Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

Small 6868130c d97f 4ef7 b35f f0d3ee3ae011mochiko8613
育児 / 2018年04月17日
【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

不安で眠れない夜の対処法

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

不安で眠れないともやもやしてしまい、ほとんど眠ることができずに朝を迎えることがあります。不安で眠れないというのはほとんどの方が経験することですが、対処法を知っていれば眠ることができます。

不安で眠れないときは寝不足になり、日中頭が回らないなどフラフラすることも考えられます。休みの日であれば良いですが、仕事をしたり学校へ行ったりすることもありますので、頭をしっかり回転させるためにも、不安で眠れないときは対処法を考えて眠れるようにしましょう。

不安で眠れないのはなぜか考える

不安で眠れないというのはさまざまな原因があるので、まずなぜ眠れないか考えることが大切です。原因がはっきりすることで、原因を解決するべきか考えたり、不安にならないように別のことを考えるなど対処することもできます。

もやもやしてしまう、不安で眠れない、と目がさえるようであれば状況を整理してみましょう。原因がわかるだけでも落ち着いて眠れることもありますので、ゆっくり考えてみるのもおすすめです。

不安で眠れないときはリラックスする

不安で眠れないときは、体が緊張していることが考えられます。まず体を落ち着かせることも大切です。不安で眠れないと感じたら、リラックスできる方法がないか考え、行動にうつすと早く眠れるなどメリットもあります。

ゆっくりと大きく伸びたり、落ち着いて深く深呼吸をするなど、簡単にできる方法もあります。もしくは好きな音楽を聴いたり、アロマをたくなどリラックスできる方法はたくさんあるので試してみましょう。

起きられないと考えるのをやめる

不安で眠れないと、睡眠時間がどんどん少なくなり、朝起きられないのではないかと感じてしまうことがあります。朝起きなくてはいけないから眠らなくてはいけない、朝起きられなかったらどうしようと考えると、余計不安で眠れない状態になることもあるので注意しましょう。

不安で眠れない場合翌朝のことが気になりますが、一旦翌朝のことを考えるのはやめて、安心して眠れるようにすることも大切です。朝起きなくてはいけないと考えることで、自身にプレッシャーをかけてしまうこともありますので、とりあえず目をつぶってみるなど気持ちを切り替えるのもおすすめです。

眠るモードに切り替える

不安で眠れなくなるときは、色々と考えてしまい体が眠るモードに切り替わらないことが考えられます。眠る直前はテレビを観たりパソコンに向かわないようにするなど、光の刺激をできるだけ受けないように対策をたてることもおすすめです。

また、激しい音楽を聴いたり、大音量で音を流すと音による刺激で脳が興奮して眠れなくなることがあるので注意しましょう。音楽を聴くときは音量をできるだけ下げ、バラードを聴くなど、リラックスして聴ける曲を選ぶのもおすすめです。

寝る時間を決めて行動する

まだ眠たくないから寝ないと考え、遅い時間まで起きることもあります。起きている時間は色々考えてしまい、結果不安で眠れないと感じる結果になることが考えられます。23時には眠るようにし、22時半頃から照明を段々落としたり、テレビを消すなど眠る準備をするのもおすすめです。

温かい飲み物を用意し、リラックスしながら眠れるように環境を整えるなど、スムーズに睡眠に入れるようにするのも良い方法です。眠たくなくても寝る時間を決めることで、生活にもメリハリが出るのでおすすめです。

状況別不安で眠れない夜の対処法

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

不安で眠れないと感じることにはさまざまな状況が考えられますので、まずは状況を整理することが大切です。状況にあわせて対処法を考えることで、より安心して眠れるなどスムーズに解決できることが考えられます。

状況別に眠れない夜の対処法をまとめましたので、自身がどういった状況に置かれているのかを考え眠れるように実行してください。

仕事

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

不安で眠れないと感じることの原因として、仕事のことがきっかけになることも多いです。仕事のことを考えていれると不安で眠れないなどと、朝まで眠れないことも珍しくありません。

仕事のことで不安で眠れないと感じた時は、まず不安を取り除くことが大切です。翌日大切な会議があるが失敗しないだろうかと、ストレスを感じることから眠れなくなることもあります。会議は大丈夫だと自身に言い聞かせたり、資料を読めば大丈夫などと、安心して翌日出社ができるように考えるのもおすすめです。

離婚したくない

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

離婚したくないと考え、不安で眠れないこともあります。不安を取り除くことが大切ですが、自身の気持ちを整理して今後どうするべきか考えることをおすすめします。

離婚したくないと感じてはいるものの、なかなか夫や妻に自身の気持ちを伝えることができず、もやもやして不安で眠れないと感じる方も多いです。勇気が必要にはなりますが、思い切って相手に離婚したくないと気持ちを伝えるのもおすすめです。

