Search

検索したいワードを入力してください

悪い男に共通する特徴7コ・誠実な男性を見分けるポイント

Author nopic iconRain
出会い / 2019年02月14日
悪い男に共通する特徴7コ・誠実な男性を見分けるポイント

悪い男とは

「悪い男」と聞いて、あなたは直感的にどんな印象を持つでしょうか。できれば関わりを持ちたくない、騙されたくないと考えると同時に、どんな生き方をしてきたのだろうと少し興味を持ってしまい、その人を通して自分の知らない世界を覗いてみたいと感じることはないでしょうか。

悪い男に騙されたり、心身を傷つけられて泣かなくていいように、悪い男の特徴や見分け方を知っておきましょう。

悪い男はモテる

女性は、好きなタイプの男性を尋ねられると、ほとんどが口を揃えて「優しい人」「誠実で真面目な人」と答えます。では、優しくて誠実な人ならモテるかというと、そういうわけでもありません。

人間には本能の部分で、危ないものや怖いものを見てみたいという心理があります。怖いけどお化け屋敷に入ってみたい、ジェットコースターに乗りたいという心理と同じで、女性にはアブナイ雰囲気の男性に惹かれてしまうことがあります。

悪い男に共通する特徴7コ

「悪い男」と言っても、強面(こわもて)だったり、凶悪犯のような人相で近づきがたい男性のこととは限りません。羊の皮を被ったオオカミタイプの男性はたくさんいます。では、どうやって羊の皮を被ったオオカミを見分ければよいでしょうか。悪い男の特徴を挙げます。あなたの彼は当てはまっていないでしょうか。

特徴1:女性に優しい

女性に優しいと言えば聞こえがいいですが、悪い男はチャラく、見境がないため、女性との付き合いを重く受け止めておらず、遊びの範疇でしか考えていません。楽しければよい、その時がよければよいので、その場限りの耳触りのよいことを言って、女性を良い気分にさせます。照れもせずに褒め言葉やお世辞が口からぺらぺらと出てくる男性には要注意です。

特徴2:酒癖が悪く人が変わる

酒癖が悪いのは、悪い男の特徴の中でも最も厄介なものの一つです。努力で改善されることが難しいからです。普段は優しいのに、お酒を飲むと人が変わって、言動が暴力的になったり、実際に暴力を働いてきたりする場合は、要注意です。

酒癖が悪く、暴力にまで発展する人は、たとえ結婚したとしてもDV夫になる確率が高く、また子供にも暴力を振るう可能性があり、結婚相手には最も避けるべき相手です。

特徴3:自己中心的

悪い男は、「悪い男」というだけあって、人間性が歳相応に成熟していません。精神年齢が幼く、自己中心的な考え方をするのが特徴です。自己中心的な人は、他人の立場になって物を考えることができないため、付き合っていて楽しい時はいいですが、トラブルが発生して互いが歩み寄って妥協点を見つけなくてはならなくなった時に問題解決ができません。

特徴4:金遣いが荒い

悪い男は、悪い内面をカモフラージュするために外面が良くなる傾向があります。お金に無頓着で自分の収入に見合わない高価なものを女性にプレゼントしたり、真面目にお金を稼ごうとせずに一攫千金を期待して大盤振る舞いをしてしまうことがあります。

デート中の彼がどんなお金の遣い方をする人かを、きちんとチェックしましょう。金銭感覚のおかしい人も、暴力を働く人に次いで、結婚後苦労するタイプの男性です。

特徴5:女癖が悪く手を出すのが早い

あなたは今の彼とどんな馴れ初めで知り合いましたか。街で声をかけられて付き合い始めたという人は要注意です。彼はあなたのほかにもいろんな女性に声をかけています。

また彼とデートしている時、彼はあなたのほうだけを見てくれるタイプでしょうか。すれ違った女性をちらちらと見るタイプの男性にも要注意です。こういうタイプは気が多く、あなたの見えないところで隙あらばまた別の女性をハントしようと常に考えています。

