ方は少ないとおもっているかたは多いのではないでしょうか。実は、買ったスカートの下が、お店のライトでは分からなかったけど家の電気の下で見たら透けて見えてしまうといった事は多く、夏の薄い生地のスカートやブラウスではよく遭遇することです。

そんな時は「ショートパンツ」を合わせてみてください。丈の短いショートパンツならば、膝丈以上のスカートならばまず見えませんし、短くてもショートパンツならばまず大丈夫です。また、薄いデニム素材のショートパンツだと夏らしさも演出できて、スカートの下に履くのならばぴったりな素材です。

また、純粋にスカートの下に何か履いてもう少しおしゃれしたいという方には更に別の薄いチュールやレースのスカートを合わせてみても良いでしょう。合わせるセンスは必要ですが、別の軽い素材を合わせることで軽やかに、爽やかに見せることができます。

AUTUMN/秋

重ね着を楽しめる本番といえば秋です。秋にスカートの下に合わせるのならば少し厚い、しっかりとした素材のデニム生地がおすすめです。ストレートシルエットのロングパンツがいいでしょう。あまり細身のシルエットでも、どちらかというと夏感は出てしまうので、少し太めのボトムスで秋らしさを出しましょう。

秋はブーツが映えてくる季節でもあるのでブーツを意識して、ブーツカットのズボンでも秋を意識できるでしょう。

また、デニム以外にも注目したいのが柄の派手なレギンスやタイツです。トップスの色合いが地味になってしまって、スカートの下に少し色が欲しい、純粋にこれだけだとスカートの下がちょっと寒い、といった方にオススメします。

今ではさまざまなセレクトショップで変わった柄のレギンス、タイツが取り扱っているので人と違ったファッションを楽しみたい方はこちらも注目してみてください。

WINTTR/冬

寒さも本番といった冬におすすめするのはやはり「タイツ」です。デニールの厚いものならば素肌が直接外の空気に触れて寒い思いをするのも減ります。なにより厚いデニールを楽しめるのは冬だけです。

他の季節では熱がこもってしまって熱かったり、黒一色に抵抗感があったりさまざまな理由はありますが、純粋にデニールの厚いタイツをおしゃれとして楽しめるのは「冬」だけです。

また、逆に白い細身のパンツを気兼ねなく重ね着できるのも冬です。実は「混じりけのない白」という色はパーソナルカラーでは「冬」にジャンル分けされています。でも、白いズボンだけだといろいろと不安になってしまう場面もあります。ですが、重ね着としてスカートの下に合わせればその不安もカバーされ、冬らしい色も取り入れられ一石二鳥です。

スカートの下に合わせるパンツ・ズボン

季節とか関係なくスカートの下に合わせやすいものってないのかという人も多いのではないでしょうか。そんな方たちには以下のものをオススメします。

おすすめ1「ジーパン」

カジュアルめのスカートならば「ジーパン」が鉄板です。どの季節も関係なく履けるジーパンは、スカートの下に合わせても問題なく見栄えもしてくれます。また、ジーンズ素材らしく、動きやすさや丈夫さなども折り紙付きです。少し寒い日や、重ね着を楽しみたいといった方は「ジーパン」をスカートの下にあわせてみてはいかがでしょうか。

おすすめ2「ストッキング」

カジュアルならば着こなし次第でなんでも合わせられますが、スーツやフォーマルな場面での重ね着はそうはいきません。そこでおすすめしたいのが「ストッキング」です。ストッキング一枚ではありません。2~3枚以上の重ね履きです。黒色のストッキングならば、まず何枚重ね履きしても分かりませんし、ベージュならば3枚までならば分かりづらいです。

さまざまな理由でストッキングを選ぶ方は多いでしょうか、重ねて履けるということも覚えておいてください。

スカートの下に履くもの:防寒用

では、「純粋に寒いんだけど」という方へのスカートの下に履くもののオススメ品です。

メディキュット 着圧タイツ L-LL スレンダーマジック 1足

今話題の「着圧タイツ」です。タイツを1枚履くだけで、ぽかぽかと温く、さらに美脚になる、と話題の女性に嬉しい、着圧タイツが断然おすすめです。着圧タイツは、適度な圧力によって、血液やリンパの流れを良くします。足のむくみやだるさの解消が期待できるため、多くの女性が愛用しているアイテムです。

今回はこちらをご紹介しますが、人によって体質や苦手な締め付け具合が違います。自分に合った着圧タイツを探して寒さに負けないようにしましょう。

Blockquote firstBlockquote second

最初、トータルで-5cmって全然だめやんと思いました。
ウエスト、ヒップ、太もも、ふくらはぎ、足首における差異の合計らしいんですが、合計値なのがすごく残念。

と思っていました。
履いてみて驚きました。間違いなく太もものあたりは引き締まっています。
黒色の引き締め効果も相まって、より一層細く見えるんです。
驚きました。たかが5センチ、されど5センチ。
履くのは少しきついですが、心地よく履けますし、温かい。
一日中履いていてもふくらはぎが疲れません!
立ち仕事や、むくみに悩む女性の強い味方です。

スカートの下に履くもの:幼稚園

幼稚園や保育園でお子さんが短いスカートを履いて遊びまわっていると、見ているこちらがハラハラとする場面もあります。また、お子さんが寒いときにスカートの下に履かせるものも合わせて参考にしてみてください。

(コポ)COPO 綿混 10分丈 キッズ レギンス (スパッツ) 3枚セット 100 110 120 130 cm

お子さんが寒くないか保護者としては心配です。そこで動き回るようなアクティブなお子さんにも、動きを邪魔することなく履いてもらいるのが「スパッツ」です。今はショートパンツ丈から、10分丈の足首まであるものまでさまざまなサイズ展開がされています。

室内で遊ぶのが好きなお子さんでも、おしゃれが好きなお子さんでもいろいろな柄のバリエーション豊かなスパッツがそろっているので一度お店や通販サイトなどで見てみるのも良いでしょう。

短パン

また、スパッツやレギンスのくっつく感じがイヤだというお子さんには「短パン」、「ショートパンツ」をおすすめします。短パンならば夏場の熱い季節でも普通にスカートの下に履いてもらえますし、「ショートパンツ」ならば、おしゃれなお子さんも抵抗感はあまりないでしょう。

スカートの中身が見えて気になるというお子さんを持つ方や、保護者の方はご検討してみてはいかがでしょうか。

季節に合わせて重ね着を楽しもう

さまざまな状況、用途に合わせての重ね着方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。純粋にスカートの下に何かを履きたいとおもってもこれだけ世の中に種類があるのならば迷ったり悩んだりして当然です。タンスやクローゼットの中身と相談して、自分にあった重ね着方法を見つけていって下さい。

関連記事

Related