Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】威圧感のある人の特徴・威圧感がある効果・出し方

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月08日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年04月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】威圧感のある人の特徴・威圧感がある効果・出し方

男女別威圧感のある人の特徴は?

威圧感のある人は男女ともにいますが、その特徴にはそれぞれ違いがあります。威圧感はなかなか出せるものではありませんし、その人が生来持っている資質や性格などに起因することも多いです。

威圧感はあればいいというわけではありませんが、それでも持っていることで他の人よりも違ってみることは多いです。威圧感も一種の才能の一つですし、個性でもありますので、威圧感のある人もいれば全くないという人もいます。

威圧感のある人はどのような特徴を持っているのか、男女それぞれの特徴を知っていきましょう。

オーラ

威圧感のある人の特徴としてはオーラがあることが挙げられます。これは男女両方に言えることですが、オーラのある人は威圧感を発していることが多いです。オーラにもさまざまな種類がありますし、その人の性格や顔立ち、体つきなどによっても違いますが、基本的には嫌悪されるものではありません。

威圧感があると聞けば怖い人、関わりたくないなどマイナスの印象を持ってしまう人が多いですが、オーラがあって威圧感のある人はそれらの特徴とはかけ離れていますし、人によっては威圧感がありながらも優しく感じられることもあります。

オーラがある人の威圧感は本物としての風格ですので、恐れを抱いている場合でも、尊敬の念が込められていることが多いと言えます。

歩き方

威圧感のある人は歩き方にも特徴があります。男性の場合は肩で風を切って歩いている人が多く、体を大きく見せることで威圧感を演出しています。歩き方から出る威圧感は演出されたものであることが多いですし、人によっては全く通用せず、威圧感を感じないということもあります。

一方で女性の場合は大股で速く歩くだけでも威圧感が出ます。女性は小さくゆっくりと歩くというイメージを持つ人が多いですし、その反対の歩き方をしていると相手に威圧感を与えやすいです。

またハイヒールなどを履いて、カツカツと靴音を響かせながら歩いている場合も、周囲に威圧感を与えやすいと言えます。

威圧感のある車は?

威圧感は人にだけあるものではなく、車にもあります。威圧感のある車に乗っていれば、運転している人にも威圧感が出ますし、威圧感を出すために車に乗っているという人も多いです。車にもさまざま種類がありますし、形や大きさ、色などにも大きな違いがあります。

どのような車が威圧感があると言えるのでしょうか。

大型車

威圧感のある車としては、大型車が挙げられます。人間で考えても大きいことで威圧感を与えることは多いですし、これは車であっても同じことが言えます。大きい車はそこにあるだけで目立ちますし、存在感を強く放っています。駐車してあるだけでも威圧感を感じるという人は多いですし、それが走っているとなればさらに威圧感は増します。

トラックやバスなども大きいですが、これらは目的があって大きいためそれほど威圧感を与えることはありません。威圧感を与えるのは通常の乗用車でありながら大型であることが条件であり、個人として使用する車で大型車に乗っている人は威圧感があると言えます。

高級車

威圧感がある車としては、高級車も挙げられます。高級車は大型の車もありますが、もちろん大きさに関わらず高級というだけで威圧感を放っていることが多いです。高級車にはブランドがついていますし、そのブランドイメージが威圧感を放っているとも言えます。

世界的に認知度が高い=権威があると考える人は多いですし、ブランドというだけでも威圧感があります。さらに高級車は細部まで作り込まれていることが多いですし、重厚な仕上がりになっていることが多いです。

たとえ車の大きさとしてはそれほど大きくない場合でも、作りの精微さや重厚な作りに威圧感を感じる人は多く、特に黒塗りの車などに強い威圧感を感じる人は多いです。

威圧感がある効果は?

威圧感は人間関係を構築する上では邪魔になってしまうことも多く、相手と良好な関係を築くためには威圧感を消さなければなりません。威圧感があることで相手を責めているように見えることも多いですし、敵対心をむき出しにしていると感じられてしまうこともあります。

友好的な関係に敵対心は不要ですし、それが感じられることで表面上はどれだけ穏やかにしている場合でも、心の中では自分のことを騙そうと算段しているのではないかと思われてしまいます。

本人にその気がなくても威圧感があることでそのように感じられることは多いです。威圧感はコミュニケーションを取る上で邪魔になることも多いですが、プラスに働くこともあります。威圧感の効果としては、どのようなものが考えられるでしょうか。

相手を怯ませる

威圧感の効果としては、相手を怯ませることが挙げられます。相手に威圧感を与えることで怯ませることができ、相手を置き去りにしたり自分が優位に立てることが多いです。人間関係においては必ずしも相手と同じ立場にいるとは限りませんし、どちらかが上、下と上下関係ができることも多いです。

