Search

検索したいワードを入力してください

おすすめの哲学の本ランキングTOP3|恋愛

Author nopic iconみいわあ
ビジネススキル / 2018年04月30日
おすすめの哲学の本ランキングTOP3|恋愛

おすすめの哲学の本

哲学の本というと堅苦しい印象があるため苦手意識がある方も多いのではないでしょうか。しかし案外、哲学書は生活に役立つ内容であったり、自分自身の考え方以外に別の見方ができ視野が広がる可能性があるのだといわれています。

哲学本を読み感銘を受け自分の人生が生きやすくなったという人もいるほどです。今回はそんな哲学本の中でも最もおすすめな一冊を、特徴別にご紹介していきます。気になる哲学本がみつかったら、ぜひ一度手にしてみてください。それでは最後までご覧ください。

哲学とは何か

まずはじめに「哲学とは何だろう」と感じた方のために、哲学とは何なのかを分かりやすくご紹介します。哲学の意味を知ることで、哲学本に興味がない人も気になってくるのではないでしょうか。

哲学とは、下記に述べているように自分自身の経験からくる人生観だということです。主に経営者などは、そうした自分自身の人生哲学をお持ちの方がとても多くいらっしゃいます。自分の人生哲学を確立する事は、その会社が大きく成長していく上で会社の方向性を定める理念として必要だということです。

何か事業を始めたい、自分の人生を変えて信じる道を生きて行きたいと思えた時にはぜひ哲学本を読んでみてください。そうすれば自分の望むような未来へ展望になり、有意義な毎日を過ごしながら将来への期待に胸が膨らむワクワク感を手にできるのではないでしょうか。

Blockquote firstBlockquote second

てつがく【哲学】

① 世界や人間についての知恵・原理を探究する学問。もと臆見や迷妄を超えた真理認識の学問一般をさしたが、次第に個別諸科学が独立し、通常これらと区別される。存在論(形而上学)、認識論(論理学)、実践論(倫理学)、感性論(美学)などの部門をもつ。

② 自分自身の経験などから得られた基本的な考え。人生観。 「社長の経営術には一つの-がある」 〔西周にしあまねの造語。初め英語 philosophy の訳語として「理学」「窮理学」「希哲学」「希賢学」などとした。のちに「哲学」が定着。西周「百学連環」(1870~71年)にある。philosophy はギリシャ語 philosophia (知恵への愛・希求の意)に由来〕

面白い哲学本

ちょっと斜めからの視点が面白い、評判の一冊をこちらではご紹介します。哲学の本に苦手意識があり、堅苦しいイメージの少ない哲学本をお探しの方におすすめ哲学本です。これを読めば、哲学って案外面白いと実感できるのではないでしょうか。

“子供おばさん”にならない、幸せな生き方

子どもおばさんをご存知ですか。「正しい、正しくないでジャッジしてる」「粗さがしをして安心している」「簡単に人との縁を切ってないか」とはこちらの本の数ある目次の中にある言葉です。

思い当たる人は今すぐ読んでみる事をおすすめします。また、「いい人になって輝く人と苦しむ人」の違いなどもわかります。

Blockquote firstBlockquote second

自分の人生を変えるような本が、こんな装丁というのが笑えますが
迷える人間として、急に目の前が明るくなり、これまで不器用にしか生きてこれなかった自分のすべてが腹に落ち、
自分を愛する、人を愛することが、ほとんどできていなかったことがわかりました。
人生を変えつつあります。
とても平易で読みやすいです。
出会えて感謝しております。

超初心者

哲学自体がよくわからないために、どの哲学本を読んでも難しいと感じる方に、超初心者向けのおすすめの「いちばんやさしい哲学の本」をご紹介します。

いちばんやさしい哲学の本

32人の哲学者たちの考えを知る事ができるこちらの一冊は、哲学とはどのようなものかが最もわかりやすいと好評です。内容は図解になっていて、文章だけでは本質の意味が頭に入りづらいという方にもおすすめの一冊です。

Blockquote firstBlockquote second

コンビニで立ち読みして、とても分かりやすかったので即買いしました。
内容はそれぞれの哲学者のエッセンスを、いったん深いところまで理解し咀嚼した上で要約しているのでとてもよく出来ていると感心しました。
この本を入口に、今、哲学関連本を読み始めたところです。最近売れている哲学図鑑より良いと思います。

初心者

哲学本に興味があるけれど、実際には数冊しか読んだ事がない方や、哲学本の探し方がわからないというような、哲学本への知識の少ない初心者向けの一冊をご紹介します。

哲学しようよ!

