Search

検索したいワードを入力してください

第一印象で怖い人と勘違いされるポイント14個・原因

Author nopic iconagohigegai
人間関係 / 2019年02月26日
第一印象で怖い人と勘違いされるポイント14個・原因

怖い人と思われる原因

第一印象で怖い人と勘違いされるポイント14個・原因

人の印象は見た目が9割です。特に初対面では、表情や体形、雰囲気などが大きく影響します。初対面の人の印象は、三つの要素から決まります。この中のうち、見た目に関する「視覚情報」「聴覚情報」から得られる印象は、およそ90%、まさに「見た目は9割」です。

顔立ちや服装、髪型などの視覚情報と、話し方や声などの聴覚情報は、初対面の人への印象を決めます。反対に言うとこれらを変えるだけで印象が変わるということです。

表情や目つき

無表情で暗く不機嫌な顔の人に近づきたいと思う人はいないでしょう。心の感情が顔などの外側に現れたものを表情と言います。誰しも怒っている人や機嫌が悪い人に近づきたくはありません。

無表情で感情が読めない人や、不機嫌な顔をしている人は「怖い人」という印象がつきます。また顔つきも関係していて、目が鋭い人や、きつい顔つきの人は「怖い人」と思われがちです。

口数

口数とは、言葉の分量や話す回数のことを言います。口数が少ないと人によっては「怖い人」と印象を受けます。

口数が多くても、無表情で、言葉に抑揚がなく淡々と話す人も時には「怖い人」という印象を与えます。口数が少なく、さらに無表情で、話に対してのリアクションが少ない人からは、人間味が感じられず、「何を考えているのかわからない」恐怖感を得ます。

ガタイや体形

ガタイとは体格のことを指し、体格が良いことを「ガタイがいい」と言います。体格がいい、しっかりとした体つきはむしろ褒め言葉ですが、無表情だったり、目つきが鋭かったり、口数が少なく、表情が暗い場合には、マイナスの印象を与えます。

体格がいい人は、そうでない人たちには、少々威圧的に見られることがあります。ガタイのいい人は体が大きく見られがちなので、「なんだか怖い」という先入観を持たれやすくなります。

第一印象で怖い人と勘違いされるポイント14個

第一印象で怖い人と勘違いされるポイント14個・原因

第一印象は、その後の人間関係を大きく左右します。第一印象で「怖い人」「とっつきづらそう」という印象を与えてしまうと、リカバリーはなかなか難しいです。

怖い人と思われるには理由があります。特に感情が読めない相手には、警戒心が湧きやすく、「怖い人」という第一印象になってしまいます。

1:どんなときも無表情

表情は、心の感情の発露です。感情が読み取れないと、人は不安になります。特に初対面の挨拶で、表情がない場合には「とっつきづらそう」「人嫌いなのかな」「嫌われてるのか」などマイナスな印象ばかりを相手に与えてしまいます。

表情の動きが少ない人を相手にする時には感情が読めず、何を考えているのかわからなくなり、警戒心や恐怖心を抱きます。警戒心や恐怖心が、「怖い人」と印象を強くします。

2:目が笑っていない

目は表情が出やすい場所です。目の動きが少ないと、笑っていても「目が笑っていない」「何を考えているのかわからない」と人を不安にさせます。

感情が読み取れないと、一緒にても心から楽しめません。また「裏表がありそう」「信用できない」とマイナスの印象ばかりが先に立ち、なかなか警戒心を解いてもらうことができません。

3:話しかけても冷たい

第一印象が怖い人は、素っ気ない態度も原因の一つです。表情も口数も少なく、話しかけても相槌しか返ってこないと、「嫌われているんじゃないか」と不安になります。本人は照れ隠しや人見知りをしているのでしょうが、印象は悪くなります。

4:反応が薄く笑わない

反応が薄かったり、話をしていても笑わなかったりすると、「自分に対して興味がないのか」「嫌われているのか」と不安に感じます。他人に興味がない人は、相手の話にも素っ気なく冷たい態度を取りがちです。

