Search

検索したいワードを入力してください

お気になさらないでくださいの例文6つ・役立つ類語5つ

Author nopic iconmtctht
カテゴリ:言葉の意味

初回公開日:2018年08月23日

更新日:2020年05月20日

記載されている内容は2018年08月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

お気になさらないでくださいの例文6つ・役立つ類語5つ

お気になさらないでくださいの使い方

お気になさらないでくださいという言葉は、複数の意味を持つ敬語です。それゆえ、場面によって相手への伝わり方も変わってきます。状況に応じて適切な使い方ができるように、例文を交えながらみていきましょう。

意味

お気になさらないでくださいは、「しない」の尊敬語である「なさらい」を含んでいますので、相手に対して敬意を表わす敬語です。

お気になさらないでくださいは、大きく分類すると、「相手が自分へ気を使っているときに相手へ配慮する表現・自分が相手への断りを伝える」の意味を含んでいます。

しかし、微妙な表現の違いあり、使い方を間違えると相手に誤解を与えてしまう場合もありますので、しっかりと理解をして使い分けをしましょう。

目上の人に使っていいのか

お気になさらないでくださいは敬語ですから、もちろん、目上の人に使ってもいい言葉です。逆に、同僚や友人、後輩に使うと、相手に違和感を持たれてしまう可能性があります。

ただ、状況によって意味合いが変わってくる言葉ですので注意が必要です。例文をみながら適切な使い方をしましょう。

お気になさらないでくださいの例文6つ

ここからは、お気になさらないでくださいの例文を取り上げてみます。日常起こりえる状況を想定した場合、お気になさらないでくださいにはどのような使い方があるのでしょうか。お気になさらないでくださいは微妙な表現の違いもありますので、しっかりと理解しましょう。

例文1:メールの場合

メールでお気になさらないでくださいを使う時は、送信先や添付するファイルを間違えたときなど、間違いを訂正するときに使います。

誤って送信したメールを訂正するときに「先程送信した添付ファイルは誤りでした。大変失礼致しました。先程のファイルはお気になさらないでください」という内容でメールの訂正をすることができます。

ただ、お詫びの文言は添えましょう。その上で、相手にやり直したい意思を伝えます。

例文2:謝罪された時

お気になさらないでくださいは、相手がとても悪いことをしたと悩んでいる事に対して、相手への気遣いで使う時があります。

取引先が誤発注をした場面です。担当者が、「この度は、私のミスにより多大なるご迷惑をお掛けしましたこと、誠に申し訳ありませんでした」とお詫びがあったとします。

それに対して、「迅速に商品の交換をしていただきましたので、業務に支障はありませんでした。お気になさらないでください」と返答すると、相手に安心してもらえるでしょう。

例文3:訪問時

お気になさらないでくださいは、相手の気遣いに対して、「そこまでしなくてもいいです」という気持ちを表現するときに使うときもあります。

取引先や目上の方の自宅などに訪問したとき、お茶やコーヒーなどを出されることがあります。そのときは、「ご丁寧にありがとうございます。お気になさらないでください」と、先にお礼を述べてから使うといいでしょう。

例文4:好意を断る場合

相手の好意を断りたい時に使います。断りを「必要ありません」では相手に失礼になります。

例えば、上司が好意で飲みに誘ってくれたとき、「家で妻が夕食を作って待っていますので、お気になさらないでください。ありがとうございます」と伝えると角が立ちません。

相手側から自分への好意があって断るときは、お礼の言葉を添えると失礼にならないでしょう。「お気になさらないでください」だけでは、相手の好意を無にして自分本位に人だと思われることもあります。