威圧感によって相手を怯ませることができれば、自分が優位に立ちやすいですし、上の存在として相手をコントロールしやすくなります。相手が怯むことで自分が優位な状態に立ちやすく、人間関係を構築する上でも得をすることが多いです。

主導権を握れる

威圧感の効果としては主導権が握れることが挙げられます。威圧感があれば相手を怯ませることができますし、それによって主導権も簡単に握れるようになります。主導権を握ることで人間関係を作る上でも有利になりますし、これも得をすることにつながります。

また自分優位で物事を進めることができるため、自分の都合で物事を動かしやすくなります。威圧感を出すことによって主導権を握り、上手にコントロールすることができれば、人間関係が上手くまとまるということもあります。

威圧感によって人間関係が上手くいかなくなる可能性もありますが、上手に使えば人間関係構築でも役立つことは多いです。

威圧感の出し方は?

威圧感はその人が生来持っている資質や性格によるものが大きく、後天的に身に付けるのは難しいことが多いです。威圧感のある人は才能がある人であったり、育ってきた環境が特殊であることも多く、ある意味では選ばれた人だけが持っているものとも言えます。

しかし威圧感は演出することもできますし、工夫次第で出すことはできます。もちろん本物の威圧感に比べれば劣ることもありますし、すぐに作り物だと見抜かれてしまう可能性もあります。

しかし上手にコントロールできれば、本物さながらの威圧感を出すことも可能です。威圧感を出すにはどのようなことを心がければいいのかを知っていきましょう。

自信をつける

威圧感を出すためには、まずは自信をつけることが大切です。威圧感のある人の多くは自分に自信がある人であり、自信がなければ威圧感を出すことはできません。自信がないことで暗く見えてしまうことは多く、消極的な印象も与えやすいです。

威圧感というよりは弱々しい印象を与えてしまいますし、逆に相手に威圧されてしまうことも多いです。自分に自信があれば胸を張ることができますし、少なくとも他人に威圧されることはありません。

他人から威圧されなくなることでさらに自信を持つことができますし、その自信が力となって威圧感が滲みだしていきます。

態度を大きくする

威圧感を出す簡単な方法としては、態度を大きくすることが挙げられます。多くの人は大きい物から威圧感を感じますし、態度を大きくすることで威圧感を出すことができます。態度が大きいと脅迫的に見えることも多く、それが相手にとっては恐怖の対象として見られることもあります。

態度を大きくすることで周囲の人から嫌われてしまうことも多いので注意が必要ですが、威圧感を出すための方法としては手軽なものだと言えるでしょう。

威圧感を与える方法は?

威圧感を出すことができても、それに対して相手が威圧されていると感じるとは限りません。威圧感を出せば、次にそれをどのようにして与えていくのかを考える必要があります。威圧感は方法次第でどのようにでも与えることができますし、コントロールすることができます。

威圧感の出し方に加えて、それをどのように与えていくのか、その方法を知っていきましょう。

論理的に責める

威圧感を与える方法としては、相手を責め立てることが挙げられます。威圧感があってもそれに相手が圧倒されないのは自分に危害が加えられるとは考えないからです。実際に攻撃されるとわかれば威圧感に圧倒されてしまいますし、相手に対して敵意があることを示すのが大切です。

もちろん敵意を示すからといって、実際に手を出す必要はありませんし、言葉で罵倒する必要もありません。ただ多くの言葉を並べて論理的に相手を責め立てていくことが重要になります。責め立てられることで相手も攻撃されていると認識しますし、威圧感を一層強く感じます。

威圧感と圧迫感の違いは?

威圧感に似た言葉として圧迫感がありますが、これは意味合いなどが少しずつ違っています。威圧感は相手を圧倒するような感覚、圧倒されているような感覚であり、圧迫感はじりじりと押し込まれているような感覚になります。

威圧感の場合は相手に圧倒されていますので、恐怖だけではなく相手に対しての尊敬の念などが込められていることが多いです。人は本物に対して威圧感を感じますし、気圧される状態を指して使います。

対して圧迫感は相手に押し込まれているような感覚であり、苦しい状態を示しています。相手に少しずつ責められ、苦しくなっていますので相手に対しては不快な感情を抱いていることが多いです。

威圧感は演出できる

威圧感のある人の特徴や威圧感がある効果、出し方などを紹介しましたが、威圧感は演出することができます。生来に威圧感を持っている人もいますが、これは後天的にも身に付けることができます。周りの人に嫌われない程度に、威圧感を演出してみてはいかがでしょうか。