Search

検索したいワードを入力してください

面接が苦手な人の特徴・苦手なこと・教科を聞かれた時の答え方

Author nopic iconそらあおぐ
転職・就職 / 2018年04月21日
面接が苦手な人の特徴・苦手なこと・教科を聞かれた時の答え方

面接が苦手な人の特徴

面接に対して苦手意識を持つ人は多いです。大切な面接を控えている前日の夜にはソワソワしてしまって、眠れなくなってしまうという人もいます。では、そのような面接の苦手な人は、面接ではどのような特徴が見られるのでしょうか?

自分のことを説明できない

自分のことは自分が一番よくわかっていると思っている人は多いです。しかし、意外と「あなたはどのような人ですか?」、「あなたには何ができますか?」など、質問されると急には答えられないという人もいます。

面接で自分に対しての質問は、答え方を用意していなくてもその場で答えられると思ってしまっているため、面接官の質問に意外と答えられない自分に戸惑ってしまうことがあります。

緊張しやすい

面接で緊張してしまうという人は多いです。緊張してしまうと、本来の受け答えができなくなってしまいます。そのため、いろいろと面接対策をしてきたとしても、実際に面接の場になると、緊張して用意してきた答えが全て頭から飛んでしまうということがあります。

完璧主義

意外にも完璧主義な性格をしている人は面接に向いていません。完璧主義な人は、面接で聞かれる可能性のある質問を予想して、答えを用意します。

もし、面接で予想した質問が出たときには、用意した答えを一字一句そのまま答えようとします。途中で言い回しを間違えてしまうと、それは用意した答えと完璧に一致する答えではないので、頭の中で答えながら「この答え方ではない」と混乱を始めてしまいます。

また、予想とはかけ離れた質問が飛んでくると、全く答えを用意できていないので臨機応変に対応できなくなってしまうことがあります。

面接が苦手な原因

人によって面接が苦手と感じる理由は異なりますが、よく挙がる理由の1つとして、敬語に自信がない、マナーが不安などがあります。面接では言葉使いや立ち回りなど、ビジネスマナーが重視しなくてはいけません。

普段以上にビジネスマナーを意識しないといけないため、面接の場は慣れない空間となってしまいます。慣れない空間では自分の実力が発揮できないということはよくあります。

話せない

慣れない空間や、緊張、不安などは冷静さを無くしてしまう定番の要素です。冷静さが無くなっている状態で、予想していなかった質問などがくると、さらに冷静さが無くなってしまい、頭が真っ白になってしまうということがあります。頭が真っ白になると思考が停止してしまうため、言葉が出なくなってしまいます。

面接で苦手なことを聞かれた時の答え方

面接ではいろいろな質問をされます。中には、自分が苦手なジャンルの質問をされたり、予想もしなかった質問をされることもあります。面接官はどのような質問をされると、どのような反応や答え方をするのかを見ているため、慌てたり、答えられなかったりなどしてしまうと印象が悪くなってしまいます。

また、面接官は人を見るプロのため、相手が苦手そうな質問や、苦手なことを質問して、どのように対処してくるのかを確認していることもあります。

では、苦手なことについての質問をされたときには、どのような対処をすれば好印象を残すことができるのでしょうか?

苦手科目

学生が面接を受けると、学校で学んでいることについて質問されることは定番です。質問された内容が得意科目についてであれば、自分の得意なこととして積極的にアピールすることができます。

しかし、苦手科目について質問されてしまうと、どのような部分が苦手であるかを具体的に説明すればするほど、自分にとって悪い部分を説明してしまうことになってしまいます。

弱点をアピールポイントに変える

上記で述べた通り、苦手なことは具体的に説明するほど、面接官に悪い印象を与えてしまう可能性があります。そのような場合は、苦手なことにどのようにして向き合っているかを答えるようにしましょう。

もし、語学系の科目が苦手ならば、「活字離れをしないように、ネットでも良いので日頃からニュースを意識して読むようにしている」などのように、自分なりにできることをしていることを伝えましょう。

