Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】声を荒げる人へのおすすめ対応方法特徴・心理状況

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月05日

更新日:2020年03月07日

記載されている内容は2018年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【状況別】声を荒げる人へのおすすめ対応方法特徴・心理状況

声を荒げる人の特徴は?

普段は穏やかな人でも時には怒りに我を忘れて声を荒げてしまうこともあります。我慢できないほどの怒りを感じれば、声を荒げることも仕方ないと言えますが、人によってはすぐに怒って日常的に声を荒げている人もいます。

声を荒げることで周囲の人に迷惑がかかる場合も多いですし、人間関係も上手く築けない場合もたくさんあります。声を荒げることは何の解決にもなりませんし、本来は避けるべきことです。しかし多くのデメリットがあるにも関わらず声を荒げてしまう人は多いです。

声を荒げる人とはあまり付き合いたくないと感じる人も多いですが、そもそも声を荒げる人にはどのような特徴があるのでしょうか。性格的な特徴を知って、上手に人間関係を築いていきましょう。

プライドが高い

声を荒げる人の特徴としては、プライドが高いことが挙げられます。プライドが高く、自分が一番でなくてはならない、正しくなくてはならないと感じて、自分の正当性を主張するために声を荒げてしまいます。

何かを主張するのに声の大きさは関係ありませんし、大切なのは内容ですが、プライドの高い人は声を荒げることで相手を圧倒し、自分の意見を押しとおそうとしています。相手がひるめばいかに無茶苦茶なことでもとおってしまうことは多いですし、自分の意見をとおすことでプライドを守っています。

プライドを守るために声を荒げるので、自分が間違っていたり、他人から責められそうになると自己防衛の手段として声を荒げてしまう人が多いです。

寂しがり屋

寂しがり屋であることも、声を荒げる人の特徴のひとつです。寂しがり屋の人は常に人にかまってもらいたい、自分を見てもらいたいと考えており、声を荒げることで注目してもらおうとしています。

他の人と距離を縮めて、コミュニケーションを取りたいという気持ちはあるものの、それがなかなか上手くいかずに失敗してしまい、声を荒げるという方法でコミュニケーションを取ってしまいます。

声を荒げることで周囲の人とは余計にコミュニケーションがとりづらくなりますし、注目してもらうためにまた声を荒げてしまうと、悪循環に陥っている人も多いです。寂しがり屋で、コミュニケーションが苦手な人は、声を荒げることが多いと言えます。

声を荒げる人の心理状況は?

声を荒げることで周囲の人に迷惑をかけてしまうことは多いですし、人間関係もギクシャクしてしまいがちです。百害あって一利なしですので、たとえ怒りを感じたとしても声を荒げることなく冷静に話し合うことが大切ですが、それがうまくできていない人は多いです。

声を荒げる人にはさまざまな性格的特徴がありますが、それだけではなく心理的な特徴も存在しています。なぜ声を荒げてしまうのか、その心理状況はどのようなものなのかを知っておくことで、相手のことを理解することができますし、そこから対処法を考えることもできます。

声を荒げてしまう人の心理状況を知って、相手のことをさらに理解していきましょう。

自信がない

声を荒げてしまう人の心理状況としては、自分に自信がないことが挙げられます。主義や主張などに対して自分に自信がなく、しかし自分の正当性をアピールしたいと考えて声を荒げてしまいます。

これはプライドが高い人に多い傾向にあり、プライドが高い人は自分に自信がなくなると声を荒げることが多いです。そのためお互いの意見が口違ったり、議論が白熱したとしても、自分に自信があり、自分が優位であることが明らかな状態の場合は涼しい顔をしていることが多く、声を荒げることはありません。

しかし一度形勢が悪くなり、自分の主義や主張などに自信が持てなくなってしまうと、自分を奮い立たせるため、自分の意見を押しとおすために声を荒げてしまいます。

不安

声を荒げる人の心理状況としては、不安を感じていることも挙げられます。声を荒げるのは怒りによってもありますが、それだけではなく不安を感じて、声を荒げてしまうことも多いです。周囲との関係性や自分が間違っていないか、自分はここにしていいのかなど不安を感じたときに声を荒げてしまいます。

声を荒げて自分の存在を主張することで、その場に存在していることを証明しよう、周囲の人に意識付けようとしていることが多く、自分をアピールするために大きな声を出してしまいます。

また周囲へのアピールのためではなく、自分自身の葛藤や悩みなどを吹き飛ばすために、声を荒げて強い自分を演出している場合もあります。声を荒げることで不安を払拭しようと考えている人は多いです。

状況別声を荒げる人へのおすすめの対応方法は?

