Search

検索したいワードを入力してください

12種類の動物占いで相性診断!相性の良い動物・悪い動物を知る

Small ba7ad130 f9f9 4de6 b2b3 1e1fc7ed43e6佐賀裕司
相性占い / 2019年02月21日
12種類の動物占いで相性診断!相性の良い動物・悪い動物を知る

動物占いの基本をおさらい!

皆さんは動物占いと相性診断をしたことがあるでしょうか。動物占いというのは基本的に、「いろいろな動物の性格や能力、また外見などのイメージを見立てながら、その動物の性質を人の相性に引き合わせて診断する相性診断の占い」として知られています。

この動物占いと相性診断によって、「自分の良きパートナー・ワーストパートナー」を識別しておき、自分にとって都合の良い、理想的な人生を送ってみましょう。

まずは自分や相手が何の動物かを知ろう!

まず動物占いを始める際には、「自分の相性がどんな動物であるかを知ること」と、「他の人たちがどんな動物に見立てられて相性が診断されるか」について把握することが大切になります。

この「動物占いと相性」を診断する際には、一般的には「自分が好きな色合い・他人が好きな色合い」をヒントにすることが多く、その色彩感覚によって動物占いと相性の土台とします。

各動物の性格を一言で表すとこうなる!

動物占いとその相性を診断する際には、もちろん「動物そのもの性格や能力に見立てた自分の性格・他人の性格」をもって占いの土台としておき、さらにその「動物の性格」を派生する形で「他人との相性を図る」という診断方法を取ります。

この際には「動物がどんな性格を持っており、さらにその性格が自分と他人の性格やその相性にどのようにマッチするか」について知るための大きなヒントとして役立てます。

狼の性格

一般的に「狼の性格を持つ人」というのは、「言われたこと・指摘されることに対しては反発しますが、その代わりに自分で決めた目的や考え方については一貫性を持っている個性的なタイプ」とされます。

この「狼の性格の持ち主」と相性が良いのは「タヌキや羊の性格を持つ人のタイプ」とされており、優しく、穏やかな性格とプライドが高い性格(狼の性格)とがマッチする形の相性になります。

こじかの性格

次に「こじかの性格を持つ人」の特徴ですが、動物占いと相性を図る場合に「こじかのタイプの人」は割と甘えたがり屋の性格・知的好奇心が強い人とされます。これは冒険心が強い相性とも取れ、見た目は美しく可愛いとなりますが、その実、感情的・突発的な言動を得意とします。

このように冒険的なタイプと相性が良いのは「羊のタイプ・コアラのタイプの人」であり、慎重で融通が利くタイプの人との相性が抜群です。

猿の性格

次に「猿の性格の人」ですが、「猿のタイプの人」の特徴はまず「実に行動派であり、自分が考えたことは貫きとおす」という直情タイプの相性となります。「猿のタイプの人」はまず「気持ちがはっきりしている・好き嫌いが激しい」となるため、似たような相性を持つ「羊のタイプ」と典型的な仲良しとなります。

この場合のポイントは「打ち解けるのが速い」という相性診断になります。

チーターの性格

「チーターのタイプの人」の特徴は、まず動物占いの中でも特に「諦めが速く、その代わりに迷うことが少ない即断できる能力がある人」となります。どのような環境においても「実践的かつ行動派」となるため、この場合の相性が良いのは「何でも気長にタイプができるコアラのタイプの人」があげられます。

動物占いでもこの「チータータイプとコアラタイプ」は抜群の相性とされます。

黒ひょうの性格

次は「黒ひょうタイプの人」ですが、動物占いのうちで「黒ひょうタイプの人」はまず「流行に敏感であり、移り変わりが激しい心の持ち主」とされています。しかしその移り気が災いするためか「塞ぎ込みがちな性格」も備えており、ネガティブな一面を兼ねそろえています。

相性が合うタイプは「タヌキのタイプ・猿のタイプ」となり、自分と同調するタイプか受容型タイプがよいでしょう。

ライオンの性格

「ライオンのタイプの人」の相性診断ではまず「強烈なプライドの持ち主」であることがあげられ、そのくせ「甘えん坊タイプ」も両方兼ねそろえています。動物占いで典型的に良いとされる相性タイプは「コアラとタヌキのタイプの人」で、この場合も先述の「黒ひょうタイプ」と同じく、自分を受け入れてくれるタイプが最高の相性になります。