哲学本は難しいというイメージを払拭し、哲学本らしさはそのままといえばこちらの一冊です。いかにも哲学らしい本をお探しの初心者に、大変好評な哲学本「哲学しようよ」をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

Blockquote firstBlockquote second

哲学の基礎を、テンポの良い文章で偉人ごとに次々に解説していく。わかりやすく、非常の面白かった。

わかりやすい哲学本

どう自分で哲学して良いのかわからないという方は案外多いのではないでしょうか。哲学書を読んでも、参考になる偉人の数が少なくて、自分自身の考え方を身につけられる自信がないという方も、自分の思考に近い哲学者を見つけられるのではないでしょうか。偉人の哲学を真似する事で、自分の思想を深くするコツが学べることでしょう。

こちらでは、哲人の思考が多く紹介された本をご紹介します。ぜひ参考にして哲学していきましょう。

いちばんわかりやすい哲学

現代はインターネットの時代であり、すぐに情報が手に入る事で自ら考える力が弱くなりつつあると著者は述べています。そのため、こちらの本文にもあるように、「全ての情報をネットで補っている方」にこちらの本を特におすすめにしています。

時には、深く掘り下げて物事の芯の本質を探ろうとする哲学者たちの思考を参考にして、ニュースの解説や問題の解決に取り組み、自分の心から感じる本音を探ってみるのはいかがでしょうか。

アリストテレス、デカルト、プラトン、ソクラテス、フーコー、サルトル、カント、アウグスティヌス、トマス・アクィナス、など哲学者15人を参考にした考える力のつけ方が学べます。

こちらの本を読めば、ありとあらゆる見方ができるようになるでしょう。読み進めるうちに、さまざまな学者の幅広い思考の癖を参考にすることができ、またそれを読み解き、自分なりに思考力をつけられる事が期待できる内容となっています。

ジャンル別のおすすめの哲学の本

こちらでは、多くの人が関心を寄せる分野である子育て、問題解決、恋愛、成功、入門、ヨガ、悲しみを乗り越えるグリーフケアなどの哲学本をジャンル別にご紹介していきます。

育てる

子供を育てる親や、多くの人を育て導く立場にある人は、時々、自分の育て方が間違っていないか不安になることでしょう。そんなときに必要な導きの書、「主体的に生きる力を育む」事が期待できる、子育て哲学の本をご紹介します。

子育ての哲学 主体的に生きる力を育む

子供にとって必要な事は「自由と主体性」なのだと著者は述べています。子供たちが自分の力で生きていくための力をつけさせたいという方におすすめの一冊です。

Blockquote firstBlockquote second

これまでの経験から気付いたことの一つは、親自身の育ってきた環境がかなり大きく子育てには影響しているということです。当然といえば当然なのですが、多くの親は自身の幼少期に経験したことを、そのまま自分の子育てに応用するのでしょう。なぜなら、それが深く身について、無意識的にでさえ行動に現れるからです。

私は、子育てに、自分の経験一辺倒で向き合うのは、あまりよろしくないように思っています。できれば、子供が社会に出るとき、それがどのような社会で、どのような環境なのかを考えたうえで、子育てに向き合いたいと思うのです。

今後、主体的に行動できる人材がますます必要とされる時代になると感じています。さらに将来では、それは当然のことになっているかもしれません。
自分がわからないことを子供に教えるには大変な努力を伴います。しかし、本当に子供の将来を考えるのであれば、親はその将来へ導くための努力をしなければならないと思います。
この一冊から、段階を通して子供の主体性を育むこと、そして将来を見据えるために、親自身の一層の啓発が必要だと感じました。

問題解決

問題解決が悩まずにできる法則はあるのだろうかと思いませんか。じつは問題の解決法は自分の中に眠っているということです。問題解決できずに頭を抱えている時におすすめの一冊です。ぜひ参考にしてください。

すべての問題には解決法がある

さまざまな問題が山済みで解決方法が時に分からなくなるようなときにおすすめの一冊です。自分の中に問題があったとしていますが、この本を読むことでその内容があきらかになります。ぜひお読みください。