特徴6:常に携帯をいじっている

あなたといっしょにいる時も彼が携帯ばかりを見ていて携帯をいじりっぱなしだったら、それはあなたへの興味がもともとないか、あるいは興味を失っている可能性があります。あなたが大切だから付き合うのではなく、もっと良い女性を捕まえるまでのつなぎや、体だけが目的など、何かほかの目的で付き合っている可能性もあります。

「いい人」はそれを失礼な行為だと認識できるため、こういうことをしません。悪い男は、悪いことを悪いことだと認識する力がありません。

特徴7:見た目に気を遣っている

髪や爪を清潔に保ち、身だしなみを整えるのは男性も女性も大切なことです。しかし、悪い男はそれ以上のことに異常に気を使います。例えば頭の先から足の先までブランドもので固めたり、高価な指輪や時計を身に着けているなどです。それが身分不相応だったりすると、ほぼ確実に「悪い男」の仲間入りをしているといってよいでしょう。

内面を磨かず、外面だけを磨く人に良い人はいません。

真剣に結婚相手を考えるあなたにお勧めの一冊

【最終彼氏の見つけ方―男を見る目強化バイブル】橘/つぐみ著。恋愛相談所代表、恋愛コンサルタントをしている著者が、男性を見抜くポイントや「付き合ってはいけない男性」について解説しています。真剣に結婚を考えるあなたにおすすめの一冊です。

誠実な男性を見分けるポイント

男性と付き合うと、なぜかいつも「こんなはずじゃなかった」「最初はいい人だと思ったのに自分に見る目がなかった」で終わってしまうことが多いということはありませんか。人当たりの良さや、外見的なことに惑わされず、本当に誠実な男性を見つけるためには、男性のどんなところを見ればよいのでしょうか。ポイントを押さえて、新しい付き合いに役立てましょう。

ポイント1:連絡がきちんとつくか

男性も女性も真面目な付き合いをしたいと思うなら、自分の身分を明かした上で付き合いを深めていこうとします。それができない人は、何かやましいところがあるからで、付き合いを続けるのは何らかの危険を孕みます。

携帯の連絡先のみならず、彼が住んでいる場所、誰といっしょに住んでいるか、どんな仕事をしているか、仕事場はどこにあるか、などがわからないままの付き合いは「悪い男」に引っかかっている場合があります。

ポイント2:時間を守るか

時間を守らない人は、ほかのことにおいても同じようにルーズです。時間にルーズな人、約束にルーズな人に真面目な人はいません。

人からも信用されません。逆に仕事のことや他の人に対しては時間を守るのに、あなたとのデートの時間にだけはルーズだというのなら、それはあなたが彼にとって優先順位の低い存在だということになってしまいます。

ポイント3:人のせいにしないか

何でも人のせいにする人は、精神的な未熟さ、客観的な判断力の欠如、被害妄想癖などが原因として考えられますが、中でも最も厄介なのが、自己愛の強さが原因である場合です。喧嘩したときやトラブルになったとき、自己愛の強い「悪い男」からは、あなたは守ってもらえません。

大きなトラブルになる前に、日常の会話で、彼があなたを守ってくれるタイプか、自分を守るタイプかをきちんと見分けましょう。

ポイント4:過ちを素直に謝れるか

人は、やましいことがあると疑いを掛けられないように自己防衛します。自己防衛しようとすると言い訳が多くなります。あなたと喧嘩した時やあなたとの間にトラブルが起きた時、彼はぺらぺらと饒舌になるタイプでしょうか。明らかに彼に非があるのに謝れない男性は、嘘が多く「悪い男」の素質を備えています。

悪い男の特徴を知って注意しよう

遊び相手なら悪い男と付き合うのも楽しいし、ひとつの経験としてはありでしょう。しかし結婚相手となると「アブナイ雰囲気があってかっこいいから」「楽しいから」は通用しなくなります。日々の付き合いの中での彼の言動や仕草から、彼の人間性を観察しましょう。

繰り返しますが、「悪い男」は遊びにはありですが、結婚にはなしです。

悪い男についてもっと知る


悪い男に関連して『悪い男の特徴・モテる理由』『たちが悪い人の特徴と性格』の記事をご紹介しておきます。これらの記事をぜひ参考にして「悪い男」の特徴や対処法を研究して、男を見る目を養ってください。