Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】申年生まれの人の性格・相性の良い人|五黄土星/恋愛

Author nopic icontakako
占星術 / 2018年04月13日
【男女別】申年生まれの人の性格・相性の良い人|五黄土星/恋愛

男性・女性別の申年生まれの人の性格

申年生まれの方、もしくは申年生まれの家族や友人、恋人を持つ方は特に気になる「申年生まれの性格」についてご紹介します。性格を12の干支に分けるとなると、申年はどのような性格になるのでしょうか。男性、女性に分けても詳しく解説していきます。

申年生まれの人の性格

「さる」という動物を見てどのようなイメージを持ちますか。童話や物語で登場する猿は、ずるがしこい性格であったりお調子者であったりします。動物園で見かける猿も他の動物と比べて器用で好奇心が強かったり、芸達者で愛嬌があるでしょう。干支で言う「申年生まれ」の人の性格も同じようなことが言えます。

申年生まれの人の性格は「世渡り上手」「お調子者」「愛嬌がある」「忍耐弱い」と言えます。申年生まれの方は世渡りが上手で、目上の方に気に入られる性格です。また愛嬌があるので仲間がたくさんいる人が多いでしょう。

一方で、世渡り上手すぎる反面、ずるい行動もまた目につきます。愛嬌がありおねだり上手なので、つらい仕事は他人に任せるので、忍耐は付きにくい性格と言えます。地道に努力を重ねてきた人からは信用されなかったり、ずるいと言われることもあるので注意が必要です。

申年生まれの男性の性格

申年生まれの男性の性格ですが、お茶目なイメージやかわいらしい雰囲気があり、周りから慕われる性格をしています。有名芸能人で言うと、桑田佳祐さん、小堺一機さんなどがそれに該当します。

また世渡りが上手で、知性もあるため社会の流れを読んで行動することができます。短期集中型に仕事をこなし、短い期間で成果を上げることができるでしょう。

好奇心が強く、強い刺激を求めることが人生に幾度となくあるので、時にリスクをとる選択をする場合があります。周囲の人は、その様子を見てドキドキさせられますが、良い学びの機会となりその後の人生の良い糧となるでしょう。

申年男性の恋愛面での性格は、恋の駆け引きが上手で、攻めると守りのバランスが良い恋愛を展開するでしょう。相手の気持ちを汲み取ることが得意で、意中の相手を落とすことが得意な人が多いです。しかし一方で「チャラい」と勘違いされることもあるので注意が必要です。

申年生まれの女性の性格

申年生まれの女性の性格は、頭の回転が速く知性的で、周りの空気を読んだ立ち振る舞いができる人です。上手に相手の気持ちを汲み取り、励ましたり、空気を和ませる才能に秀でた性格の女性が多いでしょう。

申年生まれの女性有名人では、菊池桃子や水樹奈々、竹内結子が挙げられます。器用な性格であるために、一つの分野だけでなく、複数の分野で才能を発揮させる場合があります。アイドルと大学教授をこなす菊池桃子や、声優とアニソン歌手の水樹奈々がその例と言えるでしょう。

才能があり、頼まれごとが多く責任感が強い性格なので、「あれもしなくちゃ、でもこれもしなくちゃ」と、優柔不断に陥ることがあります。また空気が読める性格なので、周りの空気ばかりが気になりどう行動を起こせばいいか分からなくなる時があります。こうした時には、「ちょっと休憩」と投げ出す勇気も時には必要でしょう。適度な気分転換が大切です。

五黄土星の申年

五黄土星の申年生まれ性格は、人情深く世話好きす。また、責任感が強く相手の人のためにベストを尽くすことができる人が多いでしょう。

ですが、五黄土星の申年生まれの人の特徴として、運勢が両極端に別れる傾向があります。周りから最高の尊敬を受ける人もいれば、反対に最低の評価で蔑まれる人もいます。同じことをしていても周りからの評価は雲泥の差で、最高に良い評価を受ける人もいれば、反対に最低の評価を受ける人もいます。

たとえば、相手のためにした行動も「いつも親切で助かる人。あの人は信用のおける責任感が強い人」と良い評価を受ける人もいれば、「あの人はいつもお節介で困る人。強制的で押しつけがましいから避けたい人」と最低な評価を受ける人もいます。五黄土星の申年生まれの人は、どんな場面に立ち会っても粘り強く努力できるので、もし自分が後者の方であっても挽回の余地はあります。