Blockquote firstBlockquote second

私は長年個人的な悩みに悩まされていました。
様々な本を読みあさって様ざまな解決方法を片っ端から
試してみました。

この本は最後に私を悩みから根本的に救ってくれた
本です。

最初は少し読みにくいかなと感じたのですが、
書いてある内容をしっかり実行していくと、
どんどん自分の周りや自分の心の中が変化して行って、

半年前の自分が嘘のように今は毎日晴れやかな気分で過ごしています。

読まれる方はじっくり時間をとって読まれるといいと思います。

恋愛

恋愛をしていると自分の持っている能力をフルに発揮して相手に愛情を表現することでしょう。しかし、自分のその愛情が相手に受け入れられなかったり、愛の概念が相手と違うのだと気づく時があります。そのような時に人は、それ以外の愛情の表現を学ばなければ相手に気持ちを伝える方法が分からなくなるのではないでしょうか。

要らないといわれた愛情を抑える事しか道は残されていないと感じる人もいることでしょう。また、相手に自分の愛情が否定されたと感じる人も案外多いのではないでしょうか。そのように自分の愛に疑問を持った時におすすめの一冊をご紹介します。ぜひ読んでみてください。

愛とためらいの哲学

困難な事に直面した時、自分の愛情は正しかったのかと考えた事があるのではないでしょうか。そのように自分の愛について疑問をもったことはなくても、愛とは能力であるとするこちらの本を読むと、自分の愛情が100%のものではなかったのだと知る事ができるでしょう。

愛とは能力であり技術なのだと著者は言っていますが、恋愛で愛を求めるばかりで人を愛せないという事は良くあることなのではないでしょうか。

また、自分の周りの人を愛せない時その能力を補えばいいという事になるので、自分に最初から愛の能力が備わっているのではなく、そのスキルを磨く必要があったのだと、謙虚に自分を正しく理解する事ができるようになります。

他にも、自分には愛がないのだと悲観せずに、自分の能力を高める技術を補う努力をすればいいとわかります。自分の愛はなんなのかを前向きに学んでみましょう。新たな発見があり驚かれることでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

人を愛することはもとい、対人関係に関する悩みや滞りを持っている人に読んでほしい。いかに言い訳ばかりを並べて、自分都合で生きてきたか思い知らされる。アドラーを始め、哲学人の言葉が引用されており、説得力というか浸透力が高い。

成功

成功とはどういうことをいうのでしょうか。成功するには、他人を蹴落としてでも這い上がるというようなイメージがあるひともいるでしょう。ほかにも強靭な心の持ち主でなければ成功できないのではないかというような考えや、独り勝ちのような印象がある人も多いのではないでしょうか。

しかし成功して満足できるのかといえばそれ限りではないはずです。こちらでは心から満足するための成功哲学のおすすめ本をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

成功哲学

人の成功への概念はさまざまですが、こちらの書では、「自分がしてほしいと思う事を何よりもまず他人にしてあげる」、また「あなたがその気であるならば、本書を十二分に活用することにより、成功と心の平安をともに獲得できることをお約束する」、と言う一文が紹介されています。

そのことからもわかるように、心から感じる成功をするには周囲の人を巻き込むような情熱と、他者を思いやる心が重要なのだと分かります。そのように自他共に認められるような成功したいという方はぜひ読んでみてください。

Blockquote firstBlockquote second

読み始めは成功=金 の印象がやや強くあまり共感できませんでしたが、読み進むにつれ「金は必要だがそれだけでは不充分」が著者の本意であると分かります。特に、逆境にある人の心のサプリとしておすすめします。

入門

哲学の入門書としておすすめに良く挙がるのはどのような本なのでしょうか。こちらでおすすめする哲学の本は、構成が物語形式になっていて内容に引き込まれると定評のあるソフィの世界をご紹介します。哲学書なのに面白いと長年評判となっている一冊ですので、哲学の入門書としてぜひ読んでみてください。

新装版 ソフィーの世界 上

「あなたはだれ」と14歳の少女に届いた見知らぬ者からの一通の手紙。そんな思いがけない内容にソフィーはある日、自分をみつめるきっかけを貰います。

「わたしっていったいだれなんだろう」そのような疑問が芽生えた時、ソフィーに数々の奇妙な出来事が降りかかり始めます。そんな14歳のソフィーに起こる出来事はどれも哲学的な内容となっています。物語を読み進めて行くうちに哲学を知る事ができて一石二鳥なおすすめの一冊です。ぜひ読んでみてください。

