Search

検索したいワードを入力してください

彼氏の作り方とポイント・10タイプ別|男性の心を掴むテク

Author nopic iconそらあおぐ
恋の悩み / 2018年12月19日
彼氏の作り方とポイント・10タイプ別|男性の心を掴むテク

彼氏を作る前にしておきたい準備

彼氏の作り方とポイント・10タイプ別|男性の心を掴むテク

彼氏がいない女性で、彼氏が欲しいと思っている人は多いです。しかし、彼氏が欲しいと思ったときに、行動を起こしたからといって、すぐに彼氏ができるとは限りません。彼氏を作る前には男性たちを惹きつけるためや、男性を受け入れるための準備が必要となります。

これらの準備がない場合は、男性から相手にされなかったり、せっかくアプローチを受けても、途中で男性が離れてしまったりすることがあります。

身だしなみを整えておく

彼氏を作るためには、身だしなみを整えておく必要があります。身だしなみが整っていないと、見た目の印象が悪くなってしまいます。

中身で判断して欲しいと考える女性もいますが、初対面の人や関係があまり深くない男性にとっては外見からの印象の方が、中身の印象の割合よりも大きくなります。

また、せっかくアプローチをしてくれる男性がいても、いつも身だしなみが整っていないことで気持ちが離れてしまうこともあります。

人との接し方を見直す

彼氏が欲しいからと、すでに身だしなみには常に気を使っているという女性もいます。しかし、男性からアプローチを受けることがあっても、どうしても彼氏ができないという人もいます。このような場合は、男性との接し方を見直す必要がある可能性があります。

あまりに彼氏が欲しいということで、会話の内容が重たくなりすぎていたり、相手のプライベートな部分まで深入りしすぎてしまったりなどしている場合も考えられます。

自分に自信を持つ

彼氏は欲しいけど、行動が起こせていないという女性も多いです。仕事や勉強など恋愛よりも優先するべきことがあるときなどは、仕方ない場合もあります。

しかし、女性が自分自身に自信を持つことができずに、自分に彼氏ができるはずがないと最初から諦めてしまっている場合もあります。行動を起こさなければ、何も状況は変わりません。なので、まずは気持ちを切り替えることから始めないといけない女性もいます。

【タイプ別】彼氏の作り方とポイント

彼氏の作り方とポイント・10タイプ別|男性の心を掴むテク

女性側に彼氏を作る準備が整ったら、次は男性がに対して意識を向けないといけません。彼氏を作るためには、自分からアプローチをかける方法と、男性にアプローチをかけてもらう方法があります。

どの方法が良いかは、男性によって性格や自分との関係性などによって変わります。なので、アプローチをするときには、男性のタイプに合わせることが、彼氏を作るためのポイントとなります。

タイプ1:中学生

中学生の場合は、まだあれこれと駆け引きができるほど恋愛経験は多くありません。また、中学生の彼氏を作るのであれば、相手も恋愛経験が少ないということになります。恋愛経験の少ない人はアプローチを受けても、それがアプローチと気がつかない場合があります。なので、相手が好きと伝わるような積極的なアプローチをかけないといけません。

タイプ2:高校生

高校生になってくると、恋愛感情も多感になってきます。なので、高校生の男子にアプローチをすると、すぐに恋愛感情を持ってくれていると察知してくれることが多いです。

相手がこちらの恋愛感情を察知してくれることで、相手側からアプローチをかけてきてくれる場合もあります。

アプローチを返してくれなくても、好意を持ってくれている場合もあります。このタイプは恋愛に奥手な人なので、自分から告白する必要があります。

タイプ3:大学生

大学生になってくると、好きになった人が学生であったり、社会人であったりします。学生が相手の場合は素直に気持ちをアプローチし続けると良いでしょう。

好きな人が社会人の場合は、アプローチをして男性がこちらの気持ちを受け止めてくれた場合は、相手からアプローチをしてもらえます。もし、気持ちに答えられない場合はこちらの気持ちに配慮したうえで行動を決めてくれます。なので、相手に行動を任せると良いでしょう。

タイプ4:彼氏いない歴=年齢

彼氏の作り方とポイント・10タイプ別|男性の心を掴むテク

生まれてから一度も彼氏ができたことがないという人もいます。そのような人は原因がいくつか考えられます。

先に述べたように、自分に自信がなくて行動すら起こせていない人もいれば、身なりが整ええられていない場合もあります。また、男性との接し方に問題がある可能性もあります。

人によって原因は違うので、正確に原因を把握して改善することをしないと、いつまでも彼氏を作ることができない状態が続いてしまうことになります。

タイプ5:いつも友達止まり

好きな男性と仲良くなることはできるが、友達以上の関係になることができないという人は意外と多いです。このような人は友達関係の延長上に恋人関係があると思ってしまっています。

友達と恋人では求めるものが違います。なので、友達として仲良くなりすぎてしまった場合は、友達としか見られることがなくなってしまうことが多いです。彼氏を作るために仲良くなることは必要ですが、異性として意識させることも重要です。

タイプ6:年上男性ばかりに好かれる

同年代の彼氏が欲しいのに、なぜか年上の男性ばかりにアプローチを受けるという人もいます。彼氏が欲しいのであれば、年上の男性の中でも好みの男性がアプローチしてきてくれることを待つという方法もあります。

もし、同年代の彼氏が欲しいのであれば、年上男性からアプローチをされているので、実年齢よりも大人っぽすぎる可能性があります。なので、ときには同年代の男性に合わせた接し方をしてみると良いでしょう。