申年生まれの人の恋愛的な性格

愛嬌があって人気者の申年は、一体どんな恋愛をするのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

恋愛上手な申年生まれの性格

おしゃべり上手で、空気が読めて、人懐っこい性格の申年生まれは、まさに恋愛上手な方が多いです。恋人とも上手にコミュニケーションが取れて、男性であれば相手のエスコートをしてあげることができるでしょう。また女性であれば、自分の仕事ややるべきことをこなしつつも、相手の男性に尽くすことのできる配慮と器用さを兼ね備えている方が多いです。

申年生まれの方に多い恋愛の特徴は、友人関係からの発展的な恋愛です。異性の友人が多く、社交的な性格の申年生まれですが、普段恋愛対象と思ていなかった相手に対してちょっとしたことがきっかけで、興味を持ち恋愛に発展するケースがあります。申年生まれの相手に思いを寄せている方は、友人として親交を深めるとよいでしょう。

申年生まれが恋愛で注意すべきこととは?

基本的に恋愛上手な性格の申年生まれですが、今の恋人と長く付き合いたかったり恋愛を成就させたいと思うのであれば、注意すべき点がいくつかあります。

申年生まれの性格は、忍耐に弱く好奇心が旺盛です。恋人とうまくいかなかったり、ちょっとした喧嘩の最中に、別の好みの異性がそばにいると楽な方に流れ浮気をしてしまいがちです。こうした移り気で始まる恋愛は、すぐに終わることが多いので、浮気をしてしまったことを後で後悔することとなるでしょう。

浮気性な性格を意識し、甘い誘惑には打ち勝つ努力をしましょう。また忍耐弱いことも恋愛成就の上では大きな弊害となります。意見の相違や喧嘩は、より親密な関係になるに従って起きてしまうことは、当たり前です。「分かり合えない」とすぐにあきらめるのではなく粘り強く向き合ってみましょう。

申年生まれと相性のいい干支は?

申年生まれと仲が良いとされている干支は子年です。申年が愛情をそそぐと、その恋愛は成就するでしょう。家族になっても、協力し、足りないところを補い合い仲の良い関係が築けます。

ただし申年がわがままを言わないように注意する必要があります。子年は、恋愛に対して真面目なので、一生懸命に申年の要望に応えようとするでしょう。申年が調子に乗って好き勝手言っていると、子年は疲れてしまったり、愛想をつかしてしまう可能性が高いです。

また、辰年とも相性がいいです。気が合うので、一緒にいて疲れませんし、自分らしくいられる関係です。お互いの弱点を補い合い、同じ目標をもって努力できそうです。

ただし、辰年は自尊心が強いので、申年は相手の気持ちを傷つけないように注意を払いましょう。辰年は意地っ張りなので、対抗するような言動を繰り返していると二人の愛は冷めてしまいます。ちょっとした気遣いで恋愛は成就するでしょう。

血液型別の申年生まれの人の性格

血液型別の申年の性格についてご紹介していきます。より詳しい性格がわかるので必見です。

a型

申年のa型は、ユーモアがあり、また申年特有の愛嬌があるので皆から愛される存在になるでしょう。人間関係においても敵を作らず、人が集まってくる人望も兼ね備えた人です。相手の気持ちを汲み取り、気遣いのできる人で、相手の本音や弱音も包みこむことができる優しさがあります。

b型

申年のb型は、楽観的でとても明るい性格の持ち主です。時にめげることもありますが、気持ちの切り替えが上手なので、いつまでもくよくよ悩むことはないでしょう。そばにいる人も、申年のb型の明るさが伝わり、元気をもらうことができます。

物事を深く考えない性格なので、目先のでき事さえも考えずに行動してしまう癖があります。ですので、予想外な展開に陥ったり、思いがけない壁にぶち当たると、しり込みをしてしまうことがあります。少し時間はかかりますが、持ち前の頭の良さで方向転換することができるでしょう。

カリスマ性があり、才能に満ち溢れているので、集団の中に埋もれていても注目される存在です。表現方法がちょっと苦手なので、上手にフォローしてくれるパートナーの存在で、自分をアピールできる場を増やしていくことができるでしょう。

o型

申年のO型は、柔らかい性格の持ち主で、誰からも愛されるでしょう。人間関係がぎすぎすしている集団に、突然入れられてもその場の雰囲気を和ましてくれるオーラがあります。楽天的な性格で、周りの人もそばにいて気持ちが穏やかになることでしょう。

