Search

検索したいワードを入力してください

「前向きに検討」の意味と使い方|面接|恋愛|ビジネス|電話

Author nopic iconperidot8787
カテゴリ:ビジネス用語

初回公開日:2018年03月17日

更新日:2018年03月17日

記載されている内容は2018年03月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「前向きに検討」の意味と使い方|面接|恋愛|ビジネス|電話

面接での「前向きに検討」の意味

「前向きに検討させていただきます」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。一般的に「前向きに検討させていただきます」と言われた場合は、ほぼ可能性がないに等しいと考えている人が多い傾向にあります。

しかし、「前向きに検討します」と言われた場合、本当に採用される確率はほとんどないのでしょうか。面接の場での「前向きに検討させていただきます」は、面接する側の立場で考えると、その時点では確率は半々な場合があります。

つまり、完全に不採用にするほどの決定打もないが、採用を決めるだけの魅力にも欠けている場合です。このような状況の場合は、他に採用したいという応募者がいなかった場合は、検討の余地がある状態に「前向きに検討させていただきます」と伝えることがあります。

不採用

面接の段階で、この人の採用はないと判断することがあります。しかし、その場で不採用を伝えることができないため「前向きに検討させていただきます」と伝えることがあります。

完全に採用するつもりがない場合も「前向きに検討させていただきます」と伝える場合があるので、この場合はほぼ不採用になります。不採用にする決定打もないが、採用したいという魅力がない場合は、採用する可能性もあるため、質問事項が多めになることがあります。

面接時間も短めであまり質問されなかった場合は、不採用になる確率が高いと言えるでしょう、

バイト

アルバイトの面接の場合、適正があることも大切なのですが、それよりもお店側などが希望する曜日や時間帯に勤務が可能であるかどうかが重要視される傾向にあります。

バイトの面接の場合、希望する時間帯に対して勤務できる人は、とりあえず返事を保留にしておきたい場合があります。このような場合も「前向きに検討させていただきます」と言われることがあります。

アルバイトで「前向きに検討させていただきます」と言われた場合は、その時点での合否の確率は半々だということが言えるでしょう。しかし、採用したい場合は、いつから出勤できるかなどの質問を受けることがあるので、このような質問がなかった場合は、アルバイトであっても不採用になる確率が高いということが言えるでしょう。

ビジネスでの「前向きに検討」の意味

ビジネスシーンでの「前向きに検討させていただきます」という回答は、ほぼお断りしますと言われているということが言えるでしょう。営業などの訪問を受けた場合、新規の営業であればその場で断られることもありますが、今までお付き合いがある会社などの場合は、その場ではすぐに断りにくいことがあります。

このような場合は、含みを持たせるような意味を持つ「前向きに検討させていただきます」という言葉が使われることが多いです。

仮に本当に興味があり本気で検討したい場合は、詳細についての質問があったり、もう少し内容について確認したいので、しばらく検討させていただきたいといった表現になるでしょう。

ビジネスにおいての「前向きに検討させていただきます」は、社交辞令の1つと考えておいた方が良いでしょう。

恋愛での「前向きに検討」の意味

恋愛などで恋人関係ではない人を食事や遊びに誘った場合、前向きに検討してみますという返事をされた経験がある人もいるでしょう。恋愛での「前向きに検討」は、ほとんどのケースが答えは「No」という意味であると考えるのが無難です。

誘われてうれしい、一緒に行きたいというのであれば、予定がわからずその場で答えを出せない場合であっても、「予定を確認してまた連絡します」という言葉になるのが自然でしょう。

恋愛の場面での「前向きに検討」は、ほぼ断られていると考えた方が良いでしょう。

告白

告白された返事をすぐに答えられないということは良くあります。しかし、「前向きに検討します」という答えは、その場で断りたいけどすぐに断ったら申し訳ない気持ちの裏返しである可能性が高いです。

食事などのお誘いや告白などの場面では、「前向きに検討」は実質「お断りします」と言いにくいときに使われている言葉だと理解するのが無難だと言えるでしょう。

「前向きに検討」の敬語での使い方

「前向きに検討する」という言葉を敬語にする場合は、「前向きに検討いたします」または「前向きに検討させていただきます」です。

一般的には、「前向きに検討させていただきます」というフレーズを使う人が多いのではないでしょうか。

「前向きに検討」への返信方法

営業などで提案をした結果、「前向きに検討させていただきます」という回答が返ってきた場合、どのように返信すれば良いのでしょうか。

ビジネスシーンにおける「前向きに検討」は、ほとんどの場合、断りを意味しています。しかし、内容によっては、担当者の一存では決定する権利がないため、さらに上の上司などの確認しなければならないため「前向きに検討」という言葉を使っている可能性もゼロではありません。

このようなケースもありますので、回答の期限を設け、いつ頃返事をもらえるかという確認の返信をすると良いでしょう。たとえ、本当は断りたいための口実であったとしても期限を確認することで、その時点で再度検討の結果を確認することが可能になります。