虎の性格

「虎の性格を持つ人」の相性タイプはまず「好き嫌いの性格が明確」であり、基本的に「仲間と一緒にいることが苦手なタイプ」となります。いつも孤高でいるため、この場合の引き合う相性タイプは「サルや羊のタイプの人」となります。

「虎のタイプ」の場合は「自分の性格や趣味が合う人・相性」が特典となるため、そのようなタイプの相性を探すことがラッキーチャレンジとなるでしょう。

たぬきの性格

動物占いの中では非常に人気者の「タヌキのタイプの人」ですが、この「タヌキのタイプの人」の相性的特徴は「相手の性格に合わせる能力があること」や、「信頼関係をどのタイプの人とも築きやすいこと」で、特に「リーダーシップを取れる人」との相性が非常に良いです。

自分の性格がやや引っ込み思案であるため、「タヌキのタイプの人」はまず、「自分に見合った性格の人・相性」を見付けることが大切です。

コアラの性格

「コアラのタイプの人」はまず「おっとりしている見た目」と「行動力のある側面」を兼ねそろえている点です。いわゆる「したたか」とされる相性的側面を持ち合わせる部分もあるため、この場合でも動物占いでは「虎のタイプ」や「ライオンのタイプ」との相性が良いとされます。

ゾウの性格

「ゾウのタイプの人」の特徴はまず「コツコツタイプの努力家」で、何事も堅実に物事を積み上げていく真面目タイプの人に多く見られます。動物占いでは特に「自分の信念・プライドを貫こうとするライオンや虎のタイプの人」と良く相性が合い、「ゾウのタイプの人」特有の「ナチュラルな姿勢」が自然にその関係をサポートしてくれるでしょう。

この「ゾウのタイプ」に惹かれる相性は、動物占いではかなり多くいます。

ひつじの性格

「羊のタイプの人」の特徴はまず「平和の空気を作り上げることに長けており、その理想は皆とともに持ち合う輪であること」と、動物占いでは「どのタイプの人とも仲良くやれる性格の持ち主」とされます。

特にその中でも「狼のタイプや虎のタイプの人」との相性が良いとされ、お互いのギブアンドテイク的なやり取りが関係を深めてくれるでしょう。

ペガサスの性格

次に「ペガサスの相性を持つ人」についてですが、「ペガサスの相性」の特徴はまず「自由に天空を飛び回る」という特有の性質が功を奏する形で「束縛を嫌い、そのくせ甘えん坊な側面を兼ねそろえた人のタイプ」となります。

この「ペガサスのタイプ」は動物占いでは「こじかのタイプ・ライオンのタイプ」との相性が非常に良く、また「羊のタイプ」ともお互いの性格を埋め合う形で惹かれ合うでしょう。

動物占いでわかる各動物と相性の良い動物・悪い動物

先述では、動物占いで「良い相性・悪い相性」とされる一般的な「相性の引き合わせ」についてご紹介しましたが、ここからはそれぞれの「動物占いによる相性」を具体的にご紹介していきます。

特に「ベストパートナー」と「ワーストパートナー」として、それぞれの動物占い的な相性をわかりやすく、簡潔にご紹介します。ぜひご参考にしてみてください。

狼と各動物の相性

「狼タイプの相性」の人は先述のように、まず「孤高な環境を好み、その上で自分が一度決めた決心・目標は簡単には曲げない」といった唯我独尊タイプの相性となります。そのため、その一貫した性格を受け入れてくれる相性を持つ人がベストパートナーとなり、その逆のタイプの人がワーストパートナーの典型となるでしょう。

狼のベストパートナー

「狼の相性」の人のベストパートナーは、動物占いではまず「タヌキの相性」とされており、「タヌキの相性の人」が特有に持つ、誰にでも合わすことができる博愛的な性格に惹かれることになります。この他にも「羊の相性・コアラの相性」などがあげられます。

