Search

検索したいワードを入力してください

頭の回転を速くする方法・おすすめの本|読書/会話/食べ物

Author nopic iconkuritch
自己啓発 / 2018年05月01日
頭の回転を速くする方法・おすすめの本|読書/会話/食べ物

頭の回転を速くすると得られることとは

テキパキと仕事や生活関連の作業をこなせる勤勉な人や、交際や会話の時にウィットに富んでいたりする人を見かけると、頭の回転が速いと感じるはずです。頭の回転を速くする方法を知りたいという方へ、臨機応変に対応することができるような、頭の回転を速くする方法について言及していきます。

頭の回転を速くする方法のための必要条件や、得るとどんな効果が期待できるのでしょうか。今からしばらく、そんな「頭の回転を速くする方法」について考えていきましょう。

頭の回転が速いとこのような利点がある

頭の回転を早くする方法を身に付けていれば、以下のような利点が得られるとされています。ここにあげられた内容以外に、さらなるたくさんの効果が期待できます。

オンとオフの切り替えができる

仕事とプライベートの区別ができず、余計な休日出勤や突発的な業務に追われてしまうとストレスを溜めてしまいます。しかもその悪循環が恒常化している人がいます。頭の回転を速くする方法を知っている人にとっては、公私混同したスタイルなど無縁の悩みです。

休日は心と体をリフレッシュさせ、仕事の時にはパフォーマンスを高められます。頭の回転を速くする方法としてだけではなく、ストレスのない健康的な日々を送れます。

観察力が高まる

頭の回転を速くする方法の一つは、周りの状況をよく見るということがあげられます。その場の人間関係などを素早く見抜くには、常にその場のキーマンが誰かを判断し、適切な対応を考えて行動すると良いとされています。

特に仕事上では、決定権を持っている人にアプローチすることで成功する確率が高まります。人間関係を見抜くには、ただ何となく過ごしていては鍛えられていきません。せめてその時だけでも、観察力を高めることに集中し、頭の回転を速くする方法として採用してみましょう。

タスクを複数こなせるようになる

頭の回転を速くする方法を得れば、複数の課題やタスクに向き合い考えることができるようになっていきます。優先順位を立てて考えることができるので、同時に2つ以上のことを進行しても混乱したりしません。

複数のタスクを同時進行することで、処理能力は倍以上に向上します。ということは、仕事も早めに切り上げることができ、逆にプライベートの時間が生まれます。前述したオンオフの切り替えとも関わることになります。頭の回転を速くする方法にもっと磨きがかけられます。

頭の回転が速いのと頭が良いとの違い

頭の回転が速いという表現に類似して、「頭の良い」という言い方があります。実際にこの二つには共通項もありつつ、違ったニュアンスもあります。まず頭が良いというのは、一般的に学習意欲があり努力家で理解力が高い、勉強の結果で成績が良い人のことを指します。その一方で、頭の回転が速いというのは、理解力が高さだけではなく、表現力や対応力、判断力、想像力などが高い人のことを指します。

特に相手がいて、その人のことを瞬時に理解し自分の主張を速やかに述べ、慌てふためくことなく対応できる能力のことを言います。いくら勉強ができても、コミュニケーション能力が低く会話がかみ合わない人は、決して頭の回転が速いとは言えません。

頭の回転を早くする方法は、机上の空論だけでは身につかず、ある種の特別な訓練をしていくことが重要です。

頭の回転を速くする方法に関するおすすめの本

頭の回転を早くする方法に関する本についてご紹介します。実際には経験値を上げていくのが良い方法ですが、その前に、頭の回転を早くする方法論として理解しておく作業も大切です。そのための予備知識として読んでおくと良いでしょう。

頭の回転が速くなるすごい!法

30年の歳月の掛けて研究開発をした著者が、約1万人以上に指導してきた能力開発方法より、頭の回転を速くする方法をテーマにして書いたおすすめな一冊です。キーポイントは「脳をリラックスさせる」「集中力を高める」「記憶力をよくする」の3点です。脳だけでなく、精神面や身体面からのアプローチも書かれています。