申年のO型は頭の回転が良く、さまざまなことに精通していて大抵のことはやってのけることができる器用さを兼ね備えています。周りの空気を読むことができるので、才能を上手に表現することができるでしょう。

熱心に取り組み、パワフルに仕事をやり遂げていきますが、長期戦には弱いという弱点があります。その性格を一言にいうのであれば「短期集中型」で、また飽きっぽい性格なので、地道に事を進めたり、長時間かかる仕事には不向きです。短期間に成果の見える仕事に就くとよいでしょう。

ab型

申年のab型は、フットワークが軽く、じっとしてる仕事よりも、外に出て体を動かす仕事が向いている性格です。人と会うことが好きで、頭の回転が良く、人間関係を次々と作っていくことができます。

弱点として、飽きっぽく長続きしないことが挙げられます。人間関係においても同様のことが言えるので、長年付き合っている相手にこそ、より丁寧で真摯な対応を心がけましょう。

星座別の申年生まれの人の性格

星座別の申年生まれの人の性格についてご紹介します。愛嬌があって人気者の申年にも、いろんな種類があるので、ぜひ参考にしてください。

山羊座

仕事と遊びの切り替えができる性格をしています。切り替えが上手で、精神的なコントロール感覚にも優れています。何か落ち込むことがあっても、上手に気分転換ができる人です。

自分と違う考えを持っている相手とも、アサーティブな関係を築くことができます。相手の意見と自分の意見をすり合わせ、自分のものにしていく余裕もあります。人間的に幅のある人物です。

牡牛座

能力があるために、努力をすることを避けてしまう癖があります。地道な努力はめんどくさいと考えてしまう節があるので、何か好きなことを見つけて努力する練習をするといいでしょう。一度努力する大切さや楽しさを見けることができたら、仕事の幅を広げることができます。

牡羊座

几帳面な性格で、美しいものに対する感性が研ぎ澄まされている人です。美しい物、きれいなものが大好きで、自分の身だしなみや言動も、洗練されたものになるよう日々心掛けています。

恋愛においては、たとえ恋人がいても周りにより素敵な異性がいると浮気をしてしまう危うさがあるので注意しましょう。こうしたときは、今一度今の相手と向き合い、恋人の良いところをノートに書きだしたり、相手に伝えるようにしましょう。のぼせた気持ちが落ち着き、正しい判断が下せるでしょう。

水瓶座

相手の気持ちに立って物事を推し量ることができる人です。他人のことに余計な口出しをしたり、出しゃばったりすることはない、謙虚さを兼ね備えています。

ですが、ここぞという時には行動的で、力を発揮できる強さがあります。体調面では血圧に注意が必要です。早寝早起きを心がけましょう。

蟹座

バイタリティーにあふれた人です。人情深く、熱い情熱を兼ね備えていて、仕事や恋愛にも影響を与えるほど感受性が強い性格をしています。

大ピンチになるときほど、最強の力を発揮することができます。いつもは感情に流されやすい性格をしていますが、追い詰められると逆に冷静になれる勝負強さがあります。

申年生まれの人と性格の相性が良い人

申年は人好きで、愛嬌もあるために人間関係では特に苦労が少ない性格をしています。ですが、調子に乗りやすいという弱点もあるために、そこを注意すると多くの人と仲の良い関係を築くことができるでしょう。

また申年は、調子に乗ると「いらない一言」を言ってしまうことがあり相手の気持ちを不快にさせたり、自尊心を傷つけてしまうことがあります。ですが、これは悪気があってのことではないので、こうした子供っぽい性格を理解することができる相手が望ましいと言えます。

子どもっぽい性格の持ち主の申年は、相手が自分の要望どおりに行動してくれると、相手に甘えてわがままを言うことがあります。申年のわがままただひたすら聞いているだけでは、申年が成長しませんし、相手がくたびれてしまいます。甘えさせる一方で、時折厳しくしかって間違いを正すことのできる相手が、申年にはぴったりな人物像と言えるでしょう。

人気者の申年はお調子者!

いかがだったでしょうか。今回は申年の性格を中心にご説明してきました。

愛嬌があって、才能にあふれている申年はみんなからの注目の的です。ですが一方で、お調子者であったり集中力にかけるという弱点も兼ね備えています。こうした弱点をあえて自覚することは、今後の自分の成長のために大切なことです。また周りの人に申年がいたときに、どのようなかかわりが必要かが分かってくるでしょう。

Line@