狼のワーストパートナー

「狼の相性」を持つ人のワーストパートナーは、動物占いではまず「その孤高の性格と、プライドが高いことにもつながる自尊心の強さ」を同じく持ち合わせる「虎のタイプ」と「ライオンのタイプ」の相性となります。この場合に有名なことは、その自尊心の噛み合いの悪さによって「ライオンに狼が食べられる」という批評が飛び交います。

小鹿と各動物の相性

「小鹿のタイプの人」が持つ相性は、動物占いではまず「甘えたがり屋でありつつ、非常に好奇心旺盛な典型的タイプ」とされており、その上で「見た目が可愛らしく、感情も豊かに持ち合わせているタイプの人」とされています。

この「小鹿のタイプの人」の相性の図り方では、特に「お互いの性格を知り合っても、その後においてまたお互いにカバーできる相性を持ち合うこと」が必須とされています。

小鹿のベストパートナー

「小鹿のタイプの人」がベストパートナーとして相性が良いとされるのは、動物占いではまずそのトップに「コアラのタイプの人」、そして次いで「ゾウのタイプの人」があげられます。「小鹿のタイプの人」の特徴はまず「自分を受け入れてくれる相性を持つタイプの人」がベストパートナーの典型となります。

小鹿のワーストパートナー

「小鹿のタイプの人」が最も苦手とするパートナーは、動物占いによる相性では「狼タイプの人」です。「狼タイプの人」の直情的な観念の持ち方が、この小鹿タイプの人のそれとガチンコ(衝突)してしまう傾向が高く、それによって破局を迎えてしまう場合が多々見られます。

猿と各動物の相性

「猿の相性を持つタイプ」の特徴は何と言っても、「行動派を示すその性格」に常に一緒に付いてきてくれるタイプの人(相性)が理想的とされます。動物占いでも「相手に合わせることを得意とする相性」、「自分の能力をひけらかさず、常にバックで構えていてくれる人」などがその典型とされます。

逆に「自画自賛するタイプ」や「能力自慢をする人」は苦手です。

猿のベストパートナー

「猿の相性を持つ人」のベストパートナーは、どのような環境を条件にした場合でも動物占いではまず「羊のタイプ」が第一位、次点に「コアラのタイプの人」がピックアップされます。この場合でも先述のように、「自分の行動に合わせて付いてきてくれる人」を好み、さらに自分の欲求を満たしてくれる温和なタイプを相性として好みます。

猿のワーストパートナー

「猿のタイプの人」にとって唯一苦手な相性を持つ典型は、ほとんどすべての動物占いにおいて「ライオンの相性を持つ人」がトップにきて、次点に「狼タイプの人」がきます。とにかく「孤高タイプの人」や「能力自慢を得意とするタイプ」とは、基本的に相性が引き合いません。

チーターと各動物の相性

「チーターのタイプの人」は、「走りが速い」という特徴から連想されるように「非常に行動の機転が素早く、その分、頭の回転も非常に速い」という特徴を兼ねそろえています。しかしそれは「飽き性」にもつながる特徴になるため、割と「コツコツタイプの人」や「優柔不断なタイプ」の相性は悪いです。

チーターのベストパートナー

「チーターのタイプ」の人が最も相性が引き合うタイプは、動物占いではまず「猿のタイプの人」、「小鹿のタイプの人」です。この場合は「お互いの性格や能力を受容する」という性質に加え、さらに「自分と一緒に素早く行動できる能力を兼ねそろえたタイプ」との相性の良さが見られます。

チーターのワーストパートナー

「チーターのタイプ」の人が最も相性が苦手なタイプは、ほとんどの動物占いではトップが「ライオンのタイプの人」で、次点に「黒ヒョウタイプの人」がきます。同じネコ科でありながら、その性分ではやはり「プライドが高いこと」がお互いの自尊心を傷付け合う結果となります。

黒ひょうと各動物の相性

「黒ひょうタイプの人」の特徴はまず「流行を上手く取り入れられるタイプの人」との相性が比較的よく、それよりも引き合う相性としては「自分の性格・特徴を受容してくれるタイプの相性」となります。