Blockquote firstBlockquote second

このストレス社会で日々仕事に追われ、精神を病んでしまっている方は多いと思います。「こんなはずじゃない。自分はもっとやれるはずなのに・・・」と心にモヤモヤを抱えている。本書はそのような方の救済の書になるでしょう。

頭の回転を速くする45の方法

スキルアップ本や仕事術の本の中から、ビジネス思考の「型」を学び取り、自分の頭で考える習慣をつけることが重要と謳っています。著者は、税務会計のプロフェッショナル、ソフトウェア開発の辣腕プロジェクトマネジャー説いた幾つかの顔を持っている人物です。

それぞれのビジネスの現場で遭遇した、多くのビジネスパーソンたちとの出会いの中で気がついた頭の回転を速くする方法論です。

Blockquote firstBlockquote second

成果までのプロセスに手応えを覚え、じわじわと仕事が愉しくなる実践書です。また、はじめから全て実践しようと気負わずに、ひとつずつ自分に合った方法から試すことができるのも着実に身につけられて良いと思いました。

メタ思考トレーニング

メタ思考とは、物事を一つ上の視点から捉える考え方です。その重要性はよく言われていますが、実践するとなると容易いことではありません。

本書では、メタ思考を実践する二つの具体的思考法である「Why型思考」「アナロジー思考」を紹介しながら、各々のトレーニング問題も書かれています。頭の回転を速くする方法として思考回路が変わり、考える力が飛躍的に向上するおすすめな一冊です。

Blockquote firstBlockquote second

毎日の生活で時々立ち止まって考えるとき、こんなふうに考えられるんだ、という視点の多様さを教えてもらった気がします。これからの自分の変化を楽しみにしてくれる一冊でした。

読書で頭の回転を速くする方法

ではさらに具体的に頭の回転を速くする方法についてご紹介します。幾つもその方法論はあるようですが、ここでは読書をテーマにして抜粋し掲載しました。

頭の回転を速くする方法①速読

頭の回転を速くする方法の一つとして「速読」はおすすめです。人間は感覚器官を通して、外界の情報を処理します。視力の効果もその一つで、眼球運動によって眼筋をきたえ視野を広げることが、頭の回転を速くする働きとも影響があるとされています。

1日が27時間になる! 速読ドリル 短期集中編

また速読をマスターすることによって、情報処理能力も向上し、人一倍の情報量がインプットできます。まさに頭の回転を敏速にさせるトレーニングにはうってつけな方法です。

Blockquote firstBlockquote second

小学校時代を思い出させる懐かしいドリル形式。「速読」の正しいイメージの導入から、視野拡大、認識力向上、アウトプットトレーニングと速読に必要な能力アップにつながるトレーニングをカバーしている。

頭の回転を速くする方法②音読

実は日本人の教育には音読が昔から採用され実践され続けています。子供の頃に本を音読させる習慣や、授業の中でも必ずあったはずです。音読は無駄な作業ではないことが明らかになっています。

脳を鍛える大人の音読ドリル

ちなみに、シュリーマンは18カ国の言語を操ったとされています。その習得過程の中では徹底した音読を課して続けたそうです。その声がうるさいことが理由で下宿先を追い出される羽目にもあっています。また、空海も音読の修行をしていたとされています。現代人の中で、音読を推奨している人は東大生のほとんどだとされています。

Blockquote firstBlockquote second

単なる音読が脳に効くのかとおもいきや、意外に効果ありかも。ありかりかも。高齢者は小さな文字が苦手だけど、これはまたほどよく大きい活字。前頭葉を鍛えよう!

