Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】旦那が嫌いなときの理由・対策|離婚/生理前

Author nopic iconcony
結婚 / 2018年04月14日
【状況別】旦那が嫌いなときの理由・対策|離婚/生理前

旦那が嫌い!その理由や状況とは?対策は?

「旦那が嫌い」「一緒にいたくない」「もう限界、離婚したい」など、もう旦那の事が嫌いで仕方なく、一緒に過ごす事がストレスで悩んでいる奥さんはたくさんいるのではないでしょうか。今回は旦那が嫌いな理由や状況、対策についてご紹介していきます。

旦那が嫌いな理由とは?

「共働きなのに家事を手伝わない」「何度注意しても脱いだら脱ぎっぱなし」「毎日携帯でゲームばっかり」「体臭がきつすぎる」「ケチすぎる」などなど、旦那を嫌いになる理由はきりがない程たくさん出てくるでしょう。今回は共通して多い旦那が嫌いな理由についていくつかご紹介します。

家事も育児も手伝ってくれない

今は昔と違って結婚しても共働きで生活する家庭は増えています。にもかかわらず家事も子育ても妻に任せっきりで、手伝わない。仕事から帰ったらくつろいでいるという旦那は多いでしょう。そんな旦那が嫌いになる理由として次があります。

・「共働きなのに家事は手伝わない、子供の面倒も見ないで家に帰ってきたらゲームしたりゴロゴロしている」
・「家事は女がするのが当たり前だと思っている」
・「お願いしても手伝わない、嫌な顔をする」
・「旦那は休みがあるのに、自分は毎日家事と育児で休みがない」
・「子供に無関心、自分には関係がないと思っている」

感謝もなくやってもらう事が当たり前だと思い、何もしない旦那の存在はストレスでしかなく、どんどん旦那が嫌いになるでしょう。たまには家事をサボったり、当たり前ではないという事をわからせるために旦那を置いてしばらく家を出てみてはいかがでしょうか。

気持ち悪いと思ってしまう

「旦那が嫌い」よりも実は深刻な「気持ち悪い」と思う気持ち。結婚してから旦那の事を生理的に気持ち悪く思い、本能的に受けつけなくなり一緒に過ごす事を苦痛に感じて悩んでいる奥さんは実はたくさんいます。

・「旦那に対して恋愛感情はなく、触れられるのが気持ち悪い。苦痛。」
・「食べる時のくちゃくちゃした音が気持ち悪い」
・「口臭や体臭が耐えられない。きつい」
・「結婚してから太った。見た目に気を使わない。不潔」
・「生理的に気持ち悪いと思ってしまう」

実はこのように旦那に対して気持ち悪いと思ってしまうのはおかしい事ではなく、だれにでも起こりうる事です。ただ、子供がいたり、旦那に愛情がまだある場合は気持ちを正直に話して、直せる部分は直してもらうにしましょう。

女として見てくれない

付き合っていた頃はデートをしたり、「好き」と言ってくれたり「かわいい」「キレイ」とか褒めてくれたり、ささいな事に気づいてくれたり、と大切にしてくれていた旦那。今では結婚して子供ができて、家族として一緒に暮らしているうちに、もう女性でなく母親として見られ女扱いされなくなり、旦那が嫌いになっていく奥さんは多いでしょう。

・「髪を切っても、かわいい服を着ても気づいてくれない。褒めてくれない」
・「夫婦生活を拒否される」
・「愛を感じられない。感謝もされない。家政婦として思われている」
・「家族だからもう女性として見れないと言われた」

妻として母親として仕事も家事も育児も頑張っているのに、このような旦那の態度は悲しく許せないでしょう。この事が理由で旦那が嫌いになり、冷めていく人は多く、自分を必要としてくれる人と不倫をする人もいるでしょう。

もう無理!旦那が嫌いなときの対策とは?

「旦那が嫌いで仕方ない」「一緒の空間にいるのも嫌」「存在が嫌」「生理的に無理、耐えられない」と旦那と一緒にいる事が耐えがたく、すぐにでも離れたいと深刻に悩んだ場合はどうすればいいのでしょうか。別居と離婚について考えてみましょう。

別居をしてみる

旦那が嫌いだからといっていきなり離婚を選択するのではなく、別居をしてみてしばらく冷静に考える時間を持つ事も大事です。距離を置いて暮らしてみる事で、相手が自分にとってどういう存在だったのかわかるはずです。

別居をする事で自分の時間が増えます。相手がいなくて寂しいと思っている自分はいるのか。それとも清々しているのか。また相手のどういう所が嫌で許せないのか、もしそれが直ったらまた一緒に暮らしたいと思えるのか。そして自分自身は相手に対してどうだったのか。と考える事でわかってくる事があるでしょう。旦那も同じです。

子供の事や経済的な事も含め、自分がどうしたいのか、気持ちの整理がついたら旦那と今後について話し合ってみましょう。冷静な気持ちで思っている事を正直に話し合う事で、二人にとって良い方向に向かうのではないでしょうか。

離婚をする

旦那が嫌いで本気で離婚をしたいと考えている人、決意している人は離婚後の事について冷静に考える事が必要です。旦那が嫌いという理由だけで離婚をした人は、後々後悔している人が多いからです。自分自身の生活、子供の事、経済的な事、離婚した後はどう生活をしていくのか、月々いくらお金が必要になるのかなど、リアルに計算し考えてみましょう。

旦那が嫌いで苦痛でしかなく、離婚に対して心の整理がついていて後悔はないと考えている人は、早めに離婚しましょう。もしそのような状態で離婚に踏み切れず悩んで過ごしているとストレスが積み重なり精神的に病んでしまいます。またそんな状態でいてもお互いの人生にとって悪影響しかなく時間の無駄になってしまいます。

離婚をした事で後悔するのではなく、離婚した事で新しいスタートがきれるように「旦那が嫌い」だけで決めてしまうのではなく、どうする事が自分にとっていいのか考えてみましょう。

【状況別】旦那が嫌いなときの対策とは?