逆に苦手な相性のタイプは「どんくさいタイプ」や「地味なタイプ」で、自分と正反対の性格を持つ相性のタイプを単純に引き離す傾向が見られます。

黒ひょうのベストパートナー

「黒ひょうのタイプの人」のベストパートナーは、まずほとんどの動物占いでは「猿のタイプの人」となります。「猿のタイプの人・相性」の場合、まず「行動的な力量」が流行を取り入れる、最先端を狙える特質を持つ点があり、それに上乗せする形でユーモラスな一面もお互いに兼ねそろえられる相性となります。

黒ひょうのワーストパートナー

黒ひょうのワーストパートナーは「コアラのタイプの人」で、次点に「羊のタイプの人」がきます。とにかく「おっとり構えたタイプの人」とあまり接点を持ち合わせることがなく、さらにお互いの良い点を見付けるための機会をなかなか見付けられないことが起因します。しかし、環境改善によってこれらのマイナスポイントは直ります。

ライオンと各動物の相性

「ライオンのタイプの人」の特徴はまず「自尊心がかなり強い人」のタイプがあげられ、その相性は動物占いの中で「ほとんどのタイプの相性」とあまり引き合うことがないとされます。唯一、温和な性格を持つ相性や、またどんな性格・相性を持つタイプも受け入れることができる自然体タイプの人が好印象を持ち合わせます。

ライオンのベストパートナー

「ライオンのタイプの人」が最も心許せるベストパートナーは、これもほとんどの動物占いの場合、「タヌキのタイプの人」となるでしょう。次点では「コアラ・羊のタイプの人」との相性が比較的よく、コツコツタイプの人や努力家タイプの人との相性が非常に上手く絡み合います。

ライオンのワーストパートナー

「ライオンのタイプの人」のワーストパートナーは、どんな動物占いでもたいてい「狼タイプの人」となります。次点では「虎のタイプの人」がきて、とにかく「自分の自尊心を脅かす存在」との相性はかなり苦手となります。

虎と各動物の相性

「虎のタイプの人」の大きな特徴は、「群れを作ることを良しとせず、あまり1つのことに固執するタイプの人とは距離を置く性格」が見え隠れします。この点においては「信念を貫くタイプ」や「派手好きなタイプ」、また「もじもじするタイプ」とは相性がよくなく、比較的「ユーモラスで包容力があり、行動的なタイプ」との相性が良いでしょう。

虎のベストパートナー

「虎のタイプの人」のベストパートナーは「猿のタイプの人」であり、その次点として「羊のタイプの人」がきます。とにかく「行動派でありつつ、適当にユーモラスな存在をアピールできる猿のタイプの人」との相性はほとんどの動物占いで抜群とされます。

虎のワーストパートナー

「虎のタイプの人」のワーストパートナーは、「ライオンのタイプの人」がトップにきて、次点に「狼タイプの人」がきます。この場合の相性の善し悪しはまず「能力自慢が得意なタイプ」と「孤高に生きるタイプ」との不相性にあり、一緒にいてあまり楽しめない・窮屈になってしまうことに原因があります。

たぬきと各動物の相性

「タヌキのタイプの人」の特徴は、動物占いでは「努力家であり堅実で、さらに愛想がよく、適当なユーモラスな側面も兼ねそろえている」といった、温和家のオールマイティタイプと見てかまわないでしょう。

それだけ信頼し合える要素を十分に持っているため、たいていの相性を持つタイプと仲良くできます。

たぬきのベストパートナー

「タヌキのタイプの人」のベストパートナーは、「ゾウのタイプの人」で、次に「猿のタイプの人」となります。まず「タヌキのタイプ」と引き合う相性の持ち主の特徴としては、「基本的に平和を好み、さらに適当にお互いの能力や性質の受容をバランスよく図ることができるタイプ」との相性を何より好みます。

たぬきのワーストパートナー

「タヌキのタイプの人」のワーストパートナーは、これもほとんどの動物占いでは「黒ひょうのタイプの人」となります。「黒ひょうタイプ」の特徴は「あっちへ行きこっちへ行きする落ち着きのないタイプ」の典型となってしまい、その分「タヌキのタイプの人」にとっては「基本的に心が休まらないタイプ・相性」の典型となってしまいます。

