Search

検索したいワードを入力してください

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

Small 08b07e70 f916 4482 8350 6d996b27350bpuku0204
人の心理 / 2018年05月09日
足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

腕を組むのと足を組む仕草の心理の違い

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

人間の表情や行動や話し方から何を考えているのか読み取ることができる行動主義心理学というものがありますが、現在では「行動心理学」という呼び方で世間には知られていますが、行動心理学は個人的見解ではなく、科学的に証明されていて、アメリカで発祥し有名になり浸透していくようになり現在でも多くの人が興味を持たれています。

最近ではメンタリストのDaigoさんが有名で相手の仕草や質問の答え方から相手の選んだカードを当てるゲームなどがテレビ番組などで放送されていますが、Daigoさんが使っている技術はメンタリズムです。行動心理学と似ていますがメンタリズムの場合は、相手を誘導して回答を見つけることなので、行動心理学と少し違います。

行動心理学の中で足を組む心理と腕を組む心理について、比べてみると同じ組む動作でも大きな違いがある事がわかりました。

足を組む心理

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

足を組む心理の中でも、色々な心理が読み取れますが1番主張されている心理状態は「リラックス」している状態だと考えられていますが、その理由は、緊張状態では足を組むことができないからです。

もちろん、足を組む人の全てがリラックス状態であるとは言えませんが、ビジネスや重要な話をしている際に足を組む行動ができる人は少ないのがわかるように、精神が安定して落ち着いている時に足を組む場合が多いことからリラックス状態を示していることがわかるでしょう。

腕を組む心理

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

腕を組む心理は警戒心が強い状態だと考えられていますが、その理由は人間が身を守るために人間の大切な心臓を隠す位置に手を組むことから、何かに脅えて警戒していると考えられるでしょう。

足を組む行動は、逃げたくてもすぐに行動できないことからリラックス状態に近いと考えられ、腕を組む行動は、心臓を守るための状況反射的な心理からでる行動だということがわかりましたが、同じ組む行動でもこれだけ対照的な心理になることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

男女別で足を組む心理は違う!

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

足を組む行動は、統一して全てが同じ心理状態ではなく、状況でも男女でも別の心理状態だということが証明されていますので、男性と女性の足を組む行動から読み取れる心理の違いをご紹介します。

男性が足を組む心理とは?

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

男性が足を組む行動をしている場合は、その場から早く帰りたい心の現れがでています。頻繁に足を組みかえている場合なら不安や緊張感があり落ち着きがない状態です。

中には、自分を大きく見せたくて足を組んでいる人もおり、そのような人の場合は、プライドが高く相手に威圧感を与えたいと考えています。

また、女性とデートの約束などをしている場合で待ち合わせで逢った時に足を組んでいる男性は自分の姿を見て欲しいという欲求があり、かっこつけたいという心理から足を組む場合もあります。

女性が足を組む心理とは?

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

女性が足を組む行動をする時の心理で一般的に考えられている心理は、セクシーさをアピールしたいときに足を組むことがあります。セクシーさをアピールしたいと考えている女性が足を組む場合は、ミニスカートなど足を露出させる服装である場合には美脚をアピールして気になる男性の目を引きたいときの行動だとされています。

恋愛で足を組む心理

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

恋愛で相手の気持ちを理解したいと感じるシチュエーションは、よくあることでしょう。そんな時に役に立つのが足を組む行動から読み取る行動心理です。足の組む行動の中で、どちらの足を上にしているかや、足先の方向の向きなどから相手の心理を読み取ることができます。

恋愛で女性が足を組んでいたら好意がある証拠?

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

女性の場合、男性の前で足を組む行動は相手に好意を抱いている場合があります。好意を持っていて話しかけられたかったり、見られたい願望がある場合、足を組む行動から、さらに足をぶらつかせて動かしたり何度も足を組見直したりします。

恋愛において、女性が足を組むという行動は、釣り竿と同じ原理だと考えられていることから、足を組み相手に気付いてもらってから足を揺さぶることで、より注目をさせる行動だと読み取ることができます。

右足・左足別足を組む心理

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

足を組む行動が癖になっている人は、どちらの足を上にして組むことなど計算せずに足を組むことが多く、自然とやりやすい方の足を上にして組んでいるのですが、実は無意識に足を組む行動だからこそ、足の組み方で性格や心理状態を読み取ることができます。

右足が上になる足の組み方の心理

右足が上になって足を組む人の心理は、シャイで慎重派な人に多く、人見知りである人に多いことがわかります。日本人は平均的に右足が上になって足を組む人が多いのですが、右足が上になって足を組む人は、恋愛でも消極的で自分から想いを伝えることが苦手であるため恋愛ベタな人が多いので、好意を持っている人が右足が上なら積極的に声をかけましょう。

左足が上になる足の組み方の心理

左足が上になって足を組む人の心理は、積極的であり社交的な人に多いタイプですので、恋愛においてもリードしてくれる人が多く見受けられます。自分に自信を持っている人が多いのも特徴があるので、モテる人に多いのも左足が上になって足を組む人が多いと言えるでしょう。

