Search

検索したいワードを入力してください

誰とも話したくないと思ってしまう原因・時期の対処法|仕事

Author nopic iconまるむすめ
自己啓発 / 2018年04月23日
誰とも話したくないと思ってしまう原因・時期の対処法|仕事

誰とも話したくないと思ってしまう原因って?

人は自分の気持ちがネガティブな方向に傾いたり、一人で何かを成し遂げたいと思ったりしたとき、誰とも話したくない、そっとしておいてほしいという気持ちになります。

ここからは誰とも話したくなくないと思ってしまう原因と、その時の心の動きについてみていきましょう。

仕事

人は仕事をしていると自分のやらなければいけないことを常に抱えています。仕事が山積みで自分に余裕がなくなってくると誰とも話したくないという感情が芽生えます。

ここからは、仕事中に誰とも話したくないと思ってしまう人の心理をみていきます。

集中したい

仕事中に自分の仕事が調子よく進んでいて、他の人に話しかけられたりしてペースを乱されることなく自分の仕事に集中したくなるときがあります。

そんな時、人は自分のこと以外を考えている余裕はなく、自分本位に仕事を進めたいと考えます。

集中していて誰にも話しかけてほしくない様子の人を見かけたら、相手にとって相当重要な情報を伝えなければいけないとき以外は、そっとしておいたほうがいいでしょう。

仕事での失敗

人は仕事中にミスをしてしまうと、そのミスがどんな些細なものであれ気分が沈みます。

気分が沈んでいるときに周りから慰めの言葉をかけられると、ますます自分のしたミスのことが頭から離れなくなってしまいます。そのため人はミスをすると、誰とも話したくない気分になってしまうことが多いです。

ミスをして気分が沈んでる人を見かけたらすぐに慰めの言葉をかけるのではなく、仕事終わりに飲みに誘うなど、その日一日の疲れを癒すことができる環境を作ってあげるといいでしょう。

ストレス

人は仕事が自分の思うように進まなかったり、友人や恋人に自分の思いを上手く伝えられなかったときにストレスを感じます。人はストレスを感じると人や物にそのストレスをぶつけたくなる時があり、その衝動を抑えようとすると誰とも話したくないと思うようになります。

ストレスを感じて誰とも話したくないと思っている人がいたら、関わり方を慎重に考える必要があります。

寂しい

人は寂しい時、周りの友人や恋人に連絡をとり、遊びに行ったりご飯を食べたりして寂しい気分を解消します。

しかし自分が寂しいときに会いたい相手にすぐ会うことができず、寂しさを紛らわす環境が自分の周りにはないと感じてしまうと、自分は孤独であると感じ自分の殻に閉じこもり誰とも話したくないと思ってしまうでしょう。自分の殻に閉じこもり心を閉ざしてしまった人は、誰とも話したくないと思ってしまいます。

寂しさを感じて誰とも話したくないと思っている人は、人と関わることに臆病になってしまっているので人と打ち解けるまでに時間がかかってしまう場合が多いです。

誰とも話したくない時期をどう過ごす?

誰とも話したくないという気持ちになったときは気持ちがネガティブになっているので、自分の気持ちを切り替えられることをして過ごすようにするといいです。

ここからは誰とも話したくないときにおすすめの過ごし方を紹介します。

仕事終わり

誰とも話したくない日の仕事終わりは、誰にも気づかれずに帰りたいと思う人が多いでしょう。そんな誰とも交流を持ちたくない仕事終わりにおすすめの過ごし方をみていきましょう。

カフェで読書

誰にでも誰とも話したくないと感じるときはあります。そんな時のために逃げ場になる場所を確保しておくのは大切です。

一人になりたいときのために家の近くにお気に入りにカフェを見つけておくといいでしょう。お気に入りのカフェで読書に集中することで、自分のネガティブな感情と距離を置くことができます。