コアラと各動物の相性

「コアラのタイプの人」の特徴はまず「計算高い点」で、じっくり、おっとりしている外見とは裏腹に、自分の将来設計についてはしっかりとしたビジョンを持っているタイプの典型となります。

この「コアラのタイプの人」と引き合う相性としてあげられるのは、「自分の夢を叶えてくれるタイプ」や「自分を広い世界へ導き出してくれる実力派のタイプ」となります。

コアラのベストパートナー

「コアラのタイプの人」のベストパートナーは、たいていどのような条件・環境をもってしても「行動派で実力があり、それでいて一貫性を兼ねそろえた虎のタイプの人」との相性が非常に優れる形で良いです。とにかく「自分の夢を壊さないで、兄貴分としてリードしてくれるタイプ・相性」が、この場合のベストパートナーの条件となります。

コアラのワーストパートナー

「コアラのタイプの人」のワーストパートナーは、動物占いでは「ゾウのタイプの人」がトップにきて、次点では「羊のタイプの人」となります。とにかく「何も行動を起こさず、夢を追い駆けるでもなし、温和なムードにずっと浸り続けるタイプ」との相性に、「コアラのタイプ」は嫌気が差す形で引け目を感じます。

ゾウと各動物の相性

「ゾウのタイプの人」の特徴はまず「いつも自然体でいて動じず、あらゆる物事をあるがままに受け入れることができる許容力の大きさ・包容力の深さ」があげられます。

この点では、動物占いでも「ほとんどのタイプの相性と引き合う傾向がある」とされますが、しかしその「動こうとしないあまりの呑気さ」に嫌気が差すタイプとの相性もピックアップされます。

ゾウのベストパートナー

「ゾウのタイプの人」のベストパートナーは、その包容力の高さから「自尊心が強く、リーダーシップをいかんなく発揮できるライオンのタイプ」との相性が非常に優れて高いです。

もちろん「羊のタイプ」や「タヌキのタイプ」などとの相性も良いですが、どちらかと言うと「自然体の自分を動かしてくれるタイプ」との相性を好む傾向にあるため、「ライオンのタイプ」や「虎のタイプ」との相性を好むようになります。

ゾウのワーストパートナー

「ゾウのタイプの人」のワーストパートナーは、これもほとんどの動物占いでは「黒ひょうタイプ」がトップがきて、次点で「コアラのタイプの人」となります。これは相性がどうこうではなく、「自分を動かしてくれるタイプ」としてはお互いのタイプがその力量を発揮しない点に理由があります。

羊と各動物の相性

「羊のタイプの人」の大きな特養としてあげられるのは、特に「協調を保つこと・柔和・温和・博愛主義的な精神を大切にする点」です。この温和ムード一色を好む性格の「羊のタイプ」は主に、「互いの存在を認め合いながらも、自分の興味を満たしてくれるタイプ」との相性をこよなく大事にする傾向を持ち合わせます。

羊のベストパートナー

「羊のタイプの人」のベストパートナーは、童話では相性が良くないとされている「狼のタイプの人」となります。その次点には「ライオンのタイプの人」となり、とにかくいずれの場合にしても「博愛主義に生きようとする羊のタイプ」ならでは相性の引き合わせになります。

ただし、互いの性質・能力を認め合うまでにはそれなりの信頼関係の埋め合わせが必要であるため、相性を良くするまでには時間が掛かる傾向があります。

羊のワーストパートナー

「羊のタイプの人」のワーストパートナーは、動物占いでは「コアラのタイプの人」がトップにきて、次点に「黒ひょうタイプの人」がきます。この場合は「腹黒いタイプ」としてうかがえる「打算するタイプ」や「暗躍するタイプ」との相性が良くなく、常に真っ正直なタイプとの相性が必要とされます。

ペガサスと各動物の相性

「ペガサスのタイプの人」の特徴ですが、「ペガサスのタイプの人」の場合は主に「付かず離れずの付き合い」が得意であるため、ほとんどすべてのタイプとの相性が良くなります。しかし、そのやや希薄な付き合い方がかえって失敗を招く場合があり、その場合には真面目な付き合い・厚情を愛するタイプとの相性は自然に悪くなるでしょう。

