Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】どんくさい人の8つの特徴・向いてる仕事|改善方法

Author nopic iconsej
性格・タイプ / 2018年04月05日
【男女別】どんくさい人の8つの特徴・向いてる仕事|改善方法

どんくさい人の特徴

みなさんの周りには「この人どんくさいな」と感じる人っていませんか?もしくは周りから「お前って本当にどんくさいよな」としょっちゅう言われている人っていませんか?おそらく、多くの方が思い当たる人が何人かいるのではないでしょうか。もしくは自分がよくどんくさいと言われるという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「どんくさい人」に注目し、どんくさい人に共通する特徴やどんくささをどのようにすれば治せるのか、その改善策などについてご紹介していきます。

どんくさい男性の特徴4つ

では最初に、どんくさい人に共通する特徴を男女別に合わせて8つほど見て行きましょう。まずはどんくさい男性に共通する特徴について4つほどご紹介していきます。

忘れ物・落とし物が多い

どんくさい男性に共通する特徴の一つ目は「忘れ物や落とし物が多い」という点です。まず、どんくさいと聞いて連想されるイメージと言えば「うっかり屋さん」・「ぬけている」などといった印象を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

こういった共通イメージを最も強く印象付けるのが、日頃から忘れ物や落とし物が多いという特徴です。忘れ物や落とし物を頻繁にしてしまう人というのは、周りから見て自己管理ができていなかったり、気が抜けているといった印象を持たれがちで、こういった印象こそが「どんくささ」につながります。

食べこぼしや飲みこぼしが多い

どんくさい男性に共通する特徴の二つ目は「食べこぼしや飲みこぼしが多い」という点です。そもそも食事中の食べこぼしや飲みこぼしというのは、赤ちゃんの頃や幼少期の子どもがよくしてしまうことです。しかし食事というのはみんなが毎日欠かさず摂るものであるため、大人であれば礼儀正しくきれいに食事できるということは当たり前のことです。

それなのにもかかわらず、気づかないうちに自分の服を汚してしまっていたり、口元が汚かったりすると、周りからは幼稚でみっともない人に映ってしまいますし、いつまでたっても食事すらままならないどんくさい人だと認識されてしまいます。また、よく食べこぼしや飲みこぼしをしてしまう人というのは、周りの目を特に気にしがちな女性よりも、特に男性に多い傾向にあります。

スポーツや運動が苦手

どんくさい男性に共通する特徴の三つ目は「スポーツや運動が苦手」という点です。スポーツや運動能力の低さというのはどんくささに直結します。また身体能力や運動神経というのはどうしても女性よりも男性の方が高いです。その分、特に男性の場合はこういった身体能力や運動神経の高さや低さというのは際立ちやすいです。

そのため、スポーツや運動が得意な男性は元気で活発な人というイメージがより印象付きやすく、逆にスポーツや運動が苦手な男性はのろまでどんくさいというイメージを周りから、特に女性から男性に対して抱かれてやすいです。

地図を読むのが苦手・運転が下手

どんくさい男性に共通する特徴の四つ目は「地図を読むのが苦手・運転が下手」という点です。例えば、カップルや男女の仲良しグループで何処かに出かける際に、地図を読んだり車を運転して行きたい場所までエスコートしたりするのは大抵の場合は男の人です。

特に女性からすると、男性側にひぱって行ってもらいたいという願望が強い人が多いため、こういったことに男性としての魅力や男らしさを感じるという人が多いです。また、女性は男性よりもデートや遊びの際に、もたついたりだれたりしてせっかくの楽しい日を台無しにすることに対して敏感です。そのため、デートや遊びの約束に対しては計画性やスムーズさを求める女性も多いです。

つまり、デートや遊びの際にどこか出かけることになったときに絶対に必要となってくる地図読みや車の運転が下手で、女の子をスムーズにエスコートできない男性というのはどんくさい人だと見られてしまいます。

どんくさい女性の特徴4つ

続いてどんくさい女性に共通する特徴について4つほどご紹介していきます。

自分の考えや意見がはっきりと言えない

どんくさい女性に共通する特徴の一つ目は「自分の考えや意見がはっきりと言えない」という点です。そもそも、女性というのは男性に比べて常に周りとのバランスを気にして行動します。例えば、周りから自分が浮いていないかとか、その場の雰囲気に合わせて空気を読んでいるかなど非常に気にかけます。つまり、常に周りと合わせようとするのが女性の多くに見られる傾向です。