会話での頭の回転を速くする方法

頭の回転を速くする方法は、他にもいくつかあります。その一つが「会話」による向上法です。まず頭の回転が速い状態は、生まれつきではないということを理解しましょう。本来は長い時間を繰り返して、頭を鍛えてきたことによるからです。

中でも会話を誰かと交わすシーンでこそ、あらゆる側面から脳をフルに発揮させる意味があり、頭の中では無意識に回転しているということです。

会話とは論理的思考

会話とは相手の発言を理解して、それに対する自分の考えを整理して返事をする一連の作業を繰り返します。案外とわかっているつもりになっていても、中には会話が一方通行だったり、自意識過剰な人がいるのは、この一連の流れを踏んでいないという証拠です。自分の考えばかり押し通す威圧的な人は、会話能力どころか頭の回転が悪いタイプに目立ちます。

会話を通じて自然と自分の考えを論理的に捉えて、相手に納得してもらうのが目標です。そのためには、必ず相手の話を理解する「傾聴」の重要さを知らなければなりません。

常にレスポンスが求められる

メールやLINE、手紙での文章なら考えた後で返事ができます。しかし会話はその場で聞き、判断して返す「リアルタイムな対応」が求められます。会話は脳内へ適度な刺激を与えることができ、敏速な対応を養うトレーニングになります。

頭も筋肉と似ていて鍛えることで強くなっていきます。しかも年齢に関係なく続けることができて、ますますスピードは速くなっていきます。

アプリを使って頭の回転を速くする方法

頭の回転を速くする方法は、最近ではスマホやパソコン上でのアプリによっても鍛えることが可能です。しかもアプリなら、勉強や訓練という意識をしないまま、まるでゲーム感覚になったつもりで取り組め、自然と頭をフルに使っているという効果が期待できます。

本を読んだり、誰かと会話をする習慣を続けながらも、時折、気分転換にアプリを駆使して頭の回転を速くする方法も取り入れてみてはいかがでしょうか。

頭の回転を速くする方法におすすめの食べ物

頭の回転を速くする方法としては間接的ですが、食事の摂取の仕方で影響が出ることがあります。直接的に頭が良くなる食材といったものは存在しませんが、脳に良い働きを促す栄養素としてはいくつかあります。どのような食材や栄養素が、頭の回転を速くする方法に適しているのでしょうか。ここでは、頭の回転を速くする方法に合った食べ物についてご紹介します。

頭の回転を早くする栄養素①ブドウ糖

炭水化物という栄養素は、体内で分解され「ブドウ糖」になります。脳にとってのエネルギー源こそがこのブドウ糖です。ブドウ糖が不足していくと思考能力が低下し集中力がなくなってしまいます。ブドウ糖が多く含まれる主な食品としては米、パン、小麦製品、麺類、イモ類、砂糖、果物、ハチミツなどがあります。

頭の回転を早くする栄養素②DHA・EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(イコサペンタエン酸)という栄養素は、頭の回転を速くする方法を論じる時に必ずといってよいほど奨励される栄養素です。いわしなど脂の多い青魚に多く含まれる「不飽和脂肪酸」と呼ばれています。

しかもこれらは体内で作れない栄養素なので食事によって摂取するしかありません。DHAとEPAが多く含まれる主な食品はマグロ、うなぎ、さば、いわし、アジ・ぶり、さんまといった魚介類です。

頭の回転を早くする栄養素③レシチン

「レシチン」は脳の神経伝達物質とされています。記憶力や集中力の向上に効果を発揮させる栄養素でとても大切な役割を果たしてくれます。

大豆に多く含まれることで豆腐や納豆などの大豆製品を習慣的に摂取することが頭の回転を速くする方法に良いとされています。レシチンが多く含まれる主な食品としては大豆製品を筆頭に枝豆、卵黄、チーズ、芋類、ゴマ油、レバー、ナッツ類などにもあります。

頭の回転を速くする方法に遅いことはない

子供の頃は勉強をすることで、常に頭の回転を速くする方法を無意識に鍛えることができましたが、大人になってしまうと、日々のルーティーンでそこまで考えなくなってしまいがちです。特に高齢者が凝り固まった思考ばかりするのは、自分の考えに固執して変えようとしないことが原因です。

しかし脳の働きは実際の訓練の仕方で、どんどん強化されていきます。頭の回転を速くする方法を常に考えて意識していることで、脳内を活性化させようと働いている証拠でもあります。今からでも決して遅くはありません。常に自分らしい頭の回転を速くする方法を探し続け、そして実践し続けていきましょう。

関連記事

Related