Search

検索したいワードを入力してください

どうしたらいいかわからない時の心理|仕事/恋愛/不登校

Author nopic iconライム
性格・タイプ / 2018年04月28日
どうしたらいいかわからない時の心理|仕事/恋愛/不登校

仕事でどうしたらいいかわからない思いになる心理

普段生活をしていれば、仕事や家族問題や恋愛などでどうしたらいいかわからない状態に誰でもなることはあります。大切な事はどうしたらいいかわからないことになっても、冷静に自分と向き合うことが必要になります。特に仕事で迷ってこの先どうしたらいいかわからないことになりがちなので、転職を考えたり、仕事の仕方を変えていきましょう。

心理的には、今している仕事が自分にとって重荷になっている事もあるので、仕事量が賃金に見合ったものなのか、自分で納得して仕事ができているかにも関わってきます。できるだけストレスフリーの状態で仕事ができるような労働環境を整えましょう。

どうしたらいいかわからない時は流れに任せる

恋愛でも仕事でもどうしたらいいかわからない状態になれば、周りが見えなくなり、その時々の判断を鈍らせます。転職や新しい恋人を探して何とかならない場合は、ある程度、なるようにしかならないと言い聞かせて、今の状態を受け入れることを選ぶ事もしないといけません。

人は人それぞれ能力や運、才能の差があります。どうしたらいいかわからない思いになっている場合は自分自身しか見えていない場合があるので、仕事や恋愛で精一杯で何もする余裕がなくても、自分なりの解決法や気分転換法を考えておきましょう。社会人になる人は自分のメンタルも管理できないと一人前になれません。

恋愛でどうしたらいいかわからない状態になる心理

仕事と恋愛は別次元の物です。学生などが恋愛でどうしたらいいかわからない状態になっても、仕事に支障をきたすことはないですが、ある程度の年齢になり、それなりの地位に就けば仕事に恋愛の悩みを出すような行動を取る事は軽率です。恋愛でどうしたらいいかわからない場合は今している仕事などに影響が出ない程度に留めておく事が必要です。

寝ても覚めても、恋愛の失敗や好き過ぎて忘れられなくて、どうしたらいいかわからないことになっても周りに当たる事をやめましょう。また冷静な判断を失くしてしまい、眠れなくなったり、占い師に相談するような状態になる恋愛は幸せな恋愛とは言えません。身の丈に合った恋愛をすることでどうしたらいいかわからない恋愛になりにくくなります。

彼氏・彼女の心理を掴めない場合

若いうちや恋愛に慣れていない場合はどうしても、どうしたらいいかわからない状態になりがちです。彼氏・彼女と認めてもらえたのならば、自信を持って恋人として一緒に過ごすべきです。自分にふさわしい相手なのか、もしくは一緒にいて楽しいのか疑問に思ってしまった場合は別れる事も考えましょう。

どうしたらいいかわからない状態になるのは、今の彼女や彼氏に疑問を感じているからです。メールや電話をしても、連絡が取りにくかったり、どうしたらいいかわからない考えになったら、相手に自分の事をどう思っているのか、今自分が悩んでいる事を正直に話しても、どうしたらいいかわからない状態を脱出できるでしょう。

好きすぎて何も手に付かない場合

仕事に支障が出るほど相手が好きすぎて周りが見えなくなるのは、恋に盲目になっている状態です。相手が好きすぎて、どうしたらいいかわからない状態になっているのは幸せなことなので、必要以上に周りに自慢したり、仕事をいい加減にすることはやめましょう。

好きすぎて周りが見えなくなり、どうしたらいいかわからない状態になっている場合は好きすぎる状態が幸せなので、問題として捉える事はしなくてよいです。いかに自分で理性的な行動を取っていくのかを考えていきましょう。

周りに反感を受けるような行動や言動を避ければ、好きすぎて困る事はないでしょう。

失恋を経験して間もない場合

失恋を経験して、どうしたらいいかわからない場合は新しい恋愛を探しましょう。失恋で傷ついた心を癒すのは新しい恋愛しかないです。失恋で仕事に影響がないようにしておきましょう。どうしたらいいかわからない状態になっている時は次の恋愛に進みにくい失恋もあります。一人旅をしたり、甥っ子や姪っ子と遊園地にいくのもよいでしょう。

失恋でどうしたらいいかわからない場合は、傷を癒すような事をしてゆっくり過ごし、余裕があれば新しい恋愛を探しましょう。友達や家族に心配させない態度をとることも必要になります。

離婚をして傷ついている場合

裁判を開いて弁護士が入ってくるような離婚になれば、どうしたらいいかわからない状態になりがちです。慰謝料や子供の親権を争う事になれば、冷静ではいられなくなります。再婚を考える事はせずに、現在の生活を通常の生活に戻す事に重きを置くようにしましょう。

恋愛でどうしたらいいかわからない時とは違って、社会的な責任を伴うこともあります。本当に離婚という道を選んで良かったのかを考えないと、いらぬ苦労をして、どうしたらいいかわからない状態が長く続いてしまいます。

離婚でそのような状態になれば、通常の生活を営めるようにしていくことが先決です。

状況別に見たどうしたらいいかわからない時の心理

どうしたらいいか分からない状態に陥っている人はその境遇に慣れている人もいます。常日頃からどうしたらいいかわからない状態にいるので、それが当たり前だと思って、仕方なく受け入れています。

