Search

検索したいワードを入力してください

ラブレターの書き方・例文|告白の仕方・相手の気持ち

Small 9210d079 5102 4009 8255 036b60d0802dRyo
カテゴリ:片思い

初回公開日:2018年04月10日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2018年04月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ラブレターの書き方・例文|告白の仕方・相手の気持ち

ラブレターは今でも古くない

みなさんは、ラブレターをもらったことがありますか。また、自分がラブレターで告白したことがあるでしょうか。昔の甘酸っぱい青春のようなものを感じるでしょう。

この時代、インターネットやSNSが発達してしまい、手紙を書く機会も少なくなっています。だからこそ、心のこもったラブレターは価値のある素敵なものになります。手紙をもらうと誰でも嬉しさを覚えます。

今回は、そんなラブレターについて見ていきましょう。

ラブレターとは

説明するまでもないでしょうが、ラブレターとは愛を告白する手紙のことです。相手に対する好きという感情を直接言うことができない場合、文章にして愛情を表現します。

ラブレターを渡す方法は後ほど詳しくみていきますが、直接手渡ししたり、郵送したり、ひとづてに渡してもらう場合もあります。渡す方法はどうあれ、気持ちを伝えるには効果的です。

ラブレターの効果

まずは、ラブレターの効果から見ていきましょう。電話やメールでの告白と違い、ラブレターならではのメリットが存在します。このラブレターのメリットを三つご紹介しましょう。

時間をかけて書くことができる

告白しようとした時、相手を前にしてしまうとうまく言葉が出てこないです。緊張して、気持ちが伝えられないのは良くないです。

その点、ラブレターならば、時間をかけ、自分の気持ちを自分のペースで書き綴ることができます。一度で完成させる必要もなく、何回も何回も書き直すことができます。そんなラブレターにこもっているいる気持ちは計り知れないでしょう。

時間をかければかけるだけ、相手への気持ちも大きくなります。

口では伝えられないことも伝えられる

「好きです。」と相手には伝えたいです。そう言いたいけど実際の告白になると言えなくなってしまいます。告白というのは、緊張するものと言えるでしょう。

好きです、だけならまだしも、どうして好きになったかなど伝えたいことはたくさんあるはずです。そんな口では言えないようなことも、ラブレターなら伝えることができてしまいます。

返事をよく考えてもらうことができる

最後のメリットは、返事をよく考えてもらうことができるということです。

告白すると、やはり、相手からの返事が気になります。もし、直接告白したならば、相手の返事が気になって気になってしょうがないでしょう。しかし、ラブレターの場合だと、あなたが手紙を書くのに時間をかけたように、相手もゆっくりと返事を考えることができます。

告白をした時に、返事が気になって急かせてしまうと、振られてしまう可能性もあります。相手に返事を考える時間を与えてあげることで、想いが伝わり、お付き合いしてみようかなと思ってもらえる可能性が高まります。

ここで紹介したラブレターのメリットはほんの一例です。ラブレターで告白するというのはメリットが多いことを覚えておいてください。

ラブレターの書き方と例文紹介

ラブレターで告白するのが古いことではなく、むしろいいことであるということはわかっていただけたでしょう。しかし、実際にラブレターを書くとなると話は別です。どうやって書いたらいいんだろう、何を書いたらいいかわからないなど不安要素は多いはずです。

告白の成否を握るのは、やはりラブレターの内容です。ここでは、ラブレターの書き方を説明します。

短く簡潔に

文章をあまり書くことがない人や、文章を書くのが苦手という人は短く簡潔に、ということを意識しましょう。ラブレターに書く文章は短く簡潔にするのがベストです。

想いがが溢れすぎて、長文になってしまい、肝心の「好きです。」ということが伝わらなかったら本末転倒です。また、最後まで読む気が起きなくなるでしょう。

ラブレターの初めの方に結論を書くのが良いでしょう。

丁寧に心を込めて書く

心を込めて書く、というのは言うまでもないでしょう。心を込めて書けば多少字が汚かったとしても、気持ちは確実に伝わります。

ここで、気をつけたいのは、ラブレターに力を入れるあまり可愛くしようとしてしますことです。カラフルなペンを使ったり、デコレーションしたりは避けたほうがいいでしょう。むしろ、ペンの色は一色に統一するぐらいのほうが、読みやすくて綺麗なラブレターが出来上がります。

ラブレターの例文

ラブレターの書き方を学んだところで例文をみてみましょう。この例文を参考にしてみてください。ここでご紹介する例文は、名前の知らないあの人に送るのではなく、知った人に送る時の場合です。

いきなり手紙出してごめんね。
実は〇〇のことが好きになってしまいました。
いつも優しくしてくれてありがとう。〇〇といると笑顔をもらえます。
もし良かったらお付き合いしてください。
お返事まってます。

いかがでしょうか。参考にしてみて、自分だけのラブレターを書いてみてください。

ラブレターの渡し方や告白の方法