Search

検索したいワードを入力してください

長いものに巻かれる人の特徴・タイプ・嫌いな人の心理|由来

Author nopic iconMaeru
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月25日

更新日:2020年05月21日

記載されている内容は2018年04月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

長いものに巻かれる人の特徴・タイプ・嫌いな人の心理|由来

「長いものに巻かれる」の意味

長いものには巻かれろという諺を聞いたことはありませんか。この諺には、自分よりも目上の人間の言うことや強い権力を持った相手には従った方が良いという意味があります。マイナスなイメージを持って、長いものに巻かれるという言葉を使っている人を見かけますが、学校や会社に限らず生きていく上で必要なことだと言えるでしょう。

おそらく、多くの人が長いものに巻かれるという言葉自体を使わなくても、日常生活の中でこの言葉が意味するような言動をとって生活しているのではないでしょうか。

例えば、社会人になり会社に入社することになれば必ず上司がいて、指示に従って仕事に取り組むことになります。そんな時に、長いものに巻かれるの精神で仕事に取り組もう。と自分に言い聞かせたり、友人にアドバイスするように使うことができます。

「長いものに巻かれる」の由来について

多くの言葉や諺には由来があります。言葉の語源や由来を調べていくと、物事から派生して言葉になっていることがあります。長いものには巻かれろという諺の由来が気になりませんか。目上の人や権力を持った相手には従った方が良いという意味で使われていますが、一説では中国のある伝説が由来になっているというものがあります。

自分よりも大きな象の鼻という長いものに巻かれたまま、抵抗をせずにいることで得をしているという中国の伝説話が由来になっていると言われています。しかし、中国の伝説に関する情報源は少なく推測の域を出ません。

Blockquote firstBlockquote second

猟師は大きな像に捕まり、長い鼻に巻きつかれてしまいました。
しかし、抵抗せずに巻かれたまま大人しく象に運ばれていきます。

そこに一匹の獅子が現れました。

猟師は持っていた弓矢で獅子を射貫きました。

獅子に襲われずに済んだ像は猟師を鼻に巻いたまま
自分たちの墓地まで連れて行ってくれました。

そこには貴重な象牙がたくさんあったので猟師は大儲けしました。

歴史と辞典

明治43年出版の「諺語大辞典」の「長い物には巻かれよ」の項目内に「長きには巻かれよ、太きには呑まれよとも言う」と書かれています。元々は繋がった1つの諺だった可能性もあります。中国の伝説が由来になっている可能性もありますが、「長きには巻かれよ、太きには呑まれよ」という1つの諺だった場合、自分よりも長く大きなものの存在を想像することができます。

昔は今よりも争いが生まれ、国同士で領土の奪い合いなどが起きていました。その時代背景を考えると、小国は大国には敵わないのだから、歯向かうよりも従った方が生き延びられるという現実的な日常から生まれた言葉だった可能性もあります。

今、私たちが自然に使っている言葉は長いものに巻かれるに限らず、長い歴史があり時代に合わせた変化をしていくことが分かります。語源や由来を調べて、言葉が持っていた本来の意味や使い方に対する知識を深めてみるのはいかがでしょうか。

長いものに巻かれる人の特徴

言葉の意味や使い方は時代に合わせて変わっていくものですが、長いものに巻かれるという言葉は本来、人によって態度をコロコロ変える人、自分よりも下の立場の人に対して偉そうにするという意味ではありません。では、長いものに巻かれる人とは、どういう人のことを言うのでしょうか。

タイプ

長いものに巻かれる人というのは、目上の人に対して従順で、周りの意見に合わせるような協調性を持っています。集団行動をすることが得意な人です。協調性というものは、職場での人間関係を良好に築いていくことができる要素の1つと言えます。同じような意味で、空気が読める人という言い方もできます。長いものに巻かれる人は、相手の意見を尊重し人間関係を円滑にしたいという気持ちが強い人だと言えるでしょう。

目立つことはあまりしない

人間関係を円滑にしたいという思いから、協調性を重視することは集団行動においてとても大切なことです。そして、長いものに巻かれる人は、自分が目立つようなことはあまりしない傾向があります。チームワークを重視する仕事で活かすことができる特徴なのではないでしょうか。

長いものに巻かれるのが嫌いな人とは?

長いものに巻かれる人というのは協調性があり、人間関係を良好に築ける人です。では、長いものに巻かれるのが嫌いということは、協調性がないのかと言うとそうではありません。

苦手

長いものに巻かれるのが嫌いな人は、集団行動が苦手です。他人の意見に合わせることに疲れたり、ストレスを感じてしまうタイプです。自分の意見や行動が制限される場所よりも、自由な場所や対人関係を望んでいる人が多いでしょう。