Search

検索したいワードを入力してください

ウィットに富んだ会話の仕方・ウィットに富んだ人の特徴

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月05日

更新日:2020年02月29日

記載されている内容は2018年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ウィットに富んだ会話の仕方・ウィットに富んだ人の特徴

「ウィットに富んだ」の意味と使い方は?

面白い人や会話の上手な人のことを指して、ウィットに富んだ人と表現することがあります。ウィットに富んだ人は周囲の人から好感を持たれやすいですし、コミュニケーション能力も高い人が多いです。

人間関係を上手に築けている人も多く、ウィットに富んだ人に憧れを抱く人も少なくありませんが、そもそもウィットに富んだとはどのような意味なのかを正しく理解できていない人は多いです。

ウィットに富んだとは、単に会話が上手、コミュニケーション能力が高いなどを指したものではなく、それらはあくまで結果としてそうあるだけに過ぎません。言葉の意味としては別物ですので、どのような意味があるのか、どのように使うのかなどを知っておきましょう。

ユーモアがある

ウィットは英語で機転や機知などを意味しており、富んだは豊かであるなどの意味があります。そのためウィットに富んだとは機転が利く、機知に富むなどの意味があります。臨機応変に対応、行動できる、柔軟性があるとも言い換えることができます。

またウィットはユーモアと類似した言葉でもあり、ウィットに富んだをユーモアがあるとして使われることもあります。さまざまな意味がありますが、ウィットに富んだ人など、人に対して使われる場合はユーモアがあるという意味合いで使われていることが多いです。

ウィットに富んだ会話の仕方は?

ウィットに富んだ会話をする人は周囲の人を楽しませることができますし、自分も同じようにウィットに富んだ会話がしてみたいと考える人は多いです。しかしウィットに富んだとは機転が利くなどの意味がありますし、ウィットに富んだ会話をしようにもその定型文があるわけではありません。

その場に応じて使う言葉や表現、話す内容などは変えていかなければなりませんし、そもそも定型表現ばかりを使っていてはウィットに富んだ会話はできないと言えます。ウィットに富んだ会話は意識しても簡単にできることではありませんが、それでも心がけ次第で少しずつコツを掴むことはできます。

ウィットに富んだ会話をするためにはどうすればいいのかを知り、会話をワンランク上にレベルアップしていきましょう。

気の利いた一言を交える

ウィットに富んだ会話は定型表現がありませんので難しいですが、ポイントは気の利いた一言を交えるということです。気の利いた一言といってもさまざまですが、簡単なのは相手の何かを褒めることでしょう。

相手をしっかりと観察して、着ているものや身に付けているもの、持ち物などを褒めるのがおすすめです。容姿を褒めるのは失礼になる場合もありますのでできるだけ控え、基本的には持ち物を褒めるようにしましょう。

その際も「綺麗」「高そう」などありきたりな表現を使うのではなく、「〇〇のような」と表現を変えて褒めるのがポイントです。語彙が豊富になればウィットに富んだ会話もしやすくなりますので、さまざまな言葉、表現を勉強しておくのもいいでしょう。

男女別ウィットに富んだ人の特徴は?

ウィットに富んだ人にはさまざまな特徴があり、目指すのであればそれを理解しておくことも大切です。どんな人がウィットに富んでいるのかを知っておけば、その特徴を身に付けられるように努力をすることができます。

また周囲にその特徴を持つ人がいれば、その人を参考にして勉強することもできます。ウィットに富んだ人の特徴は男女それぞれで違いますので、両方の特徴を知り、どのような点に違いがあるのかなども理解しておきましょう。

笑いが取れる

ウィットに富んだ人の特徴としては、笑いが取れることが挙げられます。これは男性に多い特徴であり、笑いを取って周囲の人を楽しませることができるため、グループなどでは中心の存在になることが多いです。

また笑いが取れるといっても下品な笑いではなく、あくまで上品に笑いを取ることができるため、理知的であり、頭の良い人が多いです。男女ともに好かれることも多いですが、群れない人が多く、何かに属さない生き方をしている人も少なくありません。

集団の中では中心的な存在になるものの、群れになって行動することを嫌う人が多いため、精神的に自立している人が多いです。周囲の人からは好感を持たれているため、孤独になることはありません。

感心させられる

ウィットに富んだ人の特徴としては、相手を感心させられることが多いです。これも男性に多い特徴であり、博識でさまざまなことを知っている人が多いです。単にうんちくを話し自己満足をするのではなく、さりげなく雑学など披露できるため、周囲の人からも好感を持たれやすいです。

またその人の話を聞きたいと感じさせる術に長けている人も多く、知識が豊富なだけではなく、話術にも長けている人が多いです。知識が豊富なため何を質問しても答えが返ってきますし、頼りがいがありますのでリーダー的な役割を任されることも少なくありません。

