Search

検索したいワードを入力してください

指をさす人の心理・海外での反応・治し方・なぜ|失礼/食事中

Author nopic icon3socc91er
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2018年04月12日

更新日:2020年05月21日

記載されている内容は2018年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

指をさす人の心理・海外での反応・治し方・なぜ|失礼/食事中

指をさす人の心理は?

あなたの周りにも指をさすしぐさをしている人はいませんか。指をさされても何も感じない人もいますが、人によっては指をさされると嫌な気持ちになる人もいます。そのため、指をさす人はどのような心理がはたらいているのかについて紹介します。

指をさす人の心理には、相手を挑発して、自分が相手よりも優位に立とうとしています。また、自己中心的な考え方で話してしまったり、相手を受け入れていないという心理もはたらいています。このような心理がはたらいている人は、自分に自信があまりない人がよくするしぐさです。

以上のように、指をさす人は、自分に自信を持てないでいて、相手よりも優位な立場につこうとしています。そのため、指をさされたら「なんで指さしているの?」などと言うことで改善されるようになるので試してみてください。

指をさすのは失礼なのか?

指をさすことは失礼なのかについて気になる人はいませんか。あなたの周りにも指をさして話す人がいたら、注意しといたほうがいい可能性があります。そのため、指をさすのは失礼なことなのかについて紹介していきます。

人に指をさすことは失礼や無礼な行為になります。そして、指をさすという行為について「国や文化の違いがあるからしょうがない」と言われてしまうとどうしようもありません。

しかし、指をさすという行為は、他の人から見ても印象が悪い行為になります。そのため、周りの人が指をさすという行為をしていたのならば、注意をするようにしましょう。

いけないこと

人に指をさすというしぐさは、世界各国共通で、いけないことであると言われています。指をさすということは、悪意を持ったしぐさの中で一番と言われています。そのため、どのような人にも指をさして話してはいけません。

指をさされてしまった相手は、挑発・侮辱されたという認識をしてしまい、嫌な気分になってしまいます。友達ならば、大目に見てくれる場合もありますが、上司や先輩に指をさして話してしまうと人間関係にひびが入ってしまうので気を付けなければなりません。

トラブルになってしまう可能性がある

指をさすというしぐさをしてしまうと、トラブルになってしまう可能性があります。指をさすというしぐさは、挑発や威嚇、侮辱などの意味が含まれています。人によっては、指をさしても平気な人も多くいますが、そうではない人も多くいます。

指をさすというしぐさが嫌いな人にとっては、指をさされてしまうと嫌いになってしまい、人間関係に亀裂が入ってしまいます。そのため、指をさすというしぐさは控えて話すようにしましょう。指をさすしぐさをしないことでトラブルを回避できます。

非常識

指をさしながら話すという行為は非常識です。指をさすというしぐさが癖になってしまうと、どんな人にも指をさしてしまうようになってしまいます。例えば、上司に指をさして話してしまうと、確実に嫌われてしまいます。上司に嫌われると仕事が回ってこなくなり、仕事のレベルアップができなくなるでしょう。

飲みの席などで目上の人と飲む機会があっても、指をさすというしぐさをしてはいけません。日本では指をさすことは非常識に当たるので、指をさして話す癖がある人は、普段から意識して話すようにしましょう。

指をさす人の海外での反応は?

日本指をさす人の海外の反応について気になる人はいませんか。日本では、指をさすというしぐさは注意をしなければなりませんが、海外では指をさすしぐさにどのような印象に捉えられているか気になる人もいます。そのため、指をさす人の海外での反応について紹介します。

指をさすというしぐさは、日本だけの問題ではなく、世界でも問題になっているしぐさです。日本では、指をさすという行為を相手にしてしまうと、挑発・威嚇されたと勘違いしてしまい、人間関係が悪くなってしまう傾向があります。このようなことは海外でも同じで、行儀が悪いこととされているので気を付けなければなりません。

指をさす人の海外での反応は、日本と同じように良くありません。そのため、周りの人が指をさして話していたら注意をするようにしましょう。

アメリカ

指をさすというしぐさは、アメリカでも非常識になります。しかし、アメリカでは、日本とは違い、指をさすしぐさをしたいときには、手全体を使いながら話すことが一般的な常識です。このようなことは、自分のことを指さして話すときも同じように、手全体を使って話します。

日本では、手全体を使って話すという文化がないので、指をさすというしぐさが無くならないです。指をさすことはいけないことなので、アメリカのジェスチャーを見習って話すことをおすすめします。

欧米

日本と同じように欧米でも指をさすことはしてはいけません。欧米でも指をさすことは、失礼になるジェスチャーになります。そのため、指をさす癖がある人は、日ごろから指をささないように注意しながら生活しましょう。

シーン別指をさす人の心理は?