電話での「前向きに検討」の使い方

電話で営業の電話などがあった場合、まったく興味のない内容で断りたい場合に、「前向きに検討させていただきます」という言葉を使うことができます。

ビジネスは、何がチャンスにつながるかわからないので、たとえ営業の電話であってもあまり失礼にならない対応をした方が良い場合があります。「前向きに検討させていただく」はあくまでも社交辞令で、検討する気がまったくなかったとしても、相手に失礼になることはありません。

特に電話での対応の場合、直接相手の方と話をしている状態なので、相手に失礼にならない「前向きに検討させていただく」という表現は良く使われています。

メールでの「前向きに検討」の使い方

実際に取引があった、または以前に取引をした実績がある場合、メールで新商品などの連絡が来る場合があります。広告のようなメールの場合は、返信をしないこともありますが、担当者から連絡のメールが来た場合は、返信が必要なこともあるでしょう。

すぐに断れる状況なのであれば、お断りのメールを出しても問題はありませんが、直接的な言葉で断りづらい場合は、電話のときと同様「前向きに検討させていただきます」という言葉を使うと良いでしょう。

メールの場合、相手の人と直接話をしているわけではないので、電話よりスムーズに返答することができます。

「前向きに検討」を切り返す方法とは?

相手に「前向きに検討します」と言われてしまった場合、切り返す方法はあるのでしょうか。ビジネスなどでこの言葉が使われる場合、ほとんどの場合が断りを意味していることが多いです。

そのため、可能性がほとんどないと考える人も多いでしょう。しかし、そのまま「よろしくお願いします」で終わってしまうと、次のチャンスにつなげる可能性はほぼありません。仮に今回は、可能性がない場合でも、担当者とコンタクトを取る回数を増やしておくだけでも次のビジネスチャンスにつなげる可能性を上げることができます。

「前向きに検討します」と言われてしまった場合は、いつ頃回答をもらえるか回答の期限を決めることがおすすめです。検討をしてもらえる可能性はなかったとしても、回答の期限を決めることで、もう一度担当者と話す口実を作ることができます。今回は縁がなかったとしても、担当者として覚えてもらえる可能性は高くなります。

「前向きに検討」の真意を知る方法は?

「前向きに検討します」には、断りの意味を込めて伝える場合と、自分の一存では答えられないため、回答を延ばすために使う場合があります。

面接などの場合は、実際にその場で合否の判定はできない場合も多いです。なぜならば営業所での面接の場合、最終的な人事権がない人(営業所の所長など)が先に面接をすることがあるためです。

その場で、「前向きに検討」の真意を知ることは難しいですが、「前向きに検討します」と言われた場合、いつ頃回答をもらえるか確認するというのが真意を知る上で最適な方法と言えます。期限を決めることで、期限の日を過ぎても回答をもらえない場合は、その時点で最終的な回答を聞くことができます。

真意を知りたい場合は、回答までの期限を決めて、最終的な結果を聞くという方法をおすすめします。

前向きに検討は断るときだけに使われるのか?

前向きに検討という言葉は、すぐに断ることを避け、回答を先延ばしにする目的で使われることが多い言葉です。しかし、実際の真意は相手にしかわかりません。

「前向きに検討します」という言葉に一喜一憂することなく、正式な回答を待つことも大切なことです。

前向きな検討の真意を相手に伝える

すぐに断りたいためではなく、しっかり考えて返事を出したいときに「前向きな検討」という言葉を使うことがあります。

しかし、今まで紹介したように「前向きな検討」には、否定的な印象を持つ人も多く、実際に断るための期間を延ばすために使われることも多くあります。前向きにしっかり考えたいと言う意味で「前向きに検討」を伝えるときは、相手に自分の真意を伝えるようにしましょう。

本当に前向きに考えていることを知ることで、相手の人は答えが「YES」の場合も「NO」であったとしても安心して答えを待つことができます。

前向きな検討のときは「前向きに検討」は使わない

本当に前向きに検討したい場合は、「前向きに検討したい」という使い方は避けた方が良いでしょう。一般的に「前向きに検討したい」は断りの言葉だと理解している人が多くいます。時間をかけてしっかり検討したい場合は、検討の結果をいつ頃伝えますので、時間がほしいといった内容を相手に伝えることがおすすめです。

曖昧な意味の言葉は使い方に注意しましょう

日本のビジネスシーンでは、「前向きに検討します」のように、やんわりと断りたいときに使う言葉があります。しかし、言葉の本来の意味は、前向きに考えるという意味で断りの意味は含まれていません。

はっきりと断りづらい場面では便利な言葉ですが、相手に真意を伝えることができないので、使い方には注意も必要です。恋愛などの場面では、曖昧な返事は返って相手を傷つけることもあります。

はっきりと伝えなければいけない内容は、曖昧な表現ではなく、相手に伝わりやすい言葉を選ぶことも大切です。