Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】「そうなんだ」が口癖の人の特徴・心理|むかつく

Author nopic iconライム
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2018年03月29日

更新日:2020年05月22日

記載されている内容は2018年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】「そうなんだ」が口癖の人の特徴・心理|むかつく

男女別に見た「そうなんだ」が口癖の人の特徴とは?

人によって言葉の使い方により、相手に与える印象は変わってきます。相手にどのような言葉を使うかで、じぶんが普段どのように思われているのかも分かりますし、なぜ、じぶんにその言葉を使うのかを分析する事をして、人はじぶんがどう思われているのか、また相手にどうしてそのような言葉を使わせるようになってしまったのかを考えます。

「そうなんだ」が口癖の人は「そうなんだ」という言葉自体が興味がない、もしくはどうでもいいなどの意味になるので、誰にでも「そうなんだ」という言葉は使いません。相手を選んで言葉を使っているので、言われた人はその場では深く考えなくても、あとあと考えるとじぶんのことを良く思っていない言葉だと思い、お互いの関係が悪くなる事もあります。

男性の場合

「そうなんだ」という言葉は、40代50代の男性が使う言葉でもあります。仕事や家庭の事でいっぱいいっぱいで、なかなか相手を思いやる言葉を使わないこともあり、「そうなんだ」という言葉を悪気があって使っていない場合もあります。

ただ単に返す言葉が見つからずに「そうなんだ」と言っている場合もあるので、一概には相手に悪い印象を持って「そうなんだ」という言葉を使っているのではないです。むしろ若い人達の会話に乗れなくて、「そうなんだ」と言っている場合もあるので、年配の男性の言動を責める事はできないと言えます。

女性の場合

女性の場合は「そうなんだ」という言葉を使う場合は相手の会話に興味がない場合や、どうでもいいと感じている場合に使う事が多いでしょう。口癖になっている場合は普段から、あまり他人自体を良く思わない性格の人物とも言えます。

「そうなんだ」が口癖になっている人はなかなかいないですし、もしいた場合は職場や家庭でじぶんを大切にしてくれる人が少ない人がいないため、「そうなんだ」という言葉が口癖になっている場合もあるのです。

ある程度、年齢を重ねたら相手の事を考えて言葉を選ぶという行為自体が減ります。「そうなんだ」という言葉自体あまりよい印象を相手に与えないので、口癖になっている人は少ないですし、あまり良い環境にいないせいで使っている場合もあります。

「そうなんだ」が口癖の人へはどう返事を返すか

会話をしていて「そうなんだ」と最後に返されたら、「ええ、そうですから、ここはそうして下さい」などと今、じぶんが言った事に対して確認をとる意味の言葉を使うと良いでしょう。

会話で「そうなんだ」と返されてしまったら、「そうなんだ」と言われた人は立場がありません。なぜ「そうなんだ」と返すのかを考えつつ、今言った事の確認の意味で、同じ文脈のことをもう一度相手に伝える事で、相手を尊重しつつ、お互いの立場もある程度、守りながら会話を続ける事ができます。

「そうなんだ」と言われたら、そうです。と返さずに、会話で「そうなんだ」と言われたことの確認の意味でもう一度、相手に同じ事を説明を加えて、話す方がお互いの立場をこれ以上悪くせずに会話を続ける事が出来ます。

「そうなんだ」が口癖の人の主な心理とは?

まず「そうなんだ」が口癖の人はあまりいないでしょう。もしいたら他人との会話に慣れていないか、もしくは会話自体をする機会がない人が「そうなんだ」という言葉を使っています。

「そうなんだ」という言葉は相手にどう相槌をとるのかが分からない場合にも使われるので、友達が少ない人や会話に慣れてない学生や、深く言動を考えない年配の人なども使う言葉です。若い人がどうして「そうなんだ」という言葉に敏感なのかというと、友達同士の会話を大切にすることを重視しているからです。そのため言葉一つにも気を使っているためです。

「そうなんだ」が口癖の人は本当に興味がなく、「そうなんだ」という言葉を使っているのか、もしくは返す言葉が見つからず、使っているのか、また本当に「そうなんだ」と納得している場合の3通りです。深く物事を考えない人が使う言葉でもあります。

