Search

検索したいワードを入力してください

間が悪い人の特徴・間が悪いことの改善方法・付き合い方

Author nopic iconそらあおぐ
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月10日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年04月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

間が悪い人の特徴・間が悪いことの改善方法・付き合い方

間が悪い人との接し方

「なぜ、このタイミング?」と間が悪いタイミングでいろいろと行動してしまう人がいます。間が悪いときに他人と接してしまうと、相手に迷惑がかかったり、イライラさせてしまったりなどしてしまいます。

では、どうして間が悪い人はわざわざ間が悪いときに行動を起こしてしまうのでしょうか?また、間が悪いことは改善することができるのでしょうか?

間が悪いの類語

「間が悪い」とは何か行動を起こすとき、その行動に適した機会でないタイミングで行動を起こしてしまうことです。なので、「間が悪い」に近い意味の言葉には、「タイミングが悪い」、「折りが悪い」、「都合が悪い」などがあります。

間が悪い例

上記で述べた通り、「間が悪い」とはタイミングが悪いときに行動を起こしてしまうことです。そのため、「誰かに頼みごとをしようとしたが、間が悪く忙しいタイミングであったため、話しを聞いてもらえなかった。」、「好きな人を食事に誘ったが、間が悪く、その日はすでに予定が入っていた。」などのように使われます。

このような場合、本来は良い結果が得られたはずにもかかわらず、間が悪いことでその良い結果を逃してしまうことになります。なので、間が悪い人は損をしてしまうことが多いです。

間が悪い人の特徴

間が悪い人は、行動を起こすタイミングが悪いため、損をしてしまうことが多いです。では、どのような特徴を持つ人が間が悪い行動をしてしまうのでしょうか?

空気が読めない

間が悪い人に多く見られる特徴が空気が読めないということです。話しかけようとしている相手が、忙しそうにしていたり、機嫌が悪そうにしていたりなどする場合は、相手が落ち着くまで待って、後回しにしようと考える人が多いです。

しかし、空気が読めない人は、相手の状況や感情を無視して、相手に話しかけたりしてしまいます。当然ながら空気を読まないような行動をしてしまうと、間が悪いときに行動を起こしてしまう確率も高くなります。

経験不足

空気が読めない人は人と接する経験が不足しているということもあります。人の性格はそれぞれなので、多くの人と接していないと、相手の微妙な表情の変化であったり、相手の裏側の気持ちを読み取ったりすることは難しいです。

また、単純にその相手とまだ接触回数が少なくて、それほど仲良くない人であれば、その人の気持ちを読み取ることは難しいです。相手の気持ちを読み取ることが難しい場合、間が悪いときに行動を起こしてしまう可能性があります。

情報が入ってこない

職場や学校などで機嫌が悪い人がいると、その原因は噂話しのようになって周囲に情報が回っていることがあります。この情報を持っている人は、しばらくはその機嫌の悪い相手に近づかないようにしようとします。

しかし、このような情報を集めることに疎い人は、何も知らずにその機嫌の悪い人に話しかけてしまいます。すると、当然ながら相手からは間が悪いと思われてしまいます。

コミュニケーションが苦手

人の情報を集めるためには、普段から人とコミュニケーションを取っていないといけません。普段から人とコミュニケーションを取っていることで、誰かが何かの情報を手に入れたとき、自然と自分にもその情報が流れてくるようになります。

しかし、人とのコミュニケーションが苦手であれば、普段から人と会話をする機会が少ないため、その情報が流れにくくなってしまいます。このような情報は日常の雑談から流れてくることが多いためです。

おせっかい

おせっかいな人は他人に口出しや手出しをよくします。おせっかいな人は、この口出しや手出しを相手が望んでいなくてもしてしまいます。また、口出しや手出しをしたいという欲求が強いため、その衝動が抑えられずに行動を起こしてしまうことが多いです。

このとき、相手のタイミングや感情を無視して行動を起こすため、間が悪いことも多く、相手は迷惑に思ってしまうことも多いです。

後回しにする

行動力がない人は、するべきことを後回しにしてしまいやすいです。そのため、他人に頼みごとをしなくてはいけない状況でも、後回しにしてしまうことがあります。

物事には制限時間があります。物事を後回しにする人は、この制限時間ギリギリまで行動を起こさないという特徴もあります。そのため、仕事などでそろそろ帰ろうという間が悪いタイミングで、急に頼みごとをしてきたりします。

自分の判断を優先する

後回しにしたり、空気が読めない人は自分の判断を優先してしまっていることもあります。頼みごとは後でも良い、機嫌が悪そうだけど今のうちに話しておきたいなど、自分の考えを優先して行動してしまうと、相手の状況や感情を無視して行動を起こしてしまうことになります。

これでは相手に合わせた行動にならないため、間が悪いと思われてしまう可能性が高くなってしまいます。

ゆとりがない

仕事などでは常にするべき事に追われる状況となります。特に新入社員のように仕事をしながら、覚える事や身につける技術などが多かったり、大きな仕事を抱えている最中でするべき事がとにかく多いなどのような状況になると、人は必死になりすぎて心にゆとりを持つ事ができなくなってしまいます。

