Search

検索したいワードを入力してください

心遣いが出来る人の特徴・「気遣い」との違い・敬語での言い方

Author nopic icons.tomita
人間関係 / 2018年04月13日
心遣いが出来る人の特徴・「気遣い」との違い・敬語での言い方

心遣いができる人の特徴は?

「心遣いができる」と聞くと、とてもいいイメージを持つ人は多いでしょう。しかし、実際に心遣いができる人には、どのような特徴があるのでしょうか。心遣いができる人の特徴について解説していきます。

優しい

心遣いができる人の特徴の1つに、「優しい」という特徴があります。優しい人は、根が優しいため、「心遣い」にも長けていることが多いです。

優しいということは、人に対して気遣いができたり、心配りができるということです。常に人のことを考え、人思いな行動をしている人は、優しい心遣いができる人の特徴と言えるでしょう。

配慮ができる

心遣いができる人の特徴として、「配慮ができる」という特徴もあります。心遣いは、人や状況をよく見ていないとできません。周囲に気を配れる、気が利く人は、心遣いができる人も多いです。

また、人が何を求めているのか、状況で何が足りないのかなどを瞬時に気がつける人も、配慮ができ、心遣いができる人の特徴と言えるでしょう。

常に一歩先を考えている

心遣いができる人は、周囲の人たちよりも常に一歩先の行動を考えているという特徴があります。常に先の行動を読んでおくことで、自然と心遣いができるようになります。常に相手の行動を先読みして、適切な配慮ができることは、心遣いができる人の特徴の1つと言えるでしょう。

頭の回転が速い

心遣いができる人は、頭の回転が速い人でもあります。頭の回転が速くないと、瞬時に状況を判断したり、人のニーズや思いをとらえることはできません。心遣いができる人は、常に周囲のことに気を配ることができることはもちろんですが、それと同時に「頭の回転が速い」という特徴もあります。

頭の回転が速いからこそ、さまざまな心配りができると言っても良いでしょう。

「人のため」という意識が強い

心遣いができる人は、「人のため」という意識が強いことも特徴です。「人の役に立ちたい」「人が喜ぶことをしたい」と常日頃思っている人は、自然と心遣いができるようになります。

逆を言えば、「自分が自分が」という、自分本位な考えの人は、心遣いを身に着けることは難しいでしょう。人のためという意識が強いことは、心遣いができる人の特徴の1つでもあります。

したたかな人

心遣いができる人の中には、「したたかな人」もいます。自分の損得を考えた時に、「ここで心遣いを見せれば、自分にメリットがあるだろう」と考えた時に、心遣いができるタイプの人になります。

特に仕事をするうえではこういった「したたかさ」を持っている人が多く、損得で心遣いをしている人も中にはいます。したたかな人は、他の心遣いをする人とは違い、損得で物事を考えていることがあるので、注意が必要になります。

「心遣い」と「気遣い」の違いは?

心遣いはとてもいいイメージがありますが、同時に「気遣い」という言葉も、同じようなイメージがあります。「心遣い」と「気遣い」には、いったいどのような違いがあるのでしょうか。「心遣い」と「気遣い」の違いについて解説していきます。

「心遣い」は相手に対して自発的に行う配慮

「心遣い」と「気遣い」の違いとして、「心遣い」は、相手に対して自発的に行う配慮のことを指します。それに対して「気遣い」は、その時の状況などに合わせて人や行動に気を使うことを指します。

「心遣い」は、相手の気持ちに寄り添った配慮で、なおかつ「自分が」したいと思って行う心配りとも言えますが、大して「気遣い」は、仕事上や立場上などで、「しなくてはいけないこと」でもあります。

「気が利かない」という言葉もよく聞きますが、「気が利く」ということは、社会人として身につけたいスキルの1つでもあります。そういった側面からも、「気遣い」は状況によっては強制的に行わなくてはいけないこと。「心遣い」は、自発的に相手のためを想って行う行動や配慮ということが言えるでしょう。

「心遣い」の敬語での言い方は?

「心遣い」という言葉は、敬語で表現する場合はどのように表現すれば良いのでしょうか。「心遣い」の敬語での言い方について解説していきます。

お心遣い

「心遣い」の基本の敬語表現は、「お心遣い」となります。心遣いと言う言葉の前に「お」をつけた、基本の敬語表現になります。

使い方としては、「お心遣いをいただきありがとうございます」「お心遣い感謝いたします」などという使い方になります。

ご配慮

心遣いの敬語表現の1つに、「ご配慮」という言葉もあります。心遣いの類語である「配慮」という言葉を敬語にした表現になります。

「ご配慮いただきありがとうございます」などという使い方になりますが、基本的にはビジネスシーンで使用することが多い言葉になります。

お心配り

心遣いの敬語表現として、「お心配り」という言葉を使用することもあります。お心配りは、「心配り」という言葉を丁寧語にした言葉で、こちらも「心遣い」の類語になります。

お心遣いという言葉よりやわらかな表現になり、あまりかしこまった表現をしたくない際におすすめの言葉になります。

心遣いのお礼の方法は?

