Search

検索したいワードを入力してください

消えたいと思うときの心理状況・心理テスト|仕事ミス

Author nopic iconライム
人の心理 / 2018年05月10日
消えたいと思うときの心理状況・心理テスト|仕事ミス

状況別に見た消えたいと思う時の心理状態とは

人は感情の動物です。いくら強い人でも落ち込む事はあります。消えたいと考える場合はかなり精神的に切迫している状態です。自分だけでは解決できない問題を抱えることもあるので、なるべく一人で悩まない事が大切です。相談相手がいなくても、前向きに考えていく事で状況が良くなります。

立場別や状況別に見ても、自分ではどうにもできない妊娠中や、勤めている会社の倒産や家族の死に直面する事もあります。どのような時にでも自分を失わない強いメンタルをつけるようにしましょう。

仕事でミスをしたときに消えたいと思う場合

まだ新入社員だったり、転職して間もない場合で仕事で失敗すると今後この会社でやっていけるのかを不安になります。仕事で失敗した場合の精神状態は不安定です。また会社での信頼を失くす場合もあるので今後の事も考えて、深く傷つき感情が働かずに、次第に笑顔が消えていき、何をしても楽しめない心理状態になるでしょう。

仕事はある程度の失敗がないと前に進めません。他の人がしないような失敗をしても、それが自分の個性だと思って向き合う事が必要になります。

妊娠後期やマタニティーブルーなど

昔程、子供を育てる事は簡単ではないです。まず子供を授かる事ができても、育休を今後取る事ができるのか、また会社での地位が下がる事はないのかというのもストレスの原因となります。妊娠後期になるとどうしても、子供を授かった事に対することが重荷になり、消えたいと考える事はあるでしょう。

出産後の子育てにも、保育園や幼稚園の確保などの問題があり、必要以上に悩んでしまい消えたいと思う事はあります。その場合は子供の将来を考えて、自分がしっかりするという思いや、子供がいる事の感謝を忘れないようにしましょう。

思い通りに人生が進まず消えたいと思う時

仕事や恋愛、借金などがあり人生が上手く進まない場合や持病が治らない場合など、人生はさまざまな苦悩がある人がいます。他人にはたいしたことはなくとも、本人にしたら、大変な問題になっていることもあります。思いどおりに人生が進んでいないと感じたら、ひとつひとつ問題を片付けるようにしましょう。

消えたいという願望を叶えてしまったら、それでもう人生は終わってしまいます。自分なりの納得できる人生を歩むためにも、簡単に諦めないでひとつひとつ問題を片付けるようにしましょう。

あなたの消えたい度心理テスト

消えたいと思うと行動などに現れます。消えたいとおもっても人により症状はさまざまです。次のような事が目立つようになれば、消えたい度が高い事になります。

1、食事が美味しくなくなった。

2、外出をする機会が減った。

3、友達と楽しく話せなくなった。

4、笑顔がなくなった。

以上の症状が現れたらかなり消えたい度が高い証拠です。対策をとりましょう。

気持ちが落ち込むと今までしていた事ができなくなります。また普段の生活に必要な事ができなくなる場合も、かなり消えたいという気持ちが高い証拠です。自分では気づかないこともあるので他人から指摘されたら素直に受け止めるようにしましょう。

もう消えたいと考えてる時に目立つ行動とは

仕事でミスが続いたり、学校や職場を休みがちになります。また他人に当たる事が増える人もいますが、中には一日中寝ていたり、外出や外食をしなくなったりと人によって消えたいと考える時の症状はさまざまです。

普段と同じように過ごしていても、考え方が大きく変わったり、人と関わる事が嫌になったりすれば危険な状態です。家族や友達がもし、異変に気づいたら、落ち込んでいる人にどうして落ち込んでいるのかを聞いてみましょう。周りができる事は限られていますが、話を聞くだけでも問題を解決できる場合があります。

消えたいとおもっている人をほっておかないことも大切です。

消えたい衝動を止める方法ってあるの?

一度消えたいと思えばなかなかその気持ちを止める事は難しいでしょう。消えたい衝動にならないようにすることで、大きな事件や自殺を避ける事ができます。

衝動を止めるよりか、衝動を起こさせないような状態に持っていく事が必要になります。仕事で大きなストレスを感じている場合は、無理をして仕事を続けない事や、「頑張る」という言葉を消えたいと感じている人には言わない事を家族が気を付けたりとできることはたくさんあります。衝動的な行動を起こさせないようにしておくことが必要です。

消えたいと思う人に読んでもらいたい本とは

消えたいと考える人は今を生きる事の意味を知るような本を読みましょう。宗教的な本は地球規模で物事を考える事が多いので、まずは自分のものの考え方を変えるような本の方が良いでしょう。ネットで自己啓発本を調べたり、セミナーにもさんかして参考になる本を選んでも良いです。

今の状況を一変できるほどの効果はなくても、読んでいて気持ちが楽になるような本が良いでしょう。

小さいことにくよくよするな!

