Search

検索したいワードを入力してください

女風呂に子供はいつまで入っても良いのか・女風呂にある夢

Author nopic iconライム
暮らし / 2018年05月16日
女風呂に子供はいつまで入っても良いのか・女風呂にある夢

女風呂に男の子はいつまで入る事が出来るか?

銭湯や旅館の風呂では、小さな男の子が自分で体を洗う事ができない場合や、ひとりで風呂に入ることの危険性を考えて母親が女風呂に入れることがありますが、男の子が女湯に入れる歳はその時代によって変わってきています。

現代では一般に、男の子が女風呂に入れる歳は就学前の6歳までと認識されることが多いですが、若い女性が多い銭湯ならばもっと年齢は低くなることもあります。そんなときは、トイレなどもなるべく一人で済ませられるように教えることも必要になるでしょう。

具体的な年齢など

先ほども述べたように、6歳ほどまでなら男の子でも女風呂に入れると考えて良いですが、ケースによってはもっと年齢が低い場合もあります。また、銭湯や旅館の風呂では子供の入浴に関して制限を設けている浴場などもあるので、マナーは守るようにしましょう。

年齢とは関係なく、普段の生活で女の子に興味を持ったり、好きな女の子ができることで女風呂に入れなくなる子どももいるでしょう。そこは親の正しい判断が求められます。幼稚園や保育園の園児のような「幼児」と呼ばれる年代では、比較的抵抗なく女風呂に入る事ができるのが普通です。

女風呂にある永遠の夢とは

男性の中には「女風呂」と聞いて、若い裸の女性がたくさんいるハーレムのような光景を思い浮かべる人も少なくなくありません。もちろん実際はただの風呂です。男風呂とそんなに変わることはないでしょう。

しかし男性は、なぜか男風呂と女風呂を遮っている壁がベルリンの壁よりも高いと感じ、勝手に神聖なイメージを描いています。それこそアラブの石油王などが女風呂に男一人で入っているような妄想を抱きますが、それは単に男性の願望です。多くの男性にとって女性は崇高な存在なので、そのようなイメージを抱くことが共通の認識になっていると考えられます。

宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」

やおよろずの神々が癒しを求めて集まる銭湯を舞台とした作品ですが、この作品では性別のない神さまが入る風呂なので、女風呂も男風呂も関係ありません。女風呂よりもさらに神聖な銭湯という描き方をしています。

作者の宮崎駿監督は、銭湯に行くとボイラー室などが気になり、作品として描こうと考えたそうです。風呂場は裸で入る場所なので隠しごとが通用しません。映画の舞台として神聖な世界観を構築できてしまうほどミステリアスな、未知の世界でもあります。

女風呂に入りたい人におすすめの方法

結論からいうと、営業中の女風呂に男性が入る合法的な方法は今のところありません。公然わいせつ罪で捕まることを覚悟で入るなら別ですが、女風呂に入って逮捕されたとなれば末代までの赤恥です。ニューハーフの人が入ることは可能ですが、その場合は女風呂に「男性」が入るというミッションをクリアしたことにならないでしょう。

女装をして入っても、服を脱げばその時点でバレてしまいます。そもそも、後ろめたい気持ちが強すぎて女性の裸を見てもどうしようもないです。やはりどう考えても、男性が女風呂に入る方法はありません。

それでも諦められないあなたへ

男性が女風呂に潜入することは残念ながらできませんが、プライベートで女性と旅行に行き、一緒に入浴したり、自宅の風呂で恋人と一緒に入るという方法ならリスクを取らずに雰囲気を楽しめます。もちろん女性を風呂に誘うには一定のスキルが必要ですが、少なくとも女装や性転換よりはハードルが低いでしょう。

昭和の時代には女風呂に入ることをネタにしたドラマや映画がありましたが、あくまでもモテない男性が取る行動であり、今でいう負け組に属する人の所業でした。

女性が女風呂でしていることとは何か?

