Search

検索したいワードを入力してください

恋愛中に使えるLINEテクニック10こ/やりとり時の注意点

Author nopic iconアキナゴ
カップル / 2018年12月19日
恋愛中に使えるLINEテクニック10こ/やりとり時の注意点

LINEとは

LINEとは、今や知らない人はいないというほど広く普及したメッセージツールです。メールに取って代わり、主な連絡手段となりました。

その特徴は、リアルタイムでのやりとりが可能ということでしょう。送信と同時に相手に受信され、チャットルームのような手軽さで会話ができます。さらには、相手が読んだか読んでいないかまで識別が可能であり、相手が返信できる段階か否かを推測することも可能です。

LINEは恋愛でも必需品

LINEは電話やメールよりも簡単に発信できるツールであると言えるでしょう。電話ほど直接的ではありませんし、メールよりも手軽です。親しい間柄であれば、他愛もないことをすぐにLINEで共有したり、意味もなくスタンプでやりとりをして楽しんだりすることもあります。

つまり、人と人とのコミュニケーションツールとして深く浸透しており、これを上手く活用することが恋愛関係への発展に大きく影響するでしょう。

LINEでおとす恋愛テクニック10コ

気軽にメッセージを送れるLINEでも、意味もなくポンポン送ってはいけません。相手のスマホにも何十人とLINE友だちが登録されているはずです。スマホを触る時間が多い人ほど、誰かとの連絡を取っている可能性が高く、あなたに返信することの重要度も埋もれやすいでしょう。

重たくならず気軽に返信を促すような内容を、自分の語りにならないように注意して文章を構成してみましょう。

テクニック1:最後は疑問形

相手に返答を促す疑問形は、返信の確率が高いです。相手に応えられる範囲の疑問であれば、解決のために返事をくれるでしょう。これは、返信の難易度がとても高いためです。

LINEにおいて既読無視あるいは未読無視となる場合、どのように返信してよいか分からないという心理があります。相槌で終わっていたり、近況報告であったり、相手にとって関心の薄い内容であったりすれば返す言葉も見当たらず、会話は流れてしまいます。

テクニック2:文章は短く

LINEでは短文でやり取りをするのが一般的です。深刻な状況を除いては、1~3行が常でしょう。ぱっと見て内容が頭に入る程度の分量が丁度良いです。

長い文章は単純に読みづらく、内容はどうあれ重たく見えてしまいます。必死な感じが文面に滲み出ていると考えれば分かりやすいでしょう。一度の送信がとても簡単であるため、メールのように言葉を一回に詰め込む必要はありません。小分けにして会話を保てるようにしましょう。

テクニック3:相手と同じスタンプを使う

人間関係において、共通点とは親近感を覚えさせる重要な要素です。出身地、血液型、あるいは趣味が同じだったりすると、それだけで「この人とは仲良くなれそう」という気持ちになるでしょう。

LINEにおいては、スタンプによってその心理を活用することができます。自分の好きなものを他の人も使っている場合は、その人のセンスの良さが話題にもなります。あなたの存在を印象付けるひとつの手段になるでしょう。

テクニック4:敬語+タメ口

文字だけのやりとりだからといって、相手への配慮を欠いてはいけません。思っていることがそのまま伝わることはないと肝に銘じておきましょう。ある程度仲が良い場合を除けば、いきなり馴れ馴れしいというのはあまり良い気がしません。相手の警戒心を尊重し、適度な距離を作りましょう。

ふとタメ口を覗かせることによって、距離感の縮まった感覚を与えることができます。恋愛においてはギャップこそが大事です。

テクニック5:会話の最後は相手にする

会話の終わりを相手にするというのは難しいことですが、返信したいという気持ちをグッと堪えましょう。それによって次の会話の有無が決まってきます。

たとえば、そのLINEを一旦区切らなければならない場合に、きちんと会話をまとめる必要はありません。なぜなら再開が難しくなってしまうからです。相手からのLINEを最後にしておくことで、こちらから再び連絡することが自然な流れとなります。

テクニック6:次の日に繋げる

就寝前の時間は手が空くことが多く、そこでLINEをやり取りする人も多いでしょう。しかし、眠るときに会話は一旦終了してしまいます。なので、「おやすみ」でまとめるべきではありません。完全に会話が途絶えてしまうからです。

相手からのLINEを最後に残し、寝てしまいましょう。すると、翌日また挨拶から会話を続けることができます。ただし、相手が寝落ちしてしまうと再開は難しくなってしまいます。

テクニック7:さりげなくハートマーク

恋愛関係に至っていない、これから恋愛関係に進展させたいという場合、相手にハートマークを使うのは勝負の時です。毎回使うのではハートマークの意味が薄れてしまいます。場合によっては鬱陶しく見えてしまうでしょう。

普段はラフなやり取りをしつつ、ごく稀にハートマークを送ってみましょう。普段送ってこない相手からのハートマークには魔力があります。もしかして、という期待を上手に引き出すタイミングを掴みましょう。

テクニック8:共通点を探す

LINEスタンプでも同じことを述べましたが、共通点を探すというのは恋愛においてとても重要なことです。共通点があればそこから話題が増え、会話も盛り上がるでしょう。「自分と同じ」ということに、人は好意を持ちやすい性質があります。疑問形を上手に使って、相手のことを知りましょう。