興味がない場合の相槌として使う

「そうなんだ」という言葉自体が興味のない場合に使われる場合は、会話自体がそんなにテーマが重い会話でない場合に「そうなんだ」という言葉が使われます。

男性よりも女性の方が会話の言葉ひとつひとつを気にします。女性との会話では男性も女性も「そうなんだ」という言葉を使わない方がお互いに良い関係を築けます。また「そうなんだ」と言わせないように会話を進めていく事も必要になります。

「そうなんだ」という言葉が使われる場合は、相手の話が支離滅裂だったり、それ以上会話を続ける事ができないような会話になった場合にも使われるので、「そうなんだ」という言葉を聞きたくない場合は、「そうなんだ」と言わせない会話をする事も必要でしょう。

悪気がなく使う場合

悪気がなく「そうなんだ」という言葉を使っている場合もあるので、「そんなんだ」という言葉自体が相手に必ず、悪い印象を与えたり、相手をよく思ってない場合とは限りません。

悪気がなく相手が「そうなんだ」という言葉を使う場合は、今どうしてそのような言葉を使ったのかを考えるよりも、悪いイメージでとらえる事をやめて、よい意味として考えれば、ストレスも少なくて済みます。

「そうなんだ」が口癖の人が相手に与える印象

「そうなんだ」が口癖の場合、良い友達や妻や夫、子供に巡り会えていなく、常に飽きれてしまう感情に浸ってしまう環境にいる場合があるので「そうなんだ」という言葉が口癖になっている場合もあります。

「そうなんだ」という言葉が相手に与える印象は必ずしも、良い印象を与えられるとは限りません。何気なく発した言葉でも、相手のことを考えて言葉を使わなければ、直接じぶんの印象を悪くする言葉にもなりかねません。

「そうなんだ」という言葉は興味がない、それ以上話しを続ける事が無理で使う場合もあるので、上手な会話をして相手に「そうなんだ」と言わせない事も必要になります。

相手にむかついているときに使う場合

会話の内容を無視して「そうなんだ」という言葉を使う場合は、相手を良く思ってないか、もしくは会話などは関係なく、相手に怒っている場合に使う言葉でもあります。

会話の内容に関係なく、「そうなんだ」という言葉を使う事は使う側もむかついている場合がほとんどで、「そうなんだ」と言われてる側もむかついている場合があります。喧嘩の一歩手前の状態で「そうなんだ」という言葉が使われます。

「そうなんだ」という言葉を使う場合は、使う相手への事実上の宣戦布告でもあるでしょう。「そうなんだ」という言葉をお互いに使わないような関係を築かなければ、良好な人間関係が築ける事を悟ることになります。

「そうなんだ」を使う場合脈なしなのか?

喧嘩越しに相手に「そうなんだ」と言わなくても会話の文脈から、興味がない場合にも使われる言葉になるので、「そうなんだ」という言葉自体は過激な言葉ではないですが、相手に与える印象の悪さはピカイチです。

会話が続かない場合にも使われるので、脈なしと捉える時もありますが、恋愛などで「そうなんだ」というワードが出て来たら、脈なしと思った方が良いでしょう。あからさまに相手に「そうなんだ」と使う場合はほとんどないので、もし言われた場合、言われた相手は恋愛相手として選ばれてないことを意味しています。

「そうなんだ」も2通りの意味がある

「そうなんだ」という言葉も相手によい印象がない場合と、相手をよく思っていても言う場合があります。まったく違う意味を持つ言葉は「そうなんだ」だけでなく、他の言葉でも二通りの意味を持つ場合があるので、「そうなんだ」と言われたら、良い意味で言われているのか、またはじぶんを良く思ってなく言われてるのかを見極めましょう。

「そうなんだ」と言わせない会話をしよう!

「そうなんだ」が口癖の人もいますが、口癖でない人でも「そうなんだ」という言葉は使う事があります。会話で相手に興味を持ってもらえない会話をしたり、会話が続かない場合も「そうなんだ」というワードが出てくるので言う側だけの責任ではないです。

「そうなんだ」と言わせない会話を心がける事で、職場でも家庭でも学校でも、スムーズな人間関係を構築できます。相手を選んで会話をすることをやめて、どんな人にも平等に会話をするようにしましょう。