Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】好きな人に嫌われたときの仲直りの仕方・謝り方

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
カテゴリ:カップル

初回公開日:2018年04月09日

更新日:2020年07月27日

記載されている内容は2018年04月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【年代別】好きな人に嫌われたときの仲直りの仕方・謝り方

年代別好きな人に嫌われたときの仲直りの仕方

人生にはさまざまな交友関係があり、うまくいくときもあれば喧嘩をして仲たがいしてしまうこともあります。十人十色というように、全ての人が違う性格で価値観も異なるためにどうしても起こりえることです。しかし、好きな人に嫌われたとなるとどうにか仲直りしたいと願うものです。好きな人に嫌われたい人はありえないことです。

しかし、好きな人に嫌われようとしたわけでもないのに嫌われてしまったら、どうやって仲直りするかが大事です。仲直りを試みても思わぬ展開となり、さらに好きな人に嫌われる可能性もあります。

そうならないためにも、仲直りはとても慎重にしなければなりません。仲直りの方法は年代にもより異なるので、こちらで紹介する方法を参考にしてください。

中学生

中学生のときは同じ学校の同級生のことを好きになることがあります。中学生のときは毎日学校で好きな人に会うため、嫌われたときはなるべく早く仲直りをしないと、学校生活の楽しさも減少しかねません。

中学生のときには、ラブレターや友達同士で手紙の交換など、自分の想いを文章にすることがあります。交換日記も中学生にとても人気のある文章での会話の方法です。

相手に直接会って謝罪をすることが少し照れくさく感じる思春期には、「ごめんなさい」を手紙で伝えることもとても有効です。手紙は直接渡さなくても、靴箱やロッカーに入れて渡す方法もあります。どうしても言いづらいときには手紙がおすすめです。

高校生

高校生が好きな人に嫌われたときの仲直りにおすすめの方法は、直接会って謝ることが最善です。しかし、なかなか直接会って謝るということは勇気がいります。勇気がどうしても出ないときには、ラインやメールで仲直りしたいことを伝えてみましょう。

好きな人に嫌われたときの理由として、自分に非があるとわかっているときもあれば、相手が悪いと思っていることもあります。いずれにせよ、仲直りしたい気持ちがあるので、強がらずに正直な気持ちを伝える他ありません。仲直りしたいということと、自分が悪ければごめんなさいという謝罪の気持ちも書いて送ります。

同性

好きな人というのは、恋愛における異性に対してと友達に対する同性の場合もあります。同性の好きな人に嫌われたときも同じく仲直りが必要です。友達に嫌われたと感じる時は、避けられたり、冷たくなったりと様子がおかしいと感じます。もしかして嫌われたのかと感じたら、直接好きな人に問いかけることも有効です。

なぜ嫌われたのかがわからないまま謝って、仲直りができても、また相手を不快にさせてしまう可能性があります。そうならないように、気づかずにもしまた相手を傷つけていることがあるようなら、できたら話し合いをしたいということを相手に伝えましょう。

異性

異性に対しての好きな人と言えば、一般的に恋人や片思いの相手のことを指します。そんな相手に嫌われたとなるとショックでとても暗い気分になりがちですが、年代に関係なく自分が悪い場合には、素直にごめんなさいということが1番です。

しかし、なぜ嫌われたかわからないときは、ごめんなさいの意味をこめて相手の好きなことをしてみることも、仲直りの方法としておすすめです。嫌われたのであれば、逆に好かれることをして仲直りする方法です。

好きな人に嫌われたときの態度の変え方

好きな人に嫌われたと気づいたら、今までどおりの態度で接することができない時があります。もし態度を変えるにしてもあからさまに嫌な態度をとったり、そっけない態度をとったりするとぎくしゃくが増します。

しかし、好きな人に嫌われたとわかっているのにもかかわらず、同じ態度で接することもとても気まずいでしょう。そんなときは、さりげなく態度を変えることをおすすめします。なんとなくフェードアウトをするために有効な方法をご紹介しますので、参考にしてください。

会話を減らす

好きな人に嫌われたと感じたらこちらも態度を変えようとします。今までは仲良くコミュニケーションも弾んでいたところを、少しだけ会話の量を減らしたりして少し距離をとりましょう。この距離をとっている間に相手との様子を伺いましょう。

好きな人に嫌われたとしても、時間が経てば自然と元の関係性に戻ることもあるので、会話を減らしてお互いにクールダウンすることも必要です。もちろん、そのまま会話が減り関係性が途絶えてしまう可能性もあるので、タイミングをみてまた態度を変えてみましょう。

連絡は必要以上にしない

好きな人に嫌われたと感じたら、無理やり相手のご機嫌どりをしないで、必要以上に連絡をしないことが有効になることがあります。相手の様子がおかしいからといって、機嫌や様子を伺うようにいつもよりも連絡を増やしたり、無理にコミュニケーションを図ろうとしたりすると、反って悪い結果になることがあります。

そういうときには、こちらの態度もわきまえて連絡を減らし態度を変えてみましょう。好きな人に嫌われたときは、相手の連絡も減ることがあるので、相手のタイミングにあわせましょう。

男女別好きな人に嫌われたときの謝り方

【年代別】好きな人に嫌われたときの仲直りの仕方・謝り方
※画像はイメージです
出典: Excuse, Me - Free pictures on Pixabay

好きな人に嫌われたと感じたら、謝らなければいけないこともあります。自分が悪いと自覚があるときはなおさらですが、謝罪が必要になります。しかし、改めて好きな人に謝るとなるとどういうふうに謝ればよいか悩むことがあります。

ここでは、そのように好きな人に謝る方法をご紹介しますので参考にしてください。嫌われた理由にあわせて最善の方法で仲直りしてください。仲直りするにはできるかぎり早い方が良いので、好きな人に嫌われたと感じたらすぐに謝る方法を検討しましょう。

ライン

今ではスマホを持つ人には欠かせないといわれているアプリ「ライン」は、仲良りの際にもとても活躍します。特に男性は、女性に対して面と向かって「ごめんなさい」と言うのが恥ずかしいとか、照れくさいという方が多く、ラインに助けられることがあります。ラインでごめんなさいをするときは、必要以上にスタンプを使わないことがポイントです。

スタンプを使うとどうしても本気度が欠けてしまうことがあります。本気で謝ろうとするのであれば、文章で自分の気持ちを伝えることが必要です。カップルの場合であれば、「ごめんなさいに」付け加えてこれからも仲良くしていきたいというおもいがわかる文章を入れることで、女性は嫌なことを許してくれる傾向があります。

電話