視野の広い人が多い

ウィットに富んだ人の特徴としては、視野が広いことが挙げられます。これは女性に多い傾向にあります。女性の場合は物事を同時に複数考えるのに長けている人が多いですが、ウィットに富んだ人はさらに多くの物事を同時に考え、処理することができます。

常に視野を広げて周囲の様子を確認し、理解しているからこそ高い処理能力を発揮することができ、仕事などでもバリバリ働いている人が多いです。また視野が広いためさまざまな視点から物事を考えることができ、先入観などに縛られることもありません。

物事を多角的に見る能力に長けていますので、判断力の優れた人も多く、機転の利いた行動で周囲の人を助けることができます。

頭の回転が速い

ウィットに富んだ人の特徴としては頭の回転が速いことも挙げられます。これは男女ともある特徴であり、機転の利いた対応をするためには頭の回転の速さは欠かすことができません。トラブルなどが起こった場合でも素早く頭を働かせて対処することができますし、その場を丸く収めることができます。

また通常時においても頭の回転が速いため気の利いた言葉をかけることができますし、空気を読んでその場におけるベストな行動を起こすことができます。頭の回転が速いので頭が良い人も多いですが、これは勉強ができるという意味ではありません。

勉強は単に知識としての頭の良さですが、ウィットに富んだ人は知識があるだけではなく、それをきちんと活かせる知恵が備わっています。

ウィットに富んだ挨拶は?

ウィットに富んだ人は周囲の人の心を掴むことができますが、それは挨拶などにも表れます。ウィットに富んだ人は挨拶だけでも相手の心を掴むことができますので、第一印象が良い人が多く、良好な関係を築きやすくなっています。

また長時間話さなくても相手との距離を縮めることができますので、誰とでもすぐに仲良くなることができます。挨拶は決まり文句も多いですし、退屈になってしまうこともありますが、ウィットに富んだ人はそんな退屈な挨拶でさえ素敵なもの、楽しい時間に変えてしまいます。

ウィットに富んだ挨拶とはどのようなものなのかを知り、第一印象から相手を惹きこめるようになりましょう。

自虐や自慢を交える

ウィットに富んだ挨拶としては、自虐や自慢などを交えて話すのがポイントです。ただ自己紹介をしてから話始めるのではなく、最初に自虐や自慢などを少し交え、空気を和らげてから話を進めていけるのがウィットに富んだ人です。

挨拶では定型表現が多いため決まり文句で済ませてしまう人も多いですが、それでは印象には残りませんし、退屈してしまうことも多いです。挨拶で好印象を残すには笑いを取ることが大切ですので、最初にいかに個性を発揮して話すことができるかが重要になります。

自分自身についての自虐や自慢を交えて話すことで笑いは起こりやすいですし、最初に笑いを取ることができれば、面白い人だと好印象を与えることができます。

嫌味にならないことがポイント

ウィットに富んだ挨拶では自虐や自慢などを交えて話すことがポイントになりますが、自慢を交える際には嫌味にならないように注意が必要です。本当に自慢をするだけでは、嫌味な人になってしまいますので、あくまで笑いのエッセンスを交えて自慢をすることが大切です。

自慢話が続いてしまうと周囲の人は退屈してしまいますし、悪印象を与えてしまうことも多いです。自慢を交えるのは最初の一言だけにし、あとは謙虚な姿勢で話すことも大切です。また自虐を交える場合は、ネガティブな印象を与えないように注意が必要です。

周囲の人が笑えないような自虐を言っても意味がありませんので、自虐風自慢として話すのも大事なポイントです。

ウィットに富んだ文章の特徴は?

ウィットに富んだという言葉は人に対して使われることが多く、主に会話や行動などを指して使われます。しかしそれら以外にも文章でもウィットに富んだという言葉が使われることもあります。

ウィットに富んだ文章は読んでいる人を惹きこむことができますし、読みやすい文章であることが多いです。書いている内容は普通のことであっても、使用されているされている表現などによってウィットに富んだ文章になります。

ウィットに富んだ文章の特徴を知って、どのような文章が周囲の人を引き付けるのかを知っていきましょう。

読んでいて情景が浮かぶ

ウィットに富んだ文章の特徴としては、読んでいてその情景が目に浮かぶことが挙げられます。何かを説明する文章では、特徴をしっかりと捉えて細部まで書きこまれており、読んだだけで情景が目に浮かんではっきりとイメージすることができます。

イメージをそのまま伝えられるのがウィットに富んだ文章であり、描写などが細かく書かれていることが多いです。また描写が細かければイメージしやすいとは限らず、あまりに細部まで書きすぎると文章が頭に入ってこず、かえってイメージしづらくなることもあります。

ウィットに富んだ文章は物事の特徴を捉えて書かれていますので、必要な描写、不要な描写の取捨選択が上手にできていると言えます。

くすっと笑える

ウィットに富んだ文章の特徴としては、くすっと笑えることも挙げられます。これは面白い内容でなくても言えることであり、ごく普通の文章であってもどこかおかしげに感じられることが多いです。

ウィットに富んだ人はユーモアのセンスがある人が多いですし、そのセンスが文章にも活かされています。誰もが書ける文章ではなく、その人の完全にオリジナルの、真似のできない文章であり、個性が強く表れているとも言えます。

ウィットに富んだ切り返しをする方法は?