読書に集中したあと、おいしいコーヒーを飲みながらその日のことを落ち着いて考えてみると、気持ちを切り替えやすいです。

家で一人酒

一人暮らしをしている人は、誰とも話したくない気分を抱えたまますぐに家に帰ってしまうと、次の日まで憂鬱な気分が残ってしまいがちです。

次の日気持ちを切り替えて日常を過ごしていけるように、家に帰る前にお金を気にせずお気に入りのお酒とおいしいおつまみを買っていきましょう。おいしいお酒とおつまみを食べながら、家でゆっくり過ごしているとだんだんと気分がよくなってきて、誰かと話したくなってきます。

休日

誰とも話したくない気分を抱えたまま休日を迎えてしまうと、なかなか何かをしたい気分になれず、時間を無駄にしてしまうことがよくあります。

休日が終わるころに時間を無駄にしてしまったことに気付くと、憂鬱な気分がますます深まって悪循環に陥ってしまいます。

ここからは、誰とも話したくないと思う休日の過ごし方をご紹介しましょう。

家の大掃除

誰とも話したくないから外に出たくないと思ったときには、家の中を思い切り掃除してみてはいかがでしょうか。

日々を忙しく過ごしていると、掃除はおろそかになりやすいので、外に出る気分になれないことをむしろチャンスだと思い、掃除に取り掛かってみると気分転換になります。

大掃除が終わって部屋の中がいつもよりきれいになると、いつの間にか気持ちもすっきりしていて休日の残りの時間を気分よく過ごせるでしょう。

一人旅

誰とも話したくない気分で迎えた休日が連休だった場合には、思い切って一人旅に出かけてみるのもいいでしょう。行きたい場所が特にない時には、とりあえず電車に乗って遠くまで行ってみるのもおすすめです。

自分のことを誰も知らない場所でのんびりと過ごすと、自分の悩みはちっぽけなものだったと感じ、誰とも話したくない気分が消えていきます。

映画鑑賞

誰とも話したくない休日には、映画館にいって映画を鑑賞するのもいいでしょう。

鑑賞する映画は思い切り泣ける恋愛ものや、気持ちがスカッとするアクションものがおすすめです。映画の内容に引き込まれていく中で、自分の気持ちを切り替えることができ、映画鑑賞をして自分が感じたことを周りに話したくなってきます。

失恋で誰とも話したくないときはどうしたらいい?

失恋をすると心に深い傷を負い、何をしても楽しめない、自分にはもう何もないとふさぎ込んでしまう人は多いです。

心に傷を負った人を見て、慰めの言葉をかけたりどこかに連れ出そうとしてくれる人がいたりしますが、失恋してすぐはなかなか相手の優しさを素直に受け止められず、誰とも話したくない気持ちが大きくなってしまう場合があります。

ここからは失恋で誰とも話したくないときの対処法を紹介します。

自分の気持ちを書きだす

失恋をしたときには、心の中に恋人に伝えられなかった気持ちがたくさん残っています。伝えられなかった気持ちを抱え込んでいるうちは相手への未練が大きく、誰とも話したくない気分を解消するのは難しいです。

失恋で沈んだ気持ちを落ち着かせたいと思ったときには、自分の気持ちを紙に書き出すのがおすすめです。内容が矛盾していても、自分勝手でも全く問題はありません。自分の気持ちを吐き出すという行為が大切です。

書いていると涙が出てきたり怒りの気持ちが沸いてきたりしますが、悪いことではありません。感情を表に出すことで憂鬱で誰とも話したくない気分から早く抜け出すことができるでしょう。

思いきり泣く

失恋で悲しい気持ちを抱え、誰とも話したくなくなったときには、感情を抑えずに思い切り泣いてみましょう。

大きな声を出したり、ばたばた体を振り乱したりしながら思い切り泣くことで、泣き止んだ後に自分のこれからについて冷静に考えることができるようになります。

誰とも話したくない時期を乗り越えよう!

今回は誰とも話したくないと思ってしまう原因と対処法について紹介しました。

誰とも話したくない気分になったときに今回取り上げた対処法を実践してみると、いつもより早く気持ちを切り替えることができるのではないでしょうか。

誰とも話したくない気分になることは誰にでもあります。その時期を上手に乗り越えて楽しく日々を過ごしていきましょう。

関連記事

Related