Search

検索したいワードを入力してください

人生うまくいかないと感じやすい時期と原因・対処法|本/映画

Author nopic iconMAYUHI
自己啓発 / 2018年04月06日
人生うまくいかないと感じやすい時期と原因・対処法|本/映画

人生うまくいかないと感じやすい時期って?

人生うまくいかないと感じやすい時期は、「この時期だ」という決まった時期があるわけではありません。人生が上手くいかないと感じる時期では、自分がやろうとしたことや、実行したことがなかなか思うように進まないことで、不安になります。

この不安な気持ちが強くなる時期は「人生うまくいかない」と強く感じてしまいます。不安に感じず、自信をもって物事をやっている時には、失敗してうまくいかなかった時にでも人生がうまくいかないなどと落ち込むことはしません。

失敗しても、うまくいかなくてもまた挑戦する意欲がどんどん増していきます。不安要素が多ければ多いほど、人生に関してうまくいかないと嘆いてしまいます。

人生うまくいかないと感じるとき・瞬間

人生うまくいかないと感じるときの瞬間って、どんな時でしょう。この気持ちは誰にでも起こるものですが、感じる瞬間には違いがあります。例えば「人間関係」が上手くいかない時には、何をやってもうまくいきません。

どんなに頑張っても、その努力が報われない瞬間、人生ってうまくいかないなと感じます。そこで人間関係がうまくいっていれば、誰かが助けてくれる場合もありますし、アドバイスを受けることもできます。

また、自信が何らかの理由で持続しなくなってしまった瞬間も、同じようにうまくいかないと感じます。最後までやり遂げることができなくなった瞬間、自信のなさや不安につぶされそうになります。

人生うまくいかない原因や理由について

「人生がうまくいかない」と口にする人の多くは、その理由を自分以外のせいにしていることが多いです。例えば、自分がいる環境が悪いと言ったり、仕事なら上司や会社が悪いと、他人や環境のせいにしています。うまくいかない物事の中で、環境や職場などが良くない場合もありますが、その場合は自分がその場所から離れることで変わることもあります。

また、自分がもつ人間関係を見直すことで、悪い状態から抜け出すこともできます。人のせいにせず、環境のせいにしないことが、人生をうまくいかせるための秘訣になるのではと考えます。

なぜ人生うまくいかないと感じるのか

なぜ人生うまくいかないと感じるのか、中にはそう感じない人もいます。そこにはそれぞれの人が持つ性格や性質も関係しています。物事を何でもネガティブにとらえてしまう人は、ちょっとしたことでも、不安に感じます。

そして悪い方へと考えを進めてしまいます。不安や物事が強ければ強いほど、人生がうまくいかないと感じてしまいます。結果、それが大した事でなかったとしても、ネガティブ思考の人はうまく感じない気持ちが強くなります。

自分に自信がない人も、このような感情を抱いてしまう場合がありますので、まずは自信をもち、失敗しても何度でもチャレンジできる精神的な強さを持ちましょう。

人生うまくいかないと感じやすい人の特徴

人生うまくいかないと感じやすい人の特徴にはどのようなものがあるのでしょう。長い人生、順調に事が運ぶわけではありません。時には大きな挫折を味わう場合もありますが、人生を悲観したり、うまくいかないことで落ち込むことが多い人の特徴をみていきましょう。

原因をとにかく突き止めてしまう

うまくいかない原因は何か、そこをとにかく突き止めなければ気が済まない人は、何かあると原因をしりたくなり、うまくいかないことに関しての事だけを考えてしまいます。本来なら大したことではない原因でも、深く考えすぎてしまうので良くありません。

多少の原因は把握できてるのであれば、そこからは気持ちをすぐに切り替えて次のステップに進む方が良いです。前向きな考えをできるだけするように心がけるだけでも、人生は変わります。

対応を先に考えてしまう人

何事においても、自分が行うことに関してうまくいかなかった場合に関しての対応を先に考えてしまう人は、案外人生もうまくいっていません。もちろん、先のことを予想していくことは大切な事ですが、何をするにもネガティブに考えてから事を起こす人と、良い事を想定して事を起こす人とでは、後者の人の方が幸せをつかむ率が高いです。

対応を先に考えることでも、悪い事ばかりを考えておくのではなく、例えば「商売が繁盛したらもっとこうしたい」「収入が増えたら店を拡大させたい」と言う前向きな対応を考えるべきです。失敗したときの事ばかりを気にしていると、実際そのように人生も進んでいってしまいます。成功者は、案外楽天的に物事を大まかに考えている人もいます。

さまざまな方法を考える人

何かをするときに、方法や手段を考えることは当たり前ですがうまくいかないと感じてしまう人は、必要以上にこれをしてしまう人です。方法や手段を考えすぎてしまうと、そのことだけを使って何かをしようとします。

マニュアル通りのやり方しかできなくなってしまいます。時と場合によって、そしてその時々の状況に臨機応変に立ち向かえる人が、人生をうまくさせることができますし、万が一失敗しても立ち直りが早いです。

型にはまったやり方しかしない人は、挫折感もひときわ大きく立ち直るまでにかなりの時間を要する場合や、最悪立ち直ることすらできなくなります。手段や方法は数とおりだけ考えておくようにして、物事の流れの中で臨機応変に考え方や方法を変えていきましょう。

人生うまくいかないときの対処法は?

