Search

検索したいワードを入力してください

「様相を呈する」の意味と使い方・類語・同義語・読み方・例文

Author nopic icon佐藤S
言葉の意味 / 2018年05月08日
「様相を呈する」の意味と使い方・類語・同義語・読み方・例文

「様相を呈する」の意味と使い方

「様相を呈する」の意味と使い方・類語・同義語・読み方・例文

様相を呈するの意味と使い方を勉強したいあなたのために、大切な意味と使い方から、例文を交えての実際の使い方までご紹介します。「単語の意味がわからない」という方も、解説していきますので安心してください。まずは気になる見出しの記事から読んでみましょう。

「様相を呈する」の意味とは?

ありさまを示すことがらの説明を表す意味やある状態になることを意味する表現に用いられる言葉です。例えば状況や様子を形容する表現に続けて使われることが多いです。今起こっていることより、これから起こりうるであろうことに対して用いられます。

さらに、慣用的な意味とも捉えることができます。そのような場合、ありさまや状態を表す慣用的に使われて意味も異なります。そして、意味としては大きな物事という意味も含まれているので、個人や小さい事件や事柄に使うことは少なく、政治の大きな変化の局面や大規模な事件の様子を訴えかける意味として使われることが多い言葉です。

「様相を呈する」の使い方は?

政治の大きな局面などで使われることは理解できたはずです。しかし、普段からの生活で一般的に全く使えないわけではありません。「様相を呈する」は、ただならぬ様子を訴えかける意味として使えるので、例えば街中での事件で使うことができます。

あるイベントで警察官が緊急配備されたときなどは、「ただならぬ様相を呈している」と言い換えて使うことができます。「様相を呈している」にただならぬと付けることによってバリエーションが広がり、自分が見た、ただならぬ状態の光景を表現することが可能です。

「様相を呈する」の類語・同義語

「様相を呈する」の意味と使い方・類語・同義語・読み方・例文

「様相を呈する」の類語、同義語は調べてみると数多くの語句が見つかります。状態を表すことからある程度先のただならぬ事柄を表現したり、人々に認識させるための表現として使われたりとシチュエーションに合わせて使い分けられています。

さらに、これから「様相を呈する」の類語、同義語を例文や意味を交えながら理解できるようにお手伝いします。今まで使わなかった言葉をしっかりと使えるまで、ていねいな解説でご紹介していきます。

「様相を呈する」の場合の類義語

まずは、基本的な使い方である「様相を呈する」のありさまや状態を表す意味での類義語を見ていきます。この場合は状態の変化としてある状況に変容するという意味なので、「となる・と化す・に陥る・状態になる」といった類義語があります。

さらに、詳しく解説すると政局はただならぬ状態となるやただならぬ状況に陥るといったように述べることができ、「様相を呈する」と意味合いが同じになります。このような類義語をさらにみていきましょう。

「違う様相を呈する」の類義語とは?

ものごとにおいてまた別の側面があることを意味する「違う様相を呈する」の類義語は何があるのでしょうか。そもそも違う様相を呈するが様相を使った別の側面があることを意味しているので、その意味に似ている言葉を使います。

「違う一面を持つ」や「異なる要素を持つ」、「違う顔を持つ」といった具合で使うことができる類義語は結構たくさんあります。これらの意味を持つ言葉をまとめて「違う様相を呈する」の類義語と言うことができます。

「様相を呈している」の場合は?

「様相を呈する」の意味と使い方・類語・同義語・読み方・例文

状況や状態がまだ見ぬ先のことを述べる場合ではなく現在見受けられている状態であるならば、「様相を呈している」と現在形で表現することもできます。意味は同じですが、第三者から見て取れる状態であるという違いがあります。

「様相を呈している」は類義語として「認識する・認められる・知ることができる」があります。こちらは見て取れる状態で確認できる意味なので数多くの類義語がまだまだあります。普段何気なく使っているはずなので、意識してみると類義語だったということもあるでしょう。

把握されるはもっとも近い意味になる?

