Search

検索したいワードを入力してください

先送り症候群の心理・しない方法・おすすめの本・親の特徴

Author nopic iconライム
人の心理 / 2018年05月07日
先送り症候群の心理・しない方法・おすすめの本・親の特徴

先送り症候群の人の主な心理とは

仕事や勉強を進めていく上でどうしても、計画を立てないといけません。先送り症候群の人は計画的ではなく、感情的に動く人が多いので、物事を先送りしたがります。将来のことよりも今楽しめればいいという楽観的な考え方もあり、先送りしたがる人の主な心理とは理想が高くその理想を管理しきれない人達と言えるでしょう。

先送りする人の主な心理状態は切羽詰まっていない場合が多く、のほほんとした人も多いです。あとはなかなか目標を叶える能力や才能がなくて、進めなくてはならない事柄を進める事ができない場合などが多いでしょう。

癖からくるものなのか?

先送りする人は性格に影響される人が多いです。まだ大丈夫だろう、先送りしてもなんとかなると考える人が多いので、楽観的で現実的ではない考えと言えます。一度、先送りをしてしまうと何事も先送りしたがるので、癖になる場合が多く歳をとってから何も成し遂げていないことに気づく事がほとんどです。

先送りは性格からくるものですが、癖やもともと持っている考えから先送りすることもあるので、なかなか他人から指摘されて治るものではないでしょう。

完璧主義の人に多い考え方なのか

完璧主義の人とは何事もきちんと完璧にできていないと気が済みません。それゆえに完璧にこなせないことは後回しにする場合があるので、先送りが癖になっている人は完璧主義の人が多いでしょう。完璧主義は悪いことではありませんが、何事も完璧にこなそうと考えて、結局は何もできていない事もあるので、完璧主義が仇になる場合もあります。

完璧主義とは誰にでもある考えとは限りません。柔軟性を持った人は完璧主義でないので、先送りはしません。仕事や物事をしていくには柔軟性が必要になります。不必要な完璧主義は逆に邪魔になる場合が多いでしょう。

主な行動パターンとは

先送りをする人でも行動パターンはまちまちです。得意な事を先にしてしまう人や不得意なことをまったくしない人、また時間が掛かる免許の取得や資格の取得、結婚相手を探す事も先送りにしている場合があるので、他人から見て普段の行動がポジティブに見えない場合が多いです。

また本などを参考にして動く場合もあり、行動がマニュアル化されている場合があります。マニュアルを基本に動いていても、自分に都合の良いように動くので、結局、他人から見ると何もなし得ていない場合がほとんどです。

仕事などで先送りしないためにはどうするか

先送りした時の顧客への迷惑や、上司から評価を気にするようにしましょう。不得意なことを先送りするのはよくないことです。仲間からも、あてにされなくなります。大きな目標を立てずにできる事から始めましょう。

先送りする人は仕事などでできない事が多いです。他人をあてにしている場合があるので、仕事をしているという意識を高めるようにしましょう。キャパシティーが狭い人にも先送りする人は多いので、先送りしないような仕事を選ぶ事でも先送りすることをしなくなります。

仕事では優先順位を考える

仕事の優先順位を考えるのが下手なのは、新入社員などに多いです。ほとんどの仕事は先送りしてどうにかなるものではないです。結局はしなければならない仕事がほとんどなので、できないことを増やすのはやめてなるべく何でもできるように克服しておきましょう。

得意先からの電話があって注文を受けても、優先順位を考えましょう。メモをする事も大事ですが、得意先や同僚を納得させる仕事をしていかないと、先送りしやすい人はなかなか職場での評価を上げる事はできません。できないことを増やさないでできる事を増やして、先送りしないような仕事をしていくしかないでしょう。

先送りに関する本の紹介

先送りに関する本のほとんどは、先送りした場合のメリットやデメリットを示した本や、どうすれば先送りしなくて済むのかといった本が多いです。自己啓発本というよりも、先送りをすることで生まれるデメリットとメリットを知って、先送りをしなくなるようにするような本が多いです。

先送りというワードで先送りに関する本がかなり検索にヒットするので、自分に合った本を探しやすいでしょう。

先送りせずにすぐやる人に変わる方法

すぐできる具体的な方法が書いてあります。筆者は先送りをする人の心理がよく分かっているので、先送りをすることで悩んでいる人にはもってこいの本と言えるでしょう。この本を使って先送りすることを克服するようにしましょう。

Blockquote firstBlockquote second

「他の本と違い、やる方法が具体的に書いてある点が良い。」「なんでも後回しにするタイプの人間ですが、この本を読んでちょっと変わったと言われるようになりました。」

先送りがうまくいくという場合があるのか

本によっては先送りのメリットが載っている場合もありますが、ほとんどの本が先送りを克服するための本なので、先送りをすること自体でうまくいくことはあまり書いてありません。

先送りをする事自体がマイナスのイメージがあります。先送りをしてうまくいくというよりかは先送りをしないように物事を進めた方が物事がうまくいくでしょう。物事はバランス良くこなしていくのが必要になるので、先送りをしてうまくいくということはあまりないと言えます。

先送りをする親の主な特徴とは何か?

先送りをする親の主な特徴とは子供に甘い事です。また子供の能力を見極めて、無理な事をさせないので、のびのびと子供を教育できるでしょう。「後で良いから、しておいて。」という親の発言は無責任な言動ではなく、子供の可能性を高める教育法でもあります。

脳科学的に見ても、その場ですぐ褒めた方が効果がある事と一緒です。数ヶ月前の事を持ち出して、褒めるよりも、今していることを即座に褒めたり、褒めながら先送りしてしてもらうという方法は賢い親の教育法でもあります。

子供のうちは先送りということは考えずに、物事へのやる気を出させる事を中心に考える事が必要になります。

研究で解明された先送りのメリットとは何か?