人生がうまくいかなくなった、いかないと感じてしまう時の対処法、人に合った対処の仕方がありますが、良い方法は何があるでしょう。長い人生ですから、うまくいかない時期もありますし、幸せすぎて怖いといった時期もあります。しかし順風満帆で人生を終わる人は、そうそういません。何をしてもうまくいかない時の対処方法について話しておきます。

執着心を無くしてみよう

うまくいかない時、落ち込んでばかりはいられません。自分の中で執着しているものを手放すことで、かなり気持ちも楽になりますし、手放すことで前向きになれます。物事がうまくいっていない時に、執着したままではその状況がまったく変化しませんし、改善されることもありません。

また、執着することで自分が窮屈に感じます。何が自分に必要なものか、必要ではないのかをその時点でしっかり見極めて、不必要なものを捨てましょう。執着心を無くしてしまえば、気持ちも軽くなります。

身を軽くすることで、新しいものを発見することでありますし、執着していたものがいけないものだったことに気づく場合もあります。うまくいかない時には、一度何かを手放すことも必要なことだと考えます。

人生うまくいかないときにおすすめしたい名言

人生がなかなか思うようにうまくいかない時には、名言も結構心に響きますし前向きになれます。知り合いの言葉や、尊敬している人の言葉、親からの言葉なども心に響きます。ここで紹介する名言も、とても前向きになれますし勇気づけられる言葉です。

Blockquote firstBlockquote second

どんな仕事でも同じだと思いますが、「一生この仕事をやる」と決めた瞬間に、スランプは怖くなくなる。なぜなら、一生書くと決めたら、不調は通り過ぎていく車窓の風景のようなものだから。

夢枕獏

調子は天気みたいなもので、晴れ続けることはないので、調子がよくない日は「そういう日もある」と割り切るようにしています。

羽生善治

不調が起こること自体が、ビジネスマンとして失格。

上野啓樹

自信を失って悩んでいる時の特効薬は、自分がベストの結果を出していた状態を強くイメージすること。

長谷川滋利

僕にスランプはない。あれは一流の選手がなるもの。得点できないのは、ただ未熟なだけ。スランプと言えば逃げることになる。だから、まず自分の力がないと認める。

中山雅史

人生うまくいかないときに読みたい本について

人生うまくいかないときに本を読んでみるのも気分転換できます。癒される本として紹介したいのが、「モリー先生との火曜日」です。エッセイで実際の話が書かれています。この本を読むことで、人生がうまくいかない時やうまくいかなくなった時に何が足りないのかわかります。

人生をいつも楽しいものにしたいと皆思うことですが、実際は挫折も苦労もあります。どれだけ人生を楽しめて、自分が幸せを感じられるかは、必要なものを常に確認しながら余分なものは排除していくことが重要なカギです。

また、人生をうまくいかせるためには、自分を健康に保つことも大切だと、この本を読むことで知らされます。心身とも健康であることで、人生が楽しいと感じることができることを、この本は教えてくれています。

人生うまくいかないときに見たい映画

何をしてもうまくいかない時、時期に是非見て欲しい映画があります。映画をみることで、癒されますし、考え方もガラッと変わることもあります。日本映画でも洋画でも良いですので、人生がうまくいかない時には、周囲からのアドバイスなどに加えて映画を観てみることでも気持ちに変化が生まれます。

映画 「今を生きる」

「今を生きる」この映画は、学院を舞台として描かれています。とても型破りな思考をもつ教師が、生徒たちに型破りな授業を展開していきます。映画の中でも発せられる言葉、「今を生きる」と言う言葉を使い、自分の人生は、自分自身で考えながら生きていくことが大切だと教えます。

自分で人生を考えながら生きていくためには、同じ場所や目線からいつも物事を考えているだけではなく、時には違う場所そして目線で考えてみることの重要性を説いています。また、自分の中の考えで終わらせるのではなく、周りに自分の夢を語りそれらについて語り合うことの重要性も説いています。

うまくいかない時には、少し違った視点から物事を考えることで、道が開けていくことがわかります。

映画 「フォレストガンプ」

「フォレストガンプ」は有名な映画です。この映画は主人公はどのような場面でも素直に自分の気持ちをまっすぐ相手に伝えることをしています。正直な発言が時には周囲を動かすことがあることがわかります。意志や考えを周りに認めてもらうことが大切ではなく、いかに自分が生きていく中で正直であるかどうかを重要視しています。

また、主人公はどんな人に対しても同じように接しています。誠実な気持ちで自分と言う人間そのものの姿で接していく事で、周囲がその魅力の虜になります。主人公は、いつも何か新しい事に挑戦していきます。

さまざまな事に挑戦することで、自分の新たな才能を見いだせることもあります。一つの事に行き詰った時、次なる挑戦をしてみることで、人生も楽しくまたうまくいくようになる可能性を秘めています。

人生うまくいかないときもあるさ!

長い人生、楽しい事や幸せなことばかりではありません。挫折や悲しみ、辛さなどを繰り返して人生は進んでいきます。うまくいかない時期には、一度これまでの自分の歩みを振り返り、執着しているものを手放してみることも人によっては大切なことです。

また、これまでとは全く違った視点から物事をみることで、立ち直るきっかけが見えてくることもあります。人生がうまくいかない時というのは誰にでもあることです。「そんなこともあるさ」と前向きに気持ちをもっていくことで、道は開けていきます。

いつまでもその場で考え込んでしまっては、なかなか先に進むこともできませんし、新たなチャンスを掴むこともできません。時には、両手放しですべてを払いのけ、心機一転新しい自分を見つけることも人生において邪魔にはなりません。

関連記事

Related