Blockquote firstBlockquote second

大満足。果てしない物語などの児童文学のようにぐいぐいとストーリーに引き込まれる。哲学の入門書としても非常に良書。他の「入門書」のようなわざとらしさがない。本書をきっかけに、これまで挫折してきた哲学書にもう一度取り組もうと思える……が、やはり哲学書は難しいのだが。
ただ、主人公のソフィーが生意気で、相槌がとっても偉そう笑

ヨガ

ヨガに哲学があるのを知らない人もいるのではないでしょうか。ヨガ哲学を学ぶことは、ヨガを理解するために最も必要なのだといわれています。これを読めば神秘的なヨガ哲学が明かされます。

やさしく学ぶYOGA哲学 ヨーガスートラ

清浄を保つと執着から自由になり、執着を手放すと知恵が生まれ、精神修行で罪を浄化でき、非暴力を守ると無敵になるのだという言葉は、全てこちらの一冊から抜粋した言葉です。

それぞれが、目次となりその心の在り方を教えてくれます。そんなヨガ哲学を学んでみませんか。おすすめの一冊ヨガ哲学をぜひお読みください。

Blockquote firstBlockquote second

ヨガ哲学を学ぶことを考えている方にとりましては、必要な一冊です。
これからヨガを深めたいとお考えの方にお薦めです。

グリーフケア

誰もが生きて行くうえで一度は「喪失感」に悩む事があるでしょう。その時の心のケアが自分にとって正しくなければ、大切なものを失ったままの悲しみが、いつまでも癒される事なく人は苦しみ続けるのではないでしょうか。

辛い時はその辛さを分かち合えるような、こちらの哲学本がおすすめです。ぜひ読んでみてください。

「大切なもの」を失ったあなたに

人は自分にとって大切な何かを失う経験をしますが、癒されるまでにさまざまな葛藤を乗り越えて行かなければなりません。どのような人も、そのような悲しみの場面で立ち直るきっかけになるグリーフケアが必要になってくることでしょう。その時に必要な事をこちらの本は教えてくれています。

苦しみを乗り越えるためにも、悲しみを早く忘れる必要があると人は考えがちですが、消してそれだけでは前に進めないのだと知る事ができるでしょう。大切なものを失った喪失感を癒すには手紙を書いたり絵を描くというような事が必要なのだという事です。

Blockquote firstBlockquote second

喪失を体験したばかりの人は関心のある事柄を拾い読みし、集中力が回復してからゆっくり読み進めることをお勧めします」と前書きにあった。本当にその通りだった。「説を論じている」感じが、大所高所から喪失を眺める余裕のない自分には読みにくかった。筆者は、どうしても伝えたいことが正しく伝わるように、一冊に詰め込んでくれたのだと思う。

1章は、喪失者に向けて「その心と体の反応は、想定世界が見込み違いだったからで、時間が経てば回復するといった感情の問題ではない。適応するためには自分で何かをやることが『生涯の課題』になる。」と、その方法や考え方を教えてくれる。「亡くなった人といかに継続的かつ前向きな関係を育んでいくか」という言葉に一筋の光を見た。

2章は、カウンセラーに向けて「喪の過程は意味再構成の過程である」と、研究者たちの理論を紹介している。親戚の高齢者が、よい人生を送った後に長寿を全うした時は、『死』を自分の推定世界で意味づけしやすい。一方、愛する人の自殺、伴侶や子供の慢性的苦しみを経た死などは意味づけが困難になる。宗教や哲学など、死生に関する信条を持つ人は意味づけが比較的スムーズであるが、そうでない人は適応が困難であるという説明が腑に落ちた。

3章は、喪失者と専門家のために、「書く」「描く」「形見を大切にする」「写真で故人を偲ぶ」「読書」「儀式の企画」「届けられることのない手紙を書く」など、17の演習を紹介している。自分もそうだが、誰に言われなくても既にそのいくつかを、苦しみの中で実行している方は多いと思う。ここには、効果がある理由と、注意すべき点が書かれていたので役に立った。

元の自分には絶対に戻れない。一生かかっても意味の再構成が完成しないこともあるそうだ。何をすると助けになるか、何をしない方がよいか、大切なことが書かれているので、時間を置いてもう一度読みたい。同じ喪失に苦しむ夫にも勧めたい。

哲学の本の人気ランキングTOP3

哲学の本の人気ランキングおすすめのTOP3をご紹介します。読みやすさ、面白さ、感動を味わえるおすすめの良書ばかりを集めました。ぜひ参考にしてください。

TOP3「スター・ウォーズ ジェダイの哲学」

哲学の本おすすめの人気TOP3は「スター・ウォーズ ジェダイの哲学」です。映画で人気になったあのスター・ウォーズが哲学書として読めるおすすめの一冊です。

人が哲学するためには、固定観念や一般常識といったあらゆる感情を一旦手放す事が必要だと言う説があります。そのうえで、さまざまな思想にふれてみる事がとても重要なのだということです。