研究で解明された先送りのメリットは少ないです。どちらかというとデメリットの方が多いです。joseph R ferrari氏の研究によると先送りしたがる人は他人への依存心が多く、他人を当てにしたり、責任転嫁をしたがるタイプが多いという研究結果を導きだしています。

先送りをメリットとしているのは、ピータードラッカーという人の研究結果で、主に経営学を学びながら得た先送りをすることで得られるメリットが多い事を語っています。先送りして事を慎重に考えて、行なう事でミスを誘うので、グループの早めの決断は好ましくない事を証明しています。優秀な経営者の視点で見ると先送りはメリットと考える人も多いです。

先送りに関することわざって何?

先送りに関することわざはありませんが、時間制限なしで物事を成し遂げる事で得られるようなことわざはあります。例えば「終わり良ければすべて良し」や「石の上にも三年」です。これらのことわざは先送りしても結果が良ければ、先送りしても問題ない事を語っています。

先送りすることが悪いという訳ではなく、結果的に上手くいけばどのようなやり方でもその人の能力を活かせるような仕事や物事の仕方をすれば、問題がないと言う事になります。

先送りすることは悪いこと?良い事?

先送りをすることはあまり良い事と世間では思われていません。その証拠に先送りの本などが出版されているからです。昔は思い立ったが吉日という言葉が重要でしたが、現代では今日からでなく、明日から始めても間に合うと言った考え方にシフトしてきています。

先送りがよくないと言う訳でなく、時代の流れや今している仕事に合わせて、先送り自体に対する考え方も変えていく必要があると言えるでしょう。

目標が多いから先送りをしたくなる場合

あれもこれも成し遂げたいと考えている人が、何年もしたいことを棚上げにしている場面は良く目にします。目標を減らして、目標にも優先順位をつければそれほど先送りに対して、後ろめたい気持ちはなくなるでしょう。なぜなら、目標を叶えてから次の目標を作り、また目標を叶えるために努力するからです。

目標が多い事は悪いことではないですが、必要最低限の事も叶えられない場合は目標設定を低くして叶えられる事を増やして、やる気を起こさせる事です。目標と決めてもなかなか叶えられる事が難しい事柄もあるので、完璧主義的な考え方をやめるだけでも効果があります。

先送りする人は仕事が出来ない人が多いのか?

仕事ができる人とそうでない人に別れます。人と引っ張っていくような責任者の立場にいる人ならば、冷静な判断が常に必要になるので先送りをすることが悪いことにはなりません。

逆に責任者などの役割を担っていなくて、仕事を淡々としている人が先送りする場合は仕事自体が面倒と感じていたり、できない部分があるので先送りしていることもあります。仕事での先送りは今いる立場でも変わってくるでしょう。

常にプレッシャーに悩まされてる人のイメージがある

したいことが多くて、常に目標が多くて何も実現できていない人が多いというイメージが先送りにはあります。これはしなくてはいけないという強迫観念が強くて、先送りする人は何もできていない人が多いので、目標が大きすぎて、重荷になっている場合があります。叶えるようなレベルの目標にする事も時には必要でしょう。

先送りしないためにはどうするか?

先送りするのは性格です。仕事で先送りして周りが困る事も多いので、周りの事も考えていれば先送りすることはなくなるでしょう。また理想を異常に高く持たない事でも先送りする癖がなくなります。先送りしていると気づいた人のほとんどはその癖を治そうとするので、先送りしていることに気づけば、先送りしなくなる人が多いです。

先送りは怠け者のイメージはあるのか?

怠け者のイメージと言うのはどうしても先送りする人にはつきまといます。ネガティブなイメージもつきまとうので、本人が怠けていなくても怠け者のイメージはつきまとうでしょう。そのためにも先送りをすることを克服して、周囲のイメージを変える必要もあります。先送りは現代ではよいイメージで捉えられません。

先送りをする場合考えたい事とは

先送りして周りに迷惑がかからないのかを考えましょう。また思慮深いこととは時には必要です。周囲に理解を求めるようにしていけば、その仕事や事柄についてどうして先送りが必要なのかを説明して、先送りしてもよいでしょう。

慎重に物事を進めたい場合の先送りと、自分だけの都合で先送りしたい場合は先送りの意味が違ってきます。

自分の能力を考えて先送りしている場合もある

先送りする人は優先順位をよく考えている人に多い行為だとも言えるでしょう。能力以上の事を目標としているので、本来ならできることも先送りにしている場合があります。自分の力では成し遂げられない事を目標としている事もあるでしょう。したがって、先送りにして慎重に取り組みたいこともあるので、一概には先送りが悪いこととは言えません。

先送りしたいと思ったら周りの理解を得よう!

どんな職場でも、仕事ではホウレンソウが必要になります。報告・連絡・相談が上手くできていないと一人前の社会人とは言えません。先送りしたい仕事や事例があれば、上司や同僚へ説明や同意を得るようなことをしていきましょう。

仕事をしていく場合、先送りというのは思わぬトラブルを起こしやすいです。個人で決めた目標などは先送りしてもトラブルにはなりませんが、仕事をしていく上で先送りする場合はそれなりの理由が必要です。できるだけ仕事で、できない事をできるようにしておくだけでも、先送りすることはなくなるでしょう。

関連記事

Related