Search

検索したいワードを入力してください

【立場別】慕われる人の特徴・愛されるとの違い|上司/先輩

Author nopic iconkahoma
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年04月12日

更新日:2019年02月19日

記載されている内容は2018年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【立場別】慕われる人の特徴・愛されるとの違い|上司/先輩

立場別慕われる人の特徴

「慕われる人物」になりたいというのはだれもが願います。しかし「慕われる人物」とは具体的にどのような人物を指すのでしょうか。職業や立場別の慕われる人物の特徴について説明していきます。

慕われる上司とは

会社の上司で、部下みんなからだけでなく、社長や取締役からも慕われる人物というのはどの会社にもいます。そのような慕われる上司はどのような特徴を兼ね備えているのでしょうか。

例えば会社はさまざまな立場や部署の人の意見で仕事を進める必要があります。また、能力がまだ備わっていない新入社員や、これまでの仕事の仕方に固執するベテラン社員などさまざまな立場の人物を統括しなければなりません。

しかし、誰からも慕われる上司というのは、どのような立場の相手に対しても真摯に向き合い、時に説得し時に適した教育をします。決してその場しのぎの対応や嘘をついたりごまかしたりすることはありません。

そのため、部下からの信頼も厚く、また結果を残すことができるため慕われることになります。そしてそんな慕われる上司のもとで育った部下もまた慕われる人材へと成長することができます。

慕われる先輩とは

次に、慕われる先輩とはどのような先輩のことをいうのでしょうか。学校の部活や会社などでも慕われる先輩はいますが、その多くがどの後輩のことも公平に分け隔てなく見ていて接しているという共通点があります。

ちょっと元気がない後輩がいると誰よりも先に気づき声をかけていたり、少し仕事に手間取っているなと気づいたらさりげなく手を差し伸べるなど、後輩たちに対する観察眼が優れているのが慕われる先輩の特徴です。

また、自分よりも後輩や同期の成長や成績をあげることを優先し、手助けをいとわない姿勢がいつも感じられ、みんなから慕われる先輩と呼ばれるようになります。

慕われる店長とは

アルバイト先などで、社員やアルバイトたちから慕われる店長というのはどのような人を指すのでしょうか。飲食店などでは多くの場合人手不足であることがほとんどです。シフトが足りない場合は率先して自分が休日を返上していたり、あるいはアルバイトなどにもシフトに入ってもらえるようにお願いするのが上手な店長は慕われる傾向にあります。

さらに、初めて入ったアルバイトに対しても緊張をほぐしながら仕事の手順を教えてくれたり、休憩時間も若い社員たちと一緒に話すなど距離が近いのも慕われる店長の特徴です。

そして、常に社員やアルバイトに対して感謝の気持ちを忘れず、感謝の言葉を口にしてくれること、ひとりひとりを「替えのきく駒」としてではなく「ひとりの人間」として見てくれて、プライベート話もしやすいなどが慕われる店長の特徴です。

慕われる先生とは

生徒たち全員から慕われる先生にはどのような特徴があるのでしょうか。年齢は関係なく、生徒たちに感覚が近く、生徒たちの気持ちがわかってあげられる先生は慕われる傾向にあります。気持ちがわかってあげられるうえで、するべき指導をすることもできます。

ただやみくもに「これはしてはいけない」「これをしなさい」と言われると生徒たちは反発したくなりますが、慕われる先生というのは「きみたちはこう思うよね、だけどこういう理由でこうした方がいいんだよ」という指導ができる先生をいいます。

また、放課後や休み時間などに距離が近く、一緒に運動や部活を楽しんだり、話しかけやすいのも慕われる先生の特徴です。

慕われるリーダーとは

最後に慕われるリーダーとはどのようなリーダーをさすのでしょうか。一般的にリーダーはチームのメンバーを導いてゆく役割を果たします。そのため、チームメンバーそれぞれの適性を把握したうえで、それぞれに適した業務を分担できるのがポイントです。

そのうえで、自分の業務をこなしつつも、メンバー全員の業務の進捗具合に気を配り、コミュニケーションをとりながら、円滑にチームを業務完了に導くことができるリーダーはチームメンバーから慕われます。

業務が成功した際には、「自分の手柄ではなくチーム全体の力であり、チームメンバーのおかげです」と謙虚に認めることができるのも慕われるリーダーの特徴です。

慕われると愛されるの違い

さて、慕われると愛されるは似ている言葉ですが意味は同じなのでしょうか。慕われると愛されるの違いについて説明します。

愛されるは大勢または特定の人から好かれること

「愛される」は大勢の人、あるいは特定の人から好かれている状態を指すニュアンスで使用します。この「愛される」には目下の人物に対する少し見下したような「可愛らしい」といったニュアンスも含まれますし、目上の人物に対する「尊敬して好きだ」といったニュアンスも含み、広い意味での「好きだ」という気持ちを表します。

慕われるとは尊敬の気持ちを含む

一方で「慕われる」とは「愛される」に比べ、尊敬の気持ちが大きく含まれているところが異なります。あまり目下の人や部下、後輩には使うことがなく、上司や先輩など目上の人に使用することが多くあります。