普段の生活の中で旦那が嫌いというよりも、自分自身が置かれている状況によって旦那に対しストレスを感じやすくなる事があります。そこで、どんな状況だとイライラしやすくなるのか、旦那が嫌いになるのかについてご紹介します。

生理前になると旦那が嫌いになるのは?

生理前になると旦那に対して普段よりイライラしてしまい、ケンカをしたり、旦那が嫌いになる人もいるのではないでしょうか?人によって個人差がありますが、女性は生理前になると気持ちが不安定になり、ひどく落ち込んだりイライラする事があります。

これはPMS症状(月経前症候群)と言われていて、他にも、身近な人に八つ当たりしたり、にきびができたり、憂鬱な気分になったりとさまざまな症状があります。生理は定期的にあり、このような症状を経験し悩んでいる女性はたくさんいます。こんな時はどう対処すればいいのでしょうか。

PMSはストレスが症状を悪化させるとされています。なので体を動かしたり、好きな場所に行ったり、ゆったり過ごしたりストレスを溜めないようにしてみましょう。また、症状を緩和する方法のひとつに食生活の見直しがいいとされています。なのでバランスの良い食事を心がけてみましょう。

新婚なのに旦那が嫌いになるのは?

新婚といえばこれから2人の夫婦生活がスタートし、楽しくて幸せな生活が始まるイメージがあるのではないでしょうか。実際に楽しく新婚生活をおくっている夫婦もいれば、すでに「旦那が嫌い、もう離婚したい」と新婚生活に苦痛を感じている人もいます。好きで結婚したはずなのになぜそう思ってしまうのでしょうか。

「生活のリズムの違い」

結婚する前に同棲していなかった場合は、結婚後、一緒に生活するようになると2人の生活のリズムに馴染めずイライラし、ケンカもしがちです。また知らなかった相手の部分が見えるようになったり、合わない部分が出てくるなど一緒にいる事がストレスとなり、旦那が嫌いになる事があります。

今まで自分が送っていた生活が変わり最初はストレスを感じやすいですが、次第に慣れる場合もあります。色々とズレが生じて我慢できない場合は正直に話し合いましょう。そしてお互い妥協したり、直していきながらストレスが溜まらないように楽しく生活していきましょう。

「引っ越しによる環境の変化」

結婚を機に引っ越しで仕事を辞めたり、親や友人がいる地元を離れたり、今までと違う生活環境になる人は強くストレスを感じるでしょう。そしてこうなったのは旦那のせいだと思い旦那が嫌いになる場合があります。

最初は環境に馴染めずイライラしたり気持ちが不安定になりますが、しばらくすると慣れてきて次第に落ち着いてきます。外を散歩したり、旦那と一緒に楽しそうな所に出掛けたり、ゆっくりと新しい環境に慣れていきましょう。

妊娠中に旦那が嫌いになるのは?

妊娠をするという事は夫婦にとってとても喜ばしく幸せな事ですが、妊婦さんはホルモンバランスが崩れるためマタニティブルーになりやすく、旦那の些細な行動や理解のなさにイライラしやすくなります。なので妊娠中は「旦那が嫌い」になったり「嫌悪感」を抱いたりする妊婦さんは多く、誰もが一度は経験した事があるのではないでしょうか。

妊娠中は情緒不安定になったり、つわりで体調が悪かったり、我慢しないといけない事が多かったり、体形が変わったりなど、とてもストレスが溜まります。そんな中、「旦那があまり家事に協力的でない」「しんどさを理解してくれない」「好きな事をやっている」などの態度をとられると、むかついて旦那が嫌いになるでしょう。

ストレスは母子ともにいい事はありません。旦那にはマタニティブルーの症状や妊娠中の辛さを理解してもらい、協力を得ながら一緒にマタニティライフを楽しめるようにしましょう。

出産後に旦那が嫌いになるのは?

赤ちゃんが産まれるとママだけでなく、泣いて喜ぶ旦那もいる事でしょう。退院後は幸せな家族生活が始まるのをイメージしてしまいますが、産後に「旦那が嫌い」「顔も見たくない」と旦那の事を急に嫌いになり、離婚を切り出す女性もいます。なぜでしょうか。

実は産後の疲労による体調不良やホルモンバランスの変化、旦那への不満など、さまざまな要因が重なり引き起こしてしまう産後クライシスが原因とされていて、離婚にも発展しやすいとされています。

育児に疲れたり、気持ちが不安定になったり、旦那にイライラした時はホルモンバランスが関係しているんだと考えましょう。また、そんな時は親を頼ったり、旦那に感情の変化について説明して理解してもらい、サポートしてもらえるようにしましょう。

旦那への「感謝」や「好き」を思い出してみよう!

いかがでしたか。今回は「旦那が嫌いな理由」についてご紹介させていただきました。多くの女性が「旦那が嫌い」だと感じ、不満を持ち、さまざまな理由で悩み、一緒に生活する事にストレスを抱えて過ごしているという事がわかったのではないでしょうか。

短くも長くも一緒に過ごしていれば旦那を嫌いになる事はあるでしょう。逆に旦那から不満に思われている事もあるでしょう。ただ一度は好きになって結婚したいと思った相手です。「旦那が嫌い」だと感じたら、嫌いな部分にばかり焦点をあてるのではなく、感謝している事はないのか、好きな所はないのか一度考えてみましょう。

嫌いな旦那に対して少し穏やかな気持ちになり、自分自身も少し楽な気持ちになれるのではないでしょうか。