Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】見た目が怖い人の特徴・診断できるチェック項目|職場

Author nopic icons.tomita
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月10日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年04月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】見た目が怖い人の特徴・診断できるチェック項目|職場

男女別見た目が怖い人の特徴は?

人は見た目で8割決まるなどと言われていますが、そんな「見た目」が怖い人は、男女ともにいるでしょう。見た目が怖い人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。見た目が怖い人の特徴を、男女別に紹介していきます。

男性で見た目が怖い人の特徴は?

男性で見た目が怖い人の特徴には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。男性で見た目が怖い人の特徴について解説していきます。

身長が高い

男性で見た目が怖い人の特徴の1つに、「身長が高い」という特徴があります。身長が高いと、どうしても威圧感が出てしまうので、見た目で「怖い」という印象を抱かれてしまいます。特に、人を見下ろすように話していると、「怖い」と感じる人が多いので、注意が必要になります。

体格が良い

身長が高い低いに関わらず、「体格が良い」人も、見た目が怖いと思われがちです。体格が良いとは、がっちりしていて骨太な印象の人のことで、ゴツゴツした印象なので、「鍛えていて怖そう」などと思われることもあります。体格が良くて身長が高い場合は、怖さ倍増と言う人も多いでしょう。

実は優しい

男性で見た目が怖い人は、「実は優しい」という特徴もあります。見た目が怖い分、中身でカバーしようとしている人も多く、実は優しいと思ってもらえることが多いのでしょう。また、見た目とのギャップから、「優しい」面がひときわ際立っている場合もあります。

女性で見た目が怖い人の特徴は?

男性で見た目が怖い人の特徴について解説しましたが、女性で見た目が怖い人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。女性で見た目が怖い人の特徴について解説していきます。

表情がない

女性で見た目が怖い人の特徴の1つに、「表情がない」という特徴があります。無表情の時間が長い人は、どうしても「怖い」と言う印象を与えてしまいます。無表情にプラス、目がきつめだったり、「かわいい系」よりも「美人系」の人は、「怖い」という印象を与えてしまうことがあります。

クールな見た目

クールな見た目の人も、見た目が怖いと思われてしまうことが多くなります。顔立ちで言うと、きれい系で目が切れ長だったり、化粧も濃いめのメイク、服装もどちらかと言うときれい系でモードな服装だったりするタイプの女性は、ちょっと「怖い」印象が強くなってしまいます。

実はいい人

女性も男性と同じく、見た目が怖い人は、「実は良い人」という特徴もあります。もちろん女性の場合も見た目とのギャップから、「思ったより良い人だった」ということもありますが、見た目が怖い女性はその見た目を補うために、内面をやわらかい印象にしている人も多いです。

職場で見た目が怖い人の特徴は?

見た目が怖い人が職場にいると、なんだか緊張感がありすぎると感じる方もいるでしょう。特に上司が「見た目が怖い人」の場合は、部下にとってはかなり怖い存在になってしまいます。職場で見た目が怖い人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。

いつも怒っているような顔をしている

職場で見た目が怖い人の特徴の1つに、「いつも怒っているような顔をしている」という特徴があります。いつも怒っているような顔をしているので、周りの人から「怖い」と思われてしまいます。

本人にそんなつもりはなくても、無表情というだけでかなり周囲の人に威圧感を与えていることがあるので、注意が必要になります。

仕事に没頭している

仕事に没頭している人も、真剣な顔をしていることもあって、見た目が怖いと思われている場合があります。ずっとパソコンと睨めっこしていたり、一人でぶつぶつ呟いている人は、周囲の人に怖い印象を与えてしまいます。

仕事に没頭していると、周囲のことが見えなくなってしまうことがありますが、周囲の人が話しかけにくい状況を作らないように気を配ることが大切になります。

忙しそうにしている

いつも忙しそうにしている人も、周囲の人から「見た目が怖い」と思われてしまうことがあります。いつもバタバタしていると、それだけでなんだか「近寄りがたい人」と思われることになり、結果として「怖い」と思われてしまいます。

仕事で忙しいことはもちろんあるでしょうが、必要以上に忙しそうにすることは避けた方が良いでしょう。

見た目が怖い人か診断できるチェック項目は?

見た目が怖い人の特徴について解説しましたが、見た目が怖い人かどうか診断できるチェック項目には、いったいどのような項目があるのでしょうか。見た目が怖い人か診断できるチェック項目について解説していきます。

無表情なことが多い

普段からニコニコしている人の方が珍しいですが、普段から「無表情」の状態が多い人は、周囲の人から「怖い」と思われてしまうことが多くなります。無表情でなおかつ口角が下がっていると、まるで怒っているような印象を与えてしまいます。無表情な人は口角を上げることを心掛けた方が良いでしょう。

目が切れ長や吊り目

切れ長な目の人や吊り目の人も、人から怖いと思われてしまうことが多くなります。本人にそのつもりがなくても、まるで睨んでいるように見えることがあるため、「見た目が怖い」と思われてしまいます。持って生まれた見た目なので仕方ないですが、女性の場合はメイクでたれ目風にするとよいかもしれません。

人をじっと見てしまう

人をじっと見てしまうという人も、見た目が怖いと思われてしまいます。人をじっと見る行為は、そのつもりがなくても「何か睨まれている」「怖い」と思われてしまいます。人をじっと観察する癖がある人は、威圧感を与えてしまうので、いますぐやめましょう。

身長が高いor体格が良い

身長が高かったり体格が良い人も、人に見た目が怖いと思われてしまうことがあります。日本人が外国人に対して「大きくて怖いな」と感じるように、肉体的な大きさや強そうな見た目は、「怖い」「威圧的」な印象を与えてしまいます。

見た目が怖い人の顔の特徴は?

