Search

検索したいワードを入力してください

【場所別】氏神神社の調べ方と行き方|東京/苗字/初詣

Small 90e19a56 1e11 4e27 bae7 db4dc2b1b1e8manamin
カテゴリ:運気

初回公開日:2018年03月28日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2018年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【場所別】氏神神社の調べ方と行き方|東京/苗字/初詣

氏神神社とは?

氏神神社とは、家から近い場所にある神社のことだと思われている方が多いでしょう。実はそうではありません。そもそも氏神様とは何なのでしょうか。自分の氏神様の調べ方がわからない方がほとんどではないでしょうか。

氏神様、氏神神社とは自分が住んでいる地域を守っている神社のことで、昔から鎮守さまや産土さまと呼ばれて、地域の人々に親しまれてきました。

その昔には氏神というのは氏族の守り神で血縁関係である一族の守り神でした。それが時代が下るにつれ、地域の守り神に変わってきました。

氏神神社の調べ方

住んでいる地域の神様が氏神様であるなら、家の近くにある氏神様を祀っている神社が氏神神社だと思われるのも当然でしょう。しかし、そうとは限りません。氏神様の調べ方ですが、一番定番なのが神社庁に電話して聞くという方法です。

神社庁は国の機関ではなく宗教法人です。各都道府県に神社庁があり、神社本庁が統括しています。自分が住んでいる都道府県の神社庁に電話して、氏神様を教えてもらいます。そして自分の住所を告げれば住んでいる地域の氏神様を教えてもらえます。

それか、神社庁でもよくわからない時は最寄りの神社に聞く方法があります。神社は担当するエリアをしっかりと把握していますので、神社庁に聞くまでもなく、最寄りの神社に聞くのが良いでしょう。

場所別の氏神神社の調べ方

氏神神社の調べ方は紹介しましたが、では場所別ではどうでしょうか。各都道府県の神社庁に電話で問い合わせる方法がありますが、最近ではサイトを持っている神社庁がありますのでWEB検索での調べ方もあります。

ただし、神社庁にすべての神社が属しているわけではなく、属していない「単立系」の神社というのが存在します。この単立系神社には大小さまざまあり、新興宗教のようなものや祠のような小さなものもあります。逆に有名な伏見稲荷大社、気多神社、靖国神社なども単立系の神社です。

単立系神社は自治体の氏子がかろうじて守っているというような神社もあり、調べることができない場合があります。また、昔からその地域に住んでいる人に聞く方法もあります。

他には地図で調べるとか近所の神社で氏子地域を聞く調べ方があります。自分の住んでいる住所が教えてもらった場所にあれば、そこが氏神神社ということになります。

東京での氏神神社の調べ方

東京の氏神神社の調べ方は、東京都神社庁に問い合わせます。東京都神社庁はきちんと調査されているため、きちんと回答してくれます。 が、氏子地域とは明治以前の慣習から成り立っており、今の区画ができる前からなので、二つの神社の氏子地域がある町が在ったりしますので、調べることは容易ではない場合もあります。

ではどこで聞けばよいのでしょうか。最寄りの神社や自治会、または商店街で聞くなどがあります。商店街では古くからある個人商店主や昔からその地域で商売をしている人に聞くといでしょう。

大阪での氏神神社の調べ方

大阪での氏神神社の調べ方は東京都と同じように大阪府神社庁に問い合わせます。それから大阪府の神社庁のホームページで調べます

大阪府〇〇市の神社、大阪市〇〇区の神社、〇〇町の神社と記入して検索します。最寄りの神社や地域の自治会の人、古くからの商店街や住んでいる人に聞いてみるのも良い方法でしょう。

神奈川県の氏神神社の調べ方

神奈川県の氏神神社の調べ方は神奈川県の神社庁のホームページで検索します。 あとは東京、大阪と同じです。

苗字別氏神神社の調べ方

昔は氏神神社は血縁で結ばれた一族を守る氏族の神社でした。それが現在ではその地域を守る神様を氏神様となっています。氏族の神社であった名残で、氏が編み様の調べ方の一つに苗字から氏神神社を探す方法があります。しかし、日本には約30万とおりの苗字があるとされ、そのすべてに氏神さまがおられます。

氏神神社は先祖代々を守ってくれている一族の神様です。ですから、自分の氏神様がわかれば、その氏神神社が自身のパワースポットとなります。

苗字で探す氏神神社

自分の氏神神社を調べるのに、苗字から探せる本を紹介します。ただし、現在ではすでに絶版となっているため中古になります。また、こちらのサイトでも氏神神社と苗字からの調べ方について詳しく解説されています。