すると、ゆとりがなくなってしまっているため、周囲の状況が把握できなくなってしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。冷静な判断ができないため、他人の状況や感情なども判断できなくなってしまい、自分の事で精一杯となってしまい間が悪いときにあれこれと頼みごとをしてしまう事があります。

空回りしている

人の行動に温度差があると間が悪い事が起こってしまう事があります。何事にも熱心な事は良い事ですが、あまりにも熱心すぎると他人との行動に温度差ができます。

熱心な人は次々と行動を起こしていきたいと考えています。そのため、周囲の行動を急かす事もあります。しかし、ここで温度差があると、熱心な人が何度も作業を急かしにきます。

作業中に何度も急かしにくる事で、間が悪いタイミングを引いてしまう可能性が高くなります。また、温度差があるため、何度も急かしにくる事で熱心な人に対して苛立ちを感じてしまいます。

反省しない

人はミスをすると、同じミスをしないように反省をします。しかし、間が悪い人は、反省をしないため、同じミスを繰り返します。

間が悪いときに人に話しかけてしまったということは、その人の状況や感情を見誤って話しかけてはいけないタイミングで話しかけてしまったという事です。

本来であれば、次は相手の状況や感情を見誤らないようにしようと反省をしますが、間が悪い人はこの反省をしないため、また同じように間が悪いときに話しかけてしまいます。

間が悪い人との付き合い方

間が悪い人は、自分が間が悪いタイミングで行動しているという事に気がついていない事があります。そのような相手には、間が悪い人に対処した付き合い方をする必要があります。

イライラしない

どのような人にも得意な事と、苦手な事があります。間が悪い人は適切なタイミングを判断する事が苦手というだけです。逆に、自分も違う事で相手に迷惑をかけている事がある可能性もあります。

苦手な事はカバーし合えば良いので、間が悪いからとイライラせずに、相手の間が悪い事をカバーする方法を考えましょう。

相手の行動を把握しておく

間が悪い人と一緒に仕事をしている場合は、間が悪い事がミスに繫がってしまう危険性があります。このような場合には、事前に相手の行動を把握しておくようにしましょう。

相手の行動を把握しておく事で、相手の行動をフォローする事ができます。また、定期的に手伝える事がないかを確認するようにしても良いでしょう。

間が悪いことの改善方法

自分が間が悪い人であると自覚している人もいます。このような人は、どのようにすれば間が悪い事を改善する事ができるのでしょうか?

状況を確認する

間が悪い人は、自分が話しかけたいタイミングで他人に話しかけてしまうため、間が悪いと思われてしまう事があります。なので、まずは話しかける前に、落ち着いて相手の事を観察するようにしましょう。

何か作業をしていれば、その作業は中断してもらえそうかどうか?、機嫌が悪そうであれば、周囲の人に何かあったのかを情報として確認してみましょう。すぐに行動しない事で冷静に状況を判断する事ができるようになります。

コミュニケーションを取っておく

あの人の機嫌が悪い、あの人は昼から忙しくなるなどの情報は、日常の雑談などから収集できる事が多いです。しかし、これらの情報は欲しいタイミングで手に入るものではありません。

普段から人とコミュニケーションを取っている事で、自然と流れてくる情報です。逆に言えば、普段から人とコミュニケーションを取っていないと、これらの情報が回ってきにくくなるという事です。なので、普段から他人と会話をする事を意識するようにしましょう。

経験を積む

間が悪いという事は、相手の状況や感情を判断できていないという事です。これらは実際に人と接して経験を積む事で、正しい判断ができるようになります。なので、多くの人と接して経験を積む事で、間が悪い事を改善する事ができます。

間が悪い人とは相性が良くないのか?

間が悪い人はタイミングが合わない人という事でもあります。タイミングが合わないということは相性が良くないという事なのでしょうか?

親と相性が良くないと感じる人もいます。これらは間が悪い事が原因ではなく、考え方や価値観の違いによってできる摩擦である事が多いです。なので、間が悪い事を改善しても、摩擦を解消する事はできません。

仕事仲間

一緒に仕事をする人の相性が悪いときは、仕事に対する段取りや優先順位に違いがあるためです。仕事の仕方には正解が複数あり、その正解は人によって違います。なので、どちらかに合わせるよりも、お互いが歩み寄る事で仕事がしやすくなる事が多いです。

間が悪くならないように注意しよう

間が悪い事をしてしまうということは、相手の状況や感情を判断できていないという事です。この判断ができていないと、周囲に迷惑をかけてしまう事が多くなってしまい、印象が悪くなってしまいます。

なので、間が悪い人と思われないように、相手の状況や感情を正確に判断できるようになりましょう。間が悪い人を改善すると周囲からの印象も良くなり、人間関係を円滑にする事ができるでしょう。