Search

検索したいワードを入力してください

幼馴染との恋愛・恋愛関係になる方法7つ/注意点5つ

Author nopic icontmm
恋の悩み / 2018年12月19日
幼馴染との恋愛・恋愛関係になる方法7つ/注意点5つ

幼馴染とは

あなたに幼馴染はいますか。その中でも異性の幼馴染のいる人はどのくらいいるのでしょうか。幼馴染とは、幼い頃に親しくしていた友達のことをいいます。

この記事では、幼い頃から兄妹(姉弟)のように成長してきた幼馴染同士の恋愛について述べていきます。幼馴染に恋愛感情を抱いているが今さら打ち明けるのが照れくさい、幼馴染に思いを伝えたいと悩んでいる方に参考となる情報を紹介していきます。早速見ていきましょう。

幼馴染は恋愛対象になるか

まずは「幼馴染は恋愛対象になるか」、この問いから考えていきましょう。「幼馴染は恋愛対象になるか」という問いの答えは、「人それぞれ」という曖昧なものになってしまいます。

しかし、その気になれば自分が幼馴染のことを恋愛対象にすることもできるし、幼馴染に自分のことを恋愛対象にさせることも可能です。大切な友達から大事な異性となるかどうかは、あなたの行動次第です。

幼馴染と恋愛関係になる方法7つ

幼馴染と恋愛関係になる方法を確認していきましょう。7つ紹介していきます。

恋愛関係になるにはまず、友達関係から脱却することが必要となります。あなたが突然そのような態度を取れば、相手は恐らく動揺してしまうことでしょう。しかし、この状況を打破するためにも、臆することなく行動しましょう。徐々に自分の気持ちを相手に伝えていきましょう。

方法1:適度な距離感を保つ

1つ目の恋愛関係になる方法は、適度な距離感を保つことです。適度な距離感を保ち、男女の関係を意識するようにしましょう。

幼馴染といると幼い頃から一緒にいる影響で、居心地がいいです。しかし、このままだと友達関係から脱却することができません。幼馴染以外の異性と同じくらいの距離感を心がけましょう。相手に自分が幼馴染の関係から恋愛の関係へ発展させたい気持ちが、少しは伝わることでしょう。

方法2:自分が異性であることを意識させる

2つ目の恋愛関係になる方法は、自分が異性であることを意識させることです。言葉や態度で、自分と相手が男と女であることを意識させましょう。

幼馴染の関係のままでいると、幼い頃からの名残で他の人と比較すると距離感が近いです。無意識のうちにボディタッチをしたり、家族のように扱ったりしていることでしょう。「もう子どもではないのだから」とそういった行動を取らないように伝えましょう。

方法3:タイミングを見計らって告白する

3つ目の恋愛関係になる方法は、タイミングを見計らって告白する方法です。ストレートな自分の思いを伝えましょう。

幼馴染の感覚が薄れ男女を少しずつ意識してきたところで、相手に告白してみましょう。そのときに「幼馴染として居心地がいいから」といった理由ではなく、相手の異性としてのいいところ、魅力を伝えるようにしましょう。そうすれば、あなたの決意も伝わり真剣に考えてくれることでしょう。

方法4:好意を匂わせて反応を見る

4つ目の恋愛関係になる方法は、好意を匂わせて反応を見ることです。幼馴染は自分のことをどう考えているのかリサーチから始めましょう。

幼馴染に恋したあなたにとって、一刻も早く相手に自分を恋愛対象として見てほしいと考えることでしょう。「恋愛対象として見てなかった」と、フラレてしまうことは避けたいことです。好意を相手に示したときの反応を見て、自分のことを恋愛対象と見てくれているかどうかを確認しましょう。

方法5:意外な一面を見せる

5つ目の恋愛関係になる方法は、意外な一面を見せることです。相手が自分に抱いているイメージとは異なる一面を見せましょう。

相手にいつも「幼い」と思われている人は、大人っぽさをアピールしてみましょう。普段のイメージと違う自分をアピールすることで、相手にギャップやときめきを感じさせることができます。「いつものあなたと違う」と思わせることで、恋愛対象として意識するようになることでしょう。

