Search

検索したいワードを入力してください

手を出す人の心理と未成年に手を出す注意点|店長がバイト

Author nopic iconライム
趣味 / 2018年08月16日
E9dd595b 0875 41a9 bc66 c6be0327607f

未成年に手を出す心理とは

職場は多くの人が働く場なので、未成年が働いているケースも多いです。中には職場での地位を利用して、未成年者に手を出す人も多いので社会問題になっています。

未成年者に手を出す人の心理としては、男女とも普段の生活を変えたいという願望があり、また新しいもの好きであったり、ミーハー的なものが好きだったりと未成年者に手を出す人はそれらの要素がある人が多いです。

法的に認められないこともあるので、もし未成年者に興味を持っても理性を利かせて自分を抑える事も必要になるでしょう。

店長がバイトに手を出す場合

男性の店長がアルバイトの未成年女性に手を出す事は良く聞かれます。自営業をしていると自分が一番偉いと勘違いをするので、職権乱用をして公私混同をしてしまい、未成年者を恋人にしようとします。手を出す人の心理は仕事でも、プライベートでも思いどおりにしたいという気持ちが強い人が多いでしょう。

中には同世代の異性に相手にされず、未成年者に興味を持つ事があるので幼い考え方をする人が多いとも言えます。

正社員が派遣社員に手を出す場合

男女共、職場で有利な立場にいれば、その立場を利用して異性に手を出そうとします。正社員が派遣社員に手を出す場合も、ほとんど基本となる心理は変わらず、今の自分の生活に新鮮さを求めたいという気持ちが強く、相手にギブアンドテイクを持ちかけたり、仕事をする上での駆け引きで成立する事が多いです。

派遣社員となると未成年の人が少なくなるので、男女問わず比較的若い人に手を出す事が多くなるでしょう。

未成年に手を出す場合に気を付けたい事とは

とにかくリスクを伴う異性との付き合い方になってしまいます。未成年者の同意を得られなければ、罪に問われる事もあるので、常に人の目があると思い、行動しましょう。

未成年者に興味を持ち、手を出すこと自体が危険な事なので、手を出さない事に越した事はないでしょう。もし好きになってしまっても、自分の仕事や家庭を振り返れるようにしないといけません。

未成年者と付き合う場合は年齢を確認しておき、最低でも18歳以上の異性と付き合うようにしなければ、罪に問われる事もあります。

罪に問われない程度にする

未成年者との関係が一線を越えてしまったら、手を出すどころの問題ではなくなってしまい、テレビでの報道になるほどの事件性のある事になるので、一線を越える事は避けるべきでしょう。

男性の方が、肉体的な快楽を求めようとするので、大きな事件になり罪を問われる事も多いです。食事だけと思っていても、特定の人だけ誘わず、職場の結束力を強めるような場を選んで飲酒をせず、食事をしましょう。

家族や仕事を失くす事を覚悟して行動しよう

未成年者でなくても、既婚者が異性と付き合うことは不倫となるので、そのことが公になった場合はそれなりのペナルティを受ける必要があります。

未成年者に興味を持つ事も、その人の性癖となるので、止められない部分もありますが、今まで築いた物を失くさないために、ある程度の理性を持って行動していく必要があるでしょう。いずれにしろ、社会的に認められないことが多いので、同意のない関係の場合は罪に問われる事があるので気をつけないといけません。

どこまでしたら手を出すことになるのか?

他の人が見て、誤解を受けるような行動をとれば、手を出すことと同じです。未成年者と食事をして手を出す事と思う人もいれば、もっと進んだ関係になる事で手を出すと思う人もいるので、一概にはどの範囲が未成年者に興味を抱いて、行動に移しているのかが分かりません。

周囲の人に誤解を受ける行動をとれば、その時点で未成年者に対してアプローチしていることになりますし、未成年者と一線を越えてしまったり、それ以前に疑われるような態度や接し方でも手を出すと思われる事もあります。

食事をする場合

食事やお酒を一緒に飲んでも、ほとんどが夜の場合が多いので、周囲から手を出す行為をしたと思われがちです。食事後の時間は何してたのかと問われて問題なる事が多いので、男女共、未成年者との食事は時間帯や特定の人だけ連れて行くのはやめておきましょう。

未成年者と食事をしてだけでも、食事をした時間帯やその後の関係なども問われる事も多くなり、周囲に誤解を受ける事も多いので、食事でも手を出すことになります。

他の異性とは別に考えて接する場合

いわゆるえこひいきと呼ばれる行動に出たり、明らかに他の人とは別に扱ってる場合も手を出す事となる場合があります。特定の未成年者を特別扱いすることは、それだけその人に見返りを得ようとしているので、自分が手を出すと考えていなくても周囲はそう考えない場合もあります。

異性の未成年者を特別扱いする時点で、社会人として間違っているので、仕事自体に信頼を得られなくなり、いずれは仕事を辞める事になるので、未成年者に限らず特定の異性を特別扱いする事はやめましょう。

手を出す事は遊びになるのかどうなのか?