ウィットに富んだ人は自分から発言しての会話も得意ですが、相手の発言に対しての切り返しも上手であることが多いです。相手が何か鋭いことを言ったとしても、それに上手く切り返すことでより会話は弾みますし、相手の上に立つことができます。

切り返しのスキルが高いこともウィットに富んだ人の特徴のひとつでもありますので、上手な切り返しをするにはどうすればいいのかを知っておきましょう。

違った視点で考える

ウィットに富んだ切り返しをするためには、他の人とは違った視点で考えることが大切です。例えばリンゴを見て、赤い、果物などと考えるのではなく、アップル、iPhone、ニュートンなど物事からどんどん連想していき、目の前にある情報以上のことを頭の中で考える必要があります。

相手の発言に対して、その場にある情報だけで処理してしまうと、ありがちな切り返しになってしまいますし、場合によってはただ感想を漏らすだけになってしまうこともあります。相手の発言をそのまま捉えるのではなく、別の視点から見て考えることが大きなポイントになります。

普段からひとつの物事から連想して考える癖をつけておき、想像を膨らませられるようになっておくことが大切です。

前に話した内容を覚えておく

ウィットに富んだ切り返しをするためには、前に話した内容を覚えておくことが大切です。前回に会ったときに話した内容であったり、当日に話した内容などをしっかりと記憶しておき、それを使って切り返すのがポイントです。

重要なのは盛り上がった内容だけではなく、些細なことまでしっかりと覚えておくことであり、忘れてしまいそうな内容で切り返してこそ、上手な切り返しをすることができます。すでに出た話題はどこかで使えないかよく吟味しておき、相手の発言に合わせて使い、上手に切り返していきましょう。

ウィットに富んだ人になる方法は?

ウィットに富んだ人は理知的、センスがあるなど好感を持たれることが多いですし、憧れを抱く人は多いです。自分もウィットに富んだ人になりたいと願う人も多いですが、どうすればなれるのか、その方法を知らない人は多いです。

ウィットに富んだ人はもともとセンスのある人で、センスのない人には無理だと諦めてしまう人もいますが、そんなことはありません。センスは努力次第で磨くことができますし、諦めなければウィットに富んだ人になることはできます。

ウィットに富んだ人になるにはどうすればいいのかを知り、努力を重ねていきましょう。

周囲の観察は必須

ウィットに富んだ人になるためには、周囲のことをよく観察しておくことが大切です。視野が広くなければ物事に上手に対応することはできませんし、気の利いたことを言うこともできません。

周囲の人や物などを観察しておくことで、状況を把握して上手に振舞うことができますし、さまざまな知識が身に付きます。普段から周囲を気にしておくことで、さまざまなことに気づくことができますし、その気づきこそがウィットに富んだ人になるための第一歩です。

ウィットに富んだ人になるためには、相手のことを理解する必要はありますし、そのためにもよく観察して物事の理解を深めるのは大切です。普段から視野を広く持つことを意識しておき、何事にも柔軟に対応できるように備えておきましょう。

自分のことをよく理解しておく

自分のことを良く理解しておくことも、ウィットに富んだ人になるためには大切なことです。周囲を観察し、相手のことを知ることも大切ですが、自分のことを理解しておかなければ上手に会話が進められないことも多いです。

自分は周囲の人からどのように見られているのか、どのようなキャラクターなのかを知り、それに合わせて発言や行動をすることが大切です。自分のキャラクターに合わないことをしても、浮いてしまうだけになる可能性が高いですし、相手を知り、自分を知ることで物事への理解をさらに深めていきましょう。

ウィットに富んだ自己紹介は?

ウィットに富んだ人は自己紹介も得意であることが多く、自分のことを魅力的に紹介することができます。自己紹介はパーソナルなデータを伝えるためだけのものではありません。ウィットに富んだ自己紹介をすることで、お互いの距離も縮めやすくなります。どんな自己紹介がウィットに富んでいるのかを知っておきましょう。

掴みが肝心

ウィットに富んだ自己紹介は掴みが肝心です。第一声で印象は決まりますので、最初の一言に注意する必要があります。最初の一言で自分を印象付けるためにはさまざまな方法がありますが、キャッチフレーズなどを使って自分を紹介するのがおすすめです。

自分をわかりやすく、簡潔に伝えることで印象に残りやすいですし、好感も持たれやすくなります。

ウィットに富んだ会話で相手のハートを掴もう

ウィットに富んだ会話の仕方やウィットに富んだ人の特徴などを紹介しましたが、努力次第でウィットに富んだ人になることは可能です。どのような特徴があるのか、なるためにはどうすればいいのかをよく理解しておき、ウィットに富んだ人になって周囲の人のハートを掴んでいきましょう。