Search

検索したいワードを入力してください

取り入るのが上手い人の特徴・上手に取り入る方法|先輩

Author nopic iconライム
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2018年04月10日

更新日:2020年02月04日

記載されている内容は2018年04月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

取り入るのが上手い人の特徴・上手に取り入る方法|先輩

取り入るのが上手な人の特徴って何?

職場でも家庭でもさまざまな性格の人がいます。取り入るのが上手い人は周りが不快に思わないように、他人の気持ちを掴んだり、仲良くなったりしています。取り入るという表現をする場合は、あからさまに相手に媚びたり、お世辞などを言って取り入る場合を表す場合を示している事があります。

取り入るのが上手い人は、大きな権力や名声に弱い人がする行為でもあります。じぶんの立場を有利にしたいことが多く、出世や地位のために他人に取り入る事をしている場合もあるます。ある意味、自身のこだわりがないので他人から見ると意思の弱い人と写る場合もあります。

取り入る事をしている人は、人付き合いがものすごく上手な場合があります。逆に、人付き合いが下手な人も取り入ることをしている場合があります。

女性の場合

女性は男性よりも、大きな力や豊かさと言ったものに弱いです。職場やプライベートで他人に取り入る事をするのは女性の方が得意だったりします。

相手に取り入るために媚びたり、必要以上の笑顔を作ったり、お世辞を言ってみたりと取り入る方法はいくらでもあります。女性は男性より、じぶんを保つ事をしなくても、取り入る人に地位や財産があれば関係なく取り入る人もいます。男性よりも女性の方が、世渡り上手だと言えるでしょう。

他人が取り入ると感じなければ、悪いイメージを相手に与えません。取り入る事が得意な人は人との距離を測りつつ、距離を縮めるので人付き合いが上手な人も多いです。

男性の場合

男性は仕事をしていかなくてはいけないので、取り入るという行為をしても取り入るとは判断されない場合があります。取り入ること自体はすべてが悪いことではないです。自身の財産を守ったり、家族の生活を守るために必要な場合もあるので、取り入る事が悪い意味で取られない場合もあります。

女性と男性では取り入る事の定義や物差しが違う場合があります。女性同士で仲良くしたり、協力することは、時に男性にはよいイメージに見えない場合もあるので、男女の取り入ることの感覚の違いや、どの部分が取り入る事になるのかも変わってきます。

取り入る事で得られる人間関係や地位や財産なども男女では違うといえるでしょう。取り入る事自体は男女で捉え方が違います。

サイコパスの場合

取り入ることとは逆に相手に取り入る事をしないのが、サイコパスです。反社会性パーソナリティ障害と呼ばれており、主に精神障害のことを指します。精神障害者は自己の感情のコントロールが上手く出来ないので、相手に取り入ることをしません。自分中心の世界を持っているので他人と共存することを無意味だと思っている場合がほとんどです。

サイコパスは映画や漫画で魅力的に描かれる事がありますが、作品だけの世界で描かれるので魅力的に見えるだけで、実際は破壊と人の不幸を楽しんでいる人が多いです。人に取り入ることはしなくても、ある程度は協調性を持って過ごす事が必要になってきます。

上手に取り入るにはどうしたらよいのか?

まずは他人が不快に思わないように取り入る事が上手に取り入る事になります。仕事や近所付き合いなども、ある程度は自分を遜って、接する事をしないと他人の気持ちを掴む事は難しいでしょう。わざとらしく取り入る事をせずにプライドを持って人と接して、相手に受け入れてもらうことを考えていきましょう。

取り入るという言い方は、なぜマイナスのイメージがあるのでしょうか。それは政治家や企業のトップがじぶん達の利益のために、他人が見て見苦しい取り入りかたをしているからです。

普通の職場や家庭や学校では、他人と協調性を持って過ごしていく事は必要です。自分自身を持ちながら、他人の意見を取り入れるような姿勢でいれば、他人が見ても不快に思わないでしょう。取り入るのが上手い人はそこの使い分けが上手な人です。

権力者に取り入る場合は

権力者といっても政治家ばかりではないです。職場の上司や学校の先生や先輩も権力者といえるでしょう。権力者に取り入る場合は相手に合わせて、常に笑顔で接する事を忘れずに、他人が見ても不自然なお世辞を言わない事が大切です。取り入る事自体は難しくないので、他人が見ても不自然にならずに相手の気を引ければ、上手く相手に取り入ることができます。

権力者に取り入るのは、権力者の権力が大きければ、大きいほど取り入るのが難しくなります。取り入る事で得られるものが多いと、それだけ犠牲を払う事もあるからです。

権力者に取り入れなくても済むような行動をしていけば、職場や学校で自分の立場を有利にすることができるので、周りに与える印象も良いでしょう。なるべく取り入ることをしない方が良いです。

会社や学校の先輩に取り入る場合

取り入ることをする場合はどれだけ相手の気持ちを掴む事ができるかにかかってきます。周囲の人に理解されながら、取り入る事をしていきましょう。取り入りたいと思っている人はもちろん、存在感のある人にも取り入るようにすれば、学校や会社での自分の立場もそんなに悪くなる事はないでしょう。

取り入る事をする理由は、立場を有利にしたいという気持ちからきています。他人が見ても不自然な印象を受けなければ、取り入る事をしても悪いイメージを与える事はないでしょう。

笑顔を作って接したり、相手の喜ぶ事を言ってみたり、取り入る方法はいくらでもあります。相手の誕生日を覚えておき、サプライズのプレゼントをすることも上手く取り入るコツになります。

取り入る事で得られるメリットデメリット

取り入る事で得られるメリットは取り入る対象の人に良く思ってもらえる事です。取り入る人が権力を持っている場合は、その権力の恩恵を受ける事ができます。取り入る人に気に入ってもらえれば、その人が持っている権力や財産の恩恵を受ける事ができることが一番大きいと言えるでしょう。

デメリットは、他人へ取り入ってその行動によく思わない人もいることです。時には敵を増やすので、取り入る事自体が良い事ばかりではないです。敵を増やす事は職場や学校で、行動する上で制限がかかったり、自分への印象が変わったり、取り入る相手を考えないと失うものも多いでしょう。その点を考えて取り入る事をしていきましょう。

取り入る方法が分かる本ってあるの?

ひとに<取り入る>心理学ーー好かれる行動の技法

人に取り入る事とはどういうことなのでしょうか。取り入るという言葉は誤解されやすいですが、人と上手く付き合って、職場や学校での上手く人付き合いしていくのはある程度の取り入る行為は必要です。この「人に取り入る心理学」は心理学的に考える事で、取り入る事の必要性を問うている本です。心理学的に考える事で、人との距離の保ち方を会得できる本です。

Blockquote firstBlockquote second

著者自身も書いているが、「取り入り」という言葉には悪いイメージがつきまとう。しかしながら取り入りは社会的なコミュニケーションスキルと密接に関係しているというのが本書の主張である。本書では、取り入りを利己的な意図を持って利他的な行動をとる事と定義している。

取り入るというのはよいイメージがない