未成年者に手を出す場合は邪(よこしま)な心から起きている行動です。遊びの中には禁じられている事をすることで成立する遊びもあるので、未成年者に手を出す事も遊びになりえます。

未成年者と相思相愛にならないとしても、手を出す事により疑似恋愛を楽しんだり、一方的な感情を募らせて楽しんでいるので、これはもう立派な遊びとなります。また婚姻関係にない男女間の火遊びというのは、職場や家庭に大きな影響を与えるので、自分の今の立場をきちんと理解しないと、取り返しのつかない事になるので、冷静になる必要があるでしょう。

手を出すという意味を考えよう

周囲もしくは社会人として、してはいけないことをする場合に手を出すという表現が使われる事があります。男性が女性に手を出す場合によく使われますが、その逆もあり得ます。

手を出すという表現が使われる場合は、周囲が受け入れにくい関係が多いので、それらの言葉が使われています。未成年者に手を出しているのか、違うのかという意味で考えると、食事をしたり、メールや電話番号を聞くだけでも自身が楽しんでいる事となるので、遊んでいることとなります。

未成年者と分かって手を出す場合は遊びになる

未成年者に手を出すこと自体が遊びになり、始めから結婚するつもりがない場合は、立派な遊びとなります。それは男女共同じです。

未成年者は社会的な経験が浅いので、その点を利用して手を出す事自体によく思わない人も多いです。後ろ指さされるような立場にならないためにも、未成年者との向き合い方を考えていきましょう。

女性から手を出す心理とはどのような気持ちなのか?

現代は恋愛で男性から一方的にアプローチする時代ではなくなってきています。女性からプロポーズすることもあり、また逆ナンという言葉もあるので女性が男性に手を出す事は職場でもあり得ます。

女性が男性に手を出す心理的は、その男性がタイプだったり、職場での立場を利用することもあり、ただ単に若い人が好きな場合が多いです。しかしよほどでない限り、女性から手を出す行為をする人は少ないと言えるでしょう。

年下の男性を誘う場合

食事に誘ったりはしても、実際に正式な交際とならない事もあります。女性でも一夜だけの関係を持つ事もあるので、年下の男性が好きで手を出す場合は、本人に弟がいたり、アイドルが好きな女性も多いので、その延長で年下の男性に興味を持つ事が多々ありえます。

女性は男性よりも周囲との協調性を保とうとするので、男性に自分から手を出す事はなかなかしないでしょう。人と同じ事を求める女性が多いので、それらの理由からも考えても職場でそれなりの地位にいる場合は、大それたことはしない人が多いです。

未成年者と付き合いたいとなぜ思うのか?

女性が男性に手を出す事があっても、未成年者を相手にはなかなか手を出しません。母性愛が強い女性は、年下の男性を恋愛対象として見れない事もあるので、逆に守ろうとします。未成年者を恋愛対象として手を出す場合は、幼少期から男性を意識していたり、年下の男性への憧れが強い場合が多いでしょう。

女性の場合、手を出してまで付き合いたいとは考えていない事も多く、女性が年下の男性に興味があっても会話する程度で気持ちが満足する事も多いです。

未成年者の同意を得れば恋愛として成立する

トピック1052049/要素4962819

年の差夫婦というのはどの時代でもありました。未成年者でも結婚できる年齢になってお互いの同意さえあれば結婚できるので、未成年者と成人の人との結婚も成立します。

晩婚化が進んで来ており、男性が若い人に興味を持つようになっています。またネット社会などで成人の考え方や価値観も変わっているので、若い人に興味がいきがちです。大切なのは自分にふさわしい人を見つけて幸せになることなので、国籍や年代・年齢の壁を越えて考えることも必要になってきています。

15歳で成人として扱われた時代がある

明治時代の始め頃までは、武士の風習があったため、廃刀令が正式に決まり、敵討ちも禁止されるまでは男子の15歳は大人と同じ扱いになっていたので、結婚することもできました。

現代は15歳で元服という制度はないですが、高校生もしくは中学生として自分の進路を決める年齢なので、大きな責任が問われる時期になります。未成年者に手を出すということ自体が平和な社会が生み出した行動と言えますが、それだけ責任や自由という言葉をよく考える必要があるでしょう。

倫理的に物事を考えよう

未成年者に手を出すこと自体は、お互いに良い結果をもたらさないです。その点を考えても、異性との関係はもちろん、普段生活している際に守るルールやマナーと言うものを守らないと自分が不利な立場になります。

未成年者に手を出す事は不倫とみなされる事もあり、また倫理観を無視した行為となるので、最低限の倫理を持つ事は、人が幸せに生きるために必要な事と言えるでしょう。

異性に手を出す場合はリスクを承知しておこう!

未成年者でも成人した職場の異性でも、手を出すという行為は大きなリスクを伴います。場合によっては今まで築いて地位や名誉をなくしてしまう事もあるので、それらのことを認識して行動しましょう。

男性でも女性でも異性に手を出す場合は、チームワークを崩す事に繋がるので自分の仕事はもちろん、会社を辞める事に繋がります。日々の生活に新鮮さを求める場合は、違った事で気分転換をしたり、リフレッシュすることが社会人としての心得となります。

好きになったのなら好きと素直に言おう

ここまでいかがでしたでしょうか。これまで述べたように職権や先輩だからという理由だけで未成年者に手を出すなり近づくことはパワハラにもとられかねません。

もしその未成年者を好きになったとすれば、年齢や立場をかなぐり捨てて好きになったと言えばいいだけのことです。相手も生身の人間です。マジメで真摯な告白態度なら、いずれ受け入れられるでしょう。そしてそうすることにより自然な恋愛が産まれることでしょう。

関連記事

Related