Search

検索したいワードを入力してください

存在価値がわからない人へのヒント・感じる方法・名言|専業主婦

Author nopic icon4410_7
自己啓発 / 2018年04月11日
存在価値がわからない人へのヒント・感じる方法・名言|専業主婦

存在価値がわからない人へ

皆さんは、自分の存在価値がわからなくなったことはありませんか。人間関係の希薄な現代社会において、「自分は何のために生きているのか」「自分には価値があるのか」など悩む方も多いでしょう。

家庭内でもそうですが、社会に出て人と関わるようになるとさまざまな出会いがあります。そのなかで他人と比べて自信を失くし、自分の価値を見いだせなくなってしまう方もいるのではないでしょうか。

また、それは人間関係が希薄な場合にも起こりうる感情です。一人でいることが多いと一見楽に思えますが、他者に認められることもないため、誰にも求められていないような孤独感を感じることになります。そして、自分の存在価値を見失ってしまう原因にもなります。

ここでは、そんな自分の存在価値がわからなくなってしまった人へ、自分の価値を認めるヒントや、少しでも気持ちを和らげる方法などについて紹介します。ぜひ一緒に考えていきましょう。

存在価値がないと感じたら考えるべきこと

自分に存在価値がないと感じたら、あなたならまず何を考えますか。こういったことを考えてしまう方は、実生活になにかしら不安があり、気分が沈み込んでしまっている方が多いでしょう。人間誰でも浮き沈みはあります。しかし、あまりにも沈んだ気分が長く続くと、このように自分の存在価値を自問自答してしまう自体に陥ってしまいます。

では、こうなってしまったらまず何をしたら良いのでしょうか。とにかく自分の好きなことをして気分を上げていくことです。しかし、そんな気分になれないという方もいるでしょう。そういう方は「どうしてそんな風に感じてしまうのか」を考えてみましょう。感情を理論的に紐解いていく作業は、人を冷静にさせる効果があります。

なぜ、自分の存在価値がわからなくなってしまったのか、ぜひ考えてみてください。

存在価値がわからない人へのヒント

まずは、自分の存在価値がわからない人とはどういう人かを考えてみましょう。人間誰しも生まれてすぐにそのようなことを考えるわけありませんから、大人になって社会に出ていく過程でさまざまな要因があったのでしょう。では、どうしたら自分の存在価値を自分自身が認められるようになるのでしょうか。

自分が何に価値を感じて何を求めているのか、そこを考えてみましょう。

人から求められる

まずは、人から求められることに価値を感じる方です。人間関係が希薄であったり人とうまくコミュニケーションが取れない方は、人との付き合いを諦めがちです。そのほうが気まずい思いをしなくても良いですし、何より楽だからでしょう。しかしその反面、自己完結しすぎて自身の存在価値がわからなくなってしまうことも多いです。

また、外に出て自ら人の輪に入っていくような方でも、時として自分の存在価値について悩むことがあります。大勢の中に埋もれて自分などいてもいなくても良いのではないか、と考えてしまったり、人間関係というのは「こうすれば良い」と単純に答えが出るものではありません。

そして、そのような人間関係に悩む人にとって「他者から求められること」は、自分の存在価値を認識できる重要なものです。人から求められることによって、自分にもなにか価値があるのだと認められるようになるでしょう。

お金の価値

物欲的な物に価値を見出す方もいます。それは金銭であったりブランド品であったりさまざまです。また、お金そのものというより働いたぶんだけ自分に返ってくるものとして、お金に自分の存在価値を見出す場合もあります。

しかし、なかにはお金で存在価値を得るのかと批判的な方もいるでしょう。確かにあまり良い印象を持たれない存在価値の認識方法ではあります。

けれども、自分の価値を認めるということは、自分自身の納得の上で成り立つものです。それがたとえお金であったとしても恥ずかしいことではありません。そこに存在価値を見つけられれば、誰にどう思われても構わないのではないでしょうか。

家庭内で存在価値を感じる方法を考えよう

次に、家庭内で自分の存在価値を感じる方法について考えてみましょう。家庭内の立場というものは、人によってそれぞれ違います。家族と一緒に住んでいながら自分の存在価値がわからなくなっているという方は、家庭内で何かしらの孤独や不満を感じている場合が多いです。

専業主婦

まず、専業主婦の方の場合です。専業主婦というのは大体の場合、外との接点が薄くなりがちです。仕事をしていればまだ会社やパート先などで人と繋がりを持てますが、働いていない専業主婦の場合は、基本的に夫としか接することがありません。子供がいなければなおさらです。気づくと何日も家にこもり夫以外誰とも会話もせずに過ごしていた、なんてこともありえます。

それが悪いというわけではありません。しかし、ひとりでいる時間が長くなってくると、内にこもりがちになり暗い思考になってしまう方はいます。そして、いつのまにか自分の存在価値を見失ってしまう、ということにもなりかねません。

そういった事態に陥らないためには、やはり適度に外に出ることです。一番良いのは少しでも働くことですが、無理ならばご近所づきあいを積極的に行うなど、人と接する機会を増やすことです。とにかく外に出て一人で考え込まないようにしましょう。

激務夫

次に、激務夫の場合です。専業主婦と違い、人と接する機会も多く考え込む暇もあまりありませんが、激務というのは想像するより人の精神を疲弊させます。忙しすぎて自分を見失ってしまう方もいるでしょう。そういった状況に置かれた方が、自分の存在価値がわからなくなってしまう、というのも無理もないことです。

