Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】ローファーに合う靴下|ビジネス・カジュアル

Small c7484e0d 71d3 4e7c 83f7 6fdb385d203furachan2000
アクセサリー・小物 / 2018年04月05日
【男女別】ローファーに合う靴下|ビジネス・カジュアル

カジュアル時メンズのローファーに合う靴下とは?

ローファーを頻繁に着用する方も多いことでしょう。今回は、ローファーに最適な靴下をご紹介していきます。まずはじめに、カジュアルでも使えるメンズ用の靴下を挙げて参りましょう。ラフな普段着でローファーを愛用する場合、どれも素敵な装いとなりますので、ぜひ使ってみてください。

無地がいいの?

カジュアルシーンにおいても、シンプルな靴下を着用することがおすすめです。とくにアウターやパンツに大きな柄の入った衣類ですと、足元をシンプルにすることで、全体のトーンやバランスが引き締まります。白の無地が基本の色ですが、洋服とマッチさせるため、黒、青、赤といった単色で無地のものを着用しましょう。

ローファーの種類によっては、デザインが複雑な靴もありますので、そういった無地のシンプルな靴下と合わせることで、トータルコーディネートのランクが格段に上がります。愛用するローファーとのバランスを見て、最適な無地の靴下を穿きましょう。

柄物がいいの?

カジュアルシーンでのローファー着用であれば、柄物の靴下でも柔らかい雰囲気を醸し出すことができます。古典的な柄から新鋭的な柄まで、その種類は無数にありますので選ぶ楽しみもあります。カジュアルなデニムパンツに合わせてローファーを履く場合、カラフルなデザインの靴下を穿くことで、カジュアルな感じがより一層UPします。

使われる色の種類にもよって、全体的なコーディネートを楽しむことができます。柄物は無地のものよりもカジュアル感が出せる傾向がありますので、ラフで気軽なシーンでは大いに活用できることでしょう。また、無地のものとあわせて用意しておくことで、さらにコーディネートを楽しむことができる便利なアイテムです。

ビジネス時メンズのローファーに合う靴下とは?

ビジネスシーンでローファーを着用する機会は最も多いことでしょう。毎日の通勤に愛用している方も多いですので、ビジネスシーンでもマッチする靴下を着用することが望ましいです。職場で靴を履いたまま仕事をする業務もあれば、靴を脱いで仕事を行う業種もあります。それでは、順次ご紹介していきましょう。

色選びが大切!

職種にもよりますが、メンズのビジネスシーンで着用する場合では落ち着いた色がよいです。黒や茶といったシックなものをおすすめいたします。好きなキャラクターや、アクセントの強いものは極力控えて、会社の風情に合ったものを着用しましょう。

赤や黄色などの派手な色ですと、落ち着いた印象を与えることができません。やはり、職場などのビジネスシーンで着用する場合、モノトーン系や落ち着きを感じる配色のものが最善です。そうすることで、スーツとも合わせやすくなりますので、毎日の着用に最も適しています。

素材選びが重要!

生地の分厚い靴下もありますが、ビジネスシーンにおいて着用するのであれば、やはり薄手の素材がよいです。とくに頻繁に靴の脱ぎ履きをする職種の場合、薄手のものの方がスムーズな着脱をすることができます。急いでいる場合でも、時として有効的なシーンがありますので、素材選びも重要です。

滑りやすい靴下もありますので、使う状況を検討して購入することがおすすめです。あまりに滑りやすい製品ですと、場合によっては転びやすくなり、とても危険です。滑りにくいものを選別して、日頃のビジネスシーンの中で愛用しましょう。

ビジネス時レディースのローファーに合う靴下とは?

レディースの場合ですと、ストッキングを穿いて働くことが多いです。ですので、ストッキングの色によっても、靴下を選別することが重要です。基本的には、やはり黒っぽいカラーのものがおすすめです。職場で着用する革靴の色は、大抵が黒や茶色といったカラーが中心です。そのため、パンツスタイルで働くレディースの場合ですと、黒や白といった落ち着いた色のものを穿きましょう。

会社の社風によっても、スタイルを変えて楽しめるポイントですので、今までしてきたスタイルよりも、ワンランク上のコーディネートで1日を過ごすことができます。ぜひ、会社内でも素敵なスタイルでいるために、今回ご紹介する内容を実践してみましょう。それにより、きっと素敵な1日を会社内でも体感できることでしょう。

丈の長さが大事!

スカートで働く場合であれば、靴下の丈にも留意することが大事です。膝下あたりまでのものも、場合によっては着用可能なシーンがありますので、トータルバランスを検討して着用してみましょう。反対に、くるぶし丈やそれ以下の丈のものがありますので、適宜選別して着用しましょう。

レディースの場合は色に気を付けておくことで、ローファーや制服と合った丈を自在に選別できることもビジネスシーンにおける柔軟性があります。

カジュアル時レディースローファーに合う靴下とは?

レディースでカジュアルシーンにおいてローファーを着用する場合、どういった靴下がベストかと言えば、それは1ポイントのアクセントが入ったものがおすすめです。たとえば、ブランドロゴが入ったものがよいです。トータルバランスがとれるようなスタイルがベストですので、1ポイントのみではなくても、全体的にロゴが入ったものでもおすすめです。

パンツスタイルやスカートといった、ファッションの幅があるのもレディースならではですので、さまざまなカジュアルシーンの中で、いろいろなデザインの靴下を選択することもお出掛け前の楽しい時間となります。

デザインが大事なの?

レディースのローファースタイルにマッチするには、そのデザイン製も重要です。さまざまなメーカーから、豊富なデザインの靴下が販売されていますので、ローファーのデザインや色と合ったものを選択してみましょう。全体的なコーディネートも楽しむことができますので、カジュアルシーンにおけるスタイルの幅が大きく広がります。

カジュアルなスタイルであれば、トップスを柔らかい雰囲気のもで装ったり、ラフなスタイルのファッションで楽しむこともできます。ローファーのデザインも重要ですので、いろいろなデザインのローファーを準備しておくこともコーディネートの選択を大きく増やせます。

暖かさがあるといい!

レディースの場合、暖かい靴下を着用することもおすすめです。カジュアルシーンであればなおさらですが、末端冷え性の女性がとても多いですので、厚手の靴下とローファーを合わせてみましょう。これにより冷えが気になる方でも、難なく外出して1日を満喫することができます。春とはいっても、まだまだ冷え込む時間帯がありますので、そうしたアイテムを購入することも有効的です。

夏場の暑い職場においても、中にはクーラーで冷え切ってしまうケースがありますので、会社用として厚手のものを準備しておくことが有効的と言えます。そのため、レディースの場合は年間をとおして、ファッションを楽しむ幅が広いです。ぜひ、身体を冷やさないように工夫をしてから出掛けましょう。

素敵な足元で最高の1日を過ごそう!

今回は、「ローファーに合う靴下」という内容をご覧いただきました。ローファーという靴は、どういったスタイルでもオールマイティにマッチすることができる便利な靴です。形もさまざまありますが、シンプルなデザインのため、マルチなコーディネートにマッチする傾向が高いです。今回ご紹介しました内容で、日頃のファッションをさらに楽しむことへも繋がります。

好みのスタイルで日々の仕事やプライベートのお出掛けをすることで、今までとは異なって1日の気分が大きく高揚することでしょう。それにより活発な気持ちとなり、最上の仕事をこなせたり、満喫できる遊びを体感できることがあります。ぜひ参考にして、活用してみてください。