また「可愛い」「守ってあげたい」といったニュアンスの「好き」ではなく、「見習いたい」「憧れ」の意味を強く持つ言葉が「慕われる」という言葉です。

愛されるだけでなく慕われる人物を目指す

「愛される」も「慕われる」も同じような「好き」を表す言葉ではありますが、私たちが目指すのであれば愛されるだけでなく慕われる人物を目指すのがよいでしょう。

慕われるというのは憧れや目指したい、尊敬の気持ちが大きく含まれています。誰からも慕われる人物というのは陰ながらの努力や人を思いやる気持ちがあります。慕われる人物をめざして努力を続ける大人になりたい人も多いのではないでしょうか。

まずは挨拶から

ある日突然慕われる人物になることはありません。しかし毎日の小さな積み重ねで慕われる人物を目指すことは可能です。

まずは朝、会社や学校で大きな声であいさつをしてみましょう。そして一緒に働いていたり教室にいる人全員の顔をみてみましょう。毎日たったそれだけでもだんだん周囲の人の状況が顔を見るだけでわかってきます。「今日は元気なさそうだな」「挨拶しても反応がないけど元気がないのかな」などと昨日との違いに気づくことができます。

そして何より毎日大きな声であいさつをすることで、場の空気を明るいものにすることができ、さらにコミュニケーションをとるための一歩を踏み出すことができます。

慕われると嬉しいのか

それでは、慕われるというのは本当に嬉しいものなのでしょうか。デメリットや苦労するようなことはないのでしょうか。

また、「慕われる人物」と「人気者」の違いはどこにあるのでしょうか。ちがいを説明します。

人気者は嫉妬されてしまうもの

昔から誰からも愛される人気者は嫉妬されてしまうものでした。人気があると必ずそれをよく思わない人物がいて、いじわるをされたり邪魔をされたりしてしまいます。慕われる人物を目指すとそのような嫉妬を受けてしまう可能性があるのではと心配になることもあるでしょう。

また、出る杭は打たれるという言葉があるように、慕われることで目立ち、なにか悪影響を被ってしまうのではないかと思うこともあるでしょう。しかし、「慕われる人」とただの「人気者」は異なります。

「人気者」は一時的な得意なことで注目を浴びる人のことを言いますが、慕われる人はその特殊性ではなく、日々の小さな気遣いや配慮の積み重ねで培われた信頼のことを言います。

嫉妬すらされないのが慕われる人の特徴

さらに、本当に慕われる人物というのは嫉妬すらされませんす。通常であればその「誰からも慕われている」という状態や人気に嫉妬し、やっかんでしまうような人さえも憧れて目指したくなってしまうような存在が慕われる人物です。

そのため、決して嫉妬による足の引っ張り合いなどが起きないのも、慕われる人物が所属するコミュニティの特徴でもあります。

あるいは、当初は多少嫉妬をされていじわるをされることがあったとしても、慕われる人は簡単には屈したり、嫌がらせに対してやり返すようなことはありません。気にしないでスルーするか、あるいは笑顔でやりすごすなど、その対応さえもスマートでますます慕われることになります。

慕われる人物というのはコミュニケーション能力にたけており、人との距離感のつかみ方がうまい人でもあります。また、決して挑発にのるなど感情的にならないという特徴もあります。

慕われると責任感も増す

一方で、慕われる人物には責任感も増します。常に後輩や部下などに気を配り、見守ってあげることは、当然気まぐれではいけません。今日は様子をみていたけれど明日は気づかなかった、というわけにはいかないからです。

どんなに忙しい日でも、常に部下や後輩を的確に見守り続けるのは至難の業です。そしてそれを自分のコンディションが悪い日であっても毎日続けるということは想像するだけでも大変なことです。

毎日自分の仕事もこなしつつも周囲にも気を配るのは決して気の抜けない大変な日々でしょう。しかし大変な中でも慕われる人物になることで、仕事の進め方が円滑になるというメリットもあります。

仕事やコミュニケーションを取りやすい

慕われる人のもとには、話しかけやすいためたくさんの人が集まります。そしてそれは報告や、手助けをしてくれる人が多く周囲にいるということでもあります。

慕われていない上司にはあまりみんな近づきたがりません。そして悪い報告などもできるだけ後回しにしようとしてしまいます。しかし、慕われる上司であれば「きっとあの人ならなんとかしてくれる」と信頼されているため、いい報告も悪い報告もすぐにあなたのもとに集まります。そして素早く対応をすることで最悪の事態を防ぐこともできます。

慕われるということは、それだけ仕事が円滑に進めやすく、また大変な時でも「あなたのためなら」と信頼して手を貸してくれる人がいるということでもあります。

慕われる人は自分も幸せになることができる

慕われる人になることは簡単ではありません。しかし、毎日大変で気の抜けない日々であったとしても、自分の仕事以外にも後輩や部下の面倒を見なくてはならないことが負担であったとしても、慕われる人の周りにはたくさんの人が集まり、手助けをしてくれます。

そして、あなたをねたむ人から足を引っ張られたり、邪魔をされることもなく、仕事や部活動などがうまく行く可能性がとても高くなります。

気配りや目配り、裏での苦労などがあったとしても慕われる人になれば、あなた自身にも幸せな毎日が訪れます。