リチャード・カールソンという人が2000年頃に発行した本になります。内容は自己啓発本とは違いますが、毎日の過ごし方から、物事の考え方などが詳しく載っています。この本の凄い所は読んでいると、不安がなくなってくることです。

筆者が医師だということもありますが、嫌な人を老人や子供に例えて考えたりと普通では考えつかないようなことが書いてあるので、当時はベストセラーとなりました。消えたいと考えている人にもってこいの本だと言えるでしょう。

Blockquote firstBlockquote second

いつもイライラしていた自分がありましたが
この本を読んでとても平和な気持ちになれています。
幸福の意味、大切さをしみじみと実感しました。
今後は自分のできる事を少しずつやって行きたいと思います。
ありがとうございました。

消えたいと思っている人が知っておきたい名言とは

日本を代表する僧侶の一休は「大丈夫だ心配するな何とかなる」という言葉を残しています。僧侶はいつも修行して、物事を考えているので人生はどのような時にも何とかなるという気持ちを持とうという意味で残した言葉になります。

またパナソニックやナショナルの創始者の松下幸之助は「悩みはあって当たり前。それは生きている証であり、常に反省している証拠でもある」という言葉を残しています。家電メーカーとしても、常に他者を凌ぐ商品を開発して来た裏にも努力が必要でした。どのような人にも必ず悩みがあるそれは大きくても小さくても必ず悩みはあると言う意味になります。

偉人達が残した言葉を他にも調べると、ためになる言葉がたくさんあります。消えたいとおもってもそこからがスタートなのだと偉人達の言葉から学ぶことができるでしょう。

一人で悩まない事が大切になる

消えたいと思ったら、一人で悩まないことです。いままでの生活を守りたいがために無理な行動をする人もいるので、冷静になっていない状態で一人で考えて、答えを出すのはやめましょう。

一人で悩まないで、他人に話してみましょう。家族や友達や恋人に話してみましょう。死中に活ありという言葉もあるので、良いアイデアが浮かんで消えたいという気持ちがなくなる可能性は高くなります。

考えない事も一つの手になる

常に悩みに苛まれている人は、常に物事を考えています。考えても状況が変わらない場合はあえて考えることをやめてみましょう。必要以上に悩まないことで、落ち込んで消えたいという気持ちがなくなることもあります。

なるべく考えることをやめて、気分転換をしながら仕事や勉強を続けられるような精神状態に持っていくことも必要になります。

今まで良かった事を思い出してみよう!

悪いことが起きると悪いことばかりに集中しがちです。人を責めたり、自分の悪いところを必要以上に責めたりと、自分の心を痛めつけることと変わりません。

今までのできごとで良かったことを思い出して、またあの時のように戻るためにはどうするかを考えましょう。必要以上の過去への執着はよくないですが、今の現状を変えるためには過去を振り返ることも必要になります。

消えたいと思ったら、良かった頃を思い出しましょう。また人に感謝することも忘れないことです。

消えたいと思う理由をあえて考えない

なぜ消えたいと思うのかを考えないことも、消えたいと考える人には必要な考えになります。悪いことを思い返したり、思い出してまた嫌な気分になるので、思い出す時は、次は同じ過ちをしないことだけを考えて、それ以上は振り返らないことです。

消えたいと思うのは一時的という可能性もあります。消えたいをいう気持ちを大きくしないためにも、深く考えない癖をつけるようにしましょう。

留学や海外旅行をして他の文化に触れてみる

海外のカルチャーは日本にはない価値観があります。海外旅行や留学をしてステイ先の人との触れ合いで今悩んでいることが、いかに小さなことなのかを知ることは多いです。

まだ自分が知らない世界を知ることは、消えたいとおもっている人に取っては、とてもためになる経験となります。スポーツ選手などが海外遠征にいく理由も、メンタルを強くするためです。日本でボランティア活動をしてみることもまた違ったことを学ぶことができるでしょう。

自然に触れるようにして五感を研ぎ澄ます

消えたいとおもっている時は五感が衰えています。自然に触れるようにして、気分転換をして、心をリフレッシュしましょう。キャンプや釣りでも十分に自然の偉大さを感じることができます。

消えたいとおもっている精神状態から脱出するには、普段しないことをするのも良いです。今までしてこなかったスキーや、スノボーやサーフィンなどをして自然と触れ合うことで、消えたいという気持ちはなくなっていくでしょう。

身近な人に話す癖をつけるようにする

消えたいと思う人は普段からの職場の会話もない人が多いです。常にコミュニケーションをとることで、職場や家庭で消えたいという状況にならなくなります。常に困ったら、上司や両親に話す癖をつけておきましょう。

一人でいる時間を減らすようにする

落ち込んでいる時は、誰にも会わなかったり、部屋に閉じこもっていたりと悪い環境で過ごすようになります。一人の世界に入り込むことを避けるようにしましょう。ゲームにのめり込んだり、必要以上にネットに依存することは避けるようにしましょう。

時々、フットサルを友達と楽しんだり、自分で散歩したりと体を動かすことを忘れないようにしましょう。

消えたいと思う事は生きたいと考えている証拠

消えたいと考えるのは、今を変えたいと考えているからです。その気持ちをプラスの方向へ変えていけるような方法を自分で確立しましょう。ノートに今の気持ちを書いて分析したり、悩み事をノートに書いておけば、過去にどう対処したのかを覚えておけます。

自分の限界を知っている人は人に優しくできる

辛い思いをした人は、人に優しくできます。また人の気持ちがわかるので、職場で努力すれば、役職やリーダーや責任者という役割ができる人もいます。自分の限界を知ることはリスクがありますが、乗り越えることができれば強い武器となるでしょう。

消えたいと思った時がスタートだと思え!

職場や学校、家庭で消えたいとおもっても、その気持ちや状況を変えることを諦めないようにしましょう。若いうちは誰でも、消えたいと考える時があります。ましてや今は、雇用形態も不安定な時代となるのでどれだけ強い気持ちで生きていけるかが問われます。

消えたいと思ったら、そこがスタートだと思い、自分なりに乗り越えていくようにしましょう。他人は自分の頑張りを見ています。無駄なことは何一つないということを覚えておけば、どんな困難も越えていくことができます。

関連記事

Related