タイプ7:好みの男性に出会えない

良い男性に巡り会えないと口癖のように言っている人がいます。このようなタイプの女性は理想が高すぎるため、一度も彼氏ができたことがないという人も多いです。

もし、完璧に自分の理想とする男性に出会える可能性は非常に低いです。また、理想の男性に出会えたとしても彼氏になってもらえるかどうかはわかりません。

なので、もう少し恋愛に幅を持たせる必要があります。恋愛の幅を自ら狭めてしまうようなことはやめましょう。

タイプ8:出会い自体が少ない

彼氏の作り方とポイント・10タイプ別|男性の心を掴むテク

先に述べた通り、自分に自信が持てない女性には、自分には彼氏ができないと最初から諦めてしまい、行動を何も起こさない人もいます。行動を起こさなければ出会いの数は増えないので、恋愛できる機会も減ってしまいます。

また、仕事や学校などの環境によって周囲に男性が少ないという場合もあります。このような場合も、自ら積極的に出会いを求めていかないと彼氏を作ることはできません。

タイプ9:彼氏を作る時間がない

仕事や勉強が忙しくて、出会いを求めて行動する時間がないという人もいます。そのような人は少し時間にゆとりが出るまで、行動を我慢しましょう。

しかし、忙しいことを言い訳にしているだけの女性は意外と多いです。このような人は彼氏ができない原因が自分にあると認められていないことが多いです。

なので、まずは彼氏ができないのは自分のせいであると認めましょう。すると、自分が取るべき行動を自覚することができます。

タイプ10:結婚を前提に付き合いたい

先に述べた通り、彼氏が欲しいがあまりに、アプローチの言動が重くなりすぎてしまっている場合も彼氏ができない原因となってしまいます。

特に、結婚を意識させるようなことは男性にプレッシャーを与えてしまいます。お互いがある程度の年齢であれば結婚を意識する場合もありますが、そのような場合は自然な流れで結婚についても話すことになります。なので、一方的に結婚を意識させるような言動は控えましょう。

アプローチに必要なもの

男性にアプローチをする際には、会話の仕方が重要になってきます。どれだけ身だしなみを整えても、男性との出会いの機会を増やしても、会話の仕方に問題があれば、アプローチをしている最中に、男性の方が離れてしまいます。

なので、男性の心を惹きつけたり、一度つかんだ心を離さないようにするための会話術は非常に重要となります。「彼氏ができる人の話し方の秘密 」にはそのヒントが書かれています。

男性の心を掴むテクニック

彼氏の作り方とポイント・10タイプ別|男性の心を掴むテク

上記で述べたように、一度男性の心を掴んだら、その心を離さないようにすることは重要です。そのため、男性との会話の内容にも注意しないといけません。また、会話以外の方法でも男性の心を離さないようにする方法はあります。

その方法にはいくつか種類があるため、男性の性格や2人の関係性などを考えて、適した方法を選ぶ必要があります。

笑顔を絶やさない

暗くてネガテイブな印象の女性に男性は惹きつけられません。なので、せっかく男性からアプローチを受けていても、男性が女性の性格が暗くてネガティブな人とわかってしまうと、心が離れてしまう可能性があります。

なので、好きな男性と接しているときは、せめて笑顔でいるようにしましょう。笑顔で会話をしているだけでも印象は大きく変わります。

男性の気持ちを理解する

必死にアプローチをしすぎることで、男性に重たい印象を与えてしまう場合があります。重たいアプローチをしてしまうということは、自分の感情を優先しすぎてしまって、男性の気持ちを考えられていないということでもあります。男性の心を掴み続けるためにも、男性の気持ちも配慮して言動は考えないといけません。

時折甘えた仕草をしてみる

いつも友達止まりで恋人関係に進めないということで悩む人もいます。そのような人は、男性から仲良くなりすぎたことで、異性として見られていない場合があります。友達関係としては性別を意識されないことは良い場合もありますが、恋人関係を目指すのであれば異性として意識されていないことは致命的となります。

なので、好きな男性に異性として意識させるために、とに女性らしく甘えるような行動を見せるようにしましょう。

相手の得意分野を知り頼ってみる

男性に甘えることは異性として意識させるために有効です。また、男性に甘える際には、相手の得意分野を中心に頼る方が良いでしょう。苦手分野で頼ってしまうと、男性がかっこ悪い姿を見せてしまう場合があります。

このとき、男性のことを好きな女性側は何も意識しないでしょうが、男性側は恥をかいたと思い、距離を取られてしまう可能性があります。

相手の行動を褒める

男性の心を掴んだ後に離さないようにするためには、一緒にいて居心地の良い人であることをアピールする必要があります。人によって居心地の良さの条件は楽しい人であったり、明るい人であったり、安心できる人などと変わります。

その条件の定番として、男性を褒めるということがあります。褒められて悪い気分になる人はいません。なので、男性のことを褒めて、悪い気分になることがないようにしましょう。

素敵な彼氏を作ろう

彼氏の作り方とポイント・10タイプ別|男性の心を掴むテク

彼氏がなかなかできなくて悩む女性は多いです。しかし、彼氏ができないということは、まだ彼氏を作る時期ではないということです。恋愛は無理にするようなものではありません。

なので、無理をせずに恋愛のタイミングを待てば、きっと良い彼氏に後々に出会うことができるでしょう。そのときのときのために、女性は準備を整えておきましょう。

脈ありサインを見分けよう

恋愛がうまくいかない人の原因の1つに、男性からのアプローチや脈ありサインに気がつかないという場合があります。せっかく男性に好意があっても、女性に好意がないと勘違いされてしまうことで恋愛の機会を逃してしまいます。なので、これらを見極める力も恋愛には重要となります。

関連記事

Related