Search

検索したいワードを入力してください

間が悪い人の特徴・間が悪いことの改善方法・付き合い方

Author nopic iconそらあおぐ
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月10日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年04月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

間が悪い人の特徴・間が悪いことの改善方法・付き合い方

間が悪い人との接し方

「なぜ、このタイミング?」と間が悪いタイミングでいろいろと行動してしまう人がいます。間が悪いときに他人と接してしまうと、相手に迷惑がかかったり、イライラさせてしまったりなどしてしまいます。

では、どうして間が悪い人はわざわざ間が悪いときに行動を起こしてしまうのでしょうか?また、間が悪いことは改善することができるのでしょうか?

間が悪いの類語

「間が悪い」とは何か行動を起こすとき、その行動に適した機会でないタイミングで行動を起こしてしまうことです。なので、「間が悪い」に近い意味の言葉には、「タイミングが悪い」、「折りが悪い」、「都合が悪い」などがあります。

間が悪い例

上記で述べた通り、「間が悪い」とはタイミングが悪いときに行動を起こしてしまうことです。そのため、「誰かに頼みごとをしようとしたが、間が悪く忙しいタイミングであったため、話しを聞いてもらえなかった。」、「好きな人を食事に誘ったが、間が悪く、その日はすでに予定が入っていた。」などのように使われます。

このような場合、本来は良い結果が得られたはずにもかかわらず、間が悪いことでその良い結果を逃してしまうことになります。なので、間が悪い人は損をしてしまうことが多いです。

間が悪い人の特徴

間が悪い人は、行動を起こすタイミングが悪いため、損をしてしまうことが多いです。では、どのような特徴を持つ人が間が悪い行動をしてしまうのでしょうか?

空気が読めない

間が悪い人に多く見られる特徴が空気が読めないということです。話しかけようとしている相手が、忙しそうにしていたり、機嫌が悪そうにしていたりなどする場合は、相手が落ち着くまで待って、後回しにしようと考える人が多いです。

しかし、空気が読めない人は、相手の状況や感情を無視して、相手に話しかけたりしてしまいます。当然ながら空気を読まないような行動をしてしまうと、間が悪いときに行動を起こしてしまう確率も高くなります。

経験不足

空気が読めない人は人と接する経験が不足しているということもあります。人の性格はそれぞれなので、多くの人と接していないと、相手の微妙な表情の変化であったり、相手の裏側の気持ちを読み取ったりすることは難しいです。

また、単純にその相手とまだ接触回数が少なくて、それほど仲良くない人であれば、その人の気持ちを読み取ることは難しいです。相手の気持ちを読み取ることが難しい場合、間が悪いときに行動を起こしてしまう可能性があります。

情報が入ってこない

職場や学校などで機嫌が悪い人がいると、その原因は噂話しのようになって周囲に情報が回っていることがあります。この情報を持っている人は、しばらくはその機嫌の悪い相手に近づかないようにしようとします。

しかし、このような情報を集めることに疎い人は、何も知らずにその機嫌の悪い人に話しかけてしまいます。すると、当然ながら相手からは間が悪いと思われてしまいます。

コミュニケーションが苦手

人の情報を集めるためには、普段から人とコミュニケーションを取っていないといけません。普段から人とコミュニケーションを取っていることで、誰かが何かの情報を手に入れたとき、自然と自分にもその情報が流れてくるようになります。

しかし、人とのコミュニケーションが苦手であれば、普段から人と会話をする機会が少ないため、その情報が流れにくくなってしまいます。このような情報は日常の雑談から流れてくることが多いためです。

おせっかい

おせっかいな人は他人に口出しや手出しをよくします。おせっかいな人は、この口出しや手出しを相手が望んでいなくてもしてしまいます。また、口出しや手出しをしたいという欲求が強いため、その衝動が抑えられずに行動を起こしてしまうことが多いです。

このとき、相手のタイミングや感情を無視して行動を起こすため、間が悪いことも多く、相手は迷惑に思ってしまうことも多いです。

後回しにする