声を荒げる人とはできるだけ関わりたくない、距離を置きたいと考える人は多いですが、生活をしていれば他人との関わりは避けてとおれないことが多いです。関わりたくないと考えていても、どうしても避けられないこともありますし、その場合は対処法を考えておくことが大切です。

声を荒げる人と上手に付き合うためには、対応の仕方などを工夫する必要があります。上手な対処法を知って、声を荒げる人とも上手に付き合っていきましょう。

声を荒げる夫に上手に対処するためには、まずは相手の言い分をしっかりと聞くことが大切です。相手が話している最中に口を挟んで止めてしまうと、さらに大きな声を出す可能性がありますので、まずはじっと押し黙って最後まで聞くようにしましょう。

相手の主張を最後まで聞き、その上で話を整理して冷静に話し合うことが大切です。ただ黙っているだけでは相手が調子に乗ってしまうこともありますし、声を荒げれば自分の意見をすべて押しとおせると勘違いしてしまう可能性もあります。

相手の話をすべて聞き終われば、話を整理して振り返り、お互いに何が悪かったのか、反省すべき点はどこなのかなどを冷静に、論理的に話し合うことを心がけましょう。

上司

上司が声を荒げる場合は、基本的には何も言い返さずに、嵐が過ぎるのをじっと待つほかありません。上司のタイプによって対処法は異なりますが、基本的には途中で口を挟んだり、言い返したりするのはNGです。

言い返してしまうと火に油を注ぐ結果になりかねませんし、言い返すことなくしっかりと受け止めることが大切です。またどうしても言い返したい場合は、感情を表に出さず、あくまで冷静に、論理的に言い返す大切です。

感情的に言い返してしまうとお互いに声を荒げてしまうことになりますし、ただの喧嘩になってしまいます。どうしても言い返したい場合は、冷静な口調で、敬語など言葉遣いにも充分注意した上で反論するようにしましょう。

彼氏

彼氏が声を荒げるタイプの場合は、基本的には距離を取ってあまり関わらない方がいいでしょう。声を荒げる人のタイプにはさまざまありますが、基本的にはわがまま、自分勝手な人が多いです。自分の都合の良いように女性を扱い、傷つけてしまう人も多いので、少しでも気持ちが離れたのであれば早めに別れることが大切です。

またどうしても別れたくないのであれば、きちんと悪いところを直してほしいと言うべきです。言っても直らない場合、諦めて別れた方がいいです。

もし、直るのであればそのまま付き合い続けることも可能です。

相手の気持ちを考えずにすぐに声を荒げる人と付き合っていてもいいことはありませんので、早めに対処することが大切です。

子供など

子供が声を荒げる場合は、まずは落ちつかせなければなりませんが、この時に自分も大きな声を出してしまうのはよくありません。大きな声を出すことでお互いに感情が高ぶりますし、余計に声を荒げてしまうことが多いです。

相手を落ち着かせるためには、自分が冷静でいなければなりませんので、大きな声を出すことなく落ち着いて対処することが大切です。また頭ごなしに叱るのではなく、何が理由で声を荒げているのかをきちんと明確にする必要があります。

頭ごなしに叱ってしまうと、また声を荒げてしまうこともありますし、子供が相手でも大人と話しているつもりで冷静になり、一つ一つ事実を確認していきましょう。

声を荒げることは間違いだと伝える方法は?

声を荒げることが間違いだと相手に伝えるためにが、ストレートに言ってしまうのがおすすめです。声を荒げても何の解決にもならないし、それに屈するつもりもないと冷静な口調で意志表明をすれば、相手に間違いだと気づかせることができます。

また声を荒げる人とは会話をしないと告げ、相手が声を荒げたら一切無視してしまうという手もあります。どちらの場合もきちんと相手に宣言することが大切で、声を荒げるのは良くないことだときちんと言葉にして伝えるようにしましょう。

声を荒げる夫婦喧嘩になった場合の対処法は?

生活を共にしていれば夫婦喧嘩をしてしまうこともありますし、時には声を荒げた喧嘩に発展してしまうこともあります。しかし声を荒げても夫婦喧嘩が収まるわけではありませんし、余計に悪化してしまうことも多いです。

夫婦喧嘩を丸く収めるためには声を荒げないことが大切ですので、声を荒げてしまった場合はどうすればいいのか、その対処法を知っておきましょう。

無理に応戦しない

声を荒げる夫婦喧嘩になってしまった場合は、無理に相手に応戦しないことが大切です。相手が大きな声で話していれば、自分が主張をするときにも声のボリュームは上がってしまいがちですし、お互いに張り合って声を荒げてしまうことも多いです。

声のボリュームが上がり、感情的になってきたなと感じればすっと引いて、無理に応戦しないことが大切です。

距離を置く

声を荒げてしまった場合は、そのまま無理に話し合いを続けるのではなく、一旦距離を置いて冷静になることも大切です。声を荒げているとお互いに感情的になっていますし、冷静な判断ができないことも多いです。

少し距離を置き、時間を置いてからもう一度話し合ってみることでスムーズに解決できることもありますし、冷静になるための時間を設けることが大切です。声を荒げることなく上手に話し合うことが大切ですが、声を荒げてしまった場合はそのまま喧嘩を続けずに、一度距離を置いて気持ちを鎮めてからもう一度話し合うようにしましょう。

何事も穏やかな解決を目指そう

声を荒げる人へのおすすめ対応方法や特徴、心理状況などを紹介しましたが、何事も穏やかな解決を目指すことが大切です。声を荒げてもいいことはありませんし、物事が悪い方向に進んでしまうことも多いです。上手くいかないときこそ冷静になり、声を荒げることなく円満な解決を目指しましょう。