Search

検索したいワードを入力してください

楽しみがない人の日常を変えるコツ10個・楽しみがない原因

Author nopic iconsawa yuko
カテゴリ:雑学

初回公開日:2018年08月20日

更新日:2020年02月13日

記載されている内容は2018年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

楽しみがない人の日常を変えるコツ10個・楽しみがない原因

楽しみがない人の原因

あなたは毎日の生活で楽しいなと感じる時間がありますか。毎日同じことの繰り返しでつまらない、仕事や家事をやるのがつらい、楽しいことが何もない、と感じている人も多いでしょう。

せっかく生きているのだから、楽しい時間をたくさん持ちたいと誰もが思うはずですが、楽しみがないと感じてしまうのはなぜなのか、主な原因3つを解説します。

無関心

楽しみがない原因の一つに、何事にも興味がわかない無関心な心の状態があります。小さな子どもは見るもの聞くもの、あらゆるものに興味があり毎日を楽しく生きていますが、大人になると好奇心や興味を失ってしまいがちです。

新しいこと、未知のことへの関心を失うと、毎日が同じことの繰り返しで変わり映えがなく、自分自身が成長することもなく、退屈な日々を送ることになります。

マイナス思考

楽しみがない人は、何かにつけてマイナス思考になりがちです。友達から遊びに誘われても「どうせつまんないし」と思ってしまったり、新しいことを始めたくても「どうせ私には無理」とあきらめてしまいます。

例え行動を起せたとしても、ちょっとした失敗をしただけで「やっぱり私には無理だったんだ」とマイナス思考を発動させてやめてしまい、マイナス思考をさらに強化させてしまいます。

目標や夢がない

目標や夢を持ち、それを達成するために行動することで、人は人生が充実していると感じます。例え目標や夢がかなわなくても、目標に向かってがんばっている時はワクワクして楽しい時間を過ごすことができます。

目標や夢は、大きな立派なものでなくてもかまいません。仕事の繁忙期を乗り切ったらケーキを食べに行こう、1日1食は自炊しよう、〇キロ痩せて好きな服を買おう、など身近な目標が人生を充実させてくれます。

楽しみがない人の日常を変えるコツ10個

毎日何も楽しみがないのは辛いことです。「つまらないな」「辛いな」と思いながら毎日を過ごしていると、ますます毎日がつまらなくなっていきます。

そんな悪循環から脱出するためには、日常を変える勇気を持ち行動してみることが必要です。でも何をすればいいのかわからないと言う人のために、楽しみがない人の日常を変えるコツ10個を紹介します。

10個のコツの中から何か一つでもできそうなことを見つけて行動してみましょう。

1:興味があることに挑戦

あなたは今、どんなことに興味がありますか。新しくできたお店のランチ、お気に入りの俳優が出ている映画、やってみたいスポーツ、仕事に役立つ資格の勉強、なんでもいいので興味のあることに挑戦してみましょう。

興味のあることを洗いざらいリストアップして、その中から一番手軽にできそうなことから行動してみるのもおすすめです。

最初は面倒くさいと感じるでしょうが、きっとあなたの生活に新鮮な風が吹くはずです。

2:運動

心と体には密接な関係があります。体のコンディションが悪いと、気持ちも落ち込みやすく新しいことに挑戦する気持ちになれません。

毎日楽しみがないと感じる人は、運動を始めてみるのもおすすめです。本格的な運動でなくても、軽いウォーキングやストレッチなどをやってみると、体中の血の巡りがよくなり気分がよくなります。

体を動かす習慣がつくと行動をするのが億劫でなくなるので、新しい楽しみが見つかるきっかけになります。

3:趣味に没頭

あなたは何か趣味がありますか。大好きな趣味に没頭していると時間を忘れるほど楽しいです。もし大好きな趣味があるのに、毎日の忙しさにまぎれて趣味の時間が持てていないなら、時間を捻出して趣味の時間を確保しましょう。

趣味の時間を作るには、スケジュールを決める際の最初に趣味をする日を決めてしまうことが有効です。時間ができたらやろうなどと思っていると、いつまでたっても趣味の時間を持つことはできません。

4:好きなアーティストのライブに行く

楽しみがないと感じている人は、好きなアーティストのライブに出かけてみましょう。友達を誘っても、一人でも、非日常な空間で大音量の音楽やきらびやかなステージに歓声を上げたり、周りの観客と一緒に盛り上がるとエネルギーがチャージされたような気分になります。

好きなアーティストのチケットがなかなか取れないなら、ライブ映像を見るのもおすすめです。アーティストのパワーを感じて、あなたも元気が出てくるでしょう。

5:ポジティブ思考になる

楽しみがないと感じている人は、ネガティブ思考の傾向があります。何をするにも悪い結果を想像してしまったり、楽しそうな人を批判的な目で見てしまい、ますますつまらなくなっています。

あなたのまわりの人、あなたに起きるできごと、あらゆることのポジティブな面を探しましょう。仕事がつまらないというネガティブな面より、失業せずに毎月給料がもらえるというポジティブ面を見るようにしましょう。

6:テレビや映画をたくさん見る

楽しみがないと感じている人の中で時間がある人は、テレビや映画をたくさん見るのもおすすめです。テレビや映画の中で、この人のようになりたいと感じる人を見つけたり、いってみたいお店を見つけたり、やりたい仕事を見つけるきっかけになります。

