Search

検索したいワードを入力してください

人付き合いが面倒な人の心理・特徴・改善する方法|恋愛

Author nopic iconライム
人間関係 / 2018年04月30日
人付き合いが面倒な人の心理・特徴・改善する方法|恋愛

人付き合いが面倒な性格の心理とは

人にはさまざまな性格があり、中には人付き合いが面倒と思わずに、人と付き合える人がいます。世知辛い世の中になり、スマホの画面やロボット、パソコンと顔と付き合わせてるのが多い時代になり、人付き合いが面倒と感じる人が多くなりました。

人付き合いに重きを置かない人とは、情が薄い人、または自分の世界に浸かっていたい人などがあげられます。昔程、人付き合いを重視しなくても、生活が送れてしまうのも人付き合いを面倒と思わせている原因となります。

主婦の場合

主婦は家庭を守らないといけません。ただ家庭を守るのではなく、近所やママ友との人付き合いをきちんとしていかなくては、家族の評判や姑との関係や夫との関係も難しくなります。

主婦は面倒な人付き合いを通して、家族自体の評判や生活を送りやすいように人付き合いをしていくので、それなりに人と接するのが好きでないと務まりません。また人付き合いが重荷になり、ストレスを抱えてしまう人もいるので、人付き合いが面倒と言っていられない立場でもあります。

友達同士の場合

あまり気が合わない友達でも、ある程度合わせて人付き合いをする友達がいるので、返って人間関係は面倒になります。自分の気の合う友達とばかり付き合うのは難しいので、他の友達もみんな同じくらいの人付き合いが必要です。

友達同士で人付き合いが面倒と感じる場合は、相手が勝手に自分の事を友達と思っていたり、ある程度、距離を置いて付き合いたいような面倒な友達が多いでしょう。友達といっても、面倒な人付き合いと考えている人も少なくないです。

人付き合いが面倒な性格の特徴とは

人付き合いが面倒と感じる人の性格の特徴は、もともと人と接するのが嫌いだったり、煩わしいと感じる人に多いです。知らず知らずに友達も少なくなっているので、人付き合いが面倒な人は友達が少なかったり、従兄弟や兄弟ともあまり仲が良くない人が多いでしょう。

人付き合いが面倒と感じる人は過去に辛い事があって、人を信じられなくなっていたり、仕事やお金が中心の考え方が優先して、人付き合いが面倒と感じている人も多いです。

職場の場合

職場で人付き合いが面倒と感じる人は出世できません。職場で他人に人付き合いが面倒だと感じさせてしまう人は、仕事と割り切っても人付き合いが面倒と感じている人がほとんどです。チームワークを考えて行動しない人なので、自分勝手な人も多いでしょう。職場で人付き合いが面倒と感じる場合は、仕事をする上で不利と感じる場面が多いと言えます。

職場で人付き合いが面倒と感じないためには、仕事のためだと割り切って人付き合いをしていく必要があるでしょう。

恋愛の場合

恋愛で人付き合いが面倒と感じる場合は、本当に恋人の事が好きではないです。もともと人付き合いを面倒と感じている人は、恋愛にはあまり興味がないです。現代の若者は一人で過ごす事を好みます。恋愛をしない若い人ばかりではないですが、恋愛をする際でもある程度、自分の世界を築けないと恋愛自体が続かない事もあるでしょう。

人付き合いが煩わしいと感じている世代も、昔からの世代も恋愛自体を面倒だと感じている人は多いです。それは時代の流れも影響しています。

人付き合いが面倒な場合どうするべきなのか?

人付き合いが面倒と感じてしまう場合は、付き合っていて楽しい人や疲れない人となるべく付き合うようにしましょう。面倒と感じる事はストレスにもなります。面倒と感じても職場や家庭では避けられない人付き合いもあるので、深入りしないような人付き合いをしていくべきでしょう。または自分に負担のかからない範囲で人付き合いをしていきましょう。

人付き合いが面倒だと感じるのは、年配の人でも感じるようになって来ています。自分自身に問題があると考えない事でもストレスにならないので、あまり人付き合いが得意でないことを気にしない事です。

人付き合いが面倒になるときはどういう時か?