足を組む向き別心理

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

足を組む時に、足先がどこに向いているかで相手の心理状況を読み取る事ができますのでご紹介します。

話し相手の方向に足の先が向いている場合

体が違う方向に向いていても足の先が話し相手の方向に向いている場合は、話をしている相手の話題に興味を示しており、受け入れている状態です。関心をしっかり持っていて話を聞いてくれていると判断して良いでしょう。恋愛においても、足の先が向いていれば好意を持っていると判断して良いです。

話相手の方向に足の先が向いていない場合

話し相手に体はむいているが、足の先が向いていない場合は話題を切り替えたい時や、話題に興味がない心理状態です。体も顔も足の先も話相手に向いていない場合は、話し相手が嫌いだったり苦手な場合があるでしょう。恋愛においては、相手に興味がないと言って良いでしょう。

状況別足を組む心理

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

男女別に足を組む心理状態が異なることがわかりましたが、状況別でも足を組む心理状態が異なるのでシチュエーションごとに足を組む心理状態をご紹介します。

仕事中

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

仕事中に足を組む心理状態は、色々なケースがありますがデスク仕事で接客をしていない場合は、単に足がむくんでいたり疲れている場合がありますが、接客時や会議中に足を組む場合は、話を切り上げて他の場所に行きたい場合が考えられます。さらにその状況が続き足の先が小刻みに揺れ始めたらイライラしている可能性があると言えるでしょう。

足を揺らしていると貧乏ゆすりのように見えて、見た目の印象はあまり良く見えませんが、足を小刻みに揺らすことでイライラを沈めようとしていることも考えられますので、心を落ち着かせようとする動作ともとらえることができます。

貧乏ゆすりは、相手を不快にさせる行動にとられることの方が多いですが、足に乳酸が溜まり血液の流れが悪く感じる時、たいていの人は足が疲れています。その疲れをとろうとして無意識に貧乏ゆすりをしてしまう場合もあるので、一概には悪い行動だとは言えません。

電車

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

電車の中で足を組む人の心理は、目立ちたいとおもう人に多い行動でもあり、自分を大きく見せたい人にも見受けられる行動ですが、電車の混雑時でも足を組む心理状態は変わります。

電車が空いている時に、足を組んでいる人は自分を大きく見せたいと感じることが多く、自分の場所を確保したい人に見られる行動でもあり、電車が満員の時に足を組んでいる人の場合は、自分の体のバランスをとるために、つい癖でやってしまう人が多いでしょう。

電車では足を組まずに、できるだけ多くの人が座れるようにすることがマナーとされていますが、背の高い人や足が長い人の場合、普通に座る方が周りの人の邪魔になると考えている人もいらっしゃるので、すべての人が目立ちたいわけではないことを認識しておいた方が良いでしょう。

寝相

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

寝ている時に足を組んでいる場合は、足腰に疲労が溜まっているので疲労から解放されるために足を組んでいると言えます。足の疲れが相当溜まっている状態なので、たまには足のケアをしてあげるなどしてリラックスされることをおすすめします。

これから眠りにつこうとする時に足を組まないと落ち着かない場合は、緊張感が抜けていない状態で精神面でリラックスできていないストレスが続いている状態だと言えるでしょう。

足首を組む人の心理とは?

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

膝下の足を組む人や、足首を組む人は子供っぽい性格の人にありがちな行動であり、ロマンチストな人でしょう。個性が強い人に多いのも特徴で、妄想や空想など独自の考えを持った人に多いです。

また、椅子に両足を絡める人もいますが、これは学校の椅子でやっている子供が多く見受けられますが、この場合の心理はその場に立ち止まりたいという心理状況であり、机に身を乗り出して椅子に足を絡めている場合は、何かに興味を示している表れとも言えるでしょう。

足を何度も組みかえる人の心理とは?

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

足を何度も組みかえる人の心理は、情緒が不安定の場合に多く見受けられ落ち着きがないことを表しています。それも、短い時間に何度も足を組みかえている場合はストレスが溜まっておりイライラしている心理状況である場合が多いと言えるでしょう。

会話途中で足を組みかえる場合は、隠し事をしていたり話にくいことを話そうとしている可能性もありますので、大切な話をしっかりとしたい場合は心を落ち着かせてから話し合う事をおすすめします。

足を組む心理を覚えて会話に役立てよう!

足を組む心理・恋愛|向き/右足/左足/仕事中

家庭でも仕事でも、足を組む人の心理を知っていると会話に役に立つことができますので、相手が今、どんな心理状況なのか足の組み方で会話をすすめていくと、例えば夫婦喧嘩でも延長戦にならずにスムーズに話が解決することも期待できます。

恋愛においても、相手の足の組み方で多少であれば相手の心理状況を読み取れることから、恋愛で失敗することも少なくなると言えるでしょう。もしも、普段恋愛に消極的になってしまう人なのであれば、好意を持っている方に対して足を組んでアピールしてみてはいかがでしょうか。

しかし、仕事上で足を組むことや電車内で足を組むことは、周りから不快感を抱かれてしまうことがあるので、時と場合によっては足を組む行動は控えたりしなければなりません。足を組むという行動が無意識にでてしまう人は、姿勢を常に真っすぐにしてバランス調整をしっかりと取るように心がけましょう。

関連記事

Related