そのため、「自分が何をしたいのか」、「どうしたいのか」ということをとっさに聞かれても、周りの目を気にして自分の考えや意見をなかなか口に出さない人が多いです。適度に周りに気を配ってそれに合わせるという意識は確かに必要ですが、あまりにも他人任せな人というのはどんくさいと思われてしまいます。

いちいち回りくどい言い方をする

どんくさい女性に共通する特徴の二つ目は「いちいち回りくどい言い方をする」という点です。先ほどもご紹介したように、女性というのは男性と比べて周りの雰囲気や流れに合わせようとする傾向にあります。つまり、周りの大半の人が同じことを思い意見がある程度行ってしている場合は、自分の考えや意見よりもそちらを優先しようとするため、自分の本音や意志を直接伝えようとはしません。

そのため、どうしても自分の気持ちや思いを相手や周りの人に伝えたいとき、また伝えなければならないときであっても、直接考えや意見を口に出すのではなく、少しオブラートに包んだように本音が見え隠れするような回りくどい言い方を比較的しがちなのが女性の特徴です。

自分の考えに反して、周りがストレートな意見を知りたいと思っているのにもかかわらず、いつまでたっても回りくどい言い方をしていると「この人どんくさい人だな」と周りから思われてしまいます。

手先が不器用

どんくさい女性に共通する特徴の三つ目は「手先が不器用」という点です。昔から言われるように、女性は男性よりも繊細で緻密な作業に向いている作業傾向にあります。そんな女性だからこそ、いざ手先の器用さや緻密な正確さが必要とされる作業を手際よくこなせない場合、その手際の悪さが際立ってしまい、どんくさい女性だなと思われやすいです。。

気が利かない

どんくさい女性に共通する特徴の四つ目は「気が利かない」という点です。これは特に結婚して嫁と姑という関係になったときに、姑が嫁に対してどんくさい人だと感じる大きな要因の一つになります。日本では、言わなくとも相手の気持ちを汲み取って気を利かすことが美とされ、歳を重ねれば重ねるほどこの考え方が強くなる傾向にあります。

特に女性の場合、結婚すると相手の旦那さんの家にお嫁さんとして嫁ぐという風習が昔から今日に至るまで色濃く残っているため、一家を支える身として姑さんを見習いながら家事や礼儀作法を身につけるというのが、いわばしきたりのようなものになっています。そこで十分に気を利かせたことができていないと、「あまり気が利かないどんくさい人ね」と姑から思われやすいのが女性に共通する特徴です。

どんくさい人が向いている仕事

続いて、どんくさい人が向いている仕事をご紹介します。

在宅勤務の仕事

どんくさい人に最も向いている仕事は「在宅勤務の仕事」です。どんくさい人は周りのペースに合わせるのが苦手です。かといって人に必死に合わせて仕事するのはストレスたまるし仕事に集中できないという方は、自分の家で自分のペースでできる仕事が最適です。

例えば、ライターのお仕事や自分の住まいの近所の子どもたちが通えるような塾、また「これ」と言えるような自分の得意分野を持っている方であれば近所の知り合いの方なんかを誘って教室を開いてみるというのもおすすめです。

どんくささを改善する方法

最後にどんくささを改善するとっておきの方法を一つご紹介します。

人に迷惑がかかることだけを絞って正す

どんくささを治すには「人に迷惑がかかることだけを絞って正す」ことを心がけましょう。人からどんくさいと言われてもその人のどんくさい部分全てを否定しているわけではありません。場合や状況、相手などによっては、どんくささというのは周りの人やその場の空気を和ませる重要な要素の一つにもなります。

つまり、どんくさい自分の性格を改めようとするのではなく、自分のどんくささがどういった時に人に迷惑をかけてしまったり、仕事に支障を出しているのかを真剣に考えて、それだけを正すようにすればいいということです。そうすることで、自分のどんくささのせいで周りから邪魔者扱いされているという気持ちや申し訳なさ過ぎて辛いという気持ちも和らげることができます。

意識次第で変われる

いかがでしたでしょうか。今回は「どんくさい人」に焦点を当てて、どんくさい人に共通する特徴や改善方法などについてご紹介してきました。

「どんくさい自分がいやだ」・「どんくさい自分を変えたい」という方も多いと思いますが、どんくささは意識次第では改善できます。また、そのどんくささを活かして自分らしさに変えることもできます。みなさんも日頃の自分の行動を見直して、どんくささをを自分の武器にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Related