相手が自分と接する時に面倒くさいような態度で接したりすれば、こちらも面倒になります。女性の方が人付き合いが得意な印象がありますが、実際は女性同士の方が人付き合いが難しい事があるので、男性よりも気を付けて相手と接する必要があります。

面倒と感じる時は、自分に余裕がなかったり、体調が悪かったり、他に悩みがある場合などです。面倒と感じる理由にもさまざまです。

子育ての場合

子育ての場合は子供自体の存在が面倒だと感じてしまう場合や、姑との関係や子供をベビーカーなどで外出させた時に、生じる人との関係などです。またママ友との関係も子育てをする主婦が人付き合いが面倒だと感じている瞬間でもあります。

面倒になる場合は、ほとんどが子供に手がかかり、自分に余裕がない場合がほとんどです。子育てでマイノリティブルーやマタニティーブルーとなる人も増えているので、子供の管理も必要ですが、母親の心を疲れさせないような対策も必要です。母親は子供を守る重圧と常に戦っています。

結婚していて面倒になる場合

結婚自体が望まない結婚だったり、結婚して何十年と経ってしまっている夫婦は結婚自体が面倒だと感じる場合が多いです。結婚相手の若い時とは違う変貌ぶりや、他の夫婦と比べてしまうと結婚自体が我慢大会のような関係になっている夫婦はたくさんいます。

結婚しても、時が経てば夫や妻の存在が面倒と感じるのは仕方がない事になります。いつまでも新婚のような夫婦もいるので、できるだけ新婚のような気分で夫婦生活を送りたいものです。

割り切って人と付き合おう

割り切って他人と付き合うと、割り切っている事が分かってしまいます。ここでの割り切りとは人付き合いが苦手で面倒と感じている人を対象として考えます。

挨拶や季節感を入れた会話などから、人との距離を縮める事をしていきましょう。人が生きていくにはどうしても他人との関わりがないと生きていけないので、その部分を割り切り、人と付き合えば、人付き合いも負担ではなくなります。

人付き合いは自分を映す鏡

今、自分が付き合っている人がどのような人なのか、今、付き合いの多い人を自分で見てましょう。人間的に問題があっても、他人に嫌われてる人との付き合いがあってもそれはあなたが自信が招いた人間関係です。

類は友を呼ぶではないですが、自分の友達としてふさわしくないと思っていても、あなた自身が人として成長しなければ、他人から見て立派な人との付き合いはなくなります。どういう人間なのかを相手に問うよりも自分が成長して、良い人間関係を築けるようにしましょう。

面倒のないような人付き合いをするには

人付き合いを真面目に考えすぎると、面倒なことが多く感じられがちです。ギブアンドテイクのようなことを考えずに、人と接しましょう。恩を売ったり、恩を返してもらおうと思ったりしない事です。

代償を払えば、人はそれだけ返してくれると考えない事です。心の通った人付き合いをしないと、なかなか面倒と感じる人付き合いから、抜け出す事はできないでしょう。まずは人に求めないような関係を築くようにしましょう。

人は一人では生きられない

人付き合いが面倒に感じても、家族を守ったり、職場で仕事をしていくにはどうしても人との付き合いが必要になります。若いうちは人付き合いが面倒に感じてもよいですが、ある程度年齢を過ぎれば、他の人との橋渡しができるようにならないといけません。そのためにも人との付き合いを面倒と感じないような人になりましょう。

面倒と感じても最低限の付き合いをしていこう!

通信テクノロジーが発展した世の中では、人付き合いが面倒と感じても仕方がないです。ましてや、晩婚化や少子高齢化などは、人付き合いの面倒くささが、多少なりとも影響しているからでしょう。近年は震災や自然災害が増えており、人との繋がりを重視する人も増えています。職場でも家庭でも人との繋がりがないと成り立ちません。

面倒と感じても最低限の人付き合いをしていきましょう。生きていくのに人付き合いがなければ、生活する上で必要なことを学べません。人との付き合いを通して、自分も成長するつもりで他人と付き合いましょう。