類義語である程度意味の似たものはありますが、把握されるはもっとも近いといっても過言ではありません。なぜならば、はっきりとした状態を表す様相と把握の持つしっかりと現状を理解する意味がほとんど同じといえるからです。

「様相を呈する」の読み方

「様相を呈する」の意味と使い方・類語・同義語・読み方・例文

「様相を呈する」の読み方を学んでいきましょう。様相(ようそう)を呈(てい)すると読みます。この単語一つずつ意味があり、様相は姿や形を表します。次に呈するは差し出すことや示すといった意味になります。

さらに、様相は哲学的な判断を示すことに使われます。一般的な生活の場面には使われることがほとんどないといえます。分類的には必然的な物事のありかたに使われる言葉です。しかし、相手の様相を伺うなど身体的な部分を捉える形で使われるなど、ごく限られた表現では使われています。

「様相を呈する」の例文

「様相を呈する」の意味と使い方・類語・同義語・読み方・例文

それでは、実際に様相を呈するを使った例文を見ていきましょう。例文を一度読んでみて感じることのできる以外な使い方や文法を理解します。比較的高度な例文と最新の使われ方を両立、類義語の使った例文など多彩な様相を呈するの例文を掲載しています。活用してみてください。

これから起こるであろう出来事の例文

「この戦争はこれまで予想されていなかった様相を呈することになる。」はこれからの起こる事柄を述べています。具体的な意味を述べるなら、この戦争は「これまで予想されていなかった軍事のための費用が必要になってしまうことだろう。」といいかえて説明を加えることができます。

このように具体的な説明を抜かしてこれから起こるただならぬ状況や状態を表現する用いられ方をすることが多いです。この言葉は必要な場面を考えて使うことが大切だといえます。

具体的な症状を表す例文

「様相を呈する」の意味と使い方・類語・同義語・読み方・例文

「初期のバージョンでは、ビデオカードのドライバーの相性によって画面の映像が乱れてしまう場合があり、ゲームの映像は特に深刻な様相を呈することがあった。」は具体的な症状を表し、問題の深刻な状態を表しています。このような使い方の特徴として普段の何気ない日常で使うことができる点があります。

大きな問題の状態を示す意味はあまりありませんが、個人用のブログの記事で使うこともできるため、覚えておくと重宝するでしょう。

見受けられるや思われるという意味での使い方

「このゲームは高度な技術によって製作されているが、小さなミスでエラーが発生し、プログラマーがただならぬ様相を呈している」は現在形で見受けられるの意味を示す例文です。今回の文では人の表情を示しているので、具体的な内容を前の文で述べておきます。

そして、先のことを述べる意味もないため、今の見受けられている状態を指しているといえます。例えば、英語の発音は日本人では難しいように見受けられるを英語の発音は日本人には長期的な学習の様相を呈していると言い換えることができます。

そのほかの様相を呈するの例文

「曲線的な関数式の解に比べて、方程式はさらに複雑な様相を呈する」は形容詞的な複雑を様相を呈するの前に置いています。次に、崇高な様相を呈するや持久戦のような、市街地のような様相を呈するなどの形容詞的な単語ではなく、比喩的な文を前述しておくことで繋がった意味として述べることができます。

こののような場合は実際に起こるであろうことが具体的に例えずらい場合に最も活用できます。伝えることの難しい説明を省き、「~のような」と書き加えることで相手に伝えることができ、ただ伝えるだけではなく示し続けるといった意味も含めることができます。

使える場面は意外と多い様相を呈するを使おう

「様相を呈する」の意味と使い方・類語・同義語・読み方・例文

これまで説明してきた以外にも様相を呈するは使える場面が多くあります。簡単なおすすめの使い方は「~のような」といった文を始めに考えその次に様相を呈するを繋げて文を作るとより簡単に使うことができます。

文法に自信がないといった人でも大丈夫です。使っていくうちに身に染みていき、何気なく普段から使えるようになります。基本的な使い方をマスターしたら、次に様相を呈するの類義語も使いこなしていけようにがんばってみましょう。

関連記事

Related