方法6:思いやりの気持ちを忘れない

6つ目の恋愛関係になる方法は、思いやりの気持ちを忘れないことです。異性として、大切に扱うように心がけましょう。

家族に近い関係だからこそ、幼馴染のことを後回しにしたり適当な対応をしがちです。しかし、幼馴染として相手を大切に思う気持ちを忘れず、異性として敬う気持ちを持って感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

方法7:イベントを利用してデートに誘う

7つ目の恋愛関係になる方法は、イベントを利用してデートに誘うことです。2人っきりでデートすることで相手に自分のことを意識させましょう。

幼馴染の特権であるのが、緊張せずに相手をデートに誘うことができることです。近い距離でいるからこそ話しかけやすく、デートにいった後も話題に困ることはありません。そのデートの中で、相手に自分のことを異性であると認識させることを目標としましょう。

モテたい男子がモテる方法

幼馴染ではなく、一人の男子として見られたいという悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。デートに誘ったときに、男らしいところを見せて相手をドキッとさせたいと考える方におすすめの一冊です。

誘い方からデートコース、沈黙を作らない方法まで詳しく紹介しています。「モテるデート」ぜひ参考にしてみてください。

幼馴染との恋愛に発展させるための注意点5つ

幼馴染との恋愛に発展させるための注意点を確認していきましょう。5つご紹介していきます。

幼馴染と恋愛関係になる方法について説明してきましたが、注意しなければならない点がいくつかあります。しっかり理解しておきましょう。

注意点1:家族のようにならない

1つ目の注意点は、家族のようにならないことです。すでに家族のような間柄にある人は、今すぐ脱却しましょう。

家族と恋愛なんて考えられないという考えの人がほとんどです。恋愛対象として見てなかったとしてフラれてしまう原因の一つが、家族のように接する時間が長かったことにあります。まずは自分から、相手を異性として見て行動するようにしましょう。

注意点2:干渉しすぎない

2つ目の注意点は、干渉しすぎないことです。異性として意識しあえるように、一定の距離を取りましょう。

幼馴染の関係の人は、幼い頃から面倒をよく見てきたり、お互いに頼ってきたりしていたことが原因で、大きくなってからも干渉しすぎてしまうことがあります。そのままでは友達の関係から抜け出せません。ある程度の距離感を保ちましょう。

注意点3:女性でいることを忘れない

3つ目の注意点は、女性でいることを忘れないということです。幼馴染の前でも、女性の部分を見せるようにしましょう。

気の知れた幼馴染を前にすると気が抜けてしまい、美意識が低くなったり家着で会うことに抵抗がなかったりしてしまいます。そのような態度のままでは、相手は自分に対して好意を抱いてはくれません。「好きな人の前では可愛くいたい」という気持ちを忘れないようにしましょう。

注意点4:素を見せすぎない

4つ目の注意点は、素を見せすぎないようにすることです。普段と違うあなたのギャップに惹かれる異性がほとんどです。

何もかも相手に知られていては、相手をときめかすことができません。相手にドキッとして欲しいのであれば、何でも相手にひけらかすことは避けましょう。

注意点5:意地を張らない

5つ目の注意点は、意地を張らないことです。幼馴染を好きな気持ちに正直になりましょう。

相手や周囲に自分の幼馴染への恋愛感情を知られると少し照れくさい気持ちになることでしょう。からかわれることもあるでしょうが、そこで自分の気持ちを否定してはいけません。意地を張らず、自分の気持ちに自信を持ちましょう。

幼馴染から恋人へとステップアップしよう

いかがでしたでしょうか。幼馴染との恋愛について説明してきましたが、理解することはできたでしょうか。

幼馴染から恋人へとステップアップできるように、まずは自分のことを異性として見てもらえるように行動をしましょう。

幼馴染についてもっと知ろう

成長していくにつれて、幼馴染との関係に悩む人も多いのではないでしょうか。幼馴染とどのような関係を保つことがお互いにとっての幸せになるのか、この機会に考えてみましょう。まずは、幼馴染についてもっと知ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Related