そんなジェダイ・マスターの名言やジェダイ・マスターが伝授する奥深い思想にふれてみませんか。自分の進む本来の道や運命とは何かを知る事ができることでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

スター・ウォーズについては、説明不要だろう。もっとも、スター・ウォーズは
共和国と帝国、ライトサイドとダークサイドと、単純に善悪が割切りやすい、
スリルを伴う勧善懲悪のスペースオペラに見えてしまう。悪の側の心的な
描写は少ないため、単純にいずれが正義か、悪には心理がないのかという
問いを立てずに楽しむことができる。その楽しみ方でも十分なのだが、フォ
ースという代物はいったい何か?を切り口に、そのフォースを縦横無尽に操
るじゃ台とは何者かを知り、その生き方を探るのは本書だ。
禅に通じるのかもしれない。そして、自らが自然や世界と非分離の境地に至
ることで、フォースを会得できるのだと読み解いたが、こうしたジェダイの生き
方を、映画の名シーンとクロスオーバーさせて、読者に語りかける。なかなか
手が込んでいる。自己啓発本としても秀逸だし、スター・ウォーズを知らない
人は、本書の世界観を知りながら、映画を楽しめば、勧善懲悪のSFものとし
て以外に感じることがあるだろう。

TOP2「哲学入門」

哲学の本おすすめの人気TOP2は「哲学入門」です。こちらの哲学の本は、内容も素晴らしいのですが和訳もわかりやすく読みやすいと好評な一冊です。哲学という難解と思われがちな内容も誰にでもわかりやすく伝える事はとても重要な事でしょう。

少し古い本ながらも分析力が高く、読みやすいといわれるこちらの哲学者ラッセルの本は、現代でも入門書として読み親しまれています。こちらの本はラッセルの本の中でも特におすすめしたいと話題に上がっています。ぜひ読んでみてください。

Blockquote firstBlockquote second

哲学に限らず、ものを考えるとはどういうプロセスなのかを明らかにしてくれる一冊である。日本人は物事を考えるのが不得意だとよく言われるが、このような書物を読まないからだろう。つまらない漢文だの古文だの教えるよりは、このような書物を教科の一つとして取り入れたらどうだろうか。最近、何とか学者とか何とか評論家がろくでもない人生論や社会論を書いてベストセラーになっているが、この作品を読めば、これらの書物の欠点が白日のもとに晒されるだろう。ものを考える力。これは人間の最大の武器であり、人生にとって最大のよりどころである。

TOP1「喜びから人生を生きる!」

哲学の本おすすめの人気TOP1は「喜びから人生を生きる」です。自分の人生を本当の自分が望むように生きる、という人生で実践したい大切な言葉が幾つも綴られています。

愛は恐れを手放すことなのだという説がありますが、こちらの本では、病気の本当の原因は恐れだったと語っています。解釈は少し違っていても、「愛」が全てを癒すのだという事は多くの人が感じている事なのではないでしょうか。

そのような愛に包まれたこちらの本は、とてもおススメの良書です。著者アニータのいう「有害な思考」とは何かがわかり、自分も他人も癒す、本当の自分自身の姿「愛」になれる素敵な一冊をぜひお読みください。

Blockquote firstBlockquote second

本書の内容の素晴らしいのは他の方々が絶賛するとおりです。しかしわたしが注目したのは、訳が素晴らしいということです。女性らしい語り口で頭に入ってきやすいのは読んでてとても気持ちよい。まるで、訳者の実体験のごとくスムーズ且つ臨場感たっぷりで、自然な日本語で、大変な情報量も楽に心に入ってきます。力強いが優しい!それがこの訳のすばらしさのお蔭でしっかり読者にアニータの世界が伝わります。

哲学の本はおもしろい!

「おすすめの哲学の本ランキングTOP3|恋愛」をご紹介しました。自分の興味のある分野の哲学の本を見つける事ができましたか。

意外な発見ができて哲学が案外面白いと思えたのではないでしょうか。気になった哲学本をぜひ読んでみてください。哲学の本を読みすすめるうちに物事の本質を知る事ができ、人生がより豊かになることでしょう。

関連記事

Related