平均的な女性は男性より入浴時間が長いので、中で何をしているのかと気になる男性は多いことでしょう。女性はできるだけ湯船に入ります。肌によいとされているマッサージをしたり、髪が長いので乾かすのに時間が掛かったり、化粧をしていたりとさまざまです。

普通化粧は女風呂から出てからするものなので、仲の良い女性同士ならば話をしたり異性のことを話したり、男性と変わらないことをしている場合も多いです。湯上りには男性と同じように腰に手を当てて牛乳を飲んだり、フルーツ牛乳を飲むこともあります。

混浴へのロマンは世界共通か

多くの外国人は、混浴だからといって裸で入浴することはしません。海外では水着で入浴する人が多いです。よく日本人が混浴だといって期待して、海外の混浴に入りますが大抵は水着を着ているので、日本ほどオープンマインドではないです。日本ほど入浴という文化が進んでいる国はありません。

そもそも香水をつけて入浴の回数を減らしている国もあるほどです。日本人ほど温泉やお風呂好きではないのが海外の人達なので、女風呂自体にはそれほどロマンを感じてないでしょう。

ソ連時代の大衆浴場という文化

アーノルド・シュワルツェネッガーの出演する「レッドブル」という映画作品には、旧ソ連の大衆浴場がでてきます。ミケランジェロが描いたような、男女が屋根の高い独特の建物の中で入浴しているシーンなどを見ると、個人が尊重されていないことを感じることができます。

ソ連の映画などは資本主義で暮らす人とは違った感覚の美しさが出ている作品です。大衆浴場なども未知な浴場という雰囲気があり、今では考えられないような雰囲気の浴場なので、ソ連の混浴の大衆浴場は歴史に残せるような文化だといえます。

女風呂というのは思っているよりも神聖な場所でない

女性も男性と同じように人として生きている限りは、なかなかいつでも美しくという訳にはいきません。男性が思っているほど、女風呂はロマン溢れる場所ではないです。

男性よりも神聖な存在と思われてる女性だからこそ、女風呂に未知なる魅力を感じる人が多いというだけで、実際に入っている女性はそんなことは感じていません。男性が勝手に女風呂を神聖なものにしているだけです。

子供が若い女性の体が気になれば男風呂に入れよう

男の子が女風呂に入れるのは、自分で体を洗えなかったり、危険が伴うために母親の付き添いが必要な時期までです。男の子が若い女性を気にしてジロジロ見始めたり、勃起するようなことがあれば、そろそろ男湯デビューの時期といえるでしょう。

他の人にも迷惑をかけないためにも、なるべく早いうちから一人で入浴できるようにしましょう。父親が付き添えるようであれば、父親といっしょに入浴させましょう。

旅館での女風呂でのトラブルエピソード

旅行にきている女性が下着を盗まれるというエピソードがあります。また浴室や風呂場を覗く行為をする男性もいるので、できるだけ同伴している男性は女性の安全を守るようにしましょう。

旅館や温泉といった場所は、どうしても人の心が開放的になりがちです。その開放的な気持ちの犠牲者にならないためにも男性は女性を守らないといけません。またいかにも一人で入浴できるような男の子がいれば、なるべく時間をずらして入浴するなどの配慮も必要になります。

露天風呂でお酒を飲む人がいる

してはいけないことなのですが、旅館や温泉は開放的になりがちで、風呂場にお酒を持ち込み飲んでいる人もいます。とくに朝風呂に入りながらお酒を飲むと健康を損なう恐れがあります。何歳の男の子が女風呂に入るかも重要ですが、さまざまな価値観を持つ人が集まる場では色々なことを想定して入浴するようにしましょう。

早い時期から子供だけで風呂に入れるようにさせる

子どもには早いうちから一人での入浴に慣れさせるようにしていきましょう。男の子の兄弟ならば浴室で遊びかねないので、なるべく父親や監督をする大人がいる形で入浴させることを考えながら、子供同士でも入浴できるようにさせましょう。そうすることで自立心や自尊心が芽生えることになります。

男の子の自尊心を大切にしよう

日本の文化を考えると、小さな男の子を女風呂に入れる行為は間違ってはいませんが、なるべく一人で入浴できるようにしておき、自立心や自尊心を持たせるようにしましょう。

どうしても一人で入浴できない場合は父親が男風呂に入れるなど、無理をして女風呂に入れることはやめましょう。そもそも女性と男性では気性や持っている性分が違うので、その点を考えて入浴させるようにしましょう。

関連記事

Related