Search

検索したいワードを入力してください

心遣いが出来る人の特徴・「気遣い」との違い・敬語での言い方

Author nopic icons.tomita
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年04月13日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

心遣いが出来る人の特徴・「気遣い」との違い・敬語での言い方

心遣いができる人の特徴は?

「心遣いができる」と聞くと、とてもいいイメージを持つ人は多いでしょう。しかし、実際に心遣いができる人には、どのような特徴があるのでしょうか。心遣いができる人の特徴について解説していきます。

優しい

心遣いができる人の特徴の1つに、「優しい」という特徴があります。

優しいということは、人に対して気遣いができたり、心配りができるということです。常に人のことを考え、人思いな行動をしている人は、優しい心遣いができる人の特徴と言えるでしょう。

配慮ができる

心遣いができる人の特徴として、「配慮ができる」という特徴もあります。心遣いは、人や状況をよく見ていないとできません。周囲に気を配れる、気が利く人は、心遣いができる人も多いです。

また、人が何を求めているのか、何が足りないのかなどを瞬時に気がつける人も、配慮ができ、心遣いができる人の特徴と言えるでしょう。

常に一歩先を考えている

心遣いができる人は、周囲の人たちよりも常に一歩先の行動を考えているという特徴があります。常に先の行動を読んでおくことで、自然と心遣いができるようになります。常に相手の行動を先読みして、適切な配慮ができることは、心遣いができる人の特徴の1つと言えるでしょう。

頭の回転が速い

心遣いができる人は、頭の回転が速い人でもあります。頭の回転が速くないと、瞬時に状況を判断したり、人のニーズや思いをとらえることはできません。心遣いができる人は、常に周囲のことに気を配ることができることはもちろんですが、それと同時に「頭の回転が速い」という特徴もあります。

頭の回転が速いからこそ、さまざまな心配りができると言っても良いでしょう。

「人のため」という意識が強い

心遣いができる人は、「人のため」という意識が強いことも特徴です。「人の役に立ちたい」「人が喜ぶことをしたい」と常日頃思っている人は、自然と心遣いができるようになります。

逆を言えば、「自分が自分が」という、自分本位な考えの人は、心遣いを身に着けることは難しいでしょう。人のためという意識が強いことは、心遣いができる人の特徴の1つでもあります。

したたかな人

心遣いができる人の中には、「したたかな人」もいます。自分の損得を考えた時に、「ここで心遣いを見せれば、自分にメリットがあるだろう」と考えた時に、心遣いができるタイプの人になります。

特に仕事をするうえではこういった「したたかさ」を持っている人が多く、損得で心遣いをしている人も中にはいます。したたかな人は、他の心遣いをする人とは違い、損得で物事を考えていることがあるので、注意が必要になります。

「心遣い」と「気遣い」の違いは?

心遣いはとてもいいイメージがありますが、同時に「気遣い」という言葉も、同じようなイメージがあります。「心遣い」と「気遣い」には、いったいどのような違いがあるのでしょうか。「心遣い」と「気遣い」の違いについて解説していきます。

「心遣い」は相手に対して自発的に行う配慮

「心遣い」と「気遣い」の違いとして、「心遣い」は、相手に対して自発的に行う配慮のことを指します。それに対して「気遣い」は、その時の状況などに合わせて人や行動に気を使うことを指します。

「心遣い」は、相手の気持ちに寄り添った配慮で、なおかつ「自分が」したいと思って行う心配りとも言えますが、対して「気遣い」は、仕事上や立場上などで、「しなくてはいけないこと」でもあります。

「気が利かない」という言葉もよく聞きますが、「気が利く」ということは、社会人として身につけたいスキルの1つでもあります。そういった側面からも、「気遣い」は状況によっては強制的に行わなくてはいけないこと。「心遣い」は、自発的に相手のためを想って行う行動や配慮ということが言えるでしょう。

「心遣い」の敬語での言い方は?

「心遣い」という言葉は、敬語で表現する場合はどのように表現すれば良いのでしょうか。「心遣い」の敬語での言い方について解説していきます。

お心遣い

「心遣い」の基本の敬語表現は、「お心遣い」となります。心遣いと言う言葉の前に「お」をつけたものになります。

使い方としては、「お心遣いをいただきありがとうございます」「お心遣い感謝いたします」などという使い方になります。