Search

検索したいワードを入力してください

【サイズ別】茶封筒の書き方|縦・横書き/ビジネス/履歴書

Author nopic icon半田ふみ
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2018年05月07日

更新日:2018年05月07日

記載されている内容は2018年05月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【サイズ別】茶封筒の書き方|縦・横書き/ビジネス/履歴書

要確認!それは茶封筒に適した書類?

茶封筒の書き方の前に、まずは茶封筒に適した書類とはどんなものなのかをご紹介します。茶封筒は非常に汎用性が高い封筒ですが、書類によっては茶封筒に入れるべきではないものもあるので注意しましょう。

茶封筒とはどんな封筒なのか

茶封筒は、主に事務的な書類を送るときに使う封筒です。比較的安価で購入できるため、日常生活においても書類や本、冊子、ちょっとした小物などの郵送に使われます。

非常に多くの場面で使われている封筒ということもあって、サイズが豊富にあり、クッション材入りや封用のラベルシール付きといった機能的な商品も多いのが特徴的です。

茶封筒に適しているかの見きわめ

以下の表を参考に、送りたいものに茶封筒が適しているかを見きわめましょう。

書類・商品などの種類茶封筒でOKか備考
納品書・領収書・請求書などの事務的な書類OK白封筒や会社封筒でも構いません
DMOK白封筒や会社封筒でも構いません
本や冊子などOK郵送時には厚み・重さに注意してください
アクセサリーなどの小物OKクッション材入りの茶封筒がおすすめです
履歴書・エントリーシートなどの応募用紙NG改まった書類は白封筒で送りましょう
お礼状などの手紙NG二重封筒がベストです
謝礼金などのお金(手渡し)NG無地の白封筒が望ましいです
現金(郵送)NG「現金書留」という現金専用の封筒を郵便局で購入しましょう

【サイズ別】茶封筒の書き方

茶封筒には、主に「長型封筒」と「角形封筒」の2種類あります。長形封筒と角形封筒では縦横の長さの比率が違い、縦長な方が長型封筒、正方形に近い方が角形封筒です。ここからは、サイズ別に封筒の書き方をご紹介します。

長形3号・長形4号

長形封筒にはもっとも大きなサイズで長形1号(142ミリ×332ミリ)から、もっとも小さいサイズで長形40号(90ミリ×225ミリ)とさまざまなサイズがありますが、一般的には使われるサイズは長形3号もしくは長4号です。特に長形3号は、定形郵便で送れるもっとも大きな封筒ということもあり、ビジネスシーンでよく活用されています。

長形3号・長形4号の封筒は、宛先(相手)の郵便番号・住所・名前は表に、差出人の郵便番号・住所・名前は裏に記入するのが正しい書き方です。

角型A4号・角型2号

角形封筒は長形封筒よりもさらにサイズの種類が豊富で、小さいものでは定形郵便で郵送可能な角形8号(119ミリ×197ミリ)から、大きいものではB3用紙を折らずに封入できる角形B3号(375ミリ×525ミリ)まであります。中でも一般的に馴染みが深いのは、A4用紙を折らずに入れることができる角形A4号や角形2号でしょう。

どのサイズでも、表に宛先(相手の郵便番号・住所・名前)、裏に差出人の郵便番号・住所・名前を記入するという書き方は変わりません。

茶封筒の裏表の正しい書き方

茶封筒を郵送するとき、表には宛先(相手)の郵便番号・住所・名前、裏には差出人(自分)の郵便番号・住所・名前を書く必要があります。それぞれ書く位置や書き方が決まっているので、これからご紹介する書き方を参考に正しく記入しましょう。

表(宛名)の書き方

茶封筒の表には、宛先(相手の郵便番号・住所・名前)を記入します。基本的には封筒を縦長の状態にし、郵便番号は右上に横書きで、住所は右寄り・名前は真ん中に縦書きで書くのが正しい書き方です。

全ての字を丁寧に書くことはもちろんですが、特に郵便番号は機械で読み取られるため、枠内にきれいな字で書くことを心がけましょう。また、相手が団体の場合は「御中」、個人の場合は「様」という敬称を付け忘れないように気をつけてください。

裏(差出人)の書き方

茶封筒の裏には差出人の郵便番号・住所・名前を記入します。書く場所は封筒の左下です。封筒の裏を4分割したときの左下部分を、封筒の表と同じように使うと考えてください。

書き方は表と同じく、右上に郵便番号を横書きで、右寄りに住所・真ん中に名前を縦書きで書きましょう。

住所は略すことが可能?

実は郵便封筒は、郵便番号さえ枠内に正しく記入すれば、住所は都道府県・市名を略すことができます。たとえば、「A県B市C町1丁目2-3」という住所宛てに郵送したい場合は、「C町1-2-3」という書き方をすることが可能です。しかし、一般的には略すのは県名までで、市名を略すことはあまりまりません。

【縦・横書き別】茶封筒の書き方