ただし、嘘はご法度です。嘘で合わせたとしてもいつかはばれますし、相手からの信頼も失ってしまいます。

テクニック9:返事を遅らせる

返事を遅らせるというのは、いわゆる「駆け引き」です。毎回すぐにLINEを返していたら、相手への恋愛感情がだだ漏れになってしまいます。恋愛感情を持たれるのは嬉しいことでしょうが、男性は狩猟本能のある生き物ですから、適度に逃げる素振りを見せたほうが効果的です。

「まだ返事がない」という状況を作り出し、あなたのことを気にかけてもらう時間を作りましょう。ある程度の期間長くLINEをしていれば、効果も高いです。

テクニック10:テンションを合わせる

人と人のコミュニケーションにおいては、相手のテンションを見極めることも欠かせません。テンションにズレがあると、「この人とは合わない」という評価を下されてジ・エンドです。

相手のテンションをこちら側に合わせようとしてはいけません。たとえば相手側に何か良いことがあったときは、興味津々な調子で話しを促します。反対に何か悪いことがあったときには、落ち着いたトーンで話を促すのがよいでしょう。

LINEで冷静さを保つために

LINEは恋愛においても大きな役割を果たします。しかし、それをコントロールするのはあなた自身です。あなたが冷静さを保ち、正しい思考判断を下して初めて恋愛への道を歩き出せます。

自分を信じて相手を待つために、「ローズクォーツ ピンクタイガーアイ デザインブレスレット 《STONE KITCHEN パワーストーン 天然石》 」をご紹介します。恋愛運の向上を信じ、挫けそうなときも堪えてください。

恋愛中にLINEでやりとりする際の注意点

恋愛中にLINEをする上では、テクニックだけでなく注意点も把握しておく必要があります。というよりもむしろ、注意点こそが重要です。LINEではその手軽さ故に失敗に陥りやすく、恋愛ではさらにその傾向が強くなります。

好きな人とのやりとりに舞い上がって、相手のことを見失わないように気をつけてください。恋愛もLINEも、相手が居て初めて成り立ちます。

1:相手との温度差に気を付ける

恋愛においては、好きという気持ちが強いほど熱も高まります。しかし、特に片想いの場合には相手にはまだその熱がありません。あまりにも熱くなってしまうと、相手は暑苦しくて逃げてしまうでしょう。

友だちとして盛り上がるときは盛り上がり、恋愛的な展開が見えるときにはグッと期待感を匂わせましょう。その気がないときに押しても逆効果になってしまいます。相手の状態を的確に把握するように心がけましょう。

2:スタンプを多用しない

LINEスタンプとは、LINEのやりとりを彩る画期的なツールです。文字や絵文字だけでは伝わりにくい状況や、感情をコミカルに演出してくれます。親しい間柄ではスタンプ合戦をすることも珍しくありません。しかし、恋愛中であればそうもいきません。

スタンプの連投は恐怖にもなりかねない代物です。好きな人とのLINEであれば、スタンプは添える程度に控えましょう。スタンプだけでは恋愛は発展しません。

3:ネガティブ発言ばかりしない

これはLINEに限ったことではないですが、人とのコミュニケーションにおいてネガティブな発言はあまりよくありません。ネガティブな言葉は相手にもネガティブな感情を抱かせるもので、せっかくのやりとりも楽しくなくなってしまうでしょう。

たとえば、他人の悪口や自分を卑下する内容などは控えましょう。好きな相手との会話をするなら、その喜びを会話にした方がずっと好印象です。

4:自分の話や自慢話ばかりしない

恋愛に限らず全ての人間関係において、自慢話は好まれません。確かに、自己開示をすることは交流を深めるために有効な手段です。しかし、自慢話は主張が強い内容であり、頻度が高くなるほど良く思われません。

恋愛においては特に自分を良く見せようと自慢話をしてしまいがちですが、相手の反応や相手の話に耳を傾ける余裕を持つようにしてみましょう。会話はキャッチボールです。一方的に自分のことを話さないようにしましょう。

5:返事がなくてもしつこくしない

LINEにおいては気軽にメッセージを送信することができますが、気軽だからといって、誰もがいつでもLINEに応えられるわけではありません。

仕事や部活に忙しかったり、家族や友人と過ごしていたりする場合もあるでしょう。そうでなくとも、連絡を取りたくない気分のときもあります。相手の状況を理解しようとしない行為は、当然相手からの印象を悪くします。返事があるのを当たり前と思わないように気をつけましょう。

LINEを使って恋愛を楽しもう

LINEとは人と人を繋ぐ、大きなコミュニケーションツールです。簡単であるが故に、人間の悪い部分まで見せてしまう危険もあります。良い部分と悪い部分をしっかり理解して、上手に使うことが恋愛成就の技です。

相手を気遣い、返しやすい内容や返したくなるような内容を心がけましょう。恋愛においては返事を待つ間はつらいでしょうが、相手からの返事があるということに、まずは喜んでみても良いでしょう。

LINEから探る深層心理

LINEとは単なるメッセージツールでありながら、人間のさまざまな心理を秘めています。言葉の内容はもちろん、スタンプの送り方、既読の付け方、既読無視や未読無視など、さまざまな状態に深層心理が表れています。

それが全て確実ということはありえませんが、一定の推測には足りるでしょう。LINEをよく使う人は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

Related