苦手なことを避けるのではなく、できる限り取り組む姿勢があるということを見せると、苦手なことを説明しても印象が悪くなりにくくなります。

面接が苦手で就職できない人の対処法

面接は就職するときには、必ずと言ってよいほど行われます。なので、面接が苦手という人は就職に不利となってしまします。なので、面接が苦手な人は、よりしっかりした面接対策が必要になります。

転職では求めている人材になる

面接対策として、まず面接を受ける会社がどのような人材を求めているのかを考えてみましょう。会社のホームページや、資料などを見ればどのようなことに力を入れて、これからどのような発展をしていきたいか、ということがわかります。

その情報から会社の求める人材を予測し、自分がその条件に合っていて活躍できることをアピールします。このとき、露骨に自分から「これができるので役に立ちます」などの直接的なアピールは避けましょう。

できれば、面接官の質問に答えるときに、さりげなく会社に役立つことができるという情報を混ぜ込むようにしましょう。すると、面接官の方で「この能力は会社のこの部分に役立ってもらうことができる」と紐付けしてもらえます。

転職の面接であれば即戦力を求められるので、自分が会社が求める人材であることをアピールすることは重要です。

言いたいことを言う

上記で述べた通り、自分が会社が欲しいと思っている能力を持っているという情報さえ出せば、どこで活躍できるかは面接官の方で勝手に判断してくれます。これは、面接官の質問に答えるふりをしながら、結局は自分の言いたいことを面接官にわからないように話していることになります。

面接が苦手な人は、面接官の質問に相手が求める答えを出さないといけないと思い込んでしまっています。しかし、大事なことは自分が会社にとって活躍できる人材であるということさえアピールできれば良いので、必ずしも面接官が求める答え方をしなくても良いです。この場合、自分が言いたいことを言えれば正解となります。

自分が言いたいことを言うことは簡単なので、面接を受けるときの気分が楽になります。ただし、自分が言いたいことを言うために、面接官の質問に答えなかったり、会話が成り立たないようなことにならないように注意は必要です。

面接が苦手な人の克服方法

面接が苦手な人は面接で緊張してしまい、声が震えたり、厳しい質問ばかりされてしまったり、不採用になったときのことを考えたりなどして、不安の感情に襲われてしまうことがあります。では、これらを克服して、面接に対する不安の感情を消すにはどのようにすれば良いのでしょうか?

不安や緊張は面接に不利

面接官は面接を受けている人にどのような能力があり、その能力がどのように会社で活躍するのかを確認しています。しかし、それ以外にも質問に対して、どのような反応をするのか、どのような答え方をしてくるのか、という人と接するときの対応力も見ています。

そのため、不安の感情や、緊張で本来の能力が発揮できていないと、その様子を見た面接官からの印象は悪くなってしまいます。

不安や緊張は隠す

仕事では能力も必要ですが、人と接するときのコミュニケーション能力や、その場で臨機応変に対応できる能力なども求められます。面接で不安になったり、緊張してしまう人に対して、仕事を任せることは会社にとっての不安となってしまいます。

なので、不安や緊張は面接にとって大きなマイナスとなることを知っておきましょう。これを知っているだけで、不安や緊張は面接で損をするという面接対策になります。また、不安や緊張をどうしてもしてしまう人は、面接官に不安や緊張をしていることをバレないように隠すだけでも良い面接対策となります。

事前に対策をして面接を有利に進めよう!

面接が苦手という人は多いです。しかし、逆に言えば面接に対してしっかり対策ができれば、他の人たちよりも面接を有利に進められるということでもあります。なので、不安や緊張を隠して面接に挑むだけでも、状況が変わってくる可能性があります。

面接は自分と会社だけのやりとりのように勘違いしてしまいがちですが、実際は他の人との競争です。他の人に採用の枠を奪われないように、しっかりと自分をアピールして採用枠を獲得しましょう。