では、どうすればそのような中で自分の存在価値を感じることができるのでしょうか。やはり家族が重要でしょう。家族にとって自分の存在はなくてはならないものだと認識しましょう。また、家族のために働き続けなければという風に考えるとプレッシャーになりますから、いざとなれば家族で助け合えるという方向に考えを変換していきましょう。

家庭を持つと責任も増えますが、一人ではないという安心感もあります。自分を必要としてくれる家族が居るということを頭に置いて、できるだけ早く転職することをおすすめします。

仕事で存在価値を感じる方法を考えよう

次に、仕事で自分の存在価値を感じる方法について考えてみましょう。仕事は大変ですが、やりがいも得られます。そこに自分の存在価値を見出す方も多いでしょう。しかし、どうすれば仕事で存在価値を感じられるのかわからないという方もいます。

その原因は一体なんでしょうか。仕事が慣れない最初のうちは余裕がないため、そこまで頭が回らないという理由があげられるでしょう。また、慣れてからは流れ作業になり惰性で仕事をしがちです。仕事でやりがいを得ることは、存在価値を認めることにもつながります。

今の仕事でやりがいを得る方法について考えてみましょう。

営業

まずは、営業職の場合です。この場合は、やはり達成感を味わうことが重要でしょう。営業職というのは人と対峙する仕事ですから、機転をきかせた会話や頭の回転が重要です。コミュニケーション能力もいりますから、人によってはストレスを感じる方もいるでしょう。

しかし、そのぶん実力がものをいう職種です。頑張った分だけ結果がついてきますから、やりがいもあります。一度達成感を味わえば次も頑張ろうという気になり、気づけばいつのまにか充実した仕事ができるようになっているでしょう。

接客

次に、接客業の場合です。人と接する職業ですから、理不尽なことを言われたり失敗することもあるでしょう。営業と同じくコミュニケーションスキルが必要ですが、接客業の場合はさらにさまざまなタイプのお客様と接することになります。そのため、臨機応変で柔軟な対応が求められます。

そのような中で重要なことは、お客様の喜ぶ姿にやりがいを感じることです。「喜んでもらえて嬉しい」という感情は大切です。誰かの役に立つということに自分の存在価値を感じられるからです。

エンジニア

次に、エンジニアの場合です。エンジニアと一口でいっても、さまざまな種類があります。しかし共通していることは、大体パソコンに向かってひとりで作業をすることが多いということです。そのぶん人と接する機会は少ないですし、誰かと感情を共有するということも少ないでしょう。

しかし、その分専門的な分野ですから「自分にしかできない」というやりがいがあります。こういった「自分にしか」という特別感は、自分の存在価値を認識するうえでとても重要なことでしょう。

存在価値がわからない方におすすめの名言

ここからは、自分の存在価値のわからなくなってしまった方に、おすすめの名言をご紹介していきます。

世界にはさまざまな偉人がいて、さまざまな名言を残しています。ピンとくるものもあれば、よくわからないというものもあるでしょう。それはやはり、自分の身に直面している事柄によって感情が左右されるためでしょう。

ミルトン・バール

誰にも相手にされず孤独感を抱く方は多いでしょう。

しかし、待っていても誰も来ない場合そのままそこにいても変わりません。勇気をだして自分から殻を破っていきましょう。

Blockquote firstBlockquote second

「誰にもノックされないのなら、新しいドアを作ろう」

ロバート・フロスト

「自分はダメだ」と自信のない方ほど途中で諦めがちです。

しかし、ダメでも最後までやり抜くことが重要です。諦めてばかりでは達成感は得られません。最後までやり抜き達成感を味わって初めて自分の存在価値に気付く方もいるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

「抜け出すための一番の方法は、やり抜くこと」

クリストファー・モーリイ

人と比べて自分の不甲斐なさに落ち込んでしまうことはありませんか。

しかし、そうすることによって得られるものなどありません。人にはそれぞれ得手不得手があり、あなたにはあなたの良さがあります。他人と比べてどうかではなく、自分だけの道を見つけましょう。

Blockquote firstBlockquote second

「成功の道はただ一つ。自分だけの生き方を見つけることだ」

ソクラテス

悩みのない人間はいません。人は誰しも大なり小なり色々なことを考え、悩みながら生きています。何事もない簡単な人生は一見羨ましく思えますが、そのような簡単な人生に果たして価値があるのでしょうか。悩みながら紆余曲折するのが人生です。そして、そんな人生にあなたの存在価値があるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

「簡単すぎる人生に、生きる価値などない」

あなたの存在価値

ここまでさまざまな存在価値についての考え方やヒントについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか。

自分の存在価値がわからなくなるというのはなかなか難しい問題です。突き詰めていくと「自分が生きている意味なんてあるのだろうか」というところまで行き着いてしまいます。実際のところそこまで思いつめる方は真面目な方なのでしょう。

それはとても良い美点ですが、時には息を抜くことも大切です。存在価値は皆はっきりとはわからない感情で、深く考えるようなものではありません。また、あなたが思うよりも周囲はあなたを必要としています。

存在価値はあなた自身だけではなく、周囲が決めることでもあります。悩んだ時には周囲に助けを求めることも必要です。