心遣いをしていただいた際には、こちらからも「お礼」をすることが大人としてのマナーになります。心遣いのお礼の方法とは、いったいどのような方法があるのでしょうか。

メールでのお礼の方法は?

メールでお礼をする際は、「お心遣いありがとうございます。」という、感謝の言葉を必ず添えるようにしましょう。「先日は○○に関してお心遣いをいただき、ありがとうございました。」などと書くのが無難になります。

また、心遣いをいただいたことで、どんな結果や状況になったのかも書き添えると、さらに感謝の気持ちが伝わるでしょう。「△△さんのお心遣いのおかげで、□□という状況になり、大変助かりました。」などと送れば、相手も喜んでくれるでしょう。

メールでお礼をする場合は、なるべくならばその日のうちにメールでお礼をすることが大切になります。お礼をする時はスピードが何より大切になります。

言葉でお礼をするときは?

心遣いのお礼を言葉でする時には、メールの際と同じく、心遣いに対する感謝の気持ちと、心遣いをしていただいたことによってどのような状況になったのかということを伝えると良いでしょう、

言葉でお礼をする時は、直接会うということなので、可能であればちょっとした菓子折りなどを持参しても良いでしょう。特に会社と会社との付き合いなど、仕事上でお礼が必要な場合は、相手に気を使わせない程度に何かお礼の品を持っていくことがおすすめになります。

心遣いができるようになるためには?

心遣いができる人は、大人としてとても素敵に見えます。特に女性の場合は、「心遣い」や「気遣い」のできる人を好む男性が多いため、心遣いができることは大きなプラスポイントになるでしょう。

では、心遣いはいったいどうすればできるようになるのでしょうか。心遣いができるようになるための方法について解説していきます。

人の話をよく聞く

心遣いのできる人になるためには、まずは「人の話をよく聞く」ことが大切になります。人の話を聞くことで、ちょっとした発言から相手のニーズがわかったり、求めていることがわかる場合があります。

また、人の話を聞き、「覚えている」ということも大切になります。人の話を覚えていることで、「あの時こんなことを言っていたな」ということを思い出し、相手に対する配慮や心遣いができるようになります。

心遣いができるようになりたいと思ったら、まずは人の話をよく聞くことを大切にしてみてください。

周囲の状況を判断する

心遣いができる人になるためには、周囲の状況を判断することが大切になります。パーティなどの席で、一人になっている人に話しかけたり、会食の席で飲み物がない人にお代わりを聞くなど、ちょっとした気遣いができることが、心配りができることにつながっていきます。

まずは周囲の人や状況をよく確かめ、何か足りないことはないか、どんなことが必要かということを常に考えるようにしてみましょう。練習していくうちに、段々と周囲の状況を判断するスピードが速くなっていき、心遣いができるようになります。

相手の気持ちを考える

心遣いができるようになるためには、相手の気持ちを考えることがもっとも大切になります。相手の気持ちを考え、「どんなことをしたら喜んでもらえるか」「どんなことをすれば楽しい気持ちになってもらえるか」などを考えることによって、自然と心遣いができるようになります。

心遣いは、自分本位な気持ちでいる時には、なかなか行えるものではありません。常に相手の気持ちを考え、相手が求めていることや、相手が喜んでくれることを行う必要があります。

一歩先を考える

心遣いができるようになるためには、常に一歩先を考えることも大切になります。周囲の人たちの行動を見て、一歩先の行動を読み取ることができれば、それに合わせた心遣いをすることができるようになります。

相手の行動を先読みすることで、相手が求めていることを事前に準備して与えることができ、周囲の人たちから「心配りができる人」と思ってもらえることができます。

また、一歩先の行動を考えることで、トラブルを未然に防ぐことができるなどのメリットもあります。心遣いをしたいと思ったら、常に一歩先を見て行動することを心がけましょう。

心遣いができる人の真似をする

心遣いができるようになるためには、心遣いができる人の真似をすることも、1つの方法になります。心遣いができる人が周囲にいる場合は、その人をお手本にして、その人がやっていることを真似してみましょう。

また、どんな時でも、「あの人はどうするだろう」と考えて行動してみましょう。心遣いができる人をお手本にすれば、自然とどんな心遣いをすればいいのかがわかってきます。

身近に心遣いができる人がいれば、ぜひその人をお手本にして、まずは真似から始めてみることで、自分自身も心遣いができる人になることができます。

心遣いを大切にしよう!

今回は、心遣いができる人の特徴や、心遣いと気遣いの違い、心遣いの敬語での言い方や、心遣いができるようになる方法について紹介・解説しました。

心遣いができる人は、女性はもちろん、男性もとても素敵な人に映ります。心遣いができる人は、周囲の人を明るくすることができ、周りの人から素敵な人と思ってもらえることができます。

また、仕事やプライベートでも、人間関係を良好に保つことができるようになりますし、心遣いができることで得られるメリットはたくさんあります。ぜひ今回の記事を参考にして、心遣いができる人になってみてください。

関連記事

Related