シーン別指をさす人の心理について気になる人はいませんか。指をさすという行為はいろいろな場面で見られますが、どのような場面でも指をさしてはいけません。ここでは、シーン別指をさす人の心理について紹介します。

指をさす人の心理には、相手よりも優位な立場につきたいという心理や自己中心的な考えを持っているという心理がはたらいています。指をさすという行為をしてしまうと、相手からの印象が非常に悪くなってしまいます。それが、好きな人とのデートのときは幻滅されてしまい、付き合えなくなてしまう可能性があります。

指をさす人は、どのような人からも良いジェスチャーとは考えられていません。そのため、指をさすという行為は控えて生活するようにしましょう。

食事中

食事中に指をさしながら話してくる人はいませんか。食事中に指をさしてくる人の心理には、自己中心的な話をしたいという心理がはたらいています。自分の自慢話や得意分野の話をしたいという考えがあるので、周りの人から嫌われてしまう傾向があります。

仲の良い友達との食事の場合は、指をさしても平気な人もいます。しかし、好きな人とのデートや目上の人との食事会などの大事なときの食事会に指をさす行為をしてしまうと、幻滅されてしまう危険性や不快に感じられてしまう危険性があります。

このことより。食事中で指をさす人の心理には、自慢話しをしたい人が多く、自分を良く見せたいという気持ちがあります。自分では自覚がないまま指をさしている人が多いので、注意をしてあげるようにしましょう。

飲み会

飲み会で指をさしながら話す人を見かけたことはないですか。飲み会になると、お酒が入ってしまうので素の自分が出やすくなります。そのため、指をさすという行為を普段している人は、飲み会の場で指をさしながら話してしまいます。

飲み会で指をさしながら話す人の心理には、自慢話しをしたいという気持ちがはたらいています。相手からすると、自慢話しに退屈してしまい、二度と飲み会に誘われない場合もあるので気を付けなければなりません。

話すとき

指をさしながら話してしまう人の心理には、自分を相手よりも優位な位置に置いておきたいという心理がはたらいています。しかし、指をさされた側からすると、不快な気分になってしまいます。そのため、話すときには指をささないことをおすすめします。

指をさす癖の治し方は?

指をさす癖を治したいと考えている人はいませんか。指をさす癖が身についてしまうと、相手からの評判も悪くなってしまい、人間関係にも亀裂が入ってしまう場合も少なくありません。そのため、指をさす癖の治し方について紹介します。

指をさす癖を治したいのならば、普段から意識することが重要になります。指をさす癖がある人は無意識でしている人が非常に多いです。そのため、普段から意識しながら生活することで、いつも指をさして話す場面を知ることができるようになります。知ることができたら、そこを治すだけなので簡単にできます。

しかし、癖を治すためには、長い期間かかってしまう人もいます。癖はずっとしみついてきたことなので治しにくいですが、指をさすことは相手に嫌な気持ちを与えてしまうので、必ず治すようにしましょう。

相手に注意してもらう

指をさす癖を治したいのならば、相手に注意してもらうことも重要です。相手に注意されることで「相手からしたら嫌なことなのかな」という気持ちになって、改善されやすくなります。

なぜ指をさすのか?

なぜ指をさすのかということについて気になる人はいませんか。指をさしてしまうと相手から不快に感じられてしまうので治さなければいけない重要なポイントです。そのため、なぜ指をさすのかについて紹介します。

指をさす人は、相手よりも優位な立場でいたいという気持ちがあります。しかし、指をさすしぐさは非常に失礼な行為です。相手が上司や目上の人の場合、指をさすしぐさをしてしまうと評価が一気に落ちてしまう可能性が高くなります。

このように、なぜ指をさすのかというと、自分をよりよく見せたいという気持ちがあるからです。自分を良く見せたいという気持ちがあることはいいことですが、指をさすというジェスチャーはしてはいけないことなので気を付けるようにしましょう。

指をささないようにしよう

指をさすしぐさをしてしまうと、周りからの評判が非常に悪くなります。指をさすという行為には、挑発や侮辱、威嚇などの相手が嫌な気持ちになる意味が含まれています。そのため、自手に指をさしながら話してしまうと、不快な気分になってしまい、人間関係にひびが入ってしまう可能性も少なくありません。

上司との飲み会や好きな人とのデートのときなどに指をさしながら話してしまうと、評価が一気に悪くなってしまったり、幻滅されてしまう可能性もあります。このような非常に大事な場面では、指をさしながら話すことは絶対にしてはいけない行為になります。

指をさす癖がある人は、普段から意識して行動しなければなりません。意識をすることで、癖を治すことができるのでぜひ試してみてください。