大好きな映画やドラマについてSNSで感想を投稿して、多くの人と思いをシェアするのも楽しい時間です。批判的な意見ではなく、好きなところや感動したところをシェアしましょう。

7:人と出会える場に足を運ぶ

楽しみがない人は、新しい出会いを求めて出会いの場所に足を運ぶのもおすすめです。初めて会う人との交流は緊張しますが、刺激的な体験になるし新たな世界が広がるきっかけになります。

人と出会える場所は、意外とたくさんあります。趣味のサークルに入ったり、合コンや街コンに参加したり、ゲーム好きな人はオフ会などに参加するのも楽しいです。ボランティアに参加したり、勉強会に参加するのもおすすめです。

8:行ってみたい場所に行く

毎日何も楽しみがないという人でも、きれいな景色やおいしそうなお店の画像を見て「こんなところに行ってみたい」と感じることはあるでしょう。

行ってみたいと感じたら、すぐ行動してその場所に行ってみましょう。海外などすぐには行けないなら、近場で似たような雰囲気の場所に行きましょう。

近くのカフェでホッとしたい、本屋で好きな本を見つけたいなど、身近なところでもいいので、行きたい場所にはすぐに行ってみましょう。

9:積極的に行動する

楽しみがないと感じている人が、楽しみを見つけ充実した毎日を送るには、積極的に行動することが不可欠です。ここまで上げてきたコツも、すべて行動しなければ役に立ちません。

行動することは面倒だし勇気がいりますが、行動を避けてきた結果が、今の楽しみがない状態です。楽しみがない日々を招いたのも自分ですが、それを変えるのも自分の行動です。

この記事を読み終わったら、さっそく行動してみましょう。

10:直感で感じたことを大事にする

楽しみがないと感じている人は、自分がふと感じた「これをやってみたい」という直感を抑え込んでしまう傾向があります。あなたは「忙しいから、いい年をして恥ずかしいから、失敗したくないから」などの理由で、直感を無視していませんか。

なんか楽しそう、気になる、面白そう、やってみたいという直感は、あなたに楽しみがすぐそこにあると知らせてくれるサインです。直感で気にあることがあったら、ぜひやってみましょう。

つまらない毎日を変えたい人におすすめの本

楽しみがない、毎日がつまらないと感じているあなたにおすすめの本が、ひすいこうたろう著「あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。1秒でこの世界が変わる70の答え」です。

物の見方や解釈の仕方で、感情は大きく変化します。人生を楽しくする物の見方や解釈を、日常によくある70の事例に落としこんで紹介しています。

人生を楽しくしたいあなたは、参考にしてください。

楽しそうなことに敏感になる方法

ここまでは楽しみがない人の日常を変えるコツを紹介してきました。楽しみを見つけるには、積極的な行動が不可欠です。同時に、楽しいことを見つけるアンテナを張っておくのも重要です。

楽しいことが見つからない人のために、楽しそうなことに敏感になる方法を紹介します。

インターネットサーフィン

楽しみがない、毎日がつまらないと感じる人は、インターネットで楽しそうなことを探してみましょう。興味のあること、気になるワード、近所で評判のお店など、片っ端から検索してみると、面白い発見ができるでしょう。

気の向くままインターネットサーフィンするうちに、最初に調べようとしたこととは全く違う情報にたどり着くこともあります。そんな不確実性もインターネットサーフィンの醍醐味です。

SNSチェック

楽しみがない人は、SNSで憧れの人や有名人をチェックしてみましょう。友達がリア充な生活をしているのを見ると、自分が取り残されたような気がして落ち込むこともあるので、自分とリアルな関係のない人のSNSチェックがおすすめです。

好きな人や憧れの人が発信する言葉で励まされたり、フォロワーやファン同士で繋がって感想をシェアするのも楽しいひとときです。

SNSは同じ趣味の仲間を探すのに最適なツールです。

雑誌に目を通してみる

楽しみがない人は、好きなジャンルの雑誌を読んでみるのもおすすめです。雑誌で新しい情報に触れるようにすると、新しい楽しみを見つけるきっかけになります。

ファッション誌、芸能誌、文芸誌、スポーツ誌、アニメ誌などいろいろなジャンルがあるのできっとあなたの気になる雑誌があるはずです。本屋さんに行ってさまざまな雑誌を手に取ってみましょう。

新しい情報に触れることは、楽しいことを見つけるのに有効な方法です。

楽しみがないと感じる人は行動あるのみ

楽しみがない人は、あまり行動したがらない傾向があります。楽しみを見つける方法をいくら頭の中にインプットしても、行動しなければ何も起こりません。

行動を起せば、それが成功しても失敗しても、必ずあなたの感情が揺れ動きます。感情が動くことが生きる実感をもたらしてくれます。毎日さまざまな感情を味わいながら生きていると、つまらないと感じる暇もなくなっていくでしょう。

楽しみがない人の対処法をもっと学ぼう

楽しみがないと感じている人におすすめの記事「楽しみがない人や人生の対処法」と「楽しくない人生の特徴」を紹介します。対処法を学ぶことで、楽しみは増えていくでしょう。

最後にぜひクリックしてみてください。