笑顔が少ない場合にも、リアクションが薄いと同じく不安を感じます。話しかけているのに、無表情で、暗い視線だけを返されたら、「もう話したくない」と感じます。

5:目つきが鋭い

目つきが鋭かったり、顔つきがしっかりしている人も初対面で「怖い人」という印象を与えがちです。特に目や眉は、顔のイメージを決める重要な部分を担っています。切れ長でクールな目は素敵ですが、怖いイメージも持たれやすいです。

眉間にしわを寄せたり、真顔でいると人は「怒っている」「怖い人」という印象を持ちがちです。口角を少しあげるだけでも、表情は柔らかくなります。

6:初対面でも挨拶をしない

挨拶は、対人関係のコミュニケーションの上でも基本的な礼儀の一つです。挨拶をおろそかにする人は、「コミュニケーションを拒否している」と思われても仕方がありません。

挨拶を無視されると、相手は「怒り」や「不快感」を感じます。また初対面では警戒感も感じます。挨拶を無視されると、「怖い人」と言う印象より、「失礼な人」「付き合いたくない人」と言う印象が先に立ち、後々のリカバリーは難しくなります。

7:ファッションがヤンキー

ヤンキーとは、「周囲から怖がられたり、強そうに見られたい少年少女」の意味です。派手目なTシャツにブランドジャージ、スカジャンやジーンズなど見た目に派手な服装は、威圧感を与え、また「怖がられたり、強そうに見られたい」ことから、メイクも自然ときつい印象になります。

人の印象の9割は見た目で決まります。人に威圧感を与えるヤンキーファッションは、「怖い人」と思われても仕方ありません。

8:声のボリュームが大きい

声の大きさは威圧感とも比例します。甲高い大きな声はヒステリックな印象を与えますし、威圧的で、自己顕示力が高い印象を受けます。またデリカシーがない印象も与え兼ねません。

明るくはっきりとした口調は、明るく社交的な印象を与えますが、大きすぎる声は不快に感じ、威圧的で「怖い人」という印象を与えます。

9:言い方がきつい

きつい口調や言い方とは、厳しい言葉を強い口調で話すことを言います。自分では気が付いていないことも多いですが、きつい口調の裏には承認欲求や心の余裕のなさ、人見知りなどの内向的な要因があります。きつい口調では、相手は叱責されているように錯覚し、怖い人だと敬遠されてしまいます。

きつい言い方で接すると、相手は不快に感じたり、傷ついてしまったり、また見下されていると感じるため、人間関係がこじれてしまう要因になります。

10:ばっちりとメイクをしている

ばっちりとしたメイクは、気が強い印象を与えます。メイクをすると素顔とは違う顔になるため、まるで仮面を被ったように感じて、積極的な行動を取ることができる女性もいます。しかしあまり盛りすぎなメイクは、「怖い人」と一歩引かれてしまう可能性も含んでいます。

11:目を合わせてくれない

意思疎通を図る上で大切なのは、「目線」です。目線を合わせることは、相手とのコミュニケーションの基本であり、目線が合わないということは「話をしたくない」「興味がない」と拒絶の意思を伝えていると同じことです。

また目線の角度によっても人に与える印象は大きく変わります。上目遣いで相手を見ると、人によっては「睨まれている」と感じます。まっすぐ相手の目を見つめることで、「怖い人」という印象は軽減されます。

12:ずっと携帯ばっかり触っている

相手が目の前にいるのに、目も合わせずずっと携帯ばかり触っていると、相手は「嫌われているんじゃないか」「興味がないのか」と不快に感じます。怖い人というよりは、「失礼な人」と言い印象が先に立ち、その後の人間関係は難しくなります。

目の前で携帯ばかり触られると、相手も話す気がなくなります。視線もあわず、会話も続かない人とはその後の関係も切られてしまいます。

13:髪色が派手

見た目は、人の印象や相手を判断する重要な要素です。中身は真面目で、控えめでも、髪の色が派手だったり、派手な服装だったりすると、「怖い人」と感じてしまう人もいます。