不妊

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

なかなか赤ちゃんができない、不安で眠れないという人もいます。不妊治療というのはいつ終わるか予測もつかず、深く悩んでしまう人も多いです。

不妊治療に行き詰まってしまったときなど不安で眠れないと感じたら、相談するのもおすすめです。誰かに話を聞いてもらえば一時的に気を紛らわすことができたり、元気をもらえることもあります。

同じく不妊治療をしている人と仲良くなったり、夫や実家の両親など親しい間柄の人に話を聞いてもらうのもおすすめです。1人で悩むのではなく、誰かに話を聞いてもらい安心することが大切です。

妊娠初期

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

妊娠初期は不安で眠れないと感じる人も多く、睡眠不足になることも珍しくありません。不妊治療を行ってようやくできた赤ちゃんが流産してしまったらどうしよう、しっかり育ってくれるだろうかと不安になることも多いです。

妊娠初期は妊婦検診も4週間に1回など期間が長く、頻繁に診てもらえないこともあり不安になることが考えられます。胎動も感じずお腹の中の様子が分からないと心配にな人方もいますが、誰かに話を聞いてもらい安心して眠れるようにするのもおすすめです。

マタニティーサークルなどに参加して同じ状況のママと仲良くなったり、家族に悩みを打ち明けて話を聞いてもらうのも良い方法です。

無職

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

仕事がない、仕事が決まらないと不安で眠れないときもありますが対処することができます。無職であるということには原因があることが考えられますので、なぜ仕事がないのかということを改めて考えてみましょう。

仕事を積極的に探していないなど、不安に感じているだけで行動に移せていないこともあります。今月末までに面接を3社は受けようなどと目標を立て、明日から頑張ろうと不安な気持ちを落ち着かせる方法もあります。

自身に足りない点を整理することで、改善点も自ずと見えてきて次は失敗しないと言い聞かせることもできます。改善点さえクリアすれば大丈夫と、不安な気持ちを落ち着かせるきっかけにもなりますので試してみましょう。

受験

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

受験生が不安で眠れなくなることも多いですが、眠れないと感じたらもやもや考えず、眠れるように対処しましょう。

明日試験本番だけれども問題が解けるだろうか、朝起きられずに遅刻したらどうしようなどと不安になり眠れなくなることが考えられます。不安に感じている気持ちを取り除くことで、眠りにつくことができます。

問題が解けるだろうかと不安に感じた時は、やるべきことはやった、これまで頑張ってきたと自身に言い聞かせましょう。明日の試験では問題がサクサク解けるよと、試験中に問題を順調に解いている自身を想像するのも良い方法です。

朝起きられなかったらどうしようと考えると、余計体が緊張して眠れなくなります。深くゆっくりと深呼吸をして、大丈夫と自身に言い聞かせながら目をつむることをおすすめします。

不安で眠れない時の心理

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

不安で眠れない状況はさまざまですが、ストレスを強く感じているときに眠れなくなることが多いです。布団に入ったもののそわそわしてしまう、なんだか落ち着かないと感じ、眠りにつくことができないことが考えられます。

不安で眠れないときは、眠ることができるように環境を整えることが大切です。不安を解消する、落ち着かせることができるようにと行動することで、深い眠りにつくこともできます。脳が興奮していることも考えられますが、頭を空っぽにして眠りにつくこともおすすめします。

緊張

不安で眠れない、なんだか緊張してしまっているというケースもあります。明日試験があるけれども大丈夫だろうか、明日の会議で失敗しないだろうかと緊張してしまい、なかなか寝付けなくなる人もいます。緊張して眠れないときは、脳が興奮していることも考えられるのでリラックスさせることが大切です。

リラックスできるように、眠ることができるように環境を整えましょう。気になって携帯電話を見てしまうこともありますが、光を見ると眠りにつきづらくなることが考えられます。電気を消し、テレビや携帯電話などを見ないなどスムーズに眠りにつけるようにしましょう。

色々考えてしまう

不安で眠れない原因として、色々考えてしまうことも考えられます。明日は無事過ごせるだろうか、朝起きられるだろうかとさまざまなことを考えてしまい眠れなくなることがあります。

不安で眠れないときは、不安に感じていることは何かと書き出すのもおすすめです。テストで良い点数が取れるだろうか、会議で発表ができるだろうかなどと、不安に感じていることを書き出し整理してみましょう。

不安に感じていることを書き出すことで状況を理解することもできますし、つまらないことで悩んでいるのだなと客観的にみることもできます。不安で眠れないと感じていたけれども、簡単なことで悩んでいたのだなと冷静に判断し、結果眠りにつくことができるケースもあります。

深く悩まず解決法を考よう

【状況別】不安で眠れない夜の対処法・心理|仕事/不妊

不安で眠れないと感じ、朝までほとんど寝れなかったと悩まないように、解決方法を考えることをおすすめします。なぜ眠れないのか原因を考え、状況に見合った対策方法を選び取り組むことで、スムーズに睡眠に入ることができます。眠たくなくても寝るモードに切り替えるなど、準備できることもあるので実践しましょう。

関連記事

Related