若いうちのどうしたらいいかわからない思いは誰でもありがちですが、30代になってもその状態が長く続くようならば、仕事や生活自体を根本的に変えていかないと脱出するのは難しくなります。学生時代のどうしたらいいかわからない状態は若さの証でもあるので、たくさんのことを悩む事で、その後の人生をよいものにすることができます。

不登校で困っている場合

不登校の場合はいじめを受けていたり、勉強ができずにクラスから浮いていたり、なにかのきっかけがあってどうしたらいいかわからなくなります。不登校になる場合は、今の状況を学校を行かないで何とかしたいと思っている場合が多いです。辛くても学校へ登校して、自分の世界を学校で作る事が必要になります。

不登校で困っている時は親も一緒にどうしていいかわからない思いになっています。子供は親の心配をせずに、もしいじめを受けていれば、誰から受けているのかを先生や親に話す勇気を持ちましょう。成長期の心の動揺というのは大人になってからも大きく影響します。不登校でどうしたらいいかわからないような事になれば、身近な大人に相談しましょう。

自信を失くして困っている場合

仕事でも学校でも友達関係でも、上手くいかず自信を失くしている人はたくさんいます。色々な理由でどうしたらいいかわからない状態になっていれば、早くその状態から脱出して、通常の生活ができるようにしておくことが必要です。

仕事でも学校でも自信を失くしている場合は、得意な事を伸ばしたり、自分がやっていて楽しい事をしましょう。どうしたらいいかわからない状態になっていれば、職場や学校でつま弾きにされていることもあります。信頼を失くしたり、学校や仕事を続けるのが難しくなっている場合は、転職や転校を考えて新たな環境で努力して自信をつけることも選択肢としましょう。

仕事がままならず金銭的に困っている時の心理

常にお金に困ってい人は学歴があっても、なくても関係なくお金に困っています。自分より想像力の乏しい人が多くの幸せを手に入れていると考えている人は、賢い人程多いです。仕事がいつまでもままならない場合は、他人を妬んだり、今の状態に満足せずに自分を責めてしまう場合がほとんどです。

自分を責めたり、思いどおりにいかない思いは長く続くと良い結果を生み出しません。なぜ仕事が上手くいかないのかを考えるよりは仕事を選ばずに、何でも引き受ける気持ちで仕事をしていけば、自然と信頼を得られて、不思議と仕事への評価が高くなり、栄転などもありえます。仕事を持っていれば感謝して続ける事をしていくべきです。

どうしたらいいかわからない思いになっても、細かいことは考えずに今の環境で最大限の努力をしましょう。

就職活動でどうしたらいいかわからない時の心理

就職活動で職種や業種の違いが分からなかったり、面接で緊張して本来の自分の力が発揮できずにどうしたらいいかわからない状態になっている人はたくさんいます。今まで学生で、働く事の現実に向き合うことで、どうしたらいいかわからなくなっている人も多いです。

またなかなか内定がもらえなかったりすれば、どうしたらいいかわからなくなります。面接で大人と話す事に慣れていないと、なかなか上手く話せません。アルバイトの経験を重ねて、職場に慣れていく事をしてきましょう。

将来への心配が募る場合

やりたいことが見つからなかったり、友達との差が出ると焦ってしまい、どうしたらいいかわからないことも多くなります。若いうちの将来への不安は常につきまとうものだと言い聞かせて、今できる事をしてきましょう。将来への不安が募る場合は、今していることが上手く進んでいない事もあるので、他に得意な事がないのか探してみましょう。

将来への不安は若いうちは誰にでもある事です。若いうちの将来への不安がない方が問題なので、ある程度の不安がないと常によい生活をしようという思いや、仕事をよいものにしようと考えなくなるので、若いうちの不安はつきものだと思い向き合うことが必要です。

過度な不安がある場合もありますが、ある程度の不安は必要になります。

落ち着いて今の状況を見てみる

仕事でも学校でも恋愛でも、周りが見えなくなるような状態に長くいるのはよくないです。若いうちは自分の事を冷静に考える事が難しくなります。浮かれている場合も不安に押しつぶされるような場合も、どうしたらいいかわからないことになる事はあり得ます。

周りの人の事を考えて、冷静に物事を考えられるような人になるようにしましょう。いざ環境の大きな変化が起こっても冷静にいれば、被害を最小限にできて、周囲の人への印象もそんなに悪くなりません。常に冷静に行動できるようにしましょう。

どうしたらいいかわからないのは若さの証

どうしたらいいかわからない状態になるのは若さから来る感情が多いです。歳をとれば新鮮な気持ちや物事に感動する気持ちがなくなることもあります。若いうちしか経験できないのが、どうしたらいいかわからないという感情なので、若いうちに経験した事を覚えておき、歳を取っても笑って語れるようになりましょう。

どうしたらいいかわからない思いは若さの特権であり、若さの証でもあります。

道に迷ったら今まで歩んだ道を振り返ろう!

どうしたらいいかわからない状態になるのは、今の状態を変えようとしているので、向上心が現れている状態です。どうしたらいいかわからないという思いが募ったら、自分を見失うことはしないで冷静に周りを見ていきましょう。

冷静に周りを見れなくなったら、今までしてきたことを振り返る事もするとよいでしょう。過去を美化するのではなく、これだけのことをしてきたのだから、どんな困難も乗り越えられるという思いを強くするために、今までしてきたことを振り返って自信をつけるようにしましょう。

関連記事

Related