ペガサスのベストパートナー

「ペガサスのタイプの人」のベストパートナーは、トップが「ライオンのタイプの人」で、次点で「ゾウのタイプの人」がきます。その理由は、「ライオンのタイプの人」の場合はまず「孤高に生きようとする目的意識」や「強いリーダーシップに表れるプライドの高さ」に魅力を感じ、それと並行する形で「小さなことにこだわらないナチュラルな姿勢」に同じく魅了される点となります。

ペガサスのワーストパートナー

「ペガサスのタイプの人」のワーストパートナーは、動物占いではまず「小鹿のタイプの人」がトップにきて、次点で「コアラのタイプの人」がきます。

その次には「黒ひょうタイプの人」がきますが、とにかく「チマチマしたことで打算的に動くこと」を嫌う「ペガサスのタイプの人」にとって、コツコツタイプや「自分が利用される可能性を持つタイプ」を敬遠する相性の持ち主であることに起因します。

「動物占いと相性」を徹底的に知りたいあなたに

大人の動物占い Premium
大人の動物占い Premium
口コミ

詳しく書いてあるので、分かりやすい。 身近な人にも当てはめれるので、楽しくつかえます。

「動物占いによる相性の善し悪し」について徹底的に調べてみたい、もっとたくさんの条件での相性のあり方をインプットしてみたい、と言うあなたにとって魅力的な一品となる参考書籍をご紹介します。

今回ご紹介するのは『大人の動物占い』(主婦の友社)のご紹介で、本書ではまず「基本的な動物占いに関する知識」を伝授してくれ、あらゆる動物占いの特典をコンプリートした内容で満載です。

12種類の動物×カラーで更に細かく占える

動物占いではあらかじめ「12種類の動物」を「60種類の色彩」によってさらに深く識別し、その色彩に秘められる相性テキストを用いてそれぞれのタイプとの相性の見立てがなされます。

これは従来の動物占いからバリエーションが進化した改訂版のような「動物占い」として知られており、その色彩の区分けもかなり細かく、詳細かつ具体的な相性占術に役立てられています。

動物×カラーで自分やあの人の本質を深める

先述しました「12種類の動物を60色のカラーでさらに識別し、それによってお互いの相性を見極めるサイト紹介」に引き続く内容になります。

この「動物×カラーで自分やあの人の本質を見定める」という方法では、まず「地球グループ」、「太陽グループ」などと各動物の対象をグループ分けしておき、その上で色彩の区分けをしておくことによって、そのグループごとの相性を見定める占術法となります。

動物×カラーで更に細かい相性診断を!

先述の続きとなりますが、従来の「動物占い」に「60色のカラーによる占い」をさらに追加することによって、その人の趣向のあり方や能力のレベルを深く見極めることができます。

その上でこの「カラーを含む動物占い」では、まず「生年月日」をあらかじめ用意された一覧表で確認しておき、その「自分の生年月日」に当該する動物とカラーとを組み合わせた上で、各動物との間に見られる相性が図られます。

相手の性格を知ることで良好な関係構築を!

動物占いによる相性テストはもとより、すべての占いの効果や成果というのは「それぞれの人と他人の相性のあり方」をまず把握しておき、その上で「さらに良い関係を築くためのきっかけ」を与えるためのヒントを提供します。

そのため、「占いで凶と出たからもうダメ」ではなく、その動物占いによる相性テストによって導き出された内容を1つのデータとし、さらに関係が良くなるための環境・条件設定に役立てることが大切です。

動物占いのカラーを知ってより良い人間関係を!

先述しましたが、従来の「動物占いによる相性テスト」に加えて現代では「60色のカラーによるさらなる詳細な識別を設けた上での動物占い」が創案されており、それによって「どんな人との相性も確実に占える根本的なシステム設計」が用意されました。

それによって「より詳細な他人との相性の改善を図ること」が可能となるため、従来の動物占いによる相性テストの活用方法をさらに「相性を良くする方法」を模索できるでしょう。

関連記事

Related

Line@