見た目が怖い人には、顔にも特徴があります。見た目が怖い人の顔の特徴には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。見た目が怖い人の顔の特徴について解説していきます。

サングラス

サングラスをしていると、どうしても目から表情が読み取れないため、「怖い」と感じてしまう人が多いでしょう。

また、色付き眼鏡のようなサングラスをしている人は、ハードな印象を与えてしまうことがあるため、見た目で怖いと思われてしまうことが多くなります。

かっこいい

見た目が怖い人は、「かっこいい」人も多いです。かっこいいひとは、顔立ちが整っているため、ちょっと怖い印象を持ってしまう人もいます。顔が整いすぎていることも、見た目が怖い人の顔の特徴の1つと言えるでしょう。

目力がある

目力がある人も、見た目が怖いと思われてしまうことが多くなります。特に目がぱっちりしていて吊り目の人は、目が合った時に威圧感を覚えてしまうことがあるため、「見た目が怖い」と思われてしまうことが多いです。目がぎょろっとしていて目力がある人も、同様に威圧感があり怖いと感じる人が多くなるでしょう。

口角が下がっている

口角が下がっていることも、見た目が怖い人の特徴の1つと言えるでしょう。口角が普段からキュッと上がっている人は、見た目が怖いと思われることは少ないでしょう。反対に、口角が下がってしまっている人は、怒っていると勘違いされることも多くなり、「見た目が怖い」と思われてしまうことが多くなってしまいます。

見た目が怖い人あるあるは?

見た目が怖い人の特徴について解説してきましたが、見た目が怖い人には、見た目が怖いならではの「あるある」があります。見た目が怖い人のあるあるについて解説していきます。

怒っていないのに怒っていると思われる

見た目が怖い人のあるあるの1つに、「怒っていないのに怒っていると思われる」というあるあるがあります。見た目が怖いと言われた経験がある人は、このあるあるに共感する人が多いでしょう。

怒っているわけではないのに、怒っていると思って声をかけられなかったり、気づかぬうちに周囲の人に気を使わせてしまうことがあります。本人は決して怒っているわけではないので、非常に困るあるあるでもあります。

初対面の人と仲良くしにくい

見た目が怖い人のあるあるの1つに、「初対面の人と仲良くしにくい」というあるあるもあります。初対面の人からは、どうしても見た目で「怖い」と思われてしまうため、話しかけられにくくなり、結果として初対面の人と仲良くすることができなくなってしまいます。

特に、自分から話しかけることが苦手で、なおかつ見た目が怖いと言う場合は、友達作りに難儀することが多く、あるあるの1つでもあります。

先輩などの年上から嫌われる

見た目が怖い人のあるあるの1つに、「先輩などの年上の人から嫌われる」というあるあるもあります。なにせ見た目が怖く、威圧的な印象を与えてしまうため、先輩などの年上の人からは、「生意気」「睨まれた」などのあらぬ誤解を招いてしまうことも少なくありません。

特に学生時代に苦労することが多く、睨んでいないのに因縁をつけられたり、呼び出されたりなんていうこともしばしば。年上から嫌われるということは、見た目が怖い人のあるあると言っても良いでしょう。

見た目が怖い人との関わり方は?

見た目が怖い人の特徴やあるあるなどについて解説してきましたが、見た目が怖い人とは、いったいどのようにして関わっていけば良いのでしょうか。見た目が怖い人との関わり方について解説していきます。

普通に接することが1番

見た目が怖い人に対しては、普通に接することが1番です。見た目が怖い人は、意図的に怖くしている人を除いては、たいていは見た目が怖いことをコンプレックスに思っていることが多いです。

そのため、見た目に対して物怖じせず、普通に接してくれる人と仲良くしたいと思っている人は多いです。そのため、恐る恐る話しかけるのではなく、普通のテンションで話しかけ、接することで、仲良くしやすくなります。

見た目だけで判断しないで!

今回は、見た目が怖い人の特徴や、見た目が怖い人のあるある、見た目が怖い人への接し方などについて解説しました。

見た目が怖いことで、周囲の人にあらぬ誤解を持たせてしまうことは少なくありません。気苦労が絶えない「見た目が怖い人」ですが、ポジティブにとらえれば、気安く人が寄ってこないため、お人よしが故に騙されるなんていう被害に遭うことは少なくなるでしょう。

周囲に見た目が怖い人がいる場合は、見た目だけで判断せず、一度普通に接してみれば、中身は案外良い人ということもあります。見た目だけで判断せず、見た目が怖い人とも仲良くしてみましょう。