派手な髪の色や、服装は、威圧感を与える場合も多く、初対面の印象では、髪の色や髪型、服装などはその人の人となりを判断する重要な要素です。

14:思ったことをストレートに言ってしまう

思ったことをストレートに言ってしまうと、きつい印象を受けます。長年の付き合いがある間柄ならともかく、初対面でストレートに言ってしまうと、「無神経な人」「デリカシーのない人」と言う印象になります。

思ったことをストレートに言う場合には、きついことを言ってしまうことが多いため、相手を傷つけてしまう可能性もあります。またトラブルになる原因にもなります。

怖い第一印象を変えたいあなたに

第一印象でその後の付き合い方が変わります。この本は、第一印象を好感触にする視線の使い方や、手の動作などのテクニックを伝授してくれます。偉大な人物の行動を例えに出して、相手のハートをキャッチする仕草や口調、コミュニケーションスキルを多数紹介しています。

「怖い人」という印象を持たれがちな人でも、これらのスキルを使ってスムーズな人間関係を気づける第一印象を手にしましょう。

怖い印象を取り除くためにするべきこと

第一印象で怖い人と勘違いされるポイント14個・原因

怖い人、と言う印象がついてしまうと、その後の人間関係の発展は少し難しくなります。怖い人という印象は後からでも払拭はできますが、できれば第一印象から好意的な印象にした方が、距離が縮むのも簡単です。怖い人という印象はちょっとした努力で改善できます。

鏡を見て笑顔の練習

表情は、外に現れた感情です。そのため、無表情や仏頂面だと、「何を考えているかわからない」「怒っている」と感じて、「怖い人」という印象を持ちます。表情次第で人の印象は変わります。顔つきが怖い、目つきが悪いが「怖い人」という印象を与えるわけではありません。

まずは、鏡を見ながら笑顔の練習をして見ましょう。笑顔の練習をすることで、表情筋が柔らかくなり、表情も随分と柔らかくなるでしょう。

愛想のいい挨拶を心がける

挨拶はコミュニケーションの基本です。挨拶を自分からするだけで、印象が大きく変わります。少しだけ口角をあげ、相手を見て挨拶をするだけで、「怖い人」という印象は無くなります。

顔を相手の方に向けて、少し高めの声を意識して挨拶をして見ましょう。声は人の人柄や性格の印象を変える効果があります。普段から低めの声だと自覚している人ほど、心持ち高いトーンの明るい声を心がけて見てください。

ナチュラルメイクにする

派手な化粧や髪の色、服装は、人によっては威圧感を感じます。メイク次第で顔の印象は驚くほど変わり、メイクの仕方によっては、キツイ印象を受けます。普段から盛っているメイクをしているなら、少し控えめにしてもいいでしょう。

特に眉毛や目の周りのメイクは印象を左右します。眉の角度が高かったり、左右の眉の感覚が狭すぎるとキツイ顔に見えてしまいます。もう一度、メイクを見直して見るのも良いでしょう。

第一印象で怖い人と思われないように気をつけよう

第一印象で怖い人と勘違いされるポイント14個・原因

第一印象は、その後の人間関係にも影響を与えます。第一印象が「怖い人」だと、親しくなりたいと希望しても、相手の方が近づいてくれません。第一印象で損をするはもったいないことです。

感情が読めないと人は不安になります。まずは笑顔の練習をして、表情筋をほぐして、柔らかな表情を手に入れましょう。

怖い人の対処法や特徴を知ろう

怖い人という印象は、少し努力するだけで改善されます。怖い人と思われる原因は、主に「無表情」「口数が少ない」「服装やメイクが派手」です。「口数が少ない」以外は、少しの努力で改善されます。口元に笑みを乗せて、相手と目線を合わせるだけでも印象はガラリと変わります。

リンク先も参考にして